物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

月末ゲームファーストインプレッション


1月末は実に大量のゲームが発売されました。
というわけで、購入したゲームとかの感想などを。

・らき☆すた
月末一週間前に発売されたPS2版らき☆すた。



こんな感じであとは2,3キャラという段階で止めました(笑。
学園祭までの1週間?をプレイする形で、学園祭当日に何かが起こり1週間前にもどってしまう。
という、いわゆるループ設定で、進めば進むほど謎が解けていく!と思いきや、そうでもなかったり。
まぁ、お話自体は感動もへったくれもありませんが、アニメ版しか知らない自分にとっては、数々の
ネタでなかなか楽しくプレイできましたな。

あとは、ギャルゲーと言う事で、いわゆるラブラブイベント、ときメモみたいな物もあるわけですが、
キス直前でループする仕様はどうかと思いますわ・・・・。
個人的にこのPS2版で良かったキャラは、アニメよりもぶっ飛んでて、ムチムチマッサージのみゆき、
メインストーリーにからみつつ、さわやかなマニアックさが出てたこう、そしてラブラブモードの
破壊力にやられたひより。かな~。(笑 
まぁ、こなたとかつかさとかも良かったんだけど、なんつーか、そのまんまかな。(笑

・ハルヒの戸惑
ハルヒが「ゲームを作るわよ!」とか言い出して、4週間のスケジュールを立ててゲームを作る。
というゲーム。スケジュールの立て方により、RPGやプリメ風SLG、スパロボ風SLGなど、30分?
程度遊べるゲームが作れる。また、ゲーム作りにおいて、シナリオ、音楽、映像といったさまざまな
仕事を割り振り、その出来によって、出来るゲームの質が変化する。
という感じですね。で、1週目プレイしてみたところ、



こんな感じで、RPGが出来ました。音関連に力を入れていなかったせいか、BGMの順番が
てんでばらばらで、戦闘中に和やかな音楽がかかってしまう、パラメータがおかしいため、ラスボス
を一撃で倒してしまう。などのバグはありましたが、まぁ良なのかな?どうなんだろ。

まずこのゲームを作成したのは、コナミから発売されているPS2版ネギま!1,2を作成した
株式会社アクリア。ぶっちゃけ、ネギま!の大量の生徒と移動作業がなくなっただけ!という感じの
ソフトになっています。ネギま!やった事ある人ならわかると思いますが、膨大なフラグ管理、綿密
なスケジュールとかなり肩のこるゲームでしたが・・・・、健在です。
ですが、上記のパラメータでもRPGを成功できたので、個々のイベントを起こす事を考えなければ
案外簡単にゲーム自体は作れてしまうと思いますね。

・ディスガイア3
400万時間遊べるRPGと言う事ですが、ヤバイですなぁ。
PS2版とそう変わりはありませんが、PS3版をプレイするとPS2版にはもどれないと思いますね。
ドット絵はともかく、スッキリとした文字、鮮やかなキャラ絵、そして広い画面はSLGには最適だと
思います。私自身、ハルヒを1週してからちょっとやるかなーと思ってプレイ開始したのですが、
「アイテム界まだかなー?」という感じで章を進めていき、相変わらずのテンポな掛合いにニヤニヤ
し、ムチムチキャラにムッハーしながら、アイテム界が出たらさっそくレアダークロザリオに潜る。
毎回ジオエフェクトに悩み、一掃した時の快感を味わい、アイテムのLVをどんどん上げていく。

久々です。夜あけたの(笑

正直1から何も変わっておりませんが、個人的には2よりも1に近い気がしますね。2は50時間程度しか
プレイしなかったので、今回の3はかなりヤバイかも知れません・・・・。
ああ、3連休が待ちどおしい。

・フィギュア
あとは月末に出たリボルティックとねんどろいど。
リボルティックはどんどん進化してるんですが、どんどんポロポロ部品が落ちやすくなっています。
やっとfateのねんどろいどそろいましたー。かわいいな~。

んーらき☆すたの限定版買ったのは完全に失敗だったかな(笑。まあわかってたんだけどね(笑
ハルヒは後でじっくりやるとして、とりあえずはディスガイアですなぁ・・・・。

[ 2008/02/04 19:38 ] ゲーム | TB(0) | CM(2)
最終的にループを解決するという目的はありますね。ただ、主人公が完全に空気というか、まさにアニメを見ている視聴者的な感覚かなぁ。
終わり方があっさりしすぎというかなぁ~。
[ 2008/02/04 23:34 ] [ 編集 ]
>らきすた
個人的には、うる星ビューティフル・ドリーマーみたく、ループから抜け出す方法があるのではないかとみています。あくまで憶測なので、ちがったらごめんなさい。
[ 2008/02/04 19:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL