物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

グリーングリーン


タイトル: グリーングリーン
米 題:Green Green Collection
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/7/24
定       価:$29.95(購:$19.47)
収録時間:300m
収録枚数:3枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ  448Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・CM集
     ・キャラクターストーリー<みどり&麗華>
     ・キャラクターストーリー<双葉&千種>
     ・キャラクターストーリー<若葉&早苗>
     ・キャラクターイメージソング・ミュージッククリップ
      「ロケット」「チェリー」「恋風吹くたび」「キスして」「永遠の星」「...HAPPY」
     ・キャラ違いのEDバージョン
○添付特典
     ・全巻収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全12話を4,4,4と3枚のディスクに収録。
OPEDは英語テロップ、副題の差し替えなどはなし、焼付きなし、次回予告あり。
画質は特に問題はないと思います。平均ビットレートが7Mb/Sec。1枚目だけ5Mb/Sec。
音声も気になるところはないかな。ん~作品がら外人さんの喘ぎ声はちょっと違和感ありかな。
特典映像は上記どおりで、国内版ではキャラクターDVDとして発売された物が収録されています。
EDのバッチグーバージョンとかなかなか笑えますな(笑、キャラストはまたあとで・・・。
コンプリートボックスと言う事で全巻収納可能なケースがつき。これは希に見るショボさで
キャラ絵が好みな私にしてみれば、すぐへなへなになってがっくりですわ!
ライナノーツなどはなく、非常に安上がりでMBらしいという感じでしょうか。

”男達の楽園”全寮制男子校"鐘ノ音学園"に1月だけ試験的に女子生徒が入学する事になった。
主人公はしごく普通な青年、高崎 祐介。親友でもあるバッチグー、一番星、天神 泰三らと共に
歓迎会の準備をするも、女子がやってくる!という事で興奮を隠せない3人はただひたすら
さまざまな妄想を描きながらバスが到着するのを待つのであった。
そしてバスが到着。しかしバスから出てきたのは「高崎君大好き!」といきなり迫る学園の制服を
着ていないどこか不思議な少女 千歳 みどりであった。



とまぁ、一応ストーリーを説明するとこんな感じです。
このアニメの魅力はずばり「三バカ」と「エロ」です。

まずは「三バカ」。
行動力のあるデブのバッチグー、一見イケメンだがマニュアル本たよりの一番星、極度のロリコン
天神 泰三。もうね、やってる事が犯罪でなんです(笑。
女子寮に侵入して女子の部屋で下着を吟味は当たり前、一緒に寝そべったり、臭いをかいでそれを
ネタにご飯を食べたり・・・。女の子を妄想して体育館で裸で抱き合う3バカ。こすれるスネ毛と
いい、視聴者をどん引きさせるほどの演出の数数。草むらで熊に後ろからパンパンパンと景気良く
つかれるバッチグー。うーーーん。これは、笑うかドン引くかの微妙なラインなんですが、
まぁ・・・私は笑えた。(笑 とにかく一歩超えた卑猥なギャグ満載です。

そして「エロ」。
伝説のOPはもちろんのこと、全辺に渡りチラどころか乳首までちゃんと書き込んであります。
こんなのがTVでやっていたんだがら単純にすごい。だって普通銭湯のシーンだったら
胸とか股間に湯気があるっていう感じじゃないですか、でもこの場合股間のみモザイクのような
湯気が密集しているだけなんですよ。ど ん だ け ーですわ。
そして一番やばいのが特典のキャラクターストーリー<若葉&早苗>。早苗ちゃんはどう見ても最近
小学校を卒業したという感じのいわゆるあっち系なんですが、蚊に刺されて首筋が腫れてしまって
ルームメイトの若葉が毒を吸い出そう!とかいってちゅーちゅーするんです。で、「ん・・」とか声が
漏れちゃう早苗ちゃんなわけで、そしたらちゅーちゅーしてた若葉が「胸のほうも腫れてる!」とか
なんてこったい!な発言をして早苗ちゃんは「ち・・ちがう」とか言いますが結局ちゅーちゅーする
わけで、早苗ちゃんはがんばってこらえてるわけですが、ちゅーちゅーされっぱなしな体は正直で
若葉が「だんだん堅くなってきた・・」とか発言して、「こっちも腫れてる!」とかもう一方のほうも
ちゅーちゅーして最後は股間も腫れているとかいってちゅーちゅーしているわけで、これはどう考えても



アウト!!

です。ていうか、若葉にも胸に同じのついてんだろ!わかってやってんのかよ!!!
まぁ・・これも、笑うか引くかの微妙なラインである事は確かだと思いますわ。うん。

えーーーっと。そうだ!ストーリーですな。
んーまぁ、最後は運命ということで悲しい出来事があったわけで、なるほどなぁ・・・とか思った
わけで原作もちょっとやってみたいなぁ。とか思ったわけですけど、この後にキャラストーリー
を鑑賞したので、ぶっちゃけどうでもいいですわ。(笑
というかね、まずヒロインがウザイ。そしてそのウザイヒロインにたいして、「うざいんだよ!」
という主人公もまたさらにウザイ。(笑
ほんと、ゲームのほうは知りませんが、アニメは3バカとエロと双葉ちゃんのみで良いと思います。

というわけ、ついに私のお気に入りソフト専用棚のプラネテスの隣を獲得した今作品。
・・・・・とりあえず買いましょう。話はそれからです。ちなみにすでに2回鑑賞しました。


[ 2007/08/13 02:09 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/08/13 02:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL