物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

撲殺天使ドクロちゃん


タイトル:撲殺天使ドクロちゃん
米 題:Bludgeoning Angel Dokuro-Chan
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2008/9/30
定       価:定価$24.95(購入計:$15.79)
収録時間:180m
収録枚数:2枚
映像仕様:4:3
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 撲殺天使ドクロちゃんは1話15分構成、1期8話 、2期4話を2枚のディスクに収録。
OPEDは日本語テロップ、題名や副題も日本語表記、アイキャッチあり、焼き付き字幕は見当たらず。ED後に英語テロップが流れる仕様です。画質は悪くないと思います。1期は日本語版が9.14Mb/Secの1層対し、北米版は7.21Mb/Secの2層。2期は国内版が8.10Mb/secの1層に対し7.11Mb/secの1層。MBらしいノイズ感のないスッキリした画質で、ファニメーションの糞画質OVA(天地3期)とかと比べると天地の差ですな。音声は国内版がLPCM1536Kbpsに対し北米版は日本語音声のみでDD192Kbps。聞き比べると音の幅が段違いですけど、んーまぁ、ギャグアニメならそれほど音にこだわらんし問題ないかと思います。ただ、英語音声が入ってないのはちょっと寂しいですねぇ~。絶叫とか聞きたかったですな。

メニュー周りはトップ、チャプター、字幕選択、エキストラとこちらも標準的なメニュー。パッケージもしょぼく、ライナノーツ等もありません。まぁ、国内で買えば25000円ぐらいかかる(というか全初回でかかった)ので、$15でギャーギャー言ってもしょうがないといえばそうですな。



主人公の「草壁桜」は幼馴染の「水上静希」に恋焦がれるどこにでもいる中学生。
そんなある日、彼の机の中から未来の天使「ドクロちゃん」が現れて共に暮らすことになります。何かと桜を誘惑・・もとい、ちょっかいを出すドクロちゃんですが、一線を超えようとするたびに桜君をエスカリボルというバットで撲殺し、「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~」という呪文と共に復活させ、またそれが原因で話がこじれ、撲殺し、ぴぴるぴるぴる・・・・。はてさて、ドクロちゃんはなぜ桜君の下にやってきたのでしょうか?

というわけで、こんな感じかと。
国内版も全初回でばっちりそろえてたりするほど水島作品ファンなわけですけど、今回は「30分でディスクかえるのめんどう」って理由だけで購入してみました!!ディスク2枚編成ってのは予想外でしたけど、正直180分を1枚に入れてほしかったかなぁ。ともちょっと思いましたな。

今作品というか、水島作品の魅力といえばやはり下品な下ネタだと思います。前半はやや抑えていますが、後半のひどさといったら・・・(笑。前半は前半で独特の語りと声優による過度な演技、そして原作者すら引くあの腹下し絵、そしてパロディ等々、実にめちゃくちゃなアニメですな。

そして忘れてはならないのがグロ描写。んーーーまぁ、笑える明るいグロですけど、苦手な人には苦手でしょうなぁ。個人的には1期終盤の腹をエスカリボルグで貫かれ窓からの日差しが内臓を照らす、まさに内臓幻想なシーンが印象に残っていますねぇ(笑。



つーわけで、お得だからかっとけ~。

[ 2008/10/19 18:29 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(3)

小説のがおもろかったな´Д`
[ 2009/08/29 01:19 ] [ 編集 ]
画質もよいので唯一の違いはコメンタリーですな。水島監督とおかゆさんのコメンタリーは面白いので悩むところです。
[ 2008/10/25 15:06 ] [ 編集 ]
2期はまだ買ってないんですが(尼には未だに初回版在庫が…)こっちで済ますかなぁ…
[ 2008/10/19 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL