物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

風まかせ月影蘭


タイトル:風まかせ月影蘭
米 題:Carried by the Wind,Tsukikage Ran
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2002/9/10,11/5,2003/1/7,3/4
定       価:$29.98(購入計:$23.33)
収録時間:325m
収録枚数:4枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・番組宣伝スポット集
     ・アートギャラリー
     ・用語解説(英文 熱燗(hot)とかぬるかん(warm)人肌(lukewarmとか)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 風まかせ月影蘭は全13話を4,3,3,3と全4巻に収録。
OPEDは日本語表記、焼付き字幕はみあたらず、次回予告も収録されています。
画質は平均ビットレートが7.9mb/sec。標準的な北米品質で特に問題もないと思います。
英語吹替えは、舞台も舞台だし、雰囲気命なので微妙かな。番屋とかポリスだし(笑
メニュー周りもサブメニュー等収録されており、中身以外の品質も普通ですかね。
ライナノーツは入っていますが、1巻にボックスはついていなかった・・・と思います。
今作品ですが、2002年に$29.98で単品が発売され、2004年に廉価版&単品の価格改正?が
たしかあったような気がします。実際私が購入したのは価格改正後の単品$9.98を4枚です。
現在では廉価版も廃盤なので探すのはちょっと難しいかもしれません。

「空んわぁ~晴れぇばれぇ~心ぉも晴れ晴れよぉ~あらよっと」
役人が悪巧みをし、先生方(武士)が彼らを守り、越後谷が仲介をし、平民が苦労する。
どこにでもあるような時代劇の世界が舞台です。主人公はお酒とおからが大好きな
美人の女素浪人「月影蘭」。そしてお供といって良いのか、腐れ縁といって良いのか、
困っている人を見過ごせないが、トラブルメーカーでいつも騒ぎを起こしてる猫鉄拳の
「ミャオ」。各地を回り悪を退治する、痛快娯楽時代劇。



ぶっちゃけて言えば、よくある夜7時頃(最近は7時なんだね。昔は8時だったよなぁ)に
放映される時代劇で腕の立つ女二人が主役。ってだけですかね(笑

定番中の定番という感じで、たとえるならミャオが赤ちゃんを拾い困っているところへ
月影蘭が登場し二人であたふた。そんな所に謎の刺客が現れて月影蘭が退治する。
そして実はその赤ちゃんは大地主の跡継ぎ子供なんだけど、悪い側室の女により捨てられた
という事実判明!母親と赤ちゃんの再開、すこしさみしいミャオ。そして悪役登場で
月影蘭が倒す。最後は旅を続ける二人を後ろから頭をたれて見送る母親。

とまぁ、すごく定番です。(笑
これ以外にも家族3人で旅をする一家とのやり取りとか、ある意味期待を裏切らない非常に
わかりやすく楽しめる内容ですね。
定番でつまらなくない?という気もしますけど、時代劇ってたまにボーッと見てても1話で
綺麗に完結しているので、おもしれーーー!とは思いませんが、つまらなくはないっすね。



そしてもう一つの魅力は、監督が「十兵衛ちゃん」や「今そこにいる僕」の大地丙太郎氏、
演出アドバイザーには桜井弘明氏というコンビでしょうか。
十兵衛ちゃんのような非現実的な殺陣シーンはなく、淡々としていますが見せる演技とでも
いいましょうか、実写の時代劇を思わせる雰囲気作りが良いですね。
そしてやはりこのコンビといえばオバカ描写(笑。いやーまぁまぁミャオねえさんがかわいい!
バカ全開っていう感じが非常によろしくて、ゾウを見てはしゃぐ月影蘭とかも非常に愛らしかった
ですな。まぁ他のギャグアニメにくらべるとぶっ飛んではいませんけど、雰囲気に合ったギャグ
になっていると思いますね。「おまいさんなにをいってるんだい!」みたいな(笑

不満といえば、どこで終わりにしてもいいような終わり方だった。かなぁ。
時代劇って別に毎回みなくてもokみたいな所がありますが、一応月影蘭の過去を交えた展開は
あるにはあるんですが、解決?という物はなく旅は続くエンドだったわけで、ちょっと消化不良。



つーわけで、なかなか探すのは難しいですが見つけたらカットけ!
あと、ヤダモンでお馴染みのSUEZENさんによるコミック版もちょっとエッチなのでかっとけ!!

[ 2007/10/07 02:10 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL