物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

マクロスプラス


タイトル:マクロスプラス
米 題:Macross Plus The Collection
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1,2,4
発 売 日:2005/06/14
定   価:$39.98(購入計 $14.27)
収録時間:180M
収録枚数:計2枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語  ドルピーデジタル5.1  448Kbps
     日本語 ドルピーデジタルステレオ 192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・予告集
     ・国内版クレジット(エンディング)
     ・アートギャラリー
     ・MANGAリリース情報(アニメだけじゃなく洋画やkissとか)
○添付特典
     ・収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 マクロスプラスはEpisode1~4を2,2とディスク2枚に収録。
OPEDは英語クレジット、焼付き字幕は見当たらず、次回予告あり。
画質は年代+MANGAということで、あまりよろしくありませんね。平均ビットレートが5.47Mb/Sec。
吹替えに付いては、国内で発売されたインターナショナルバージョンだと英語音声と日本語字幕
があったようですが、日本語字幕については収録されていません。
映像特典は上記通り。MANGA関連ばかりでうんざりしますな(笑
ボックスセットと言う事で収納するケースが付いていますが、まぁしょぼいですな。

2040年。統合宇宙軍の次期主力可変戦闘機を勝ち取るために競合する2社のパイロットの一人
「イサム・ダイソン」は、故郷でもある移民惑星エデンにあるニューエドワース基地へとやってくる。
そこで出会ったのは競合するもう一社のテストパイロット「ガルド・ゴア・ボーマン」。そして、
7年ぶりに故郷へともどってきた音楽プロデューサーの「ミュン・ファン・ローン」。
3人の幼なじみが出会うとき、止まっていた時間は動きだす。



こんな感じですかねー。
ストーリーを全面に押し出した解説をしましたが、個人的にはやはりメカと戦闘シーンが見所かと。
ちなみに私のマクロスといえば、アニメマクロス7ぐらいしかまともに見た事ありません。
ですので、初代見てないとか問題外だろ?とか言われるとそのとーりなので、ご理解ください。
ADV早く廉価版だしてくれねーかなぁ~。

まず先にストーリーですが、マクロスに限らず良くある「お調子者の主人公」「カッコイイ三枚目」
そして「ゆれるヒロイン」(笑、みたいな構図で非常にわかりやすかったと思いますね。
個人的に好きだったのはガルド・ゴア・ボーマンでした。マクロス7で言うならガムリン木崎という
いわば私の目指す理想の男性像だったわけで、序盤の展開ではガンバレ!という感じで応援して
いました。しかし最後、真実が明らかになると見方がかわりましたわ。序盤の三角関係のあたりは、
アニメじゃよくある展開なわけですが、あそこまで濃い過去があってノウノウとイサムにいちゃもん
付けてるわけで、記憶がないとはいえちょっとヘタレすぎかなぁ・・と。 がっくりだよ!(笑
そう考えると、イサムはお調子者だけではなく実に懐の深いやつなんだなぁ~と見直しましたね。

まあ、ストーリーはそんなもんで、それよりもやはり戦闘シーンですね。
納豆ぶちまけたみたいなミサイルの弾幕、終盤のお互いの思い出を言い合いながらの戦闘シーンは
面白かったですなー。ガルドの最後があっけなかったですが、劇場版だと色々追加されている
らしいですな。んー劇場版もセットにしてくれればよかったのになぁ。



というわけで、どうせ買うなら国内版のほうが良いと思いますが、まぁ安いならね。(笑

[ 2007/12/02 16:11 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)
最初のマクロスTVシリーズ
ロボテックコム(http://www.robotech.com/)の全話BOX、$40弱ってのもなかなか魅力的ですが……。関東圏では再放送もしてるし、昔のテープもあるし、まっいーか、です。
[ 2007/12/03 01:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL