物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

フリクリ アルティメートエディション


Fooly Cooly The Ultimate Edition DVD Collenction
フリクリ アルティメートエディション
定価$69.95  購入価格$41.86
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 200m
音声 : 英語(2.0),日本語(2.0)
字幕:  英語、オフ可
ディスク:  4枚
特典
・監督コメンタリー
・米スタッフコメンタリー
・ストーリーボード
※全6話分


特典DISK
ミュージックビデオで字幕(歌詞)On/Off可
・Ride on shooting star
・Come Down
・ONE LIFE
・LITTLE BUSTERS
・LAST DINOSAUR
・Ride on Shooting star(the pillows PV)
アートギャラリー


収納ボックス
解説書
NEVER KNOWS BESTリストバンド?
ステッカー
ポストカード
///////////////////////////////////////
全6話を2,2,2の3枚に収録+特典ディスクの計4枚です。
EDは英語表記、焼付きなし、次回予告あり。
画質は普通ですかね。輪郭等、線の細い作画で派手に動き回る作品ですがボケ等はなく
目立ったノイズ等も見当たりませんでした。平均ビットレートが6.3Mb/Sec。
問題なのはディスクの品質です。
非常にマーブルで、読込みができないプレイヤーがあるかもしれません。
家のプレイヤーでは大丈夫でしたけど、仕事場のPCでは不可でした。(笑


音声は英語DD2.0S 192kbps、日本語DD2.0S 192kbps、英語コメンタリーDD2.0 194kbps、
日本語コメンタリーDD2.0 194kbpsです。んー特に不満はありませんね。
欲を言えば音楽がキモの作品なので、国内単品のLPCMとか聞いて見たかったですな。
それとこの作品の特徴として、英語字幕のほかにもう一つ字幕があり、絵コンテを本編と
同時に再生しながら鑑賞することができます。これは特典扱いですね。
特典映像については特典ディスクが別であり、そこに収録されています。
個人的には「Ride on shooting star」、the pillowsプロモビデオが一番好きですなー。


外付け特典としてデジパック仕様の本体をカバーで包み、さらに厚いケースにて保存します。
これ以外にも解説書、後ろから見ると本編で再生されていた漫画が掲載されています。
ステッカー、NEVER KNOWS BESTと書かれたゴム製のリストバンド?、そして・・・・・
残念ながらTシャツは付いておりません。(TT 
このボックスに入っている応募ハガキを送ると送り返される仕組みなのですが、
日本には配送してくれません。(TT と、仕様についてはこんな感じですね。



ちょっと生意気な小学6年生の少年、ナンダバ・ナオ太が主人公。
平凡な日常を送っていた彼だが、ある日、ベスパに乗ったハイテンションな自称19歳の女
ハルハラ・ハル子と出会い、エレキベースで殴られる。それにより頭から角が生え
奇妙な物が飛び出すようになり、地球の存亡にかかわる物語がスタートする。


ストーリーはこんな感じでしょうか。


なんとも絶妙な作品という感じですね。
まず全編を通してのテンポの良いギャグ描写。
「実際はとっても大変だったんだよ!」といわんばかりの漫画のコマを利用した演出や、
マトリックスの360度撮影を彷彿とさせる演出など、毎回インパクトがあり楽しめます。
ガイナックス臭いギャグ描写というか、アベノ橋なんかを想像してもらえるとよいかと(笑
一言でいえば・・・・んー下品?(笑


そしてそれらを繋ぎ止めるためのストーリーについては・・5話から!という感じで
前半は、政治家の両親を持つ家族関係に問題のある気の強い女委員長キャラとか、
いじめを苦に放火魔になった主人公の兄の彼女とか、実にガイナックス臭いですね。
んー5話以降も含め、ストーリーは暗いお話という感じなのかなぁ。
結局最後は何も変わらない日常が・・・的エンドですしねぇ。


いやいやいや。
このアンバランスなストーリーとギャグを実に巧くまとめ、
そして更なる高みへ昇華させているもの。
そう!一見普通で平凡なアニメをガラリと変えたのがBGM!音楽ですな!



個人的に一番好きなシーン。
「LITTLE BUSTERS」のボーカル「With the kids sing out the future~」
と同時にもう体が震え、ビリビリとした感動とでも言いましょうか。
めちゃーーーーーーーーーーくちゃあーーーーーーーーカッコイイです!!!!
自分アニメ結構見ていますが、このシーンは最高にカッコイイ。たまらん!!!
ストーリー自体は非常に鬱々していますけど、そんな気分すら吹き飛ばしてくれる
映像と音楽のコンビネーションがすばらしい。
そんな感じのアニメでしたな。


というわけで、はぁ・・・・ディスクの品質という一番重要な部分がだめな今作。
国内版もBOX化されて発売していますので、お好きなほうをどうぞって言う感じですね(笑


[ 2007/04/27 14:41 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL