物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2014年7月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

オス!
夏です!暑いです!

というわけで、2014年7月発売予定の北米版アニメDVD&Blu-Rayで気になるタイトルをピックアップ!!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします!!

7月1日。
・DVD

   キャッツ・アイ1巻 -- $59.99
   とある科学の超電磁砲S(第2期)1巻 -- $59.98
   DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION -- $59.98
   ロストユニバース -- $29.99
   フォトカノ -- $49.98
   ゆゆ式 -- $49.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   灼眼のシャナ2期 -- $34.98
   とらドラ!1巻 -- $59.99
   とらドラ!2巻 -- $59.99
   とらドラ!セット -- $129.99

とらドラほしいけど高いなぁ。専売だと値引きがねぇ・・・。


7月8日。
・DVD

   ささみさん@がんばらない -- $34.99
   惡の華 -- $34.99
・Blu-Ray
   惡の華 -- $69.98

惡の華はいろんな意味で衝撃的でしたな。


7月15日。
・DVD

   劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 -- $39.98
   デッドマン・ワンダーランド -- $34.98
   キルラキル 1巻 -- $39.98
   銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 1巻 -- $59.98
   モノノ怪 -- $19.95
   劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編: 始まりの物語 -- $39.98
   劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編: 永遠の物語 -- $39.98
   銀の匙1期 -- $74.98
   To LOVEる -とらぶる- ダークネス -- $49.98
・Blu-Ray
   劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 -- $49.98
   劇場版 天元突破グレンラガン紅蓮篇&螺巌篇 -- $79.98
   キルラキル 1巻 -- $49.98
   銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 1巻 -- $69.98
   劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編&後篇 -- $99.98
   To LOVEる -とらぶる- ダークネス -- $49.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 -- $79.79
   Fairy Tail 11巻 -- $54.98
   キルラキル 1巻 -- $74.98

ほとんどアニプレUSAです。


7月22日。
・DVD

   Appleseed Alpha -- $26.99
   ヘタリア 5期 -- $34.98/$39.98
   やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -- $49.98
   断裁分離のクライムエッジ -- $49.98
・Blu-Ray
   断裁分離のクライムエッジ -- $49.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   はたらく魔王さま! -- $64.98/$69.98

今月の目玉は「はたらく魔王さま!」ですかね。


7月29日。
・DVD

   Dr.スランプ アラレちゃん映画5本 -- $29.95
   問題児たちが異世界から来るそうですよ? -- $59.98
   ヴァンパイア騎士 -- $44.82
・Blu-Ray
   問題児たちが異世界から来るそうですよ? -- $59.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
   閃乱カグラ -- $64.98/$69.98

忍者は向こうで人気あるからねー。化けるかもねー。

アメリカ以外だと・・
イギリスでは延期したビバップやサイコパスなど。
ドイツは「009 Re: Cyborg」など。

こんな感じですかね。
今月購入予定は「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」「はたらく魔王さま!」「閃乱カグラ」かな。
アニプレ関係は米尼に登録されたら考えればいいや。

では8月予定も。

DVDは「きんいろモザイク」「うたのプリンスさまっマジLOVE2000%」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「カードキャプターさくらTV、劇場版」「恋愛ラボ 」「俺のいもうとがこんなにかわいいわけがない2期」「戦国コレクション」「SHORT PEACE」「ファンタジスタドール」「新世界より2巻」「とある科学の超電磁砲S(第2期)2巻」「まよチキ!」「餓狼伝説 OVA,劇場版」「精霊の守り人」「トリコ」

Blu-Rayは「カードキャプターさくらTV、劇場版」「恋愛ラボ 」「SHORT PEACE」「ゆゆ式」「ファンタジスタドール」「新世界より2巻」「精霊の守り人」「まよチキ!」「きんいろモザイク」「うたのプリンスさまっマジLOVE2000%」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「傾物語」

DVD/Blu-Rayは「フリージング」「そらのおとしもの2期」




きんモザで心ぴょんぴょんしてきたぁーーー!!
[ 2014/06/24 00:00 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(0)

北米版「デート・ア・ライブ(1期)」DVD/Blu-ray版


題 名:デート・ア・ライブ
米 題:Date A Live
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014/06/10
定       価:限定版$69.98 通常版$64.98
収録時間:325m
収録枚数:計4枚(DVD2+BD2)
特   典:
○特典映像
・コメンタリー(4,7米スタッフ)
・プロモ映像
・2期トレーラー
・USトレーラー
・ノンクレジットオープニング1
・ノンクレジットエンディング1,2,3
○限定版特典
    ・収納ボックス等
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「デート・ア・ライブ(1期)」DVD/Blu-ray版。
1期12話+未放映1話の全13話をBD版は9,4の2枚、DVD版は6,7の2枚収録。
OPテロップは英語表記、EDテロップは英語表記、OP題名や副題などは国内オリジナル、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、音声選択画面がなく強制的に英語音声です。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。

画質はこんな感じ
DVD版は平均ビットレートが5.83Mb/Secの2層設計。
ボケ。

Blu-Ray版
Size: 5,856,172,032 bytes
Length: 0:27:45.664
Total Bitrate: 28.13 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 20999 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2148 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -5dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 795 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -9dB)
Subtitle: English / 42.441 kbps
Subtitle: English / 8.879 kbps





1080p。
標準的な北米品質。SENTAIよりはレートの変動は落ち着いていますな。
音声は英語音声も収録。よしのん&よしのがなかなかよい感じ。トーカは・・・うん。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケース2個、それぞれにDVD2枚、BD2枚収納。限定版はBOXつきです。

あらすじ
謎の生命体「精霊」が現れ、その際に大災害・空間震が発生するようになった世界が舞台。
ごく普通の高校生「五河 士道」は精霊の一人「夜刀神 十香」と出会い、彼女を救うために妹「五河 琴里」の力を得て戦うのだった。その戦い方法とは・・・・「デートしてデレさせる」のである!

とまぁこんな感じかな。

はいっつーわけで、2期放映中というか無事終わった?「デート・ア・ライブ1期」が発売されさっそく鑑賞しました。
TV放映も見ましたけど、改めて見ても面白いですな。キャラクターのかわいさ、ギャグのテンポの良さ、そしてストーリーもキャラをしっかりと描いていたと思いますね。正直アニメ化の話を聞いたとき、今放映中の2期のメンツまで1期で攻略すると思っていました。でも実際は今回出てくるヒロインを集中的に持ち上げる話が多かったと思います。

さて今作品の魅力。それは「精霊をデレさせる」という事でしょうね。
ルーチンとしては遠隔操作で恋愛のプロ達が主人公の士道に指示を与えて精霊を口説き落とす。という、良い意味で実にくだらない展開です。まあここら辺は基本ギャグで、お互いを知り合ったあと、士道君の素なカックィイ台詞で落とすというのが流れかと(笑。1期は3人を攻略して終わり。完全につづくと言う終わり方なので、ストーリー的に進んだ部分は全くありません。ドラクエ2で言えば、犬のお姫様が仲間になって終わったような消化不良な感じですな。でもまぁキャラ可愛いからいいや!って感じです。

ではヒロイン毎に感想など。

夜刀神 十香
メインヒロイン?だけあって優遇されていました。実にマリーナらしいアホキャラでマンネリタイプといえなくもない。
表情の変化が豊かで実にかわいらしいキャラクターでしたな。彼女の見どころといえば、やはり士道が死ぬ?シーンでしょうね。その前のシーンでは「お前を肯定する!」とか寒い台詞で十香を落としイチャコラした後だけに、あのシーンは驚きましたな。え?これギャグアニメじゃないの?そんな感じでした。まぁこの部分に関しては後で記載しますけど、インパクトのあるシーンでしたな。そしてその後の空中キス。私もラタトスクの連中のように「キーースキーーースキーース!ヒューーー!」って感じで鑑賞していました(笑。

四糸乃
かわいい!かわいすぎる!!他の精霊と違い戦わない彼女。その理由は自分も痛いのはいやだし怖いから。なんといい子なんでしょうか!かわいい!!そしてそんな彼女に手を差し伸べるシドーの下手糞な演技「はーぁーい」じゃねーよwww。彼女の場合高校生ではないのでそれ以降の出番がちょっと弱いんですけど、水着回とか要所要所はしっかりとらえていたと思いますね。2期はさらに出番ないのが悲しいですけど。はぁ・・・よしのかわいい。



五河 琴里
改めて見直して思うことといえば、1話序盤のあの痛々しさがピークかな(笑。それ以外は非常にかっこいいヒロインだったと思いますけど、上司という立ち位置ゆえにいまいちイチャコラとは言いにくいかな。まぁもう一人の妹が出てきた時はいいキャラしてましたけど。あとラストの初めから好感度は最大っていうのはいいよね。妹はこうあるべきだ!という感じがして。

鳶一 折紙
彼女が精霊を憎む理由はわかるし、このためだけに生きてきた彼女にとって譲れないっていうのもわかる。
まぁ彼女が空気読まなかったおかげでストーリーが展開されたと言えなくもないけど、ちょっと微妙な立ち位置のヒロインでしたな。1期最後の終わり方もひどかったし、OVAでは・・っていうかOVAさ、シドー君が「誤解させたのはこっちだ!あいつの気持ちをもて遊ぶのはだめだ!」とか言ってカッケーと思ったら、だからデートで嫌われる!ってどーかとおもうわ(笑。まぁ言って聞くような折紙さんではないと思うけど。今後彼女は救われるのでしょうか。期待したいと思います。

時崎 狂三
グロ担当。地味子バージョンのほうがエッチい感じがして好きです。
彼女もどう救われるのか。今後に期待したいですなぁ。流石にトーカと同じようには行かないだろうしねぇ。

はいっつーわけで、まぁ典型的なイチャコラアニメですけど、シリアスな部分もあり、今後が非常に気になりますな。
2期も北米版出してもらうためにぜひとも、かっとけ~。


[ 2014/06/14 20:24 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)

北米版「変態王子と笑わない猫。」Blu-Ray版


タイトル:変態王子と笑わない猫。
米 題:"Hentai" Prince and the Stony Cat.
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014年06月03日
定       価:$59.98
収録時間:300m
収録枚数:BD1枚
特   典:
○本編特典映像
    ・へんねこBBS(6分24秒)
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「変態王子と笑わない猫。」Blu-Ray版。
全12話をディスク1枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

画質音質 1話
Size: 4,135,323,648 bytes
Length: 0:26:44.603
Total Bitrate: 20.62 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 17240 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2158 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 54.104 kbps




1080p。
前回のTo Loveると同じく1クール1枚。ざらついている感じ、バンディングも多少目立つかな。
音声は日本語音声のみ。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
特典は上記どおり、しかしさDVDしかでない武装神姫を乗せるのはどうなんだろうと思うわ。BDでだしてくれ!
パケは通常のBDケースにディスク1枚収納するタイプです。

あらすじ
主人公は建前のせいで自由に生きられない少年「横寺 陽人」と、本音の表情を、子供っぽさを隠したい少女「筒隠 月子」。
友人から教えてもらったお供え物をささげると自分のいらない何かを必要としている人へ渡してくれるという「笑わない猫」へと願いに行き、無事叶うのだが・・・・。本音しか言わない変態王子と表情がなくなってしまった少女が出来あがってしまったのだった。

とまぁこんな感じでしょうか。

はいっつーわけで、変態王子と笑わない猫。ことへんねこを鑑賞したしました。本放送は3話ぐらいまで見たかな(笑。原作読んでいたのでアニメ版は後回しにしてしまって他の事優先しててすっかり忘れていたという感じですかね。そんなわけで改めて今作品を鑑賞したわけです。

まず今作品の魅力。カントクさんの描くかわいらしいキャラクターに声を担当するのはゆいかおりという事でしょうかね。セリフ回しも独特なテイストで、さらに月子なんかは特徴のあるダウナー加減が実に癖になると言う感じでした。いやほんと実にかわいらしい作品だったかと思います。まぁ、おっぱい少なめでセクシーよりもプリティーなのは個人的に物足りなさを感じましたけど、まぁアリかと思います!!台詞回しもそうですけどギャグ描写なんかも建前や羞恥心のなくなった横寺には大いに笑わせてもらいましたね。

さてパッと見でエロラブコメ的な作品ですが、その本質はなかなかシリアスでぐっと来るものがありましたね。ぶっちゃけ、最後ないたし(笑。
今作品のキーワードでもある本音と建前をベースに物語は一人のひきこもり少女の話が始まります。

小豆 梓。
友達というワードに拒否反応を示す引きこもりがちな虚勢を張るお嬢様。そしてその友人二人とのエピソードは非常に良かったと思いますね。休みがちな彼女のため、修学旅行に喜んで来てくれるように場所は「北海道」と告げるが、本当は沖縄で、小豆 梓は一人北海道まで言ってしまいます。ほんとに行っちゃったのこまめちゃんwww。という感じだけど、小豆にしてみれば相当ショックな事だったわけですな。もちろん行き先を北海道といった二人には悪気はなく、純粋に一緒に楽しみたいから出てきてほしいからの思いからなわけです。しかしそれを告げる間もなく転校してしまったわけですなぁ。



言葉として伝えなければ伝わらない。横寺の活躍により再び友人となれた3人の描写はなかなか良かったですね。そしてその後の小豆ちゃんは自らの心を強くして行動していましたね。月子話でも横寺に対して「本当の言葉が聞きたい!」と強く言っていましたし、月子と話をするために横寺に鋼鉄の王を連れてしばらく離れていてくれと言われた時も、流れにのまれるように言う事を聞くのではなく、なぜ?とちゃんと相手に伝え納得して行動する。いやーーほんとかっこいい少女になっていたと思いますな。

筒隠 月子。
基本的に彼女はさみしがり屋の子猫ちゃんという感じでしょうか。両親の死、そして姉の事。本音をなくしたことだって姉から見捨てられたくないとの思いからで、その後も横寺と小豆の関係を見て、別れることの怖さから暴走してしまうわけです。家族にはなれない、けれど違う付き合い方はできる。その約束を交わして物語は進んでいくわけですな。終盤は横寺と筒隠姉妹との関係。過去へタイムスリップしての話になりました。

筒隠 つくしと筒隠 月子。
写真と違いがさつで家も荒れ放題、そして病気を抱え一人で生活する母親。そしてその母親を支えるのが・・・幼いころの横寺なわけです。そう、鋼鉄さんの記憶にあった壁の傷は姉ではなく、横寺の記録だったわけですな。子供たちの幸せを思い突き放す母親と、母親に愛されていないと感じ反発する鋼鉄さん。双方が自らを責めどうにもならない状況。ここの無邪気な妹の「おかあしゃん!」って台詞が心にズキューンときましたね。そしてここで動き出すのが二人の横寺なわけです。きっかけを大人・・・ではないか少年の横寺が作り、そして筒隠の母親と過ごした記憶を鋼鉄さんに渡すため猫の像に願う子供の横寺。ここで横寺の記憶のなぞが明らかになるわけですな。そしてこのタイムスリップ自体が月子を思っての横寺の願いだったというこというわけです。横寺どんだけ月子ちゃん大切に思っているんでしょうか(笑。そして最後は記憶が思い出にならないよう、毎日楽しくともにすごしていく。

とまぁこんな感じのストーリーでしたな。いやーーー予想以上によかったわー。まぁシリアスはあまり好きじゃないんだけど、作品らしいお下品なギャグとかテンポもあって非常に記憶に残るよい作品だったと思います。
まぁ、不満もなきにしもあらずで、「エミ」に関してはちょっとなぁ。エピソードの最後もなんか中途でキャンセル!という感じの彼女にとっては半端な終わり方だったし、その後のデートも主人公の頭の中は月子月子月子だし。基本主人公が記憶を忘れていると言う部分を盛り上げるためだけに使われた感じがちょっとするかな。まぁそれがキーなんだけどね。それと小豆ちゃんも・・・・まぁあのエンドじゃしょうがなし。あとは横寺以上の変態キャラクター、舞牧 麻衣についてもうちょっと話ほしかったかな。今作品で一番好きなキャラクターなので、もっと突っ込んでどん引きさせてほしかったと思います(笑。2期に期待したい!よろしくお願いします!!



はいっつーわけで、パッと見とはなかなか違う作品でしたが、非常によいお話だったと思います。
かっとけ~。
[ 2014/06/07 20:32 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

北米版「もっとTo LOVEる‐とらぶる‐」Blu-Ray版


タイトル:もっとTo LOVEる‐とらぶる‐
米 題:Motto To Love Ru
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014年05月27日
定       価:$59.98
収録時間:300m
収録枚数:BD1枚
特   典:
○本編特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「もっとTo LOVEる‐とらぶる‐」Blu-Ray版。
全12話をディスク1枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

画質音質 1話
Size: 3,842,463,744 bytes
Length: 0:25:42.541
Total Bitrate: 19.93 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 17000 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1763 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 31.625 kbps




1080p。
以前発売されたDVDでは再現できなかった「つるつるてかてかでありながらぷにぷにを感じさせる質感や明るくカラフルな色彩」がBD版によってようやく視聴することができました(笑。最近リリースされた1クールDISK1枚シリーズなわけですが、まぁ、それほど悪いとは思わないかな。いつものSENTAI、BD画質かと。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにDISK1枚収めるタイプです。

あらすじ

あらすじや感想などは以前の記事
北米版DVD「To LOVEる」
北米版DVD「もっとTo LOVEる -とらぶる-」
を参照してください。

はいっつーわけで、DVD版しか発売されなかったことに嘆いて早2年。ようやっとBD版が発売されました!!
長かった!!!(笑

さて久々に見てみましたけど、1期やダークネスのように一応なストーリーすらないこの2期は、基本的にキャラごとの話を組み合わせただけという感じでしたね。んーーまぁナナとモモが出てきて、ヤミちゃんの話が結構あったような気がしないでもないかな。まぁぶっちゃけ好きなキャラが入ればOK、いなければ糞という感じですな。あと、2年前と嗜好がちょっと変わったんで、この2期を見て改めて籾岡のJKっプリといいますか、普通なビッチなエロさにぐっときましたな。特に、黒くない下着を着ているシーンが非常に素晴らしかった。大人と子供の中間な彼女のアンバランスな感じが実によくあらわれていたと思いますね。こほん。あと改めてみたわけだけど、リトさんはちょっとテンパリすぎですな。家庭訪問の回とかなんか病気なの?って思うほど異常でしたね。



はい。つーわけで、アニメ3期「ToLOVEる-とらぶる-ダークネス」は7月発売予定。
1期もBD化されているのでぜひともかっとけ~。
[ 2014/06/01 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)