物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

舞-乙HiME Zwei


タイトル:舞-乙HiME Zwei
米 題:My-Zhime: My- Otome
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2008/10/7
定       価:限定版 $49.98(購入計$28.49) 通常版 $29.98
収録時間:120m
収録枚数:1枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語 ドルピーデジタルステレオ     224Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ     224Kbps
           英語     ドルピーデジタル5.1ch    448Kbps
           日本語 ドルピーデジタル5.1ch     448Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
    ・ノンクレジットエンディング
○限定版特典
    ・限定版収納ケース
    ・下敷き
    ・Tシャツ
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 舞-乙HiME ZweiはOVA4話をディスク1枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名や副題も日本語表記、次回予告あり、焼きつき字幕は見当たらず。4話の日本語エンディングが終了した後に無音で宇宙ブーンのシーンがながれ、そこに英語テロップが表示されます。画質は平均ビットレートが6.19Mb/secの2層設計で、前作の舞-乙HiMEと同等で特に問題はないかと思います。音声は日本語英語ともにDD2.0とDD5.1を収録。序盤の宇宙戦や戦闘シーンなどでは効果的に聞こえますね。メニュー周りはトップ、チャプター、言語選択、エキストラの標準仕様です。あと、これはうちの環境だと思うんですけど、最近のバンビジュのDVDで異音が発生します(笑。本編中は問題ないのですが、メニューとかだとドライブからダダダダダダって音がするんですよねぇ。らき☆すたもそうでした。まぁ、それだけです。(笑

今作品は通常版のほかに値段が倍近くする限定版が存在します。つーわけで限定版ですが、



まず箱が開けにくい(笑
思っていたよりはコンパクトですけど、何でこんな箱にしたんだか・・・・。
流用を考えてらき☆すたで使用しなきゃ良いのですが。
エロ下敷きはこれまた使い道が微妙ですけど、どうせなら数シーン後のアノシーンいれてくれよ!!
Tシャツはキャラプリント仕様で、これまたよくある恥ずかしいTシャツですなぁ。うーん。(笑

ストーリーは前作「舞-乙HiME」を参照してください。
物語はそれから一年後が舞台になります。巨大な隕石がアリカ達の住む星に迫る中、乙女たちは力を合わせてこれを撃退する。だがしかし!隕石の中にいたものとは!?

って感じのストーリーですかね。

つーわけで、北米版ではおなじみのOVAをまとめて発売というお得感が非常に高い今作品ですけど、個人的な感想を言わせてもらいますと、これOVAなの?という感じでした。従来のTVシリーズを4話まとめた感覚とそう変わりないほど中身はごく普通の出来でしたね。ただ、1話1話に戦闘シーンや今作品のコンセプトでもある「萌え」要素をうまい具合にちりばめているので、1話1話の満足度は高いとは思いますけど、そのおかげかややぶつ切り感が強いという感じもしたわけであります。



物語の序盤は女王として民を守ろうとするマシロと、もっと直接的に助けようとするアリカの対立から始まります。そしてユキノとハルカのオトメと主の関係を学び、最後は共に敵を倒すわけですけど、この最後の和解シーンは意外とこざっぱりしててよかったと思いますね。個人的には殴りあうユキノとハルカのまねっこシーンなんていらずに、再開した瞬間に和解みたいな感じがよかった気もしますけどね。

ただ一つだけ許せないのがあのラスボスですよ。舞-HiMEを見たことのある私からすれば、ラスボスがふみさんなのは多少違和感ありあましたけど、それよりもあのグレンラガンのできそこないみたいなラスボス第3形体は一気に世界観をぶちこわしましたねぇ。なんか今までのキャラクターデザインと比べると明らかに浮いている。カグツチとか出てきて盛り上がっている時にあれだもんなぁ・・・。ちょっと不満要素かな。

上でアリカとマシロの和解をもっとスピーディーにと書きましたけど、その代りにニナとアリカのやり取りをもう少し増やしてほしかったですね。今作品を観る前はニナの成長とアリカとのやり取りがメインになると思っていたので、あまりに出番なさ過ぎだし、「昔のお父様のほうがよかった」みたいなこといってたりするわけすよ。ニナとアリカ、そしてセルゲイ。ここら辺をもっと重点おいて戦闘よりも内面的な部分で物語やってほしかったなぁ。と思うかなぁ。まぁ、ラブコメもっとみたいんだよ!というわけですけどね。(笑

良かった点は言わずもがな、ハルカ・アミテージです。彼女で1本作ってください。お願いします!!!
ユキノはいらな・・・・、でも彼女いないとハルカのよさがでないからなぁ。うーん。うーん。(笑



つーわけで、今後も出してもらうために是非ともかっとけ~。

[ 2008/11/08 17:24 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL