物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

藍より青し


タイトル: 藍より青し
米 題:Ai yori Aoshi
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/4/17
定       価:$59.98(購:$37.24)
収録時間:900m
収録枚数:8枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  256Kbps (2期は192kbps)
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング1期1,1期2、2期1
     ・ノンクレジットエンディング1期、1期15話、1期18話、2期、2期9話
     ・ミュージックビデオ 石田燿子 永遠の花
     ・ANIME EXPO 2004 石田燿子ライブ(10分程度)
     ・ボーナスエピソード「夢語り」(日本語音声+英語字幕)
     ・ボーナスエピソード「 美雪 ~みゆき~」(日本語&英語音声+英語字幕)
     ・USトレーラー映像
     ・アンオフィシャルトレーラー(US)
     ・アートギャラリー
/////////////////////////////////////////////////////////////////
TVシリーズ1期全24話を5,5,5,5,4の5枚、2期全12話を4,4,4の3枚、計8枚収録。
OPEDは英語表記、24話エンディングのみ日本語表記、次回予告あり、焼付字幕なし。
画質については問題なし。平均ビットレートが5.5Mb/Secです。
トップメニュー、サブメニューあり。ライナノーツあり、リバーシブルパッケージです。
コンプリートボックスと言う事ですが、単品をまとめただけで収納ボックスなどはありません。
手抜き仕様で場所取りますが、価格も価格ですしこんなもんですかねぇ。

花菱財閥総裁を父にもつ青年 花菱薫が主人公。
両親の結婚を許してもらえずに周囲からさまざまな誹謗中傷を受け、祖父からは虐待に近い
「帝王教育」を施され、耐え切れず逃げ出した彼の元に、ある日一人の少女が尋ねてきた。
名前は桜庭葵。桜庭呉服店の跡取り娘であり花菱とは縁のある、薫の許婚であった。

と、まぁこんな感じですかね。



というわけで、よく名前を聞いていたけど結局一度も鑑賞した事なかったのですが、
せっかくのコンプリートボックスと言う事で購入して鑑賞してみました。
まずはTV1期の感想~。

ハーレムアニメかと思いきや、主人公の花菱薫と許婚の桜庭葵が愛を育むアニメ
という感じでしょうか(笑
過酷な生活から抜け出した薫、そして許婚の薫を信じて辛い日々を過ごしてきた葵。
さまざまな出来事が薫と葵の絆を深め、終盤、葵の両親を説得する場面は印象に残りましたね。
逃げたからわかる別れの辛さ。なかなか良かったと思います。

んー、まぁ個人的には長すぎるという感じもしましたね。
全24話ではなく12話ぐらいに収まるだろうし、残り半分で花菱財閥の問題を片づけるとか、
ストーリーの隆起みたいな物をもっと入れてほしいと思いましたね。序盤の同棲あたりは
非常に緊張感が出てて良かったのですが、桜庭館に移動してからはダラダラした展開が
目に付きました。
んまぁ、見ればわかりますが、いわゆる萌えアニメ的な要素もふんだんに取り入れているので
葵ちゃんの数年に渡る薫への愛、それらを形にすると長くなるのはしょうがないんですかね。
あとサブヒロインも多数いるんですが、そこらのハーレムアニメと違い、既に明確に薫と葵が
くっついているので、サブヒロインがメインの回は落ちは「ガーーーン」という感じのシーンが
出るんだろうか・・・と、ハラハラドキドキ心臓に非常に宜しくありませんな。
んーていうかさー薫君は優しすぎるんだよねぇ。



続いてTV2期。
正直なところ、いまさら縁(えん)もないだろ・・・とか思ったわけですが、ああ!そうか!
やっと花菱財閥の問題を解決するのかと思ったら・・・・、サブキャラ達の縁でしたね。
ちかの友人、妙子と桜庭館の縁、繭の好きな事、そして締めはティナの帰国です。
ですが、結局おいしい所を葵ちゃんがもっていく展開が多いので、ちょっと萎えますねぇ。
2期は1期とくらべると作画はいまいちですが、ギャグは非常にクオリティアップしています。
葵ちゃんの学生服姿や巫女姿、テニスウェア姿など非常にイロモノ扱いになっています。(笑
まぁ、お話としては普通ですが、萌えアニメとしては非常に濃い2期になっていると思います。
ていうか、この話しを混ぜつつ1期を24話で展開したほうがよっぽど良い気もしますねぇ。

はい。
全体的な感想としては、900分は長すぎましたねぇ。
1期を上記のようにまとめ、2期は結婚と花菱の問題を解決とかちょっとシリアスな展開に
してほしかった。そんな気がしましたね。
まぁ、萌えアニメとしては非常に宜しいとは思いますけど。



というわけで!んーーー価格が安いからかっとけ!!(笑

[ 2007/09/01 01:02 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(4)
原作はグダグダですよ。
箱は日本の奴と一緒だと北米じゃエロすぎなのかな。

しかし…全シリーズで37ドル!?安すぎる…
こんなんで利益出るのかな
[ 2007/09/02 08:59 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/02 00:07 ] [ 編集 ]
おー原作だといろいろ決着ついてるんですね。んーみてみようかな。
[ 2007/09/01 22:59 ] [ 編集 ]
個人的にはフェイバリットなんですけど、感想は同じような感じですねー。
1期の頭3話とラスト3話だけ見とけば、残りのほとんどはぶっちゃけ見ても時間の無駄な感じで。
中盤のハーレム風展開は、原作マンガが載ってた雑誌で「ふたりエッチ」もやってたので、主人公カップルがいちゃつくだけの内容にしてしまうと差別化できないからって都合もあったのかな、と思います。
それでも原作の方はグダグダになりつつも一応薫の実家の方の話も解決させて、サブヒロインズにカムアウトして結婚、てとこまでこぎつけて終わったので、アニメでもいつかそのへんをOVA1本でいいからちゃんと片付けて欲しいです。

あと、箱が欲しかったですこのセット。
[ 2007/09/01 03:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL