物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「ガールズ&パンツァー」Blu-Ray版


タイトル:ガールズ&パンツァー
米 題:Girls und Panzer
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2013年12月03日
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
     ・第5.5話「紹介します 1!」
     ・第10.5話「紹介します 2!」
     ・国産プロモ映像
     ・国産CM集
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ガールズ&パンツァー」Blu-Ray版。
全12話を9,3のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり、EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。それと以前まではプレイヤー側からの操作で字幕のオンオフを切り替え可能でしたが、今回は切り替えできません。FUNiの強制字幕のタイプと同じですな。

では画質など。国内版も持っているのでその比較。
第1話。

北米版BD
Size: 4,517,652,480 bytes
Length: 0:24:12.451
Total Bitrate: 24.88 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19009 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2145 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2119 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 3.278 kbps
Subtitle: English / 43.805 kbps


国内版BD
Size: 8,396,163,072 bytes
Length: 0:24:11.116
Total Bitrate: 46.29 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 36207 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.1 / 48 kHz / 2051 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.1 / 48 kHz / 768 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 2304 kbps / 24-bit
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit


北米版BD


国内版BD



北米版BD


国内版BD



北米版BD


国内版BD


1080p。
sentaiの北米版標準画質といったところですね。全体的に国内版よりも薄いというか明るく、グラデーションがガクついてバンディングが発生しているという感じ。ってもほかの北米版よりもバンディングはないと思いますね。空気感が薄れている感じはあるけど、シリアスアニメでもないのでそれほど影響はないかな。それと第1話だけ表示位置がずれています。

北米版BD


国内版BD



2話以降は左側と下側にある黒枠はなく、全画面になっています。んーーー、PS3で最初見たときは気づかず、こうして比較して気づいたわけですが、一度気づくと気になりますな(笑。回収とかはたぶんないと思いますね。次の出荷時に修正してくるかは・・・ないような気もしますな。まぁ、コレが北米版だ!という事で。あとは、日本語音声時強制字幕なのですが、会話以外の字幕。たとえば携帯メッセージとかそういう絵の文字部分などは直接上に字幕が表示されます。ゆえにその部分は日本語が見づらい状態なわけですな。



まぁしょうがないですなこれは。

音声は英語音声も収録。
それと音声についてですが、第8話のプラウダ高校戦で「カチューシャ」が流れて歌うシーンがあります。北米版はこのシーンが「カチューシャ」ではなく「コロブチカ」に差し替わっており、歌がないため口パクもなしの差し替えになっています。注意。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚を収納するタイプです。


あらすじ
華道や茶道と並び大和撫子の嗜みとされている武道「戦車道」が存在する世界。
主人公の女子高生「西住みほ」は戦車道のない学校「大洗女子学園」へと転校してくるのだが、生徒会の陰謀により再び彼女は戦車道へと関わることになってしまう。学園でできた友人達と共に彼女の新たな戦車道が始まるのだった。

とまぁこんな感じですかね。
つーわけで、ガルパンこと「ガールズ&パンツァー」を鑑賞いたしました。いやぁーー、国内版も何度も見ているのですが、改めて北米版も一気に鑑賞してしまいました。んーーやっぱテンポが非常に良いと思いますね。1クールだからこそのテンポだと思います。日常と戦闘をきっちり分けて、あまり深く突っ込まず(笑、だらだらさせずに大円団でびしっと締める。物足りなさはもちろん感じますけど、見終わった感を感じられるアニメは久々だったような気がしますね(笑。

さて今作品の魅力。まずは言うまでもなくその独特の世界観ですね。女の子が戦車に乗って戦う。それが当たり前の世界でのお話になるわけで、ぶっちゃけ序盤の1,2話はそんな世界で普通の女子高生が何をやるつもりなんだろう?といった感じでした。しかし模擬戦から聖グロリアーナ女学院戦。ここの戦闘描写のクオリティにやられましたな。これまでのアニメで出てきた戦車とは違う、戦車が主役のクオリティ。そしてBGMとの調和がすばらしく、個人的には終盤のマウス登場から黒森峰女学園の行進あたりが最高にかっこよかったですな。ゾクゾクしちゃいました。うん。やっぱ男の子だもん。戦車かっこいいよね!!そしてかわいい女の子たちが青春という名のもとに必死に戦うわけで、そりゃ熱く応援しますよな!!

そしてそんな戦車で戦う女の子たちもステキでしたな。
主人公の「西住みほ」率いるあんこうチーム。主役だけあって目立つチームなんだけど、それゆえ仲間達の絆が光るチームでしたね。終盤、沈没しそうになってる戦車にたいして心の葛藤を見せるシーン。そこでやさしく「行ってあげなよ。」と言った武部 沙織。ここまで感動とは無縁だったんですけど、ここでちょっとぐっと来てしまいました(笑。いいですなぁ仲間って。生徒会率いるカメさんチームは凸凹コンビはもちろんですけど、やっぱ生徒会長の能力のすごさが印象にありますね。序盤はいやな糞野郎でしたけど、終盤はなかなかいいポジションをキープしていたと思います。
アヒルさんチームはなんだかんだ生き残ってるしぶといチームでしたな。リーダーの体系がしょっぱいというのもまた良し!俺に良し!!

うさぎさんチーム。序盤は戦車から逃げ出してしまうしょーがない子で低学年らしくキャイキャイワイワイと騒がしい彼女たち。しかし終盤では仲間のために自ら犠牲になって敵を撃破しましたな。今作品で一番成長が見られたチームだと思いますね。といっても相変わらずな1年生たちでした!という感じもまた良し!俺に良し!!カバさんチームはイロモノ担当という感じでしたな(笑。カモさんチームは「もくもくよーい」の変なアクセントが印象に残っています。レオポンさんチームはなんだかんだいって今作品で一番すごいのは彼女たち自動車部でしょうな(笑。終盤の橋を破壊しての走行シーンとかこいつらかっけーなぁーって感じでした。アリクイさんチームはイロモノ担当2という感じか。まぁこれから?ですかね。

そして敵側もまた魅力的でしたな。まぁどれもこれもかなりアクの強いキャラクターばかりでしたけど(笑、個人的に一番好きなのは・・・ペコちゃんですぁ。ペコちゃんかわいかったですなぁ。グロリアーナ編とかやってくれねぇかなぁ。vitaでゲームでるらしいじゃないっすか。ペコちゃんといちゃいちゃしてねぇなぁ。だれか何とかしてくれねぇかなぁ・・・はぁ・・・ペコちゃん・・・・・。コホン。敵でやはり一番良かったのは西住 まほでしょうな。厳しさは当然ありますけど、妹が自分の戦車道を見つけられるように本気で戦うラストのシーン。ん~、最後はリトルアーミーなんかともつながっていて余計にジーンとくる名場面だったかと思いますな。



はい。つーわけで!今後も劇場版やゲームソフトなど、展開目白押しです。
北米版で予習しておきましょう。かっとけ~。
[ 2013/11/30 00:17 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)

2013年12月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

オッス!
わかる奴はわかるネタで申し訳ないんだけど、艦これのE7こと矢矧掘り、実質ラストの挑戦を先ほど終えました。
で、結果はコレ。濃厚なラインナップにイライラした日々が続いたけど(笑、今、やっと解放された安心感で今晩はぐっすり眠れそうですわ。はぁーー、まぁ、なんつーか、特に何もないですわ(笑。

というわけで、2013年12月発売予定の北米版DVD&Blu-rayで気になるタイトルをピックアップ!!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします!!

12月03日。
・DVD
  ガールズ&パンツァー -- $59.98
  魔法遊戯 -- $29.98
・Blu-Ray
  ガールズ&パンツァー  -- $69.98
・Blu-Ray/DVDコンボ

  アクエリオンEVOL 1巻 -- $64.98/$69.98

今月の目玉はやはりガルパンですかな。強制字幕だけど。


12月10日。
・DVD
  BTOOOM! -- $59.98
  科学忍者隊ガッチャマンTV&OVA -- $129.98 
  ココロコネクトOVA -- $29.98
・Blu-Ray
  BTOOOM! -- $69.98
  科学忍者隊ガッチャマンTV&OVA -- $149.98
  ココロコネクトOVA -- $39.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  Fairy Tail 7巻 -- $54.98
  Fairy Tail 鳳凰の巫女 -- $34.98

そういえばココロコネクト購入してたんだっけ。みないとな。


12月17日。

・DVD
  劇場版 青の祓魔師 -- $39.98
  デ・ジ・キャラット -- $24.98
  こえでおしごと! -- $19.99
  俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる -- $74.98
  さくら荘のペットな彼女1巻 -- $49.98
  ビビッドレッド・オペレーション -- $74.98
・Blu-Ray
  劇場版 青の祓魔師 -- $89.98
  さくら荘のペットな彼女1巻 -- $59.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  はぐれ勇者の鬼畜美学 -- $64.98/$69.98

そういえばrioセールで買おうと思ったらどこにもないんですけど・・・。


12月24日。

・DVD
  人類は衰退しました -- $49.98
  好きっていいなよ。 -- $59.98
・Blu-Ray
  人類は衰退しました -- $59.98
  好きっていいなよ。 -- $69.98

「人類は衰退しました」は吹き替えなしですな。


12月17日。

・DVD
  クロノクルセイド -- $29.98
  Fate/Zero 2巻 -- $74.98
  一騎当千 Great Guardians -- $59.98
  にゃんこい! -- $59.98
  だから僕は、Hができない。 -- $49.98
・Blu-Ray
  にゃんこい! -- $69.98
  だから僕は、Hができない。 -- $59.98
  Fate/Zero 2巻 -- $174.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ -- $49.98

個人的に一番の目玉はおにあいで決まりですな!!!


北米以外では
ドイツでは「一騎当千 XTREME XECUTOR」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」「あの夏で待ってる」
イギリスは「偽物語」
フランスでは「不思議の海のナディア」「ベルセルク」「アクセルワールド」「刀語」
イタリアでは「劇場版魔法少女まどか☆マギカ前編後編」
などなど。

こんな感じですかね。
今月購入予定は「ガルパン」「BTOOOM!」「ココロコネクトOVA」「人類は衰退しました」「にゃんこい!」「おにあい」など。

では2014年1月も先取り。
DVDは「Aria The Natural」「輪廻のラグランジェ season2」「機動警察パトレイバーTV」「うたのプリンスさまっマジLOVE1000%」「マギ」「めだかボックス アブノーマル」「ぬらりひょんの孫 千年魔京」「まりあ†ほりっく」
Blu-Rayは「輪廻のラグランジェ season2」「機動警察パトレイバーTV」「うたのプリンスさまっマジLOVE1000%」「ゆるゆり♪♪2期」「大正野球娘」「青の6号」「ぬらりひょんの孫 千年魔京」「まりあ†ほりっく」「キャシャーン」


大正野球娘が再びBDで出るとは驚きですな。
[ 2013/11/27 00:00 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(3)

北米版「この中に1人、妹がいる!」Blu-Ray版


タイトル:この中に1人、妹がいる!
米 題:Nakaimo ~My Little Sister Is Among Them!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2013年10月15日
定       価:$69.98
収録時間:325m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
     ・オーディオコメンタリー
      EP01.鶴眞心乃枝(CV:石原夏織)帝野将悟(CV:櫻井孝宏)
      EP03.神凪 雅(CV:佐倉綾音)帝野将悟(CV:櫻井孝宏) 
      EP06.嵯峨良芽依 (CV:日高里菜)帝野将悟(CV:櫻井孝宏)
      EP08.国立凛香(CV:竹達彩奈)帝野将悟(CV:櫻井孝宏) 
      EP10.天導愛菜(CV:大亀あすか)帝野将悟(CV:櫻井孝宏)
      EP12.宝生柚璃奈(CV:小倉 唯)帝野将悟(CV:櫻井孝宏) 
     ・国産トレーラー映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「この中に1人、妹がいる!」Blu-Ray版。
12話+OVA1話の計13話を9,4のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり、EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

では画質など。
第1話。
Size: 4,877,070,336 bytes
Length: 0:25:42.541
Total Bitrate: 25.29 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 17489 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2051 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2096 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1710 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Subtitle: English / 4.023 kbps
Subtitle: English / 37.989 kbps
Subtitle: English / 88.645 kbps








sentaiらしいクッキリタイプ、ちょっとほかの作品よりノイジー感はあるかな。演出かもしれませんが。
あとバンディングも目立つかな。ちなみに規制なしでおっぱいちゃんと見えます!GOOD!
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ
世界的な大企業「帝野グループ」の社長を父親を持つ主人公「帝野将悟」は、父の残した帝野グループを継ぐための条件の一つ、父の母校である私立深流院学園に通い、そこで生涯の伴侶となる女性を探すことになる。個性的な女性たちと出会い、その絆を深めていく将悟だが、その中に一人父親の隠し子であり、将悟にとって妹に当たる人物が潜んでいるのである。将悟は妹を見つけ出し、そして生涯の伴侶を探すことができるのだろうか!こうご期待!!

という感じですかね。
はいっつーわけで、なかいもこと「この中に1人、妹がいる!」を鑑賞いたしました。昨今のアニメ業界ではありふれたしょーもない萌え系エロアニメかと思いきや、謎解き・・・・は言いすぎですが、事件に絡めてヒロイン達を掘り下げていく話や終盤の描写など他の萌えアニメにはない新鮮さがありましたな。もちろん萌えアニメにありがちなエロ描写も雑破業氏らしいぶっ飛んだエロを丁重にStudio五組が描いていますな。クオリティ高し。

さてそれではストーリーに沿って感想など。ネタバレありです。

大きく分かれて4つのストーリーがあるかと思いますね。

まずはメインヒロインでもある「鶴眞 心乃枝」と「神凪 雅」を中心とした話。
序盤はそれこそ萌えアニメらしくしょーもないエロ展開が満載なのですが、その中でも異彩を放っていたのがやはりヒロイン「鶴眞 心乃枝」かと思います。「私毎朝ここでシュークリーム食べるんです!」ってその時点でちょっとアレな女の子ですが、DNA鑑定をするから粘液ください!と頼んだらいきなりパンツを下げるむっつりスケベ。いいぞもっとやれ!まさにそんな感じの彼女でしたな(笑。一方、「神凪 雅」は主人公に対してちょっとツンツン気味・・・・ってもまぁ即効3人で川の字で寝てたりするわけですけど(笑。物語としては雅のお風呂場から主人公が昔好きだった特撮「グランベリオン」のボトルシャンプーが見つかり、妹は雅では?となるわけです。しかしもう一つのキーでもある携帯電話とボイスチェンジャーからこの騒動は心乃枝の悪戯が大騒ぎになってしまった。という感じで終わるわけですな。だが葬式の出来事は二人とも知らない・・・では一体妹とは?

さて第二章。
再びかかってきた妹からの電話。一番あやしいのは心乃枝だが、いくらなんでもあからさますぎる。では一体?この章で活躍するのは新たなヒロイン「嵯峨良 芽依」ですな。学生ながらも「いもうとカフェ」を営んでいたり、つらい過去を持つ少女です。主人公は彼女と出会い、絆を深めていくわけですが、その過程で彼女が心乃枝が持っていたボイスチェンジャー機能搭載の携帯電話と同じ物を持っていることを知るわけです。つまり第二の妹は彼女・・・・?しかし顛末はそこまで単純ではありませんでしたな。あえて見せて妹と認識させ、そのうえで自分は日本から去る。そうすれば本当の妹を、嵯峨良 芽依にとって親友を守ることができる。そう考えての行動なわけですなぁ。裏の裏を読む展開。なかなか面白いですな。



さて三章。
生徒会長「天導 愛菜」と副会長「国立 凜香」を中心とした話。っても生徒会長は変な動きしていたぐらいですかね(笑。理事の面々に呼ばれた主人公が彼らと学園で会談中に突然校内放送で流れた妹からのメッセージ。だがそれは妹として兄に対してのメッセージではなく、望まない結婚を強いられた彼女の理事に対してのけん制だった。という感じですな。で、彼女も流れでハーレムinと。わかりやすいね。んーーこの話も悪くなかったけど、個人的には生徒会長との別荘エピソードのほうがほしかったかなぁ。まぁストーリーの構成上難しいのかもしれませんがね。あと滋賀さんかわいかった。超タイプ(笑。

四章。最終章。
いよいよ妹が登場します。それは・・・「宝生 柚璃奈」。DNAの検査結果でも妹であることが判明されて一件落着・・・・なわけないですな。パーティーでこれまで頼っていた秘書の吏沙が裏切り者だと判明し、雅との仲を取り持っていた柚璃奈にも疑いの目を向けるわけです。そして・・・・、神凪 雅ですな。恋人同士というよりは仲の良い兄と妹といった感じの描写。・・・・・、今作品初の泣きがここで入りました。せつなすぎんだろ!オイ!!嵯峨良先輩の雅を見つめる温かい視線。で、兄と妹が出会うわけですな。本当に悩んで苦しんで、好きなだけど恋人にはなれない将悟のことを思って。いやーーーここら辺の描写なかなか良かったですなぁ。まぁ、その終わりは小姑エンドでしたねどね(笑。



はい。つーわけで、さらっとネタバレしまくりなわけですが、どんでん返しの展開も面白いし、エロ描写もかなりぶっ飛んでいました。まぁ柚璃奈がちょっとフェードアウト早すぎだし、生徒会長エピソードなしかよ・・・、というか、先生のエロがないんですけど!?という感じで不満点もありますが、まぁ、1クールですしね。なかなか面白いかと思いますぞ。かっとけ~。
[ 2013/11/17 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

北米版「カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~」Blu-Ray版


タイトル:カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~
米 題:Campione!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2013年10月15日
定       価:$69.98
収録時間:325m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~」Blu-Ray版。
全13話を9,4のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり、EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

では画質など。
第1話。
Size: 5,009,879,040 bytes
Length: 0:26:45.604
Total Bitrate: 24.96 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19042 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2146 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2162 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 1.969 kbps
Subtitle: English / 36.904 kbps









1080P
SENTAIらしいくっきり画質。暗い画面が結構多いのでバンディングや若干ノイジーに感じた場面もあったかな。
音声は英語音声もあります。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ

祖父の石版を返しにイタリアへやってきた主人公「草薙 護堂」は一人の少女「エリカ・ブランデッリ」と出会う。
そして神々の戦いを目にするのだが、その被害を抑えるために翻弄する少女に付き添い、彼もその石版の力により覚醒する。
神を倒しその力を手に入れ、王の中の王「カンピオーネ」としての日々が始まるのだった。

とまぁこんな感じ。

はいっつーわけで、カンピオーネ鑑賞いたしました。んーー、まぁ、なんというか、うん。

さてさて今作品の魅力。何と言っても第一話からクライマックスな展開が良かったと思いますね。神々とのバトルにいきなり首を突っ込むわけで、死を覚悟した戦いなわけです。ぶっちゃけ、主人公は石版構えてただけじゃんwwww。っていう気もしますけど、キスから始まるfateの固有結界のような演出など仰々しさMAXという感じでぶっちゃけ見ていてこっぱずかしい場面も多々ありました(学生時代なら燃えたのかも知れんが・・・)。とはいえ、新しく神となった主人公によるバトルシーンが見所の一つでもありますな。普通のバトルというより情報戦的な要素が強く、なかなか勉強になるかと思いますね。大量の剣による演出も壮快感があってよいかと思います。

そしてもう一つの魅力はやはりハーレム物であることでしょうね。
主人公のクラスに転入してきた!とかド定番な展開ばかりなのは問題ありですが、その彼女たちとの距離感はかなり近いです。というのも、敵を倒すために情報を得るのですが、書物で何十時間もかけるよりもキスをして相手の知識を得ることができるんです。だから他のヒロインともちゅっちゅしまくりなわけです。とはいえ、それ以上進むわけでもなく・・・・、まぁラストのキスシーンはかなりぶっ飛んでいましたけどね(笑。

ストーリーに関しては神となった主人公が4人のヒロインと神話を舞台にチュッチュしながら絆を深めていく。という感じです。
まぁ、それぞれのヒロインキャラクターの話を2,3話やって終わりという感じの、ヒロインを集めるだけの1クールという気もしないでもないかな。基本的にストーリーらしきものが進んだ感じはないからね。というか今作品の目的はなんなんだろ。全部の神を倒すとかかな。

さて不満点。
ていうかね、これら良い要素がすべて裏目裏目になるのが作画のしょぼさ、悪さに尽きると思います。原作の絵は温かみがあって好きなんだけど、アニメのキャラデザがいまいちなんだよね。アップ以外の描写がかなり崩れてる。今作品、神々の戦いという事で、上にも書いたけどほんと仰々しい台詞が目白押しなんです。だけどしょっぱい絵のキャラクターだから迫力がない。ぶっちゃけfateのおっさんたちの会話シーンとか思い出しちゃって滑稽に見えちゃうんだよね。それとキスシーン。結構濃いキスシーンなんだけど、作画がしょぼいから、昔のピンクパイナップルとかのエロアニメ見ているような気分になる(笑。



はい。つーわけで、まぁいろいろためになりましたね。ゆいかおりも良かったと思います。かっとけ~。
[ 2013/11/09 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)