物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

ヒートガイジェイ コンプリートボックスセット

1.jpg

タイトル:ヒートガイジェイ コンプリートボックスセット
米 題:Heat Guy J - Complete Box Set
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/01/23
定   価:$50.98
収録時間:650m
収録枚数:8枚(本編7枚+特典1枚)
映像仕様:16:9 スクイーズ/ビスタサイズ
音声仕様:英語  ドルピーデジタルステレオ 192Kbps
日本語 ドルピーデジタルステレオ 192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     こちら都市安全管理局 特務課分室1,2,3,4,5(日本語音声+英字幕)
     「ヒートガイジェイ」イベント奮闘記(日本語音声+英字幕)
     クリエイターインタビュー(日本語音声+英字幕)
     TVCM(JPバージョン)
     TVCM(USバージョン)
     ジャパニーズカバーアート
     ノンクレジットエンディングフルサイズバージョン(後半エンディング)
     ノンクレジットエンディング24話バージョン
     アートギャラリー

○特典ディスク
     松風・相田のアクション指導(日本語音声+英字幕)
     「千葉紗子のおうちに帰ろう」収録舞台裏1,2(日本語音声+英字幕)
     オープニングカラオケバージョン(ローマ字読み字幕)
     オープニングジャパニーズバージョン(日本語テロップ)
     エンディングカラオケバージョン(前半オープニング ローマ字読み字幕)
     エンディングジャパニーズバージョン(前半オープニング 日本語テロップ)
     「FACE」プロモーションビデオ
     番宣CM&DVD発売告知CM
     番宣CMワイドスクリーンバージョン
     NG集(米吹替えスタッフ)
     アートギャラリー(キャラクター、メカ、町)
     WARNINGメッセージ(国内版 ジェイ、キョウコ)

○4枚収納可能なBOXが2個
/////////////////////////////////////////////////////////////////
TV放送25話+EX1話を4,4,4,4,4,3,3の7枚+特典ディスク1枚の計8枚編成です。
EXは国内版に収録されていたTV未放送エピソード「虜-ANGEN-」でちゃんと入っていますね。
OPEDは英語表記、アバンタイトルあり、次回予告あり、焼付き字幕とかはないです。
画質はちょっち悪いかな。まぁ標準的な北米品質ってやつです。平均ビットレート5Mb/Sec。
ジェイの米吹替えは渋い感じが出ていてよいと思いますね。
ダイスケに関しては国内版のクールさがいまいち感じなかったかなぁ。好みの問題ですね。
特典は上記通りで本編ディスクの特典以外にもう一枚ケース付であります。
個人的にはー、ジェイ役の菅生隆之さんがワイン片手に「男には・・」がよかったですな(笑
ディスクはピクチャーレーベル、ケースはリバーシブルジャケットでライナノーツ等標準的な
物は入っています。ボックスは2種類あり4枚ずつ格納する感じになっています。
んーなかなか渋いBOXでよいですねー。場所とりますけど。

2.jpg



人類は天上人と呼ばれる異能者によってライフラインを与えられ
7つの都市国家をつくり生活している。
物語の舞台となるのはその一つの都市国家「ジュド」。
主人公はジュドで起こる犯罪や、他の都市からの流民を取り締まる仕事をする
都市安全管理局中央指令部 特務課に所属する青年ダイスケ・アウローラ。
そして相棒のアンドロイドのジェイ。
都市のギャングでもあるカンパニーヴィータとの抗争を発端に、
物語は熱い漢達をジュドへ呼び寄せる。

と、まあこんな感じかな。

↓↓ ネタばれを含みます ↓↓

序盤はエスカフローネのキャラデザを担当している結城信輝氏の描くキャラ達の濃さに
最近の萌えアニメに毒されている自分は「ちょっとなぁ・・」とか思ったりしたのですが、
おもしろい事にがっつりはまってしまい、1週間ほどで鑑賞してしまいました。

この作品の魅力といえば男達ですね。

主人公でもあるダイスケ・アウローラ。
どの作品でも終盤の展開になると主人公というものは熱血漢ぽく熱い絶叫を聞かせてくれ
ますが、ダイスケは全話通して常にクールです。なんというか、いつでもクールな男とは
こういう奴をいうんだよな!!と思わせてしまうシーンが盛りだくさんです。
「やっぱりトマトは食べるのが一番さ」
ED前のワンシーンでのセリフですが、なんでこんなにかっこいいの?(笑
今度はどんなセリフで俺の男心を揺らせてくれるんだろうか!
そんな事を考えてましたねー(笑

ただ。ただ一度だけ、24話でジェイをどうするかの場面でのセリフ
「おれの相棒を殺さないでくれ」
これの最後の方のちょっと涙ぐんだような声。いやーーこれねーー最後の最後までクールな
主人公が唯一感情に左右されたという感じで、ひじょーーーに印象に残っています。
すばらしいシーンだけに、これ聴いた時に「あぅあぅwww」ってなっちゃいました。

3.jpg



そしてその相棒のアンドロイドのジェイ。
アンドロイドといえば抜群の運動神経で、場所なんて関係なく派手に重火器等でぶっ壊し
まくりの爆発しまくりを想像しますが、エスカフローネの剣と剣との戦闘シーンを彷彿とさせる
拳と拳のぶつかり合い。これがめちゃくちゃ熱い。
ものすごいエフェクトで繰り出される重く速い拳が相手を粉砕する場面はたまりませんな。
「男とは・・」男とはこうあるべきだと常に力説をし、蒸気を噴出するジェイ。
実に熱い男ですなー。

そしてカンパニーヴィータとよばれるギャングみたいな組織のボス「クレア・レオネリ」。
エスカフローネのディランドゥに負けず劣らずのエキセントリックなキチガイ野郎で、序盤は
私も心底「こいつむかつくぜーーーー!!」とか思っていましたけど、今回は周りがよかった。
仲間達がだまし討ちに合い死亡していく中で精神が崩壊していきますが、
最後まで残っていた友人ジョバンニの過去の話からクレアに対しての感情が変化していき、
ジョバンニがピンチになった時、自我を取り戻すんですが「イヤッフォーーゥ!」とか思っている
自分はどうでしょうか。いやはや(笑
そして裏切り者でもある幼い頃から面倒を見てもらっていた爺との再会シーン。
ダイスケのクールな一言を思い出させる演技で、いやーーあそこはよかったなぁーーー。

4.jpg



というわけで、まだ熱い男達はたくさんいるんですけど、もうね、長くなるから止めます。(笑
友人に裏切られた事から人を信じなくなっている剣士ボマとか、同僚の死をきっかけに
男になったケンとかカッコイイ男が多いんですよ。

ただまあ不満もなきにしもあらずです。
まず、母親の事を含めた天上人の事ですね。
結局この出来事は7つある地方都市の一つの都市のお話で天上人自体はあまりノータッチ・・
というわけではありませんけど、ほとんどかかわってない。
よくよく考えると地方の悪徳議員を倒して平和になった!
とかそういうレベルなのかなぁ。って思っちゃいますな。
まあ、最後にダイスケが旅立つのでやはり「続編」が見てみたかったですね(笑

というわけで、最後に続編の期待も込めて一言!

5.jpg


「じゃあなジェイ またな」

公式: http://www.heatguyj.com
[ 2007/04/25 18:24 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL