物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

帰省

 

約1週間の盆休みから帰って参りました。
地獄でしたわ。だって、クーラーがないんですよ(笑。ど田舎なので、夕方とか結構涼しくなるんですけど、この暑さではやはりクーラーなしはつらかったですなぁ。

で、盆中はクーラーの無い糞暑い中、XBOX360をフリーズにおびえながらプレイしておりました。
PS3派と言えばそんな気もする私ですが、さすがに今年の夏はXBOX360に頼らざるを得ませんでしたな。
いや、頼らざるを得ない。ではありません。MGS4以降、PS3は何もタイトルがない。・・・・あっ、クロスエッジか・・・。一応買う予定ですよ!ウィムでるし!!・・・・で、正直これから先はXBOX360のほうが魅力的であることは事実かと思うわけです。そう思わせたのがTOV。テイルズオブヴェスペリアですな。つーわけで、盆中に遊んだゲームの感想とか。

・テイルズオブヴェスペリア
約60時間プレイをしクリアいたしました。ん~、最高でした。
もうねー、TOSRとか購入した自分がバカに見えてくるほど最高でしたよーー。(笑

○グラフィック&システム
 相変わらず街中では3Dパノラマは出来ず、痒い所に手が届かない仕様ですけど、次世代機のテイルズと言う事であればグラフィックは十分だと思いますね。そして、このグラフィックでストレスの無いロードが出来たことが一番の良い点だと思います。ゲームプレイ中、ほとんどロードは感じず、実に快適にプレイできましたね。システム周りは基本的に従来のテイルズと似通った作りなので、戸惑う事なくプレイできました。まぁ、目当たらし要素が無いのは手抜といえばそうですが、だからといってモンスターを仲間に!!とかいりませんな。

○キャラクター&ストーリー
 キャラクターに関しては、ファーストインプレッションとはだいぶ違いました。TOAからややDQN臭のするキャラたちを想像していましたけど、一言で言えば「すっきりした奴ら」でしたな。

 主人公のユーリは、かなりのDQNを想像していましたけど、最後までいい奴でしたな(笑。中盤あたりに暗い描写はありますけど、正直こんな物?って感じでした。もうちょっとヘビーな内容があったらよかった気もしますけど、テイルズですしね。
 ヒロインのエステル。声が中原さんということで「ああなるほど・・」って感じで最後までいまいち盛り上がりに欠けたかなぁ。今回は恋愛要素が無いようなものなので、身近に感じず、世間知らずなお姫様が面白い。って印象だけかな。ああ、スキットの「ゆっくりしていってね」みたいなニンマリした顔は最高でしたわ(笑。

 ギルドの少年カロル。アニタみたいなウザイガキを想像していましたが、まあウザイといえばウザイですけど、ぶっとんだウザさがかわいく感じてくるからしょうがない!!!(笑。最後まで明るい感じで突っ込みも適度に入っててオチが都度ついていたのが良かったと思いますね。
 科学少女リタ。最高。文句ない。正直、衣装はパッとせず地味なキャラだなぁ・・・と思っていたのですが、科学一筋だし服装とか男のことなんてどうでもいい。っていう感じが逆に良かった!!良かった!!!まぁ・・・もうちょっとその頬を赤らめるような展開はほしい気もしましたなぁ・・・。
 ドラゴンライダージュディス。最後のスタッフロール見るまで大原さやかさんだと思っていました。申し訳ない!!(笑。数少ないエロ担当ということで私は操作キャラは常にジュディでした。浴衣に簪がまた良く似合うんだわ!!!!(笑。
 おっさん。おっさんだなぁ。

つーわけで、キャラ非常に良かったですな。欲を言えば、もうちょっとこー恋愛話というか、ハーレム展開というか、そういうのもほしかったかなぁ・・と思いますけどねぇ。TOSであった終盤の宿屋イベントみたいな物とか。あとは、フレン操作してソディアといちゃつきたかった。(笑

ストーリーは、まぁ、TOSが再生の巫女ならTOVは破滅の巫女みたいなものでしたー。という感じでしょうか。んーあまり記憶にありませんわ。(笑


・ロストオデッセイ
悪くないストーリーを多いムービーで盛り上げるも、へたくそな声優の演技とストーリーやシステムの古臭さが邪魔をし、頻繁な長いロード中に「もうやめた!」といわれる作品。でしょうか(笑。
正直、ロードが・・・ロードが・・・という噂をかなり聞いていたので、序盤は「そうでもないかな」と思っていたのですが、ダンジョンの階層が増えてきたり、罠などで頻繁に同じ所を行き来したりするとだれます。その間で問題なのが戦闘関連ですかね。

正直、戦闘は面倒。相手の属性を見て攻撃しないと敵の攻撃がかなり強いので総崩れになります。そしてパラメーター異常になるとマジで異常になる。10連続で攻撃ミスったときは笑いましたな。(笑。そして盗むなどの特殊攻撃もなかなか決まらない。ちょっとストレスたまりますねー。それもコレもLVが高ければ良い話なのでしょうが、敵の強さに依存したLVアップ方式?なので、ある程度LVが上がっていくと、その場所ではほとんど稼げなくなります。あとスキルもただ面倒なだけでしたなー。

ストーリーはマンネリですが悪くないと思います。個人的には、主人公の娘と孫、そして妻に会うまではかなり面白かったですね。1000年生きる男の話としてはちょっとスケールがしょぼい気がしますが、そこを補っていたのが「千年の記憶」ですなーーー。アレはすごい良かった。ああいうのがゲーム内に反映されていればもっと良かった気がしますねぇ。あそこだけなんか別物みたいで、ゲーム本編のほうがしょぼく感じてしまったのもちょっと問題かと。

つーわけで、ロストオデッセイは20時間で挫折です。

いやぁ・・・。正直360でやっと熱中できるゲームが出た。という感じでした。
これからのスクエニタイトルなど、非常に楽しみですなー。・・・グランディア3みたいな張りぼてRPGにならないことを祈りましょう。

[ 2008/08/18 20:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL