物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2015年5月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

おっす!
ようやくきつかった4月が終わります。新人のための資料の用意、研修、歓迎会と毎日が大変でした。
たまっている日行業務には目をつぶって、GWはゆっくり休んで5月から本気出したいと思います!!(笑

では、2015年5月発売予定の北米版DVD&Blu-Rayで気になるタイトルをピックアップ!!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします!!

5月5日。
・DVD

   FREE!1期 -- $39.95
   SoltyRei(ソルティレイ) -- $29.98
   機動警察パトレイバー the Movie -- $29.98
   神のみぞ知るセカイOVA -- $29.98
   焼きたて!! ジャぱん2巻 -- $49.99
・Blu-Ray
   機動警察パトレイバー the Movie -- $39.98
   神のみぞ知るセカイOVA -- $39.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   デンキ街の本屋さん2巻 -- $89.98

神のみぞ知るセカイの北米展開も最後ですかね。


5月12日。
・DVD

   スラムダンク1巻 -- $19.93
   ミチコとハッチン -- $34.98
   トータル・イクリプス2巻 -- $59.98
   ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ -- $49.98
・Blu-Ray
   ソードアート・オンライン1~4 -- 各$74.98
   ミチコとハッチン -- $39.98
   トータル・イクリプス -- $69.98
   ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ -- $59.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   Darker Than Black2期+OVA -- $49.98

最近ゼロ見直してるんだけど、この頃も結構目がでかいなぁとしみじみ感じました。


5月19日。
・DVD

   .hack//Roots -- $39.98
   バブルガムクライシス TOKYO 2040 -- $39.98
   ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-1期 -- $19.98
   ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-2期 -- $19.98
   獣兵衛忍風帖 -- $14.98
・Blu-Ray
   獣兵衛忍風帖 -- $24.98

ぷちます!はrightstufで購入できます。


5月26日。
・DVD

   マギ2巻 -- $74.98
   妖しのセレス -- $44.95
   真マジンガー 衝撃! Z編 -- $49.95
   ヨスガノソラ -- $29.98
   そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- -- $59.98
   生徒会の一存LV2- -- $49.98
   犬夜叉完結編- -- $44.82
・Blu-Ray
   ニセコイ4巻 -- $64.98
   Darker Than Black1期 -- $99.98
   そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- -- $69.98
   生徒会の一存LV2- -- $59.98
   犬夜叉完結編- -- $54.97

ヨスガで思い出しましたが、いつになったられでぃば出るんでしょうか(笑。


今月はこんな感じかな。
購入予定は「神のみぞ知るセカイOVA」「ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~」「そにアニ」「生徒会の一存LV2」「ヨスガノソラ」かな。
まぁ、ほら、一存2は糞って言ったけどせっかく出るんだしそろえたいしね。

では6月予定も~

DVDは「秒速5センチメートル」「ルパン三世 ロシアより愛をこめて」「ノブナガン」「世界でいちばん強くなりたい」「ハイキュー!!」「おねがい☆ティーチャー」
「らんま1/2」「聖剣の刀鍛冶」「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」「シドニアの騎士」「マルドゥック・スクランブル」
「キャプテン・アース」「ガリレイドンナ」「ストライク・ザ・ブラッド」「The Animated Series ヴァンパイアハンター」「銀河鉄道の夜」
「ロボットカーニバル」「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」「バンパイアハンターD」「銀色の髪のアギト」「ハヤテのごとく! Cuties」
「ソードアート・オンラインII」「魔法科高校の劣等生」「.hack//G.U. Trilogy」「魔法戦争」「宇宙兄弟」「∀ガンダム」

Blu-Rayは「ノブナガン」「世界でいちばん強くなりたい」「ハイキュー!!」「らんま1/2」「楽園追放 -Expelled from Paradise-」
「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 」「シドニアの騎士」「マルドゥック・スクランブル」
「キャプテン・アース」「ルパン三世 カリオストロの城」「バンパイアハンターD」「銀色の髪のアギト」「ハヤテのごとく! Cuties」
「ソードアート・オンラインII」「ソウルイーター」「凪のあすから」「魔法戦争」「宇宙兄弟」「千と千尋の神隠し」「猫の恩返し」

DVD・Blu-Rayは「Fairy Tail」「超次元ゲイム ネプテューヌ」「結城友奈は勇者である」「これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド」
「東京レイヴンズ」「ピンポン」「BLAZBLUE ALTER MEMORY」「ソウルイーターノット!」「となりの怪物くん」など



6月は豊作ですな。ターンエーは国産BD買うか今迷っています・・・。
[ 2015/04/25 00:00 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(1)

北米版「生徒会の一存」Blu-ray版


題 名:生徒会の一存
米 題:Student Council's Discretion
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014/03/24
定       価:$59.98
収録時間:300m
収録枚数:計1枚
特   典:
○特典映像
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「生徒会の一存」Blu-ray版。
全12話を1枚に収録。
OPEDは日本語表記、題名などはオリジナル表記、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。

画質とか
Length: 0:25:27.526
Total Bitrate: 20.07 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 16816 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2063 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 70.107 kbps





1080p。特に気になるところはないかな。
音声は日本後音声のみ。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ

私立碧陽学園生徒会。
そこに「優良枠」で役員入りした男子生徒「杉崎鍵」には野望があった。
生徒会長「桜野くりむ」、副会長「椎名 深夏」、書記「紅葉 知弦」、会計「椎名 真冬」と美少女がそろう生徒会をハーレムにすることである。

とまぁこんな感じ。

はいっつーわけで、生徒会の一存鑑賞いたしました。個人的に好きな作品で北米版を楽しみにしていましたな。まぁー正直、万人受けで面白いかといえば・・・コホン、まさか北米版で展開するとは思いませんでしたなぁ。

さて今作品の魅力。言うまでもなくパロとメタかと思いますね。
日常会話に入りまくるパロの数々、そしてストライクウイッチーズのようなやりすぎなものまで。勢いに乗ってそのまま突き進むような展開が多く、実に楽しそうで見ていて飽きない作品だったかと思いますね。あと基本的に生徒会の中だけだったのも良かったと思うかな。クラスメートの濃い連中が来てもどっちらけ見たいになっちゃいそうですしな。

キャラクター。
テンプレのような魅力的なキャラクター達ですが、個人的にはやはり会計「椎名 真冬」が良かったかな。ずばりダメ人間な彼女でしたが、最終回は実に輝いていました。つーか彼女の妄想キャラが現実として登場ってめちゃくちゃですな(笑。複線とか裏には濃ぃーストーリーがあるのかもしれませんが、まぁ驚きましたな。そして生き生きとする真冬ちゃんが実にかわいらしかったと思います。椎名姉妹にはシリアスな転校のエピソードもありましたな。

そう、そしてもうひとつの魅力はシリアス描写なのかなぁ。
杉崎鍵がハーレムを目指す理由。基本的にメインとして語られることはなく、各話の端々で触れられている程度なんですけど、それが終盤に一気に表に出てきましたね。杉崎へのお見舞いで彼の旧友とのシーンとか今でも胸がモヤモヤというかムカムカしますな。まぁこの件に関しては1期ではきっちり起承転結されていないので、これだけ見るとちょっとモヤモヤが残りますな。まぁ個人的には終盤の杉崎の語りとか臭すぎるので、魅力としてはちょっと押すことはできないなぁ。あと杉崎が書いている小説がこの物語だったりするんだけどそこまでの展開がないのもちょっと物足りないかな。まぁ、2期に期待ですな・・・・・。うん。



はいっつーわけでかっとけー。
[ 2015/04/19 00:30 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

北米版「さんかれあ」DVD/Blu-ray版


題 名:さんかれあ
米 題:sankarea
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2013/10/01、2015/03/31
定       価:$59.98
収録時間:300m
収録枚数:計4枚(BD2枚+DVD2枚)
特   典:
○特典映像
    ・米スタッフによるコメンタリー(3,7)
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「さんかれあ」DVD/Blu-ray版。
全12話をDVDは7,6の2枚、Blu-Rayは9,4の2枚に収録。
OPEDは英語表記、題名などは英語表記、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。




映像情報ですがディスクが悪いのか再生装置が悪いのか情報取得できませんでした。後日追記予定。
ファニといえば若干ソフトノイズかかった映像が多いですが、今作品はsentai並みにくっきりきれい。
音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケ周りは通常サイズのBDケースに紙で出来たスレーブつけるだけ。

さて今作品の経緯ですが、まず2013年10月に北米版「さんかれあ」DVD/Blu-Ray版が発売されました。ちなみに上にある商品画像は2013年10月版なので、2015年3月版とはディスク以外は違うものになります。で、2013年10月版なのですが、TV放映版、つまりグロ描写などが規制されたバージョンでした。これに対して販売元のファニは販売を停止し、ディスクの交換と後日修正なし版をリリースするという事で、1年半たって今回のものが発売された形になります。ちなみに私はRightstufというサイトで購入したのですが、修正バージョンはこんな感じで届きました。



もちろんタダでした。やったね。
ただ以前のものとまったく同じディスクイメージなのでまぎれたら終わりです(笑。

あらすじ

ゾンビ大好きな少年「降谷 千紘」は、死んでしまった飼い猫「ばーぶ」を生き返らせるために家で見つけた古文書を手がかりに蘇生薬を作ろうとする。偶然鉢合わせた「散華 礼弥」の手をかり成功し、ばーぶは生き返るのだが・・・・その後、不幸な事故がきっかけで死んでしまった「散華 礼弥」も生き返るのであった。ゾンビとして。

つーわけで、さんかれあ鑑賞いたしました。TV放映は見ていたので今回の規制なし版を楽しみにしていました。しかし上記の通りいろいろあって今日まで先延ばしになっていたわけです。まぁ無事出てよかった良かった。

さて今作品、「俺ぞんびっす。」って感じのギャグラブコメ物を想像していたのですが、いやーーなかなかシリアスな展開の多いヘビーな作品だったかと思います。

まず今作品の目玉であるヒロインがゾンビな事ですが、実際ゾンビになるのは3話あたりです。普通1話でバーンと出して視聴者引き込まなければいけないのに、1話にはゾンビっ子とちゅっちゅしたいよーーーという頭のおかしい少年の話に使い、2話は親父に誕生日のたびに全裸の写真を撮られるという少女の話に使います。まぁそういう過程があってこその彼女のゾンビ化なんですけどね。

今作品はとにかくキャラクター描写に力を入れていたと思います。主人公とヒロイン以外でも姉的存在でもある「左王子 蘭子」との過去の出会いの話。主人公の妹「降谷 萌路」と母親、そして礼弥を絡めた話。礼弥の母親「散華 亜里亜」と「散華 団一郎」、そして礼弥の話。終盤の決闘シーンなどもそうですが、シャフト的な演出も多々あったりと印象に残るシーンがいろいろ思い出されますな。個人的にはやはり妹と母親の回が好きですね。特に終盤のシーンは2期を期待せざるを得ないポイントがありますよね。

とはいえ・・・今作品はやはりハッピーエンドは難しいという印象がありますよね。「俺ゾンビっす!」みたいな作品であれば魔法ととんこつスープでゾンビから人間に戻ることが出来るとか言われても納得してしまいますけど、今作品の場合、礼弥が人間に戻ることができるとはちょっと考えにくいですよね。回が進むたびにだんだん死へと近づいていく礼弥と、それに対してどういう結論を主人公が出すのか。最後までほんと目が離せないお話だったかと思いますね。そしてやはり2期を期待したいよね。母親のこと、ゾンビのこと。まだまだたくさんの謎があるわけですな。



はいっつーわけで、「さんかれあ」なかなか面白い作品でした。かっとけ~。
[ 2015/04/12 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)