物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2015年8月予定の北米版アニメDVD & Blu-Ray

どーも!暑くなりましたが盆休みまであと少し!がんばって行きましょう!!
で、今期のアニメですが、豊作ですな。個人的には「監獄学園」「ゲート」「のんのん」が飛びぬけてよくて、「Charlotte」「イリヤ ツヴァイ ヘルツ!」「モンスター娘のいる日常」「アクエリオンロゴス」と続いて、惰性で「うまる」「TO LOVEる」という感じかな。毎日見るアニメがあるというのは1週間短くかんじますなー。

では2015年8月予定の北米版アニメで気になるタイトルをピックアップ!!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします!!

8月4日
・DVD

   桜Trick -- $49.98
   宇宙兄弟5巻 -- $49.98
   ターンエーガンダム2巻 -- $49.98
   おねがい☆ツインズ -- $39.99
・Blu-Ray
   男子高校生の日常 -- $49.99
   琴浦さん -- $64.99
   宇宙兄弟5巻 -- $59.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   夏目友人帳3期 -- $59.99

NISAの通常版がぽちぽちと


8月11日
・DVD

   キャプテン・アース2巻 -- $49.98
   ハイキュー!!2巻 -- $49.98
   僕らはみんな河合荘 -- $49.98
・Blu-Ray
   Kite -- $29.98
   キャプテン・アース2巻 -- $59.98
   ハイキュー!!2巻 -- $59.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   美男高校地球防衛部LOVE!1巻 -- $89.98
   結城友奈は勇者である3巻 -- $89.98
   バジリスク 〜甲賀忍法帖〜 -- $44.98

ポニキャタイトルは10日予定


8月18日
・DVD

   ハヤテのごとく!1期 -- $79.98
・Blu-Ray
   未来日記 -- $69.98
   ハヤテのごとく!1期 -- $99.98

未来日記たのしみですな

8月25日
・DVD

   Fate/stay night [Unlimited Blade Works]1巻 -- $99.98
   X -- $29.98
   神々の悪戯 -- $49.98
   中二病でも恋がしたい!戀 -- $59.98
   吸血鬼ハンターD -- $19.98
・Blu-Ray
   Fate/stay night [Unlimited Blade Works]1巻 -- $219.98
   れでぃ×ばと! -- $49.98
   神々の悪戯 -- $59.98
   吸血鬼ハンターD -- $29.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   Fairy Tail -- $54.98

れでぃばと・・・・

と、今期はこんな感じ。
今月購入予定は・・・「未来日記」「れでぃ×ばと」ぐらいかな。今月はぱっとしませんなぁ。

では9月も先取り~
DVDは「ロボットカーニバル」「スケッチブック 〜full color's〜」「白銀の意思 アルジェヴォルン」「けいおん!1期」「WXIII 機動警察パトレイバー」「デジモンクロスウォーズ」「らんま1/2」「PEACE MAKER」「マンガ家さんとアシスタントさんと」「ソードアート・オンラインII」「ハマトラ」「さばげぶっ!」「ジョジョの奇妙な冒険 」「デュラララ!!×2」「闇の末裔」「CBキャラ 永井豪ワールド」「超時空世紀オーガス」「ノブナガ・ザ・フール」

Blu-Rayは「白銀の意思 アルジェヴォルン」「けいおん!1期」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」「バンパイアハンターD」「WXIII 機動警察パトレイバー」「らんま1/2」「憑物語」「魔法科高校の劣等生」「鋼の錬金術師」「マンガ家さんとアシスタントさんと」「ソードアート・オンラインII」「とある飛空士への恋歌」「ハマトラ」「さばげぶっ!」「デュラララ!!×2」「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」「ノブナガ・ザ・フール」「ペルソナ4」

DVD&Blu-Rayは「バットマン ゴッサムナイト」「Appleseed」「美男高校地球防衛部LOVE!」「フルメタルパニック!」「フルメタルパニック!ふもっふ」「selector infected WIXOSS」「スペースダンディ2」「東京喰種トーキョーグール」「Free!-Eternal Summer-」




9月は盛りだくさん!お勧めは「さばげぶっ!」かな
[ 2015/07/31 23:50 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(0)

北米版「ご注文はうさぎですか?」Blu-ray版


題 名:ご注文はうさぎですか?
米 題:Is the Order a Rabbit?
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2015/07/14
定       価:$59.98
収録時間:300m
収録枚数:計1枚
特   典:
○特典映像
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ご注文はうさぎですか?」Blu-ray版。
全12話をディスク1枚に収録。
OPEDは日本語表記、題名などはオリジナル表記、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。

画質はこんな感じ。
Length: 0:24:15.454
Total Bitrate: 20.12 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 16830 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2106 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 47.805 kbps





1080P。特に気になる点はないかな。
音声は日本語のみ。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク1枚収納するタイプです。

あらすじ
主人公「保登 心愛」ことココアは、高校入学に合わせて喫茶店「ラビットハウス」に下宿し、店員として働く事に。
オーナーの娘「香風 智乃(チノ)」や同じバイト仲間の「天々座 理世(リゼ)」と共に、心ぴょんぴょんする日々が始まるのであった。
とまぁこんな感じかと。

はいっつーわけで、北米にて「ご注文はうさぎですか?」がついに発売されました。
国内で放映され、多くの疲れた日本人の心を癒してくれた今作品がついに全米デビューですよ。
いやーーー感慨深いですな。

・・・・コホン。で、今作品の魅力ですがやはり日常系アニメという点かと思います。

日常系アニメといえば昨今ではあふれまくっていますが、その中身は多種多様です。
たとえば今2期が放映されている「のんのんびより」などはノスタルジックな要素が強いですが、今作品に関しては洋風な設定もありそういう面での癒し効果は薄いですね。「ゆるゆり」や「日常」のように日常系といえるかは薄いですが、ギャグに富んだ作品と比べても今作品は弱めですな。っても今作品の登場人物「宇治松 千夜(ちや)」のように頭のちょっとおかしい(良い意味で(どんな意味だ))キャラもいるのでギャグ方面が弱いという事もなし。

主人公が学生なので「きんいろもざいく」のように学園が多めになるかと思いきや学園描写も薄めですな。それぞれのキャラクターの学園での風景もあるにはありますがあくまでメインはラビットハウスになるんじゃないかと思います。学生によるアルバイト日常物という感じですかね。そして日常物で女の子ばかりといえば「ゆゆしき」なんかもありますが、そっち系は・・もあるにはあるのかな?

という感じで、日常系のいいとこ取りをしまくって、キャラ萌えで消化させたのが今作品かと思います。
ストーリー自体もぶっ飛んだものはなく、温泉やプールに図書館で勉強したり、スポーツしたりと安心してみていられる内容ばかりですな。
そしてそれらストーリーが実にキャラクターを持ち上げてくれたと思います。

まずはなんといっても主人公?のココア。天然系でうるさいというそれ単体であれば即カーンカーンカーン!されるようなキャラクターですが、ぐいぐいいく彼女がいるからこそチノちゃんが前押し出される感じで活躍できたのでは?と思いますね。チノちゃん・・・・はぁ・・・かわいい。もうすべてがかわいいんですけど、やっぱりプクーって膨れているシーンが最高でした。一時期PCの壁紙でした。そしてメインのもう一人は日常系で必ず一人は見るようなキャラクターのリゼ。常識人かと思いきや、ちょっと硝煙の似合う女の子なわけですが(笑、3人の中では良いお姉さんだったと思います。

先ほども出ましたが千夜ちゃん。今作品のギャグパートの出だしは彼女からといっても過言ではないほどインパクトのあるキャラクターでしたね。とはいえ彼女もリゼのようなお姉さん的な立ち位置で、妹的な立ち位置の「シャロ」とのいいシーンがたくさんありましたね。そして、そう、「シャロ」。言動がいちいちかわいすぎる。内田真礼効果が大きいですがそれに負けずすばらしいキャラクターになっていと思いますね。もうほんとかわいくてチノとシャロのやり取りだけで1クール作ってもらいたいほどでした。



はいっつーわけで、えーーー日本では2期も10月から放映開始される今作品。
北米版で予習しておくのもアリかと思いますそー。かっとけー。
[ 2015/07/20 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)

北米版「∀ガンダム」DVD版 1巻


題 名:∀ガンダム
米 題:Turn A Gundam
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2015/06/30
定       価:$44.99
収録時間:625m
収録枚数:計6枚
特   典:
○特典映像
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「∀ガンダム」DVD版 1巻。
1巻は前半25話を4,4,4,4,4,5のディスク6枚に収録。
OPEDは日本語表記、次回予告あり、強制字幕なし。
音声は日本語音声のみとなっています。音声はドルデジ192kbps。

画質はこんな感じ。




平均ビットレートが7.41Mb/Sec。北米版DVDにしては比較的安定してますな。
私は国産DVDなら全巻所有しているのでその比較はこんな感じ。国内版のレートは8.51Mb/Sec。

北米DVD


国内DVD


まぁ国内ではBDが発売されているので、画質にこだわる人はそっちを買えばいいし、価格ならどちらでもいいんじゃね?という感じですかね。ちなみにBD版はいつか買う予定です!!!!

メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のDVDケースにディスク6枚収納するタイプです。

あらすじ
月にすむ人類「ムーンレイス」はいつか地球へと帰還することを夢見ていた。
物語の主人公「ロラン」は地球先行潜入員として選ばれて地球へ友人たちと共に下降し、生活を始める。
そして2年後、月の軍隊「ディアナカウンター」による地球への侵略が始まるのだった。
地球のために、月のために、ロランはホワイトドールと呼ばれるガンダムに乗り戦うのだった。

とまぁこんな感じかと。
はいっつーわけで、北米でもようやく∀ガンダムが発売されました。
ガンダムシリーズといえば派手な人間ドラマに戦争という感じですが、今作品はもちろんその要素は強いですが、どこか牧歌的な要素の強い、世界名作劇場みたいな雰囲気も魅力のひとつだと思います。とはいえそこはやはり冨野節、ストレートな物言いによるやり取りや人間臭さバリバリの登場人物たちは実に愛すべきキャラクターになっていたと思いますね。そしてそれらをさらに引き立てるのがすばらしい音楽です。

さて1巻は25話まで収録という事で、物語的には月の軍隊「ムーンレイス」が攻めてきて、地球側が抵抗し、月の女王「ディアナ・ソレル」も地球へとやってくる。和平を願うディアナだが、いきなり攻められた地球側は納得せず、月側が関与したと思われる暗殺事件や、技術者の地球側への裏切りなどにより、戦闘は膠着状態となる。地球と月の両方から攻められるディアナたちは身動きがとれず、その間地球人たちは過去の遺産「黒歴史」を掘り起こし着々と軍備を図る。補給すら乏しくなったディアナ側、そしてディアナは再び月へ行く必要があると考えるのだった。



とまぁこんな感じの前半ですかね。今作品の魅力として欠かせないのが、姿が瓜二つの月の女王「ディアナ・ソレル」と地球に住む鉱産家の娘「キエル・ハイム」による入れ替わりだと思います。女王から普通の少女・・っても貴族ではありますが、敵側の秘書官的な立場になったディアナ。これまで経験したなかったことに一喜一憂する姿も実に愛らしいのですが、自らの決断が地球の人たちの命を、そしてテテスのように月の民たちにもつらい思いをさせてしまっているという事。嘆くが前へ進む彼女とそれを支えるロランの関係が実に良いですね。

1巻は基本的にディアナサイドの話が多かったかと思います。名場面といえばやはり自分と瓜二つで入れ替わった少女キエル・ハイムの父親が戦争で死に、そのお墓参りのシーンですね。久々に見たけど全身にビリビリきました。彼女のストレートな本心を知ることが出来るすばらしいシーンだったかと思います。あと個人的にシャボン玉のシーンも好きですね。がんばるディアナ様に神様のごほうびとロランは言っていたけど、微笑むディアナ様は実に美しかったと思いますな。彼女はまだがんばれるそんな笑顔でした。

そして地球の一貴族から月の女王になってしまったキエル・ハイムもまたすばらしい女性ですね。初めの頃はディアナ様と連絡を取らないと!という感じでしたが、ディアナの事を考え、彼女の代わりを果たすために胸を張っている姿は実にかっこよかったと思います。そしてふとしたときにハリーに見せる弱みがまた良いですな。彼女の名場面はなんと言っても建国宣言ですなぁ。地球に勝手に建国宣言を行い、そこに攻めてきたら侵略者として対処する。そのための建国宣言なのだが、その場で月の女王と入れ替わりになった地球の少女は「再び交渉を!」というわけですよ。同じ人類同士、地球だけでなく、月の民たちのこと、そしてディアナの事を思っての発言なわけです。いやーディアナ様がかわいいのに対し、キエルはほんとかっこいいキャラクターでしたな。



とまぁだらだら書きましたけど、これ以外にもロランがかわいいとか女装がすばらしいとか、グエンgjとかいろいろあります。
2巻は8月発売予定。まだ見たことない人はぜひともかっとけ~。
[ 2015/07/05 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)