物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

シルエットミラージュ

半年ぶりにあの人気コーナーが帰ってきました!!!
第一回のゲッP-X第二回のプライベートアイドルに続き
「第三回隠れ名作ゲームを探せ」でお送りいたしますタイトルは
セガサターンで発売され、腐るほど体験版を配布したにもかかわらず
さっぱり売れず投売りまでされてしまった、斑鳩やレイディアントシルバーガンといった
タイトルで根強い人気のあるメーカー「トレジャー」作製によるアクションアドベンチャー



「シルエットミラージュ」です。



このゲームはセガサターン版のあとプレイステーション版が発売され
ボスの追加など完全版的な存在のものがありますが、ひどいロードのため
今回お送りいたしますのはセガサターン版で行きたいと思います。



ストーリーは
2XXX年、人類は人の中に眠っている、ある力を引き起こす実験をしていたが
それが失敗し、全世界の人々を「シルエット」と「ミラージュ」という違う属性
を持った2つの種族に分けてしまった。エドと呼ばれるシステムが引き起こした
「別れの日」と呼ばれる出来事である。


そんな中、崩壊した世界を元に戻すために過去の世界が残した遺産
「シャイナ・ネラ・シャイナ」と呼ばれるロボット少女が目覚める。
「破滅を招いたエドをさがし、世界をもとへもどせ」
彼女の冒険が始まる。


と、こんな感じです。
アクションゲームとしての特徴はすべての敵や味方、攻撃など属性と呼ばれるものが存在し
主人公の場合、横スクロールゲームという性質上、右を向けば赤属性、左を向くと青属性
と分かれます。敵にも属性が存在し同じ属性の攻撃は相手の能力を下げ、違う属性の攻撃は
相手の体力を削るといった特徴があります。
一見すごくめんどくさそうに感じますが、チュートリアルもあるし、意外となれますね。
トレジャーの作品というと難しいイメージがありますが、このゲームは初回プレイでも
全クリできる難易度だと思いますね。久々にやりましたがクリアできたし。



2Dドットゲームとしてセガサターンの能力を駆使したさまざまな演出も非常に味があります。
敵キャラの動きとかも非常にコミカルで見ているだけでホンワカしてしまいますねー。
それとテキストも良いですね。こんな状況でありながらも軽い主人公のキャラは
後半のストーリーをぐっと引き立てますね。


そう。このゲームで一番良かったのがストーリーです。


↓↓ ネタばれを含みます ↓↓



終盤、マザーコンピューターに到着した彼女を待っていたものは
敵の科学者の衝撃的な言葉だった。
主人公であるシャイナには世界再生に失敗した時のために強力な爆弾が仕掛けられている




そんな身勝手な人間のためにあなたは本当に世界を救うのですか?
敵の科学者が問い詰めます。


ココで選択肢。




この後ストーリーが変化します。


「世界をもどす」


ラスボスはそう決断した彼女にさらにせまります。
世界が元に戻っても誰もあなたのことをおぼえていないんだよ?
それでももどすの?



でも彼女はきっぱりと





・・・・・・


そしてボスを倒し世界が元に戻ります。
エンディングムービーでは元に戻った世界が描かれています。



誰もシャイナを知らない世界。



一人ぼっちのシャイナ。



 


人はまたいつか同じような過ちを犯すかもしれない。
そのときは又彼女は助けてくれるだろうか?



 


「悲しみ」という感情を持っていない、自分の境遇を不幸と思えない彼女でも
きっとこう言うだろう。




いやぁ・・・・。なんともいえませんな(笑
あの選択肢でストーリーが分岐しますが、多分こっちがトゥルーエンドなのかなぁ。
このコーナーのために久々にプレイしましたけど、歳くったせいか泣いてしまいましたよ。
アクションゲームとして高いアクション性、良いストーリー、
そして、音楽がすばらしいですよね。最近ではサントラも再販されましたし、
エンディングは非常よいですねぇ。


というわけで、久々にお送りいたしました隠れ名作ゲームを探せのコーナー。
んーPS3のアーカーブ等で復活してもらいたいものですね。

[ 2007/05/07 10:52 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL