物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

宇宙の騎士テッカマンブレード


タイトル:宇宙の騎士テッカマンブレード
米 題:Tekkaman Blade Collection
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/2/7,6/5,8/14(全3巻)
定       価:各$29.95(購入計:$55.77)
収録時間:1225m
収録枚数:計9枚
映像仕様:4:3
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ  448Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング (前期のみ)
     ・ノンクレジットエンディング (前期のみ)
     ・オープニングver2.2
     ・ブレード変身&ボルテッカ集(幻のボルテッカしょぼすぎwww)
     ・番組宣伝スポット(なつかしすぎ)
     ・ミニエピソード「TWIN BLOOD」「長き戦いの序曲」「燃えた時計」「MISSING LING」
/////////////////////////////////////////////////////////////////

北米版 宇宙の騎士テッカマンブレードは全49話を3つのボックスに分けて販売しています。
BOX1は1~16話をディスク3枚、BOX2は17~33話をディスク3枚、BOX3は34~49話を
ディスク3枚、 計ディスク9枚での収録になっています。
OPEDは日本語表記、次回予告あり、焼付き字幕なし、サブタイも日本語です。
画質は良いと思います。年代からちょっと良いビデオ録画程度を想像していましたが、
ボケておらず、ノイズ感もなく、非常にスッキリしていると思いますね。もちろん年代の古さは
感じますが、画質より作画の方に目がいくという感じ(笑。平均ビットレートが7.6Mb/Sec。
ただ、特典映像の方は少し悪い気がしました。ちょっとボケ悪いという感じです。
音声は日本語音声のみの収録になっています。MBは最近日本語音声のみが多いですねぇ。
メニュー周りはサブメニュー等ちゃんと収録されています。
収納ボックスですが、画像の通り見開きタイプの厚紙?ボックスです。まぁ、価格を考えれば
こんなものではないでしょうかね~。そうですねぇ・・・。ボックスはしょぼいですけど、
内容と価格を考えれば十二分に満足出来る品質だと思いますね。

連合地球暦192年。人類は地球の周りを土星の輪の様に囲むオービタルリングと呼ばれる施設と
それと地上とを結ぶ起動エレベーターを建設した。これらにより人類は宇宙へと第一歩を
歩もうとしていた。だがその時、謎の宇宙生命体「ラダム」によりオービタルリング、起動
エレベータが占拠され、人類の希望だったオービタルリングが、その装備を地球に向け、人類を
絶滅させるための施設となってしまった。通常の攻撃が効かないラダムに対し、人類はただ空を
見上げ、滅亡まで脅える日々を過ごすだけだった・・・・。

そんなある日、ラダムに対抗するために調査・研究をしている外宇宙開発機構、通称スペース
ナイツの前に隕石が落下し、中から記憶喪失の男が現れる。「Dボウイ」と名づけられた青年は
謎の水晶を掲げ「テッカマンブレード」と呼ばれる超人に変身し、今迄倒す事の出来なかった
ラダムを撃退するのだった。こうして人類とラダムの、そしてブレードの戦いが始まった。

と、まぁこんな感じですかねぇ~。

鬱アニメとして有名(笑)なテッカマンブレードを鑑賞いたしました。
幼い頃はただカッコイイ!というだけで見ていた記憶がありましたが、
やはり大人になって見返すといろいろと考え深い物がありますねぇ。
まずはコレ。



今作品のヒロイン「アキ」です。
これが本編中のアキです。



・・・・・・・、まぁ、人間感極まると顔の表情なんてどうでも良い事だとは思いますけど、
それにしても、全編にわたっての酷い作画。コレにつきますな(笑
この作品だけに限った事ではなく、昔は結構冒険的な作画が多いのでこればかり
バッシングするのもどうかと思いますが、非常にいいシーンでコレはないと思いますねぇ。
ちょっとショックだったなぁ(笑

というか、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、良い作画はオープニングです(笑
オープニングではカッコイイチーフも、アニメ本編だと黒いパンティを目の上に載せてる
みたいだし、ノアルもバルザックもなんかアメコミの主人公みたいな身のこなしだし・・・・。
・・・・・・・・まぁ、正直これはどうでもいいんですわ。(いやよくない)
このテッカマンブレードはやはり熱く!!そして悲しい!!ストーリーなわけです。
というわけで、ネタバレを含む感想などを記載したいと思います。


          ↓ ↓  ネタバレを含む感想  ↓ ↓

地球を守るために活動する「スペースナイツ」と合流した頃のDボウイは、実に孤独な男でした。
「おれはラダムを倒す!」それが口癖の、周りなんてどうでも良いという振る舞いで、昔の
ヒーロー物には実に似つかわしくない主人公でしたな。しかし、スペースナイツと共に戦いを
続けるうちに、Dボウイも彼らスペースナイツを信頼し心をひらいていきました。
だが、そんな彼らの前にDボウイにそっくりな人物が現れます。彼の名前は「シンヤ」Dボウイと
同じくテッカマンに変身する事の出来る、ラダム側となったDボウイの双子の弟だったのです。

かつてDボウイとシンヤ、そして妹のミユキの3人で遊んだ場所で戦うテッカマンブレードと
シンヤが変身したテッカマンエビル。
咲き乱れるアマリリスの花畑での「ボルテッカーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
くぅううカッコイイ!だけど、切ない(TT。撃退はするが、ここで変身できる30分を超えて
しまい、テッカマンに精神を乗っ取られてしまいます。この後には良くある展開で元に戻る
んですが、その間に人殺しまくりなんですよね。いやぁ~ここらへんが昭和アニメですな。



妹との再会をきっかけに、世界中植え付けられたラダム樹が咲く時、人類は滅亡してしまう。
という事実を知る事になるスペースナイツ達。そして、その後Dボウイの過去が判明します。
本名は相羽タカヤ。宇宙物理学の教授でもある父と共にタイタン調査団として宇宙船アルゴス号
で土星の調査に向かう途中にラダムと遭遇。父が、兄が、弟が、妹がラダムに飲み込まれ、
テックシステムにより超人となる過程で、父親は不適合として排除される。そして父親により
助け出され、「ラダムとなってしまった家族を倒せ!」との使命を与えられ地球へと送られた。
嗚呼、なんてこったい。悪いのはラダムであってみんな被害者なのに、なんてこった(TT。

前半のクライマックスは崩壊寸前のスペースナイツ基地が舞台です。
地球防衛軍がオービタルリングを破壊する作戦を立てるが、数億の人間を犠牲にする事に対し
それを阻止するテッカマン。阻止するんだけど、その方法が地球連邦軍全滅なのがまた良いですね。
実に昭和アニメですな(笑。しかしスペースナイツ基地で彼を待っていたのは、弟シンヤに串刺し
にされた妹ミユキの姿だった。怒るブレード。彼の怒りはあたり一面を焼け野原にする。



・・・そしてOPも一新し、新しい物語がスタートします。
5ヶ月の間、地球防衛軍もスペースナイツもいなくなり、ラダムよる侵略が進む地球。
再び集結するスペースナイツですが、彼らの目の前には弟シンヤだけでなく多数のテッカマン
が控えています。テッカマンアックス。かつて教師として自分と弟を鍛えてくれた人物。
彼との戦いは実にすばらしかった。しかし、この戦いからDボウイの体の組織崩壊が進み、
テッカマンに変身する度にボロボロになっていくという事実が彼を苦しめます。

戦いを止めるか?50%という確立で、仮に成功しても半年しか生きる事の出来ないが絶大な力
を得る事の出来る処理を受けるか?・・・・・・もちろん彼は戦う事を止めませんでした。
ここでDボウイを守るために立ち上がるスペースナイツ&バーナード軍曹は実にアツかった!!
そして、新しく生まれ変わったテッカマン。ブラスターテッカマンによる反撃が始まります。
やはりこの手のアニメの変身後の一掃シーンは最高ですなーーーーー!!!ボルテッカ強すぎ(笑
とか思っていたわけですが、本来使ってはいけない力を使った代償は、記憶の欠如でした。
戦闘を重ねる度に彼はたくさんの記憶を失っていく。Dボウイという名前、妹が好きな花の名前
そしてテッカマンに変身する方法・・・。今後の戦闘シーンは、毎回終わった後になにを忘れて
しまうのか?と非常にハラハラドキドキでしたなぁ。

そして彼はアキを連れ、かつての自分の家へと向かう。
「家って不思議だな。持ち主はもうこの世にはいないのに、妹の匂いがする。」
リビング、父の本棚、妹の部屋、弟の部屋、アキと一緒に部屋を回るDボウイ。
彼は何のためにこの場所へ?
そう、ラダムへの憎しみだけは忘れないよう心に刻むためにこの場所へ来たのだった。



憎しみだけを糧に弟のシンヤを倒したDボウイ。彼はシンヤのもっていたクリスタルを手にし
最終決戦の月へと向かう。月へ近づく度に彼の記憶がなくなっていきます。
大切な仲間を忘れ、死んでいったもの達を忘れ、かつて愛した家族を忘れ、その家族を殺した事
を忘れ、そして愛するアキの事を忘れ。憎しみのみを記憶に彼は戦います。

・・・強くなどなりたくなかった。
「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
 おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
 おおおおおおおお」


・・・出来ることなら変わりたくなどなかった。
「ボォルテッカァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
 アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
 アアアアアア」


・・・・・・・・はい。
というわけでね、最終回、中盤のあの名セリフが頭の中を駆け巡りました。(TT
アキも言っていました。なぜDボウイがこんな使命を負わなければいけないのか?まったくその通り
ですなぁ・・・・。最後のZガンダム的なエンドは非常にかなしかったけど、ゆっくりアキと休ん
でもらいたい。ですかなぁ。でね、このあとに「MISSING LING」を見ちゃった(笑。
何だあのアキは! お願いだからDボウイを休ませてやってくれよ(TT。
テンションが一気に萎えるので、見ないほうが良いかもしれません(笑

んー正直スパロボとかで見てみたい!と思っている平成生まれの人には、作画とかかなり
インパクトあるので全49話はきついと思います。(笑 ですが、レンタルもないし、国内版も
レア化してるので気になるのであればぜひともかっておけ!!
そして、おっさんは今すぐ買え。(笑

[ 2007/09/22 00:03 ] 北米版レビュー | TB(3) | CM(1)
昔みてました。何話だか覚えてはないんですがエアロックに「ROCK(岩)」と書いてあって失笑したのもいい思い出www
[ 2012/12/25 16:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

宇宙の騎士テッカマンブレード   全49話
さて、この作品もかなりの欝アニメと聞いていて見てみたいなとは思いつつ 結構昔の作品ですし、話数もあるのでなかなか難しいだろうなと思ってました そしたらまさかの公式ネット...
[2012/09/16 23:12] にきログ
テッカマン ブレードの最新情報
情報の蔵からとっておきの情報をご提供します! テッカマンブレードエッセンシャルでお世話になりまんてる皆様、美人ばかりでしかもアカルス(゜ω゜)スタイリストさんがマミタス様用に、翔子とお揃いでバスローブを
[2007/11/07 12:07] 情報の蔵
【 宇宙物理学 】について最新のブログの口コミをまとめると
宇宙物理学に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
[2007/09/26 05:50] プレサーチ