物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

超重神グラヴィオン


タイトル:超重神グラヴィオン
米 題:Gravion,The Complete First Season
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2006/1/17
定   価:$39.98(購入計 $14.27)
収録時間:325M
収録枚数:計3枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語  ドルピーデジタル5.1ch   448Kbps
     日本語 ドルピーデジタルステレオ 224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・なし
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 超重神グラヴィオンは、1期全13話を5,4,4とディスク3枚に収録。
OPEDは英語クレジット、副題などは日本語表記、焼付き字幕なし、次回予告ありです。
画質は良いですね。平均ビットレートが7Mb/Secで問題ないと思います。
音声は英語のみ5.1chです。サンドマンは渋くてよいかと思いますね。
メニューはトップメニューのみ。チャプターメニューなどはありません。
映像特典は廉価版ボックスなので一切なし。単品の場合は充実していたようなのですが
どこも売ってないし、amazonでボックスと同じ価格で単品購入もあほらしいですな。
今回のボックスは1期のみのボックスで、この後2006年7月に2期のボックスが発売され、
2007年7月に1期2期をセットにしたコンプリートボックスが発売されています。
今買うなら断然1期2期セットのボックスが良いと思いますね。

西暦2041年。
地球は正体不明の敵「ゼラバイア」の出現により、地球統合政府は敗れ人類の未来は
失われたかに見えた・・・だがその時!!謎の大富豪クライン・サンドマンの号令と共に
人型メカ「グランカイザー」、そして4台の戦闘機が現れ「ゼラバイア」に立ち向かう。
変形合体し「ゴッドグラヴィオン」となった彼ら・・武装戦隊「アース・ガルツ」は世界を
救う事ができるのだろうか?

と、まぁこんな感じのストーリーですね。

今作品は一言で言えば大昔の戦隊物という感じで、パイロットが数台のマシンに乗りそれが
合体し敵と戦い、ロゴの入った武器を次々と出して勝利するみたいな、超典型作品です。
パイロットが乗るための余剰スペースの問題とか、パイロットの安全を守るための装置とか
人が乗る意味なんてあるの?とか、そういうのは置いておいてください。すべてノリなんです。
面白いと思ったのが、主人公の紅 エイジは右足のパイロットと言う事。一応スタンスは
Wヒーローらしいですが、紅 エイジ主観のストーリー展開なので主役といえばエイジかな。

主人公の紅エイジを初めとするキャラクター達は非常に良かったと思います。
お城が本部と言う事で、オペレーターなどは全員メイド服の女性。多彩なロリキャラに巨乳、
メガネ、どじっこ、ツンデレ・・・、デレというか恋愛要素などはあまりなかったですね。
うーん。そう、恋愛要素うんぬんの前に、キャラとしての掘り下げが浅く、メインパイロット
でもあるメガネメイドなんかネタキャラで終わってましたなぁ・・・。なんか設定あるのかな。



ストーリーも序盤は良かったです。新鮮というのもありますし、ピーーンチ!これだーー!!
ドッカーン!と単純なのはわかりやすい。ただ、最後までそれでした(笑
終盤はそれなりに盛り上る事は盛り上ります。

「仲間一人の命を犠牲にして地球を救うなんてやってられねえんだぜ!」と、ガンパレードマーチ
なら射殺レベルの発言をして、もう一人のヒーローでもある斗牙を殴り、アース・ガルツを抜け
出すエイジ。パンチラ要員として出現したとしか思えない幼なじみのケガをきっかけに、「俺は
やっぱ戦うんだぜ!!」とグラヴィオンの元に戻るエイジ。なぜか(笑 ついてくる学校の同級生に
グラヴィオンに乗るところを見せて「あいつホントにグラヴィオンのパイロットだったんだぜ!」
とベタな展開をへて、無事敵を撃破。病院で休む幼なじみに、窓越で無事を確認し、去るときは
ただの右足パイロットなのに「グラヴィオンは俺が真のパイロットなんだぜ!!」と言わんばかり
の演出で「やっぱりエイジ ス・テ・キ!」という感じのパンチラ要員幼なじみ。以降出番なし。
そして城に戻るエイジ。メイドやパイロット達が温かく迎えるなか、もう一人のヒーロー斗牙に
殴られ「これはさっきのお返しだぜ!」とか言うのかと思ったら斗牙「おかえり。」

あーそうきたかー。たしかに殴るのはベタすぎるよなぁー。でもまぁどうでもいいやー。(笑
ここらへん、作画も微妙で何とも言えない気分を味あわせてもらいましたね。
まぁ、この作品は1期2期とある作品で今回は1期だけなので、結局何も解決してないじゃん!
と言われてもしかたないというか、2期を見ろ!!と言う事なんでしょうね。
実際何一つ解決していませんし、謎が謎を呼ぶ謎だらけで2期気になったでしょ?と問われれば、
メイドパイロットが活躍する話というか、ストーリー以外のギャグ話が楽しみなのでもちろん2期
みるぜーーー!!



というわけで、次回は2期をレビュー予定です。(笑

[ 2008/02/23 16:53 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL