物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

ブラックラグーン


タイトル:ブラックラグーン
米 題:Black Lagoon
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/5/22,7/24,9/18(全3巻)
定       価:限定版 $39.98(購 $74.46) 通常版 $29.98
収録時間:300m
収録枚数:限定版計4枚 通常版計3枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ     192Kbps
           英語  DTS5.1ch                      1536kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ     192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
      ・なし
○特典ディスク(限定版のみ)
     ・米スタッフインタビュー(英語)
     ・'RED FRACTION'ミュージックビデオ
     ・CDコマーシャル映像
     ・国内版オープニング(日本語テロップ)
     ・ノンクレジットエンディング
     ・プロモビデオ1,2
○添付特典(限定版のみ)
     ・全巻収納ボックス(ディスクのみ)
     ・ドッグタグ
     ・鉄板
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全巻販売終了したので感想を入れて再度掲載。

北米版 ブラックラグーンは1期全12話を4,4,4とディスク3枚に収録。
OPEDは英語表記、次回予告あり、4話終了後に英語テロップが流れる仕様です。
画質は良いですね。平均ビットレートが8.67Mb/Secで気になる所はなし!!
音声については英語DTSが付いています。英語吹替えはなかなかよいと思いますね。
ひぐらしなんかと違い舞台は国外だし、国内版の吹替えも濃い部分はあまりない作品なので
違和感なく・・・むしろダッチとかバッチリあっている感じで非常に良い出来と感じますね。
吹替え以外でもOPや銃撃戦などはステレオとは違う臨場感を味わえて非常に燃えます。
個人的にちょっとセリフのみ篭っている感じがしたんですが、ちょっと気になったぐらいかな。
しかしOPの英語テロップといい、雰囲気にすごく合っていますなー。新鮮なおどろき。



1巻限定版には本編ディスク以外に映像特典ディスクがついています。中身は上参照のこと。
そしてもう一つ、全巻収納可能な鉄板製のボックスが付いています。全3巻、計4枚(1枚は
特典ディスク)のディスクのみを収納するケースで、非常にクールな出来ですな。んまぁ
ちょっと外れにくいのと、通常版のケースをどうしよう・・・という問題はありますが(笑
っていうか、これヘルシングOVAと同じケースだなぁ・・・。
2巻限定版にはドックタグ付。これで$10増ってちょっと考え物です。
3巻限定版にはキャラの絵が描かれた鉄の板。カップラーメンに蓋ぐらいにしかつかえません。
うーん。1巻限定版の出来が良かっただけに、非常にがっかりな2巻3巻でしたなぁ。

どこにでもいる平凡なサラリーマンの岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ仕事中、南シナ海
で荒事も請け負う運び屋「ブラックラグーン商会」にディスクを奪われ自らも拉致されてしまった。
身の代金誘拐として会社側と連絡も取るも、機密漏洩を阻止するためラグーン商会ごと消す事を
決めた上司、そしてブチギレル岡島緑郎。緑郎のアイディアにより危機を脱した一同、緑郎に対し
何事もなかったかの様に接する上司に

「俺はもう死んでるんですよ。あんたがそう言った」

そう言い残し、二挺の銃を華麗に操るレヴィ、常に冷静で知的な大男ダッチ、メカヲタクのベニー
彼らラグーン商会のメンバーの一人となるのだった。

と、まあ4話まで見たところではこんな感じですかね。



というわけで、他の北米版DVDのトレーラー映像を見て興味を持って購入してみました。
んまぁよくある話といえばそれまでですが、やはり良い作画と戦闘シーンでしょうか。
MADLAXのような華麗さよりも、獣のように船から船に飛び乗り船を沈めていくラヴィや
インテリな大柄の黒人といい、実にワイルドな世界観が私の心を鷲づかみという感じです。
んで、ラヴィですがwikiによると「ちょっと気の弱い一面もある」とかいう某高貴なる女騎士
みたいな部分も持ち合わせているんだから、今から楽しみですな(笑

というわけで!全巻鑑賞いたしました。
全編に渡るスピーディーで熱い展開。ん~カッコイイっすなー。まぁ、ちょっと主人公がヘタレ
だったのがハーレム至上主義の私にはがっくりですが、まぁ、素人ですしね。しょうがない。
そして、やはり記憶に残ったのは格闘メイドロベルタですな。もうちょっとこー料理が下手とか
そういう描写があったほうが良かった気がしないでもないですが、全編に渡り媚びず硬派に
貫き通したことは非常によろしい事だと思いますね。うんうん。おもしろかったぜぃ!
ん~、不満といえば人物の掘り下げが弱かった。といっても、2期、続きのある作品なので
そちらに期待ですかね~。

期待ですかね~。

期待です・・・・。

期待・・・。(TT
そうなんです。本来であれば11月中旬にGENEONより2期の販売がスタートする予定だった
のですが、こちらの記事のようにGENEONは11月6日発売予定の商品まで受け付ける。といった扱い
なので2期が出る可能性は・・・・低いですなぁ・・・・。(TT



というわけで、2期はどうなるかわかりませんが、1期だけでも楽しめる事は楽しめるので
気になったらかっとけー。
http://www.blacklagoonanime.com/

[ 2007/10/21 23:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)
>>Nさん
ちょっとした解説はまぁ自分もそうですけど北米版安いから
ガンガンジャケ買いするんですよね。
まぁ、その参考になればと・・・ネタばれしてますが(笑
[ 2007/06/24 01:43 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/06/24 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL