物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

ガンスリンガーガール コンプセット


ガンスリンガーガール コンプセット
Gunslinger Girl Complete Set
定価$49.98 購入価格$28.21
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 325m
音声 : 英語(5.1),(2.0)、日本語(2.0)
字幕:  英語、オフ可
ディスク:  3枚
特典
収納ケース
ノンクレジットオープニング
ノンクレジットエンディング
プロデューサーコメンタリー
ボイスアクターコメンタリー、インタビュー(2巻3巻にそれぞれ)
セルの着色過程の動画(ヘンリエッタ、リコ)
キャラクタープロフィール
ファニメーショントレーラー
///////////////////////////////////////
5,4,4で計3枚でTV放映された13話を収録しています。焼付き字幕なし、次回予告あり。
OPEDについてはファニメーションおなじみのマルチアングルで英語、日本語選択可能です。
画質については特に不可もなく標準的な北米品質かとおもいます。平均ビットレートが
5.51~5.9Mb/Sec。しかしまー、北米版ってのもあるんだけど、
そろそろDVDも大画面液晶TVじゃ限界かなぁとおもいますねぇ~。
ちょっと古い作品見返すとやっぱり依然より悪く感じますわ。んで、ガンスリに話を戻すと、
映像特典としては上記通り。コメンタリーについては外国の声優さんやプロデューサーですね
米吹き替えについても可もなく不可もなくかなぁ。国内がインパクトありすぎというのもあるが。


物語の舞台となるのは現代のイタリアで、主人公は政府機関「公益法人社会福祉公社」に所属する
少女たち。表向きは残酷な事件や障害などを抱えた子供たちを引き取り、教育だけでなく
まるでどこかのお嬢様と呼ばれるような待遇を受けているだが、実際は少女達を「義体」と
呼ばれる身体の改造を行い、条件付けとよばれる洗脳をし、政府の汚れた仕事を引き受ける
諜報機関であった。主人公は、裕福な家庭に育ったが、一家殺害事件でただ一人の生き残りで
義体となり義体担当官のジョゼに恋焦がれる、純真無垢で礼儀正しい少女ヘンリエッタ。


こんな感じ。



一言で言えば悲劇という感じでしょうか。
それぞれの少女がさまざまな問題を抱えたにしろ、ここではなく孤児院などに預けられれば
少なくとも、現状の義体や残り少ない命なんかよりはずっと良い環境は選られると思います。
その中で条件付けとよばれる洗脳をされ、銃を手に戦う彼女立ちの姿はやはり辛さしか
感じませんでした。そんな中で、義体担当官の死後、義体開発用の試験体として生活している
クラエスの「おしあわせなおちびちゃん」発言や「一粒の麦」発言をきくたびになんというか
「強いな・・・」とか、思いっきり世界観にはまってしまい、アホみたいなこと思ってたりする
わけですけど、んーどうよ!(笑 シリアスな作品ほどのめる込む感覚が大きいものですが、
不幸な話が盛りだくさんなので、そういう意味じゃじっくりつかれる作品だと思います。


そういう感じで暗い部分が多い作品ですが、良いシーンもたくさんありました。
条件付けに反対的なジョゼとそのヘンリエッタ、完全に道具としか見ないジャンと義体のリコ。
そんなまったく違う扱いを受けていても、ヘンリエッタとリコの友達付き合いみたいなシーン。
でもそんなシーンの合間にも砂糖をたくさんいれて「最近味がわからなくなった。」とか
暗くさせる描写は怠りませんのである意味安心できます。・・・・できねーよ。
あとはトリエラとかトリエラとか(笑
それと音楽です。主題歌も含め音楽が非常に美しく、最近再版されたCDも以前はオークションで
高値で取引きされていました。


・・・・・・・・・・まあいろいろあるとはおもいます。
別に少女じゃなくてもいいだろ!とか、ジョゼは偽善者なの?連れて逃げれば言いジャン!とか。
萌え目当てで買うのも良いですけど、それだけだとかなりきついものがあります。



↓ネタバレ含む感想



やはり一番グットきたのが最後でしたね。
マルコーの「もう寝たのか?」というセリフ。あそこはさーーはんそくだよなーーー。
すごいやさしい感じでもうさーーーーないちゃったのさーーーー(TT。
第九を歌い出した時にはちょっとプとかおもったんだけどさーーー。
アンジェお休み・・っていうかんじがさーーーもうだめだ。


そして個人的に一番お気に入りは、アンジェのお見舞いでの死にたいと叫ぶアンジェに対し
クラエスが殴り掛かったシーン



このリコの表情。
すげーいいわ。(笑


というわけで、んーかなり人を選ぶ鬱作品。おすすめでっせ~。

[ 2007/04/27 14:54 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL