物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

Fate/Stay Night


タイトル:Fate/Stay Night
米 題:Fate/Stay Night
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2006/12/19,2007/2/20,5/15,7/10,8/21,10/9(全6巻)
定   価:1,6限定版$39.98 通常版$29.98(購入計 $132.26)
収録時間:600M
収録枚数:計6枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語  ドルピーデジタルステレオ 192Kbps
     日本語 ドルピーデジタルステレオ 192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング 1,2
     ・ノンクレジットエンディング
     ・ライダーの慎二観察日記(英語音声のみ)
     ・セイバーミュージッククリップ
     ・アーチャーミュージッククリップ
     ・ミュージックCM(OPEDを歌ってる歌手さんのプロモ映像)
     ・プロモビデオ
     ・Live OP Music clip
     ・アートギャラリー
○添付特典
     ・収納ボックス(1巻限定版)
     ・セイバークロック(6巻限定版)
     ・ピクチャーボード
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全巻販売終了したので感想を入れて再度掲載

北米版 Fate/Stay Nightは全24話を4,4,4,4,4,4のディスク6枚に収録。
OPEDは英語表記、アバンタイトルあり、次回予告あり、焼付き字幕はみあたらず。
画質は良いと思います。平均ビットレート5.68Mb/Secです。
英語吹替えに関しては、タイガはかわいい!セイバーはなかなかカッコ良かったです。
日本語で「エクス カリバー!」のシーンは 「Behold Excalibur!」 「みよ!エクスキャリヴァー!」でキャリヴァーがすごいいい。(笑 ですが、それ以外 のキャラの必殺技が腰が砕けるぐらいしょっぱいです。ライダー最悪だった。

メニュー周りも特に問題なし。トップメニュー、チャプターメニュー等ありますね。
ディスクはピクチャーレーベルでリバーシブルジャケット、ライナーノーツ等標準的な物は入っています。1巻限定版にはBOXが付いています。品質はGeneonお馴染みという感じの出来で、個人的にはすごい好きでね。セイバーかっこいい。
6巻限定版にはセイバークロックが付いています。ん~どこかでみた事のあるような形でたしかお風呂用とかに使うタイプじゃなかったかなぁ。あとは単品のほうに透明なピクチャーボード、下敷きが付いていますね。それと3巻にもサントラ付の限定版が・・あったのかなぁ?多分発売中止になったと思うのですが、サントラは付けてほしかったなぁ~。

fate_sm.jpg

数十年に一度、持ち主のあらゆる願いをかなえる「聖杯」をめぐり7人の魔術師達が
「使い魔・サーヴァント」を召喚し殺し合いを行う「聖杯戦争」という戦いがある。
主人公は過去、町で起きた謎の炎上事件の唯一の生存者でもある少年、衛宮士郎。
「聖杯戦争」のルールに従い殺し合いをするサーヴァントの姿を目撃してしまったことで命を狙われる士郎。その時、地上に浮かび上がった魔法陣から金色の髪に碧の眼、蒼い鎧を纏った英霊が現れる。

「―――問おう。貴方が、私のマスターか」

セイバーと呼ばれる英霊との出会い、衛宮士郎の「聖杯戦争」が始まるのであった。

とまあこんな感じですね。
PCゲームで爆発的なヒットを飛ばした作品のアニメ版と言う事で2巻まで鑑賞してみました。
PCゲームはやったことありませんが、最近発売されたPS2版はプレイしておりますのでそれをふまえた感想を言わせてもらいますと・・・・・動くタイガがステキです。(笑

タイガといいリンのパンチラ・・・いや、ちょっと違うか。そういう感じのコメディ描写はアニメだと更に映えるという印象はありますが、肝でもある戦闘シーンが個人的にはいまいち。
ゲーム版は俗に言うサウンドノベルという物で、静止画と音楽で戦闘シーンを演出します。
一方アニメは当然ながら動きですね。どう見ても動きのあるアニメの勝ちになるはずですが、個人的には戦闘シーンはゲームの方が出来が良いと感じましたね。

fate_PDVD_015.jpg

まずなんといってもBGM。
初戦のランサーVSアーチャーの間を開けて打ち合うシーンでの、威圧感を感じながらも勇ましく気分を高揚させるBGMがない。アニメの方が動いているのに迫力が段違いなんですよねぇ。
そしてもう一つは緊張感という物がない。
ゲーム版は「サーヴァントに出会ったら終わり」という感じの緊張感が文章や音楽からひしひしと感じるのに対し、アニメ版ではそれが感じませんでしたねぇ。 まあ、セイバーVSバーサーカー辺りは、電柱のぼったりする華麗な動きのセイバーに眼を奪われはしましたけど、一撃の恐ろしさっていうのをいまいち感じませんでしたなぁ。うんうん。

つーわけで、全巻鑑賞いたしました!!
ゲーム版はいわゆるマルチエンディングという方式で、セイバーエンド、凛エンド、桜エンドと終わり方がさまざまありますが、アニメ版はセイバーエンドでありながら他の良い部分をとったという感じでしたね。個人的に印象に残っているのは、アーチャーVSバーサーカーですな。
アニメ版で良かったのは、ゲーム版のそれぞれのルートでの見せ場が短時間にさくっと見る事が出来る。これに尽きると思いますな。(笑 まぁ、原作やったからわかる。という感じですが。

あとは・・超個人的にはライダーをもっと出してほしかった!!(笑
桜はいいんです。たしかにヒロインでありながらほとんど空気でしたが、あのボンテージで桜分はOK!です。OK!OK!!!ですが、ライダーがなぁ・・・。

fate_PDVD_015.jpg

というわけで、現在流通在庫のみのgeneon商品でもあるfate。ほしい人はおはやめに!!
http://www.fatestaynightdvd.com/

[ 2007/11/24 15:28 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL