物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

キノの旅 コンプリートコレクション


Kino's Journey Complete Collection
キノの旅 コンプリートコレクション
定価$39.98  購入価格$22.56
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 325m
音声 : 英語(5.1),日本語(2.0)
字幕:  英語、オフ可
ディスク:  計3枚
特典
///////////////////////////////////////
全13話を5,4,4の3枚に収録。
OPEDは英語クレジット、次回予告あり、タイトルやサブタイ、話中の文章なども日本語です。
映像は問題ないっすね。平均ビットレートが7.2Mb/secで特に気になるところもなし。
それと北米版も国内と同じく薄い横線が縞のように入っています。演出なのかわかりませんが
いわゆる童話みたいな作品ゆえ、しわみたいな感じで雰囲気が出て良いんじゃないでしょうか。
あまり昨今の萌えアニメのように、はっきりくっきり写すような作品じゃないですしね。


音声は英語DD5.1 448Kbps、日本語DD2.0 224Kbps。
個人的にこの作品は音が非常に好みというか、他のアニメより良く聞こえましたね。
英語DD5.1と比べるとモトラド(バイク)の駆動音などが更に引き立つ感じです。
声優に関しては日本語版もああいう感じなのでドッコイドッコイかな。エルメスとか特に。
映像特典は廉価版なので一切なしで、メニュー等も各話へのショートカットのみ。
もちろん各話のパートメニューとかはなく、言語選択メニューがあるだけですね。
廉価版と言う事でBOXはADVお馴染みのスリムなThin pack。ただし他の作品と比べると
箱が縦に少し大きいので棚に入れてると凸凹してしまいますね。


幼さの残るボーイッシュな外見の少女キノと、その相棒の言葉を話すモトラド エルメスが主人公。
格闘術にたけ、パースエイダーの才能があり、どんな場面でも冷静に対応するキノと
そんなキノを茶化したり、キノに愚痴を言ったり、キノのよき理解者?なバイクのエルメスが
さまざまな国をめぐっていくお話。



こんな感じの、1話完結みたいな感じですね。
12歳以上になると手術を受け、どんな辛い仕事も笑顔で行える様に改造される”大人の国”。
村を訪れる旅人に「ネコミミをつけて歓迎するのがこの国の伝統です!」とか
「ウサミミが伝統です!」とか伝統がない国が伝統を作ろうとするが、その行為自体が伝統に
なっている国など。
そういう、おとぎばなしの様な国をキノたちが3日間滞在する。という感じで進んでいきます。
おとぎばなしといっても良い話だけではなく残酷な話もあり、キノという主人公も決して
善人・・・というかアニメの主人公的な行動をとらないところがおもしろいですね。
郷にいっては郷に従え。という感じですな。


個人的に印象に残っている話はやはり”人を喰った話”ですね。
キノが馬車の荷台を調べるシーンでは背中がゾクゾクっとしてしまいました。
よくよく考えると、あまりハッピーエンドで終わる話というのがないんですよね。
ほんとにキノは旅人としてその国を見ているだけという印象があります。
といっても、コロシアムの話なんかでは、国を変えようとした発言をしたりしますが、
機械人形の話なんかでは残酷というか、んー冷静なのかなぁ。
たとえば「あの家をずっと守りつづけて誰か旅人がきたら暖かく迎えてあげてください。」
とかでもいいんじゃないかなぁとか思いますが、んーロボットの幸せか・・・どうでしょうね。


それとこれも個人的にですけど、北米版といえば音がいまいちなんですが、
この作品は非常に良く聞こえました。一言で言うとクリアな音という感じかな。
特にモトラドの駆動音や風景に合った環境音などが5.1CHで映えるので、
単発の話といい1話でも世界にじっくりと浸れる感じがありますね。



というわけで、ちょっと大人のおとぎばなし。
あなたもキノと一緒に旅にでてみませんか?
なっちゃって。

[ 2007/04/27 15:13 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL