物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

おねがい☆ツインズ


Please Twins! Box Set With CD
おねがい☆ツインズボックス+CD付
定価$49.98 購入価格$28.87
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 325m
音声 : 英語、日本語
字幕 : 英語、オフ可
ディスク : 計4枚
特典
イメージヴォーカル13種(アニメにあわせて歌)
プロモーションクリップ
コマーシャル映像
CDコマーシャル映像
ノンクレジットオープニング
ノンクレジットエンディング
ノンクレジットエンディング(12話)
///////////////////////////////////////
構成は4,3,3,3の全12話+おまけの1話。次回予告もちゃんと入っております。
OPEDは英語表記で焼付き字幕等はありません。
画質は普通。作画が大変良いので全体的な品質については満足ですな。
BOXセットということでサントラCDがついています。CDDBで検索すると
「Onegai Twins Sound Collection 1」で国内で発売している
おねがい☆ツインズ オリジナルサウンドトラック集を選別にした物という感じです。
まほろまてぃっくみたいにしっかり作ってあるかと思いきや単品版にサントラCDを
パッケージしただけの作りとここらへんも北米バンダイ品質ですな。(笑


天外孤独の神城麻郁が幼い頃から持っている小さい男の子と女の子が映っている写真を
手がかりにおねてぃの舞台でもある町で学生として一人で生きていくために
仕事をしながら生活をする。
そんなある日同じ写真を持つ二人の少女,
宮藤 深衣奈と小野寺 樺恋との同居生活が始まる。
どちらかが家族でどちらかが他人・・・
血が繋がっていれば家族として兄妹として、他人であれば恋愛ができる・・・
マイクの事を次第にすきになっていく二人だがそういう漠然とした不安を抱え、
恋愛同盟を結ぶことになる。


正直言っておねてぃはあまり好きじゃありませんでした。
なよなよした☆主人公がダメだったのもありますけど、なんつーか暗い・・というか
シリアスすぎるというか、小石・・・という感じで見るのが辛い(笑 作品でした。
そういうわけかこのおねてぃと舞台が同じおねがい☆ツインズも
そういう目で見始めました。



しかし違いました。
確かに序盤の語りはうぜーという感じ、背中の真ん中がかゆくて手が届かないという
感じでしたが、あれれ・・・・主人公ドッコイダーじゃん。
妹LOVEでドッコイかよ!という感じで悟り
「状況は良く飲み込めんが、妹は大切に決まっているじゃないか。
 兄妹だぞ、それのどこが悪いんだ!」
という名台詞を思い出すと共に、見方がかわりました。(笑
個人的におねてぃが男と女であれば
この作品はそれもありますけど家族が軸となっている感じがしました。


序盤はお決まりのコメディタッチですが、終盤の血のつながりが判明する所あたりは
まさに神がかりで、この2,3話は恥ずかしながらぐずりながら見てしまいました。(笑
最終話の最後はちょっとアレ?
というかんじで終わりましたけど、後半は泣けて非常に良かった。


ただ13話はちょっとなぁ。まあ、序盤の展開は非常によかったんですけど後半がねぇ。
それまで妹として見てきた相手にすぐ欲情するかぁ~?とちょっと理解できない部分
が多々あったゆえ、まあ、最後は落ちたので良いですけどね(笑
個人的にはもっと妹によるお兄ちゃん大好きVS恋人が見たかった。(笑



というわけでおねてぃに比べるとずいぶん明るく笑えてそして泣ける。
すでに絶版で入手は難しい・・・まあ単品ならありますが、アマゾンならマダ在庫があるので
ぜひともかっとけーの一品です。
http://pleasetwins.bandai-ent.com/

[ 2007/05/02 10:03 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL