物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

鉄人28号


タイトル:鉄人28号
米 題:Tetsujin 28 Complete Set
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/6/19
定       価:$39.98(計$24.82)
収録時間:650m
収録枚数:6枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ                224Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ               224kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
○添付特典
    ・収納ケース
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全26話を5,5,4,4,4,4の計6枚にて収録。
OPEDは英語表記、次回予告あり、タイトルやサブタイも日本語で焼付き等はありませんね。
画質は気になったところはないので問題ないと思いますね。平均ビットレートが6.9Mb/Sec。
メニュー周りもチャプターメニュー等、標準的な物は付いているので問題ないかと。
コンプリートボックスと言う事で全巻収納可能なボックスが付いています。まぁ良くあるgeneon品質
のしごく普通な箱ですな。またケース、ディスク以外にライナノーツ等も入っていますね。
ん~まぁ、普通のコンプリートボックスですな(笑

第二次世界大戦末期、天才科学者と謳われていた金田博士により今の戦争を覆すほどの兵器を作る
「鉄人計画」が進行していた。しかし計画は難航し、時を同じくして東京の大空襲により彼の息子が
命を落としたという知らせを受ける。悲しみにくれた博士は28番目の機体に正太郎と名づけるも
秘密基地が空爆に遭いあい共に行方を立つ。

10年後。「もはや戦後ではない」昭和30年。
そこには少年探偵として成長した、死んだとされていた金田正太郎がギャング団を追いかけていた。
しかし突然空から降ってきた謎の巨大な砲弾によりその行く手を阻まれる。そしてその砲弾から
出てきたのは、父親の金田博士と共に消えたはずのもう一人の正太郎「鉄人28号」であった。

と、こんな感じでしょうか。



原作横山光輝氏、監督今川泰宏氏のジャイアントロボコンビによる作品と言う事で、非常に期待して
おりましたが、正直放映時もあまり名前を聞かなかった、予算を余りかけられなかった、そして
北米版でも発売後の廉価版は値段の高いgeneonが、いきなりライセンス切れギリギリの
価格体系で発売した事といった不安を抱えて今作品を鑑賞したわけですが・・・・最高でした。(笑

たしかにOP以外、アクションではいまいちパッとしない部分はありましたけど、作品からひしひし
と感じる昭和の臭い、そして戦争という背景をベースに描かれるヒューマンドラマが多いに涙を誘う
作品になったと個人的には思います。いやーーーじわじわ来てしまいましたわ(TT。

この作品は大きく分けて2編で編成されています。
まずは数話で一つの物語を鉄人と正太郎が解決していく話があります。鉄人を操るリモコンを奪われ
リモコン一つで善にも悪にもなってしまう鉄人、戦争のない世界を夢見た兄弟、数々のエピソードが
ありましたが、赤痢事件や動物園のかわいそうな象といった実話を交えた展開が、非常に印象に残り
ましたね。そしてやはり一番記憶に残ったのが京都を憎む女でしょうか。

戦争により日本全土が焼け野原になったにもかかわらず、被害をうけず景観の変らない京都。
その京都を壊そうとする女と、その女に育てられた10歳になる人工知能のロボット。
終盤の展開は、正太郎の父親代わりでもありその女の元夫でもある敷島博士との非常にシリアスな
やり取りが涙を誘いました。

そして後半、傍観者的存在で鉄人を操作し事件を解決していた正太郎を中心に物語りが進みます
兵器として、抑止力として父親の手で生まれ、生まれながらにして罪を背負った鉄人。
束縛される鉄人、自分を見守っていてくれた人の自殺、言葉を発する事すら出来なくなってしまった
正太郎。そしてそれを救った・・のが、ギャング団として正太郎に追われ、鉄人により義兄弟を
殺されたと思い込み、執拗に正太郎と鉄人を怨んでいた村雨健次ではないでしょうか。
正直序盤はしょぼい癖に鉄人の邪魔をしたり、かなりうざい奴でしたが、終盤はカッコ良かったー。

んーまぁ、もちろん不満もなきにしもあらずで、やはり鉄臭さを期待していただけに
アクションシーンのしょっぱさが盛り上がりに欠けるという感じはしましたね。
で、こうなってみたくなるのは評判の良い劇場版!北米版は・・・・無理かなぁ。



というわけで、どこかなつかしさを感じる今作品。安いしぜひともかっておけー。
公式:http://t28dvd.com

[ 2007/07/15 18:07 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL