物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

リトバスクリア~

というわけで、リトルバスターズを先日クリアいたしました。
途中、セーブデータが消えてしまうというアクシデントに遭い絶望しかけたりもしましたが、
クリア後の唯湖ルート再度プレイしましたし、んー一応取り残しはないかと思います。
つーわけで、感想なんかを書きたいと思います。

↓↓ ネタバレありなのでクリアしていない人は絶対見ないほうがいいです。 ↓↓


・三枝葉留佳ルート
いたずら好きでいつも風紀委員の二木佳奈多に追いかけられている少女。
ギャルゲーに一人はいる元気娘という感じなのですが、葉留佳ルートはかなり重かったですな。
名誉ある家のしきたりにより生まれた葉留佳と佳奈多。跡継ぎになる人物は一人で漏れてしまった
葉留佳は辛い人生を送り、佳奈多を怨む。まぁ、良くある双子のお家騒動みたいな感じで最後も
それなりの締めでなかなか面白かったとは思いますな。

それと、この世界ってバス事故に遭った主人公と鈴以外の思いが作りだした世界なんですよね。
佳奈多を怨む気持ちが心の底からあるならこの世界を創造する際に呼び出さなかっただろうし、
そう考えると初めから佳奈多に対する思いとか変らなかったのかもしれませんなぁ。
いやはや、なかなか感慨深い物があります。やっぱり、言葉で話をするって大切ですよね。

今後も大人達により辛い目に遭うのでしょうが、本当に心が通じ合った葉留佳と佳奈多は
なんといいますが、すごい頼もしい、どんな事も乗り越えられる二人。という感じで、
非常に清々しく、個人的には一番好きなお話でしたね。

・来ヶ谷唯湖ルート
おねーさんキャラで主人公以上の鈍感娘・・・という感じがツボでしたね。(笑

・棗鈴ルート
昔からの幼なじみと恋人になる。いわゆるメインヒロインなわけで終盤の展開は
クラナドの同棲シーンなどを思い出し、窮地に追い込まれていく感じが非常にたまりませんでした。
んーただ、このルートは結局Refrainルートの足がかりみたいな物で完全クリアした後も
いまいち他のキャラルートと比べて完結した感じがない。Refrainルートはリトバスエンド
と鈴ルートがあるにはあるっぽいですが、んー消化不良かなぁ。
なんとなくですが、棗鈴の過去のトラウマなどを含めたアフターとか出そうなきがしますなぁ。(笑

・Refrainルート
結局このお話は、修学旅行のバスが転落して主人公と親友の妹棗鈴以外は助からない状況に
なってしまった。だが弱い彼らを今後強く生きていくようにするために親友でもあり
リトルバスターズのリーダーでもある棗恭介、バカ1井ノ原真人、バカ2宮沢謙吾らの思いにより
虚構世界を作りだし、いくつもの試練を与え二人を成長させる。
そして現実世界。成長した主人公と棗鈴は抜け出す事に成功するが、なにか違うと気が付く。
こんどは二人が虚構世界を作り出し、主人公自らの病気を克服し新しい現実世界で恭介らを助けだす。で、ハッピーエンドと。

まぁ、こんな感じでしょうか。
個人的に一番グッときたのはグラウンドで一人一人別れの挨拶を言って消えるシーンですね。
真人の強さ、謙吾の弱さ、そして恭介の大泣き・・・・。ジワーンと来てしまいましたよ(TT
特に謙吾は良かったですな。現実世界での墓参りシーンを見る限り、古式は死んでいてそれを
この世界で助けてあげた事、現実世界では野球をする事が出来なかったのか、最後のシーンでの
もっと遊びたいという直球的な思い、なんというか一番子供だったという感じがしますよねぇ。

それと、物語がドンドン進むとわからなくなるのが他のキャラのルートについて。
結局他のキャラとのハッピーエンドは虚構世界でのお話であって、この現実世界ではどう写るんで
しょうかね。全部覚えているってことはないと思いますし、葉留佳と佳奈多の話を見る限りまったく
覚えていないと言う事もないと思いますな。

嗚呼、クドとの幸せな日々、そして未来は結局どうなるんだろう・・・(笑

事故後、主人公をやけに意識するクドとの「クドアフター」をぜひとも製作してもらいたい!
そんな感じで締めたいと思うのですよ。わふー。

[ 2007/08/06 18:21 ] ゲーム | TB(0) | CM(1)
預言者あらわる!!
クドアフター本当に発売しましたね!!
[ 2011/02/04 01:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL