物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2015年12月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

こんにちは!!
もう12月です。もう2015年も終りです。今年一年を振り返ってみると、まぁー正直ブログの更新が滞っていたと思います。これぞというアニメがなかなかなかったというのもあるのですけど、円安をはじめとして強制字幕やら国ロックやらでいまいち活気というかやる気が出ないんですよねぇ。一方コンシューマーゲーム市場が激アツで、そっちに時間をとられまくっていますな。なんとかせねば。

つーわけで、2015年12月発売予定で気になるタイトルをピックアップ!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします!!


12月1日。
・DVD

   機動戦士ガンダム2巻 -- $59.99
   真月譚 月姫 -- $29.98
   宇宙兄弟6巻 -- $49.98
・Blu-Ray
   機動戦士ガンダム2巻 -- $74.99
   宇宙兄弟6巻 -- $59.98

ガンダムまだ購入してなかったので買わんと・・・。


12月8日。
・DVD

   聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 -- $44.95
   Z/X(ゼクス) IGNITION -- $39.95
   悪魔のリドル -- $59.98/$64.98
   AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜 -- $29.98
   RAIL WARS! -- 49.98
・Blu-Ray
   魔法科高校の劣等生3巻 -- $99.98
   AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ -- $39.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   僕は友達が少ない -- $49.98
   六花の勇者1巻(15日) -- $89.98

AURA楽しみです。


12月15日。
・DVD

   ストリートファイターII MOVIE -- $19.95
   棺姫のチャイカ -- $59.98
   劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH -- $29.98
   銀河機攻隊 マジェスティックプリンス -- $59.98
・Blu-Ray
   スペースアドベンチャーコブラ 劇場版 -- $29.95
   ヴイナス戦記 -- $29.95
   棺姫のチャイカ -- $69.98
   劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH -- $39.98
   銀河機攻隊 マジェスティックプリンス -- $69.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   健全ロボ ダイミダラー -- $64.98

今月の目玉はチャイカですかね。

つーわけでこんな感じかな。
今月購入予定は「健全ロボ ダイミダラー」「棺姫のチャイカ」「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」ぐらいかな。ガンダムは安くなったら買おう。
では1月も先取り~。

DVDは「風雲維新ダイ☆ショーグン」「Petshop of Horrors」「劇場版 機動戦士ガンダム」「ソードアート・オンラインII」「白銀の意思 アルジェヴォルン」「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」「ハナヤマタ」「アルドノア・ゼロ」「キングダム」「コープスパーティー Tortured Souls」「モモキュンソード」「Re:␣ ハマトラ(リプライ ハマトラ)」

Blu-Rayは「風雲維新ダイ☆ショーグン」「ソードアート・オンラインII」「白銀の意思 アルジェヴォルン」「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」「ハナヤマタ」「劇場版ペルソナ3 第3章Falling Down」「アルドノア・ゼロ」「コープスパーティー Tortured Souls」「モモキュンソード」「Re:␣ ハマトラ(リプライ ハマトラ)」「たまこまーけっと」

DVD/Blu-Ray
は「えとたま」「Noein」「とある科学の超電磁砲(レールガン)S」「残響のテロル」


モモキュンソードみたいなまったりとした縁起物は正月に一番ですな。
[ 2015/11/28 00:00 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(1)

北米版「彼女がフラグをおられたら」BD版


題 名:彼女がフラグをおられたら
米 題:If Her Flag Breaks
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2015/11/03
定       価:$64.99
収録時間:306m
収録枚数:計2枚
特   典:
○特典映像
  ・国産コマーシャル映像
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
  ・キャラクタートレーラー映像、キャラソンを添えて
  ・提供動画集
○そのほか特典
  ・ガイドブック
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「彼女がフラグをおられたら」BD版。
13話を10,3のディスク2枚に収録。OVAは収録されていません!
OPEDは日本語表記、題名などはオリジナル表記、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。
日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。

画質とか
第1話
Length: 0:23:35.956
Total Bitrate: 27.02 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 23990 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit
Subtitle: English / 52.497 kbps





1080p。特に気になる所はないかな。OVA未収録が何より気になるけど(笑。
音声は日本語音声のみ。久々の強制字幕なし。NISAこれからもよろしくお願いします!!
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、エキストラ。
ガイドブックはキャストインタビューやキャラスケッチ等、国内版の小冊子に似ている感じかな。
そしてNISAのアニメは久々に購入したんですけど、いつもの細長いタイプから普通のDVDケースサイズになったのが個人的に○。
まぁBDサイズのボックスのほうがコンパクトでいいんだけど、以前のあほみたいに長いやつよりはいいと思います。

あらすじ
「恋愛フラグ」「死亡フラグ」人の頭の上に伏線を示す旗を見ることができる少年「旗立 颯太」が主人公。
ある事件がきっかけで生きる気力を失った彼は「私立旗ヶ谷学園高等部」へと入学しそこで「菜波・K・ブレードフィールド」と出会う。
彼の不幸を笑い飛ばし勇気付ける彼女により「旗立 颯太」は自身のフラグの謎を解くべく前に進んでいくのだった。

という感じですかね。

はいっつーわけで、がをがを~!でおなじみの「彼女がフラグをおられたら」を鑑賞いたしました。
今作品は一言で言ってしまえばシリアスなストーリーに色づけられたハーレムギャグアニメなのですが、
えーーーハーレムギャグアニメに焦点を当ててお話したいと思います!!!

ハーレムという事で女性キャラがたくさん出るのですがその数なんと13名(ただし1名男)!多すぎです(笑。
こう多いと扱いの悪いキャラが出てきてしまうのがハーレムアニメの常ですが、今作品はそれを覆す「譲り合い逆修羅場」が存在します。
女性が主人公にちょっかいを出すわけですが、通常であればそこに主人公のアクションがあります。今作品の場合、男性が何かしらする前に他の女性が加わり、嫉妬したかと思えば他の女性がさらに加わってそれを持ち上げ、もともとアクションをかけた女性もその持ち上げに加わり、持ち上げられた女性はさらに別の女性を持ち上げ・・・・。そしてアハハアハハと女性たちは仲良く笑いあう。・・・・「なんだこれ」とつぶやく主人公。主人公が突っ込む隙すら与えない展開こそ今作品の魅力かと思います。

そしてキャラクターがまた魅力的。
唯一の突っ込みキャラでもある「菜波・K・ブレードフィールド」は悪い意味(ギャグ的にはおいしいけど)で定位置を獲得しちゃったキャラクターですな。でも彼女の場合ストーリーでポエムと揶揄される事もあるけれど実にいいことを言います。学園祭での暖かい言葉はちょっと感動しちゃいました。超ポジティブキャラ「魔法ヶ沢 茜」。擬音を口に出ちゃうのは今作品の魅力のひとつですが実にかわいらしくもあり恐ろしくもあるキャラクターでした。そういえば主人公とキスをしたわけでこの子がメインヒロインって感じがしますな。だだ甘おねえちゃん「召喚寺 菊乃」。甘やかしという枠を超えた甘やかしっぷりは実に勉強になりました。唯一の男性「盗賊山 恵」。かわいすぎです。デートのときのフンス!って感じがすばらしかったです。

スカートはかないババさま「龍騎士原 月麦」。ロリババァというより赤ちゃんみたいですな。生徒会長「聖帝小路 美森」。めんどくさいです。幼馴染「英雄崎 凜」。やんでれチョロチョロです。女教師「深雪・マッケンシー」。はいっはーい。謎の転校生「大名侍 鳴」。ちないますわ!!妹ポジション「大司教河 くるみ子」。鳴お姉ちゃんはかわいいですなぁ~。菜波の妹「白亜・B・ブレードフィールド」。重い重すぎる。アイドル「吟遊院 芹香」悠木碧さんの過度な演技がらしくてよい。そしてロボ「忍者林 瑠璃」。個人的には瑠璃ちゃんが非常に良かったと思います。しょっぱなからちょっとテレていたりとかわいらしいのですが、ロボらしく実に役に立つし、ねんどろ瑠璃と何でもありな点が良かったですな。ストーリー上でもかかわるポイントが結構多くて記憶に残っています。

まぁ不満といえばもうちょっとこー深夜アニメらしく突っ込んだエロさというかそういうのも見たかった気もするかなぁ。某シュークリームアニメみたいに。まぁそういう作風ではないというのもわかりますがね。エロよりもかわいいを前面に出している。そんな感じかと。



とまぁそんな感じで多すぎる濃いキャラクター達の小芝居を楽しむのが今作品の魅力かと思います。
つーわけで、かっとけー。
[ 2015/11/23 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)