物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

シャイニングウィンド1日目

つーわけで、オーディンスフィアを休止しシャイニングウィンドを始めてみました。
前作でもあるシャイニングティアーズと比べると、頻繁に発生していた長いロードが改善され
非常に遊びやすくなっていると思います。むしろ前作と比較した場合良いのはその点だけです。
もちろん、tony氏の描くキャラ、豪華声優人などは前作と同じく十二分に魅力ある物なので
良くなったというか、まぁ期待通りですな。


プレイしてみて感じた事としては、なつかしいという印象がありますね。
基本的に前作でもあるティアーズとほとんど変わりがなく、バストアップでの会話や
拠点を設けて戦闘モードへと移行する、武器を鍛えて必殺技にパラメータを振って
チビキャラを操作して敵を倒す。
ゲームのキモでもある部分が前作と変わりないと思います。


戦闘に関しては前作では一画面を埋め尽くさんばかりの敵が印象に残っていますが、
今作は3章まで進めた現在ではまったくなし。
小さいグループをちまちまと潰していくという感じですね。
その点では前作のほうが爽快感があったような気がしますが、まぁロードを加味すると
どっちもどっちという気がしないでもありませんね。


戦闘以外の部分では今回はアルトネリコのムスメ調合、ダイブシステムに似たヒロインの
深層心理に入り込み、ヒロインとやり取りをして絆を深める。みたいなモードがあります。
おもしろいのがこのモードになると、選択肢を選んで、正解を選ぶとより好感度があがる
サウンドノベル化することですね。
正直言わせてもらうとアルトネリコのようにぶっとんでいたほうが良かったかなぁ(笑
まぁ、まだ序盤なのでこれからですね。


そしてストーリー。
まぁ、良くある異世界探検物ですが、ちょっとプレイヤー置いてけぼりかな。
異世界に飛ばされた主人公とヒロインが、異世界で特殊な能力に目覚め活躍する。という事で、
序盤、同じ世界に住んでいて異世界に飛ばされた友達?の男女と出会います。
で、案の定その男女は敵側で、数十分後には良くある展開で仲間になるのかな?と思いきや
男のほうと主人公の一騎打ちになります。ヒロインは「まったくおとこのこって・・」
みたいなセリフをほざき、勝利するといっしょに行動していた女を差し出し「もっと素直になれよ!」
といって「俺はやることがある!」と言い残し場を去ります。


なんというか見ているこっちが恥ずかしくなります。(笑
もう少しバックグラウンドを説明してから、男と男の対決とかやってほしかったですなぁ。
たとえるならガングレイブのハリーとブランドンの対決みたいな(笑
まぁ、この後に期待しましょう。


というわけで、キャラと声優目当てなら十分楽しめると思います。
ちなみに僕はどちらかというと、広橋 涼さん演じる久遠の森の読み手が良いんですが
ヒロイン・・じゃないよなぁ(笑。 


[ 2007/05/23 17:11 ] ゲーム | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

シャイニング・ウィンド『シャイニング・ウィンド』(SHINING WIND)は、2007年5月17日にセガから発売されたプレイステーション2用コンピュータRPG。本作はCEROレーティング「B」(12歳以上対象)であり、これはシャイニングシリーズでは初となる。.wikilis{font-size:1
[2007/07/28 16:28] ゲーム情報局