物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

プリンセスチュチュ


タイトル:プリンセスチュチュ
米 題:Princess Tutu Complete Collection
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/11/20
定   価:$49.98(購入計 $28.21)
収録時間:650M
収録枚数:計6枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語  ドルピーデジタルステレオ 224Kbps
     日本語 ドルピーデジタルステレオ 224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・エピソード(卵の序曲猫先生愛のレッスン、Vorfinale)
      (日本語音声+英語音声+英語字幕)
     ・オーディオコメンタリー(米声優、米スタッフ)
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・プロモ映像
     ・NG集(米声優)
     ・吹き替え映像、バレエ講座、解説、インタビューなど(英語音声&英文)
     ・次回予告など(本放送時の映像)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 プリンセスチュチュは全26話を5,4,4,5,4,4のディスク6枚収録。
今作品は1章、2章と別れているため、変則的な収録となっています。っていうか単品詰合せ?
OPEDクレジットは英語表記、タイトルの英語差し替え、それ以外には焼付き字幕などは見当たり
ませんでした。副題も日本語で表示されていましたね。アバン、次回予告も収録されています。
画質は標準的な北米品質ですかね。平均ビットレートが6.54Mb/Sec。今作品は暗い画面が多い
ので、階調が階段のようになる現象ぐらいですかね。
音声も特に問題ないです。ちなみに主人公の女の子の名前があひるなんですが、英語だと
ダックです。ダックて(笑。いろいろ批判が出ていましたが、そのままですかね。

映像特典は上記通り。英語オンリーの特典が多いですねぇ。んまぁ、ある意味ディズニー
みたいなお話といいますか、雰囲気なので、売れると見込んでいろいろしたんでしょうか。
しかし現状はアマゾンでずいぶん前から投げ売りされており、売れなかったと言う事ですね。
コンプリートボックスと言う事で、全巻収納可能なボックス付です。ADVの廉価版はthinpak
が多いのですが、今回はMBなどが良く使うケースですね。なお、表紙は主役のあひるじゃなくて、
敵役のるうなのが、なかなかADVわかってんじゃないの!という気がしないわけでもありません。

一匹のアヒルが湖で一人の王子様を見ていました。心をなくし、いつも無表情でたたずむ王子様を
みる度に、ただのアヒルは何とかしてあげたいと思っていました。そんなある日、奇抜な衣装に身
を纏った一人の老人が現れました。老人はアヒルに言いました「王子様の心を取り戻せる力を上げ
よう。しかし王子様に自分の気持ちを言った時、ただのアヒルに戻るのではなく消滅してしまう」
アヒルはその力の源でもあるペンダントを受け取り、王子様のために人間の女の子、「あひる」に
なるのでした。



という感じですが、んーまぁ学園物ですね。
あわてんぼうでドジっこの「あひる」、あひるがあこがれる魅力的な女性「るぅ」、どこか影のある
青年「みゅうと」そしてみゅうとの側にいつもいる青年「ふぁきあ」。総監督は佐藤順一さんで、
日曜朝のオトボケアニメの雰囲気を出しつつ、今作品の最大の魅力でもある、数々の童話にインスパ
イアされたストーリーと、クラシック、そしてバレエで作品を盛り上げます。

個人的に良かったのは、あひるが人間の女のこになる。というわけで、あひる時は常時肛門丸出しな
所とか、あひるに水を駆けると人間の女のこにもどるけど素っ裸とか、そういうコメディ部分ですな。
ストーリーではあひるとふぁきあですね。前半はみゅうととふぁきあのベタベタ描写がキモくて
ダメだったんですが、後半からあひるとふぁきあの微妙な距離感がたまりませんでしたなぁ!!
るぅちゃんも2章よかった。みゅうとは駄目でした(笑

最後もなかなか良かったですね。みゅうととるぅは正直見るのが恥ずかしいほどの終わり方で
まぁ、これまでのるぅを考えればおめでとうなんですが、一方、あひるとふぁきあの最後は
非常に素敵でしたね。よくあるハッピーエンドとは違う、これからが楽しみな終わり方というか
ただのあひるの幸せ。なんでしょうなー(笑



というわけで、んー、おなじみのクラシックとかなかなか盛り上がると思いますので
気になったらかっとけー
公式:http://www.advfilms.com/titles/tutu/

[ 2008/02/16 19:43 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL