物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

蟲師


タイトル:蟲師
米 題:Mushi-shi
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/7/31,9/11,10/23,12/4,2008/1/15,2/26
定       価:限定版$39.98 通常版$29.98 (購入計 $107.96)
収録時間:650m
収録枚数:計6枚
映像仕様:16:9 スクィーズ
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ  256Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  256Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・蟲師 監督インタビュー(日本語音声+英語字幕)
     ・蟲師 アトリエ拝見(日本語音声+英字幕)
     ・蟲師 対談 其ノ壱、弐、参、肆、伍、陸、漆、捌、玖(日本語音声+英語字幕)
     ・オーディオコメンタリー26話のみ(米スタッフ 英語音声のみ)
     ・蟲師のマンガ紹介(数ページでもちろん英語)
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
○添付特典
     ・全巻収納ボックス(限定版のみ)
     ・ポストカード
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全巻販売されたので、感想を入れて再度掲載。

北米版 蟲師は全26話を5,5,4,4,4,4のディスク6枚編成。
OPEDや次回予告はマルチアングル収録で、テロップを英語と日本語に切り替え可能です。
焼付き字幕はなし、メニュー周りなども特に問題はないと思います。
画質は普通ですかなぁ。月詠ほどの輪郭などのノイズ感はなく、暗い画面での蝋燭といった
グラデーションが弱くバンディングが多発している状況ですな。平均ビットレートは6.22Mb/sec。
まぁ、月詠ほどボケてなく3話の雪なんかも非常にきれいに写っているので、問題ないですね。
音声はまぁ特に気になる事はないですかな。英語吹き替えのギンコも悪くないと思います。
限定版には全6巻を収納できるボックス付、さらにかぶせる紙ケースがついていますね。
ライナノーツ、ポストカード、リバーシブルジャケット、さらにそれにかぶせる紙ケースと
非常に良いつくりになっていると思います。ファニの気合が感じられますな。

折角なので写真で紹介。


1巻限定版。収納ボックスがステキです。


全巻収納するとこんな感じ。背表紙が良いですね。これに隣のケースを被せます。


単品はすべてDVDケースに厚紙を被せる仕様です。


ディスクも統一感があります。ケースはリバーシブル。


ライナノーツはキャラの設定など。
と、こんな感じです。


たとえば「虫の知らせ」。
何かが起こりそうな時に人が感じる予感の事をたとえて良く言われる言葉である。
では、もし、そういう虫が存在したら?そういう虫を専門に扱う人間がいたら?
これはそんな"蟲"が存在する、江戸期と明治期の間にある時代のお話。
主人公は蟲を専門に扱い、蟲に侵された人を治療したり、蟲を退治したり、
そして蟲を研究する霊能力者ギンコ。"蟲師"と呼ばれている人物である。

とまぁーこんな感じですかね。



まずは何といっても圧倒的な和の雰囲気を持つファンタジー作品とでも言いましょうか、作品の持つ
空気感が非常に良い。監督の作品に対する愛、美しい背景や作画の力の入れ様、そして雰囲気
に合った音楽などが、単発のお話が多い作品でありながら、ものの数分でその世界にはまり、
圧倒されてしまう。なんともすばらしい出来だと思います。

蟲を退治する。というと、ゲゲゲのキタロウの妖怪みたいな物を連想してしまいますが、無論、
そういう蟲もいますが全体的に単細胞生物、微生物様な蟲が多いのも面白いところですね。
蟲が主役というより、複雑な人間模様がありその中で人間が抱える問題を蟲がひとおしする事で
事件が起こり、それをギンコが解決する。蟲を退治するといより、なにか人と人のかかわりを修正
するというかヒューマンドラマ的なお話があるのも特徴ですな。実にそれが泣けるんですわ(TT
そういった小さい事がなんというか静かな和の雰囲気に実に合う。そんな気がしますね。



5話まで見たなかで特に印象に残った話は「柔らかい角」ですかね。
しんしんと雪の降る静かな風景と頭の中に響く効果音や声の対照的な演出、
そしてまほきゅんがかわいい。(笑
そう、超個人的な事なので飛ばしてもらっても構いませんが、・・・・キャラがかわいい!!
結局それかよ!と言う声が聞こえますが、かわいいんだからしかたがありません!!(笑

というわけで、全話鑑賞いたしました。
単行本で読んでいたおかげで、単行本を見事にアニメで再現できてる!と言う事に関しては
すばらしいと思うんですけど、まぁ、本とまったく同じなのでややだれたというか。(笑
あとは2期があるのか!?わかりませんが(笑、全体的に投げっぱなし・・・ではなく、
足に蟲を飼う少女とか、繭の双子とか、そしてギンコ自体もこの後どうなるのか!!とか、
いわゆる、この後どうなったんだよ!!!!的な話も多々あり、気になって眠れませんので
ぜひとも続編を出してほしいと思います(笑。
んーまぁ、綺麗に終わってるんですけど、たとえば不幸な少女が幸せになりましたとさ。
ではなく、幸せな描写がほしいというかさぁ・・・。蛇足かなぁ(笑



というわけで、見た事がないのであれば今すぐ見ましょう。以上。
公式:http://funimation.com/mushishi/

[ 2008/03/01 17:04 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL