物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2013年3月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

オス!
そんなわけで、今期アニメも折り返し地点を過ぎたわけで・・・・ラブライブ!、いいよね!!(笑。西田亜沙子さんのキャラデザが凄く良く、個人的にアイドルモードの時のまきちゃんがギャップイイ。一人で笑顔のレッスンしている姿とかみたいね。そして副会長。ぷにエロいね!!いやーーー同人誌が待たれますな!!!!!

つーわけで、2013年3月発売予定の北米版アニメDVD&Blu-rayで気になるタイトルをピックアップ!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします!!

3月5日。
・DVD
  モーレツ宇宙海賊2巻 -- $59.98
  さらい屋五葉 -- $39.99
  マリア様がみてる4期 -- $39.99
  るろうに剣心―明治剣客浪満譚― 新京都編 -- $29.98
  青い花 -- $39.99
  学園戦記ムリョウ -- $29.99
・Blu-Ray
  モーレツ宇宙海賊2巻 -- $69.98
  るろうに剣心―明治剣客浪満譚― 新京都編 -- $39.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  夏目友人帳参 -- $69.99

Amazonだと青い花は4月、マリア4期は翌週予定になっています。

3月12日。

・DVD
  輪るピングドラム2巻 -- $59.98
  ドラゴンボールZ改4巻 -- $49.98
  クイーンズブレイド1期2期 -- $74.99
  トライガン -- $39.98
  吸血姫 美夕 -- $59.98
・Blu-Ray
  輪るピングドラム2巻 -- $69.98
  ドラゴンボールZ改4巻 -- $54.98

トライガンってBD版はどうなったんでしょうな。

3月19日。

・DVD
  Fate/Stay Night -- $49.98
  新・破裏拳ポリマー -- $19.95
  真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ -- $24.95
  トリコ3巻 -- $39.98
・Blu-Ray
  Fate/Stay Night2巻 -- $69.98
  機動戦士ガンダムUC6巻(22日) -- $59.98

DVD版Fate/Stay NightはBDと違って1巻で全話収録。

3月26日。
・DVD
  アマガミSS+ -- $49.98
  屍姫 赫 -- $29.98
  ファイ・ブレイン 神のパズル1巻 -- $59.98
・Blu-Ray
  ファイ・ブレイン 神のパズル1巻 -- $69.98
  犬夜叉劇場版コレクション -- $29.99
・Blu-Ray/DVDコンボ
  灼目のシャナ3期1巻(限定版あり) -- $64.98/$69.98
  灼目のシャナ3期2巻 -- $64.98

シャナも無事完結ですな。GENEON撤退してどうなるかと思ったけど良かった良かった。

それと他の国では、
ドイツは「ブレイブ・ストーリー」「一騎当千 XTREME XECUTOR」「けんぷファー für die Liebe」。
イギリスは「コードギアス 反逆のルルーシュR2」。
イタリアは「コードギアス亡国のアキト」などがリリース予定です。

と3月はこんな感じですな。
購入予定は・・・「モーレツ宇宙海賊2巻」「夏目友人帳参」「輪るピングドラム2巻」「Fate/Stay Night2巻」「コードギアス 反逆のルルーシュR2」ぐらいかな。
sentaiばかりですなぁ。ファニもスケジュールまもって色々出して貰いたいものですな。

では4月予定も

DVDは「英國戀物語エマ 第二幕」「ヒャッコ」「ぬらりひょんの孫」「東京マグニチュード8.0」「妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)」「シャーマニックプリンセス」「テガミバチ」「とある科学の超電磁砲」「緋色の欠片」「あっちこっち」「間の楔」「銀河鉄道999」「薄桜鬼 雪華録」「心霊探偵 八雲」「ロザリオとバンパイア」「ロザリオとバンパイア CAPU2」「東のエデン」「機動警察パトレイバーOVA」「聖痕のクェイサーⅡ 」「スレヤーズ4期5期」

Blu-rayは「ぬらりひょんの孫」「東京マグニチュード8.0」「妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)」「緋色の欠片」「東のエデン」「機動警察パトレイバーOVA」「スレヤーズ4期5期」

DVD/Blu-rayコンボは「花咲くいろは」「Summer Wars」「FAIRY TAIL」



レールガンはDVDです。はぁ・・・。
[ 2013/02/26 00:00 ] 北米版発売予定 | TB(1) | CM(1)

雑記(タイバニなど)

今月買ったもの~。



・TIGER & BUNNY
Size: 5,508,907,008 bytes
Length: 0:24:16.329
Total Bitrate: 30.26 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 25004 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1711 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1711 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Subtitle: English / 34.828 kbps






強制字幕あり。残念。


・ガルパン2巻
コメンタリー2種、そしてOPEDあわせて20分の新作OVA。コレぐらいなきゃ国内版は買えませんな。
声優コメンタリーはいまいち、スタッフコメンタリーは良い、OVAは相変わらず早口ですな。
OVAは他校オンリー物とかも見てみたいですな。



・METAL GEAR RISING REVENGEANCE
シノギシステムがなかなか面白い。けど結構難しいね。
最近はディスオナードとかスリーピングドッグスとかFARCRY3みたいなのんびり系やってたのでバリバリのアクションはきついですな。

・デッドライジング2 オフ・ザ・レコード
1000円で売ってたんで買ってみたんだけど、結構面白かった。
ただゾンビのかみつき頻度とボスの硬さやハメ的な攻撃には苛つきましたな(笑。
そういえば∞モードないんですな。1は3連休の時とかリアルで食料買いだめして遊んだ覚えがあります。なんか1やりたくなってきたけど、XBOX処分しちゃったし、PCで高画質+ヌルヌルでやりたいなぁ。



・のんのんびより
アニメ化ですかーー。やすっぽいキャラデザにならなきゃいいけどなぁ。
相変わらず小鞠先輩が激かわいくて蛍とのカラミがよいです。

・これはゾンビですか?12
大先生がセクシーでイイ!!!女性として進化していくアユムにたいするセラの態度がやさしんだけど、これは・・・セラは・・・・女の子好きなんだろうか。・・・・アリだな。
しかしまぁ京子とか普通にいるのは違和感あるなぁ。

・ロウきゅーぶ! (12)
ぶっちゃけさここまで良い作品だとは思わなかった(笑。もうあの5人で完璧だし後はイチャコラしてお茶を濁すかと思ったらちゃんとメンバー増えて公式戦ですよ。そして、前巻もそうだったんだけど、成長がホントよく感じられる。特に愛莉だよね。今回も大活躍でしたな。いずれもっかんとスバルをかけてバトルでもするのかな(笑。2期アニメもゲームも非常に楽しみですな。

・六畳間の侵略者!? 12

ツイッターにも書いたけど、キャラのストーリーがどんどん進んで、敵についてもいろいろ見えてきて終わりを感じさせる展開ですなぁ。さみしいですな。とはいえ次はフォルトーゼなわけで、青騎士バレがくるのか?これまで以上に楽しみで仕方がありませんなーーーー。



・虚ノ少女
まだプレイしていません。
なんかプレイするのがもったいない気がして(笑。じっくり時間を作って遊びたいと思います。

・残虐さん
ようやっと発売。待っただけの作品になっていると思います。
ジト目+メガネの残虐さんが激可愛い!!

今月末はカグラが出ますな。久々にvitaを起動してみたけど、前回起動したのが6月だったwww。
もうちょっといろいろソフトだしてほしいねぇ。

[ 2013/02/25 00:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

北米版「神様ドォルズ」Blu-ray版


題 名:Kamisama Dolls
米 題:神様ドォルズ
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2013/02/19
定       価:$69.98
収録時間:325m
収録枚数:2枚
特   典:
○特典映像
   ・ショートアニメ(日本語音声+英語字幕)
    日々乃が水着でトレーニング-神様ダイエット
    ウタオトデート utao plus
    まひるのプライベートレッスン-お嬢様、もうやめて-
    詩緒がコスプレで撮影会
    詩緒が水着で東京案内(オイ!!)
    まひるが浴衣で花火大会
   ・国内プロモ映像
   ・国内コマーシャル映像
   ・ノンクレジットオープニング
   ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「神様ドォルズ」Blu-ray版。
全13話を9,4のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、各副題も日本語オリジナル、アバンあり、Cパートあり、次回予告あり。
各話終了後に英語テロップが流れるおなじみの仕様です。
焼きつき字幕や強制字幕はなし。
字幕はメニュー上からは消せませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

1話
Size: 4,918,093,824 bytes
Length: 0:25:24.523
Total Bitrate: 25.81 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19926 kbps / 1080i / 29.970 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2115 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2110 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 4.416 kbps
Subtitle: English / 29.315 kbps








1080i。
Sentaiらしいクッキリタイプでバンディングが目に付くタイプ。ちょっとチラついてる感じはあるかな。あとはコーミングノイズも荒ぶる玖吼理のシーンとか気になるかな。にしてもsentaiは今後このインタレース方式で行くつもりなんですかなぁ。
音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ

閉鎖的な「空守村」で神と崇められる「案山子」を操る「隻」の資格を持つ少女「枸雅 詩緒」が主人公。
かつて最強の隻と呼ばれていた兄「枸雅 匡平」が村を離れて、その役目を受け継いだ彼女だが、ある日、座敷牢に捉えられていた匡平の幼馴染でもある「枸雅 阿幾」が脱走する。阿幾を追うため、詩緒は案山子の玖吼理とともに村を出て、目的地でもある兄の元へと急ぐのだった。

とまぁこんな感じ。いや主人公は兄のほうだけどね。
つーわけで、神様ドォルズが無事発売されました。本放送は2011年7月-9月、国内リリースが2012年2月に終了、そして1年後、原作も無事終了し、このタイミングで北米版が発売されました。なかなかにくいタイミングの発売ですな。

さて今作品の魅力。ズバリ「喜怒哀楽の激しい詩緒ちゃん観察アニメ」だと思います。

兎にも角にも詩緒ちゃんが可愛い。
まず思い出すのは兄との再会シーンでのおめかし姿。全話見終わった後で思えば、あんなキリッとした詩緒ちゃんは新鮮ですな(笑。再会を果たし、乳女の喫茶店へと下宿する。そして兄と乳女とともに玖吼理の練習をする詩緒ちゃん。お昼のシーンでは乳女に嫉妬して「むーーっ」となっている姿が実に愛らしかったですね。喫茶店ではウエイトレスさんをすることになる詩緒ちゃん。詩緒ちゃんのメイド姿!!!!「ぜったいイヤーー!」とゴネる詩緒ちゃん。当然ながらドジっ子妹なわけで、まともに仕事もできずドジっ子の日々なわけです。かわいい!かわいい!!ケーキの試食でデブver詩緒ちゃんなどもありましたね。そして待ってました!!お風呂シーン。兄に見られるも無反応で「私も見られたんだけどー」と主張する詩緒ちゃん。僕もみたいです!!抱きつく兄と乳女「はーなーれーろー!ここもはなれろーーー!!」かわいい!!村での修行シーンでの股をきゅっとしめろ!で赤面する詩緒ちゃんかわいい!!姉としての心得を得ようとする詩緒ちゃん可愛い!!過去編のお掃除詩緒ちゃんかわいい!!・・・etc

とまぁ、詩緒ちゃんの激しい喜怒哀楽を見るアニメです。
以上。

・・・・。

えーーー。コホン。
当然ながらそれだけではないわけで、不思議な物体「案山子」を操るバトルシーンなんかもなかなか迫力があってよかったと思います。登場人物も篤史さん!、枸雅 阿幾、日向 まひる、空張 久羽子と頭のネジが吹っ飛んだサイコなグズ野郎ばかりで面白かったですな。まひる様が久羽子にスタンガンぶち当てるシーンとか「イェェェェエエア!!!」とおもいっきりガッツポーズとっちゃいました(笑。今作品はゲスなキャラクターが実に光っていましたな。

とはいえ、その本質は閉鎖的な村で認められるため、生きていくために身につけなければならないものだった。というまひるの発言はなかなかくるものがありましたね。アキは操るものが人間だから戦いの道具になると言い、詩緒は玖吼理は良い神様と言い人々を助けるために使いたいと願うわけです。案山子はなんのためにいるのか。そういえば・・・原作では復活させずに終わりましたね。玖吼理はそれを望んでいたとは言え、悲しいですな。

さて、個人的に詩緒ちゃん萌え以外で好きなのは、終盤の匡平覚醒ですね。最終話前半の覚醒はイマイチだけど、ラストCパートの原作版と同じ覚醒シーンはたまりませんな。でもさ・・・・、消える阿幾に対して「阿幾、俺はもう逃げない(キリッ」とした直後でしょ。思わず



「フハハハ!なじむ、実になじむぞ!!」
という台詞が聞こえてきそうなわっるーーい感じの出で立ちで、あれ?匡平あれ?ダークサイドに落ちちゃったの?って思っちゃいましたな(笑。一応台詞でフォローしてたけど、でも、個人的には最強の力を思う存分見せて欲しかった気がしますね。ここらも含めて非常に気になる終わり方なのがすっきりしないね。

詩緒の双子の弟「桐生」。
もっと色々悪役的な立ち位置でラスボス的な存在になるかと思ったんですけど、すんなりと和解して意外と素直でいい子ですよね。詩緒には素直じゃないけど、そこがまたいい!可愛い!いやさーー個人的にさーー、この作品1クールしかないし、ラストも投げっぱなしの終わり方じゃないですか。だったらもう和解した後は、共に住むことになってお兄ちゃんの取り合いをするようなコテコテなラブコメ・・・例えるならCAGEのナイショのよりみちみたいな展開+次回予告の時のような荒ぶる玖吼理がお兄ちゃんとの美味しいシーンを持ってくような(そもそも人格あるのかあれ?)四角関係コメディ物なんかが見たかった気がしますなぁ。せっかくの福圓さんなんだし笑わせてよ!!って思った(笑。



コホン。
えーー、いろいろ言いましたけど、いやーーー、詩緒ちゃん可愛かった。それで十分じゃない!
かっとけ~。
[ 2013/02/24 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(0)

北米版「Fate/Stay Night」Blu-ray版


題 名:Fate/Stay Night
米 題:Fate/Stay Night
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2013/01/29
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:2枚
特   典:
○特典映像
なし
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「Fate/Stay Night」Blu-ray版。
Blu-Ray版1巻は前半12話を8,4のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、各副題も日本語オリジナル、アバンあり、次回予告あり。
各話終了後に英語テロップが流れるおなじみの仕様です。
焼きつき字幕や強制字幕はなし。
字幕はメニュー上からは消せませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

1話
Size: 4,862,208,000 bytes
Length: 0:25:45.544
Total Bitrate: 25.17 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19360 kbps / 1080i / 29.970 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2092 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2074 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 3.278 kbps
Subtitle: English / 42.002 kbps








最近sentaiはやりの1080i。
sentaiらしいクッキリクリアタイプ。とはいえ全体的にノイズが多めでバンディングもきつく、召還シーンなんかはちょっときたならしく感じる。とはいえ、エンディングの草原描写など非常に美しい部分も多々あるので一概に糞とはいえないかな。iの弊害かコーミングノイズなんかも気になるかな。メリーさんよりはマシだったけど。
メニューはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースに2枚収納するタイプで、小冊子などはもちろんついていません。

あらすじ

数十年に一度、持ち主のあらゆる願いをかなえる「聖杯」をめぐり7人の魔術師達が
「使い魔・サーヴァント」を召喚し殺し合いを行う「聖杯戦争」という戦いがある。
主人公は過去、町で起きた謎の炎上事件の唯一の生存者でもある少年、衛宮士郎。
「聖杯戦争」のルールに従い殺し合いをするサーヴァントの姿を目撃してしまったことで命を狙われる士郎。その時、地上に浮かび上がった魔法陣から金色の髪に碧の眼、蒼い鎧を纏った英霊が現れる。

「―――問おう。貴方が、私のマスターか」

セイバーと呼ばれる英霊との出会い、衛宮士郎の「聖杯戦争」が始まるのであった。

感想は北米DVD版のレビューを参照してください。
http://mono2nk.blog102.fc2.com/blog-entry-34.html

はい。つーわけでfateTVシリーズが北米でもBDリリースされました。今作品は2006年12月に北米でDVD版がリリースされました。しかし販売元のGENEONが撤退し、全くの音沙汰なしの状態でした。しかしSentaiが引き継ぎ、今回のBDリリースとなったわけですな。しっかしDVDは6年も前なんですなぁ・・・・・・。はぁ。

さてさて本編。1巻は前半12話収録。
「女の子が戦うのは・・・etc」と口うるさい士郎くんがセイバーちゃんと出会い、バーサーカーちゃんにやられて、セイバーちゃんはコジローちゃんと戦い、ビルの屋上でライダーちゃんと戦う辺りまでを描いています。まぁあんまり見どころはないかな。わかめのグズっぷりぐらい。やっぱzeroや劇場版のクオリティと比べると貧素に見えてしまうね。まぁしょうがない。

それよりも、桜ちゃんについて語りたいと思います。
言うまでもなく可愛いです。桜ちゃんといえば濁り目!!という人もいると思いますが、やはり人間性を取り戻した・・・つつある姿のほうが危なげで儚げで神秘的です。主人公にとっては清楚で従順な下級生で、なによりもおっぱいが大きい。最強ですな。あとね、玄関先で靴を履くシーンの後ろ姿が素敵でした。今作品はスカートが長いのでおしりがより魅力的に映ると思うんですよ。うん。非常に良いおしりでした。

さて彼女の名場面は終盤にこそあるのですが、序盤では早朝にエミヤ家から出てきた凛に対して「血の匂い・・・」とつぶやくシーン。いや!うん。その血じゃないんだけどね!!(笑。またしても自分の居場所を奪おうとする姉に対していキリッとした目を向ける姿がなかなか勇ましかったですな。だが朝迎えにくる凛とかどんどん侵食されてしまうわけです。「どうして!」と涙目で言うシーンとか「クソッタレが、桜ちゃんの居場所を奪うんじゃねぇよ。桜ちゃんがどんどん壊れていくじゃねぇか!・・・・ゾクゾクすらぁ!!」という感じでしたな。終盤には士郎に対して「信用していますから」と釘をさしたりしているわけですが、まぁ、桜編は2巻ですな。



はい。つーわけで、久々に見ましたけど、やっぱ劇場版とかZEROを思い出しちゃってちょっとしょぼく感じちゃいました。とは言え見始めたら一気に見てしまうほど面白い作品ではあると思います。
2巻は3月発売予定。かっとけ~。
[ 2013/02/16 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)

北米版「夏目友人帳 1期&2期」DVD版


題 名:夏目友人帳
米 題:Natsume's Book of Friends
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/10/09
定       価:$69.99
収録時間:570m
収録枚数:計4枚
映像仕様:16:9
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
特   典:
○特典映像
    ・ノンクレジットオープニング1,2
    ・ノンクレジットエンディング1,2
    ・コマーシャル映像1,2
○特典
    ・フルカラーアートブック
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「夏目友人帳 1期&2期」DVD版。
1期13話を7,6のディスク2枚、2期13話を7,6のディスク2枚、計4枚収録。
OPEDは日本語テロップ、題名や副題なども日本語表記、アイキャッチ、次回予告も収録。
強制字幕や焼き付き字幕はなし。各ディスクの最後に英語テロップが流れる仕様です。
画質は平均ビットレートが6.2Mb/secの2層設計。
私は国内BDBOXを持っているんですが、それと比較すると・・・まぁ、DVDなので解像度分大画面で見るとチラツキますな。回想シーンとかはちょっとノイズが多めになるので気になるレベルです。とはいえ、最近の北米DVDはクリアにしてのっぺりと雰囲気を壊すケースもあるので、それと比べると良いと思いますね。

音声は日本語音声のみ。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、字幕選択、エキストラ。
特典としてフルカラーアートブック付き。ストーリーガイドやキャラクタースケッチなど。




パケはNISAおなじみのボックスサイズ。薄型ケース2枚とアートブックを収納する形になります。

あらすじ

普通の人には見えない物「妖怪」が見えてしまう少年「夏目貴志」が主人公。
自分と同じように妖怪を見ることが出来た祖母「夏目 レイコ」の遺品「友人帳」を譲り受けるのだが、それを狙い妖怪たちに追われるようになってしまう。そんな中、とある神社の結界を壊して現れた妖怪にゃんこ先生、もとい「斑」を用心棒とし、名前を返しながら祖母の歩いてきた道を辿る日々が始まるのだった。

とまぁ、こんな感じですかね。
はい。つーわけで、来月にはいよいよ北米でも3期がBLU-RAYにてリリースされます!ということで、えーーーー購入したのをすっかり忘れてたわけですが、国内BD持ってるなら吹き替えもない北米版買う意味なくね?というわけですが、えーーー、ないね。うん。んーーーなんで俺これ買ったんだっけか・・・(笑。

さて今作品の魅力。
なんといっても妖怪、そして山の主とか神様とか。そういう系統のアニメといえば、明るい感じのお祭り作品「かみちゅ」、人間と妖怪の一線を描いた「もっけ」、見立て演出の「巷説百物語」、ジャンプ物らしい「地獄先生ぬ~べ~」とか色々あります。今作品はどちらかといえば「もっけ」に近い感じかな。もっけが都会風であれば、こちらは田舎風の妖怪物語という感じが個人的にはしますね。まぁ、もっけも舞台は田舎ではあるんだけど、後半の都会編や妖怪と人間、そして人間同士の関係も含めたシビアな感じがいかにも殺伐とした都会に合っているというか。印象に残ってるんですよね。それに比べるとこの夏目はシビアな部分はもちろんあるんだけど、寂しい田舎で寂しい妖怪達との絆とかそういう温かい面、「田舎といえば温かい」という安直な発想だったりするんですけど、そういう部分が印象に残る作品でした。

さて1期2期の見どころを!
長くなるので簡潔に(笑。



個人的に1期で一番好きなエピソードは第2話の「露神の祠」かな。
寂れた祠の小さな守り神のもとに訪れる、たった一人の老婆。人に忘れられるたびにその力を弱めていった露神。切ないですなぁ・・・。「ぽぽたん」での廃村での村祭りエピソードとかちょっと思い出してしまいました。そして最後には夏目に感謝をして先に逝ってしまった老婆の後を追うように消えてしまうわけです。「今日はいい天気だなぁ。」「そうですね。」なかなかしびれる演出でした。

そうそう、3話の幼い夏目が公園で出会った女性とのエピソードも忘れられませんね。
変な行動ばかりする子供としていじめられた夏目を優しく癒してくれた一人の女性。だが彼女もまた妖怪で、裏切られたと傷ついた夏目は逃げ帰ってしまうのです。だが、今の自分と同じようにあの女性、妖怪も最初の一歩を勇気を出してさびしそうな夏目の力になってあげたいと声をかけたのではと思いを馳せるわけです。この妖怪との再会エピソードとかぜひやって欲しいですね。幼い頃木からぶら下がって意地悪してた妖怪とは再会シーンあったので、ぜひともこちらもやってほしいなぁ。

続いては燕の恩返し。「やさしいものは好きです!」人と妖怪が一緒に映る写真を見た夏目の涙が非常にグッと来ました。そしてちび狐。はぁ・・・・、夏目のキャラクターは本当に可愛いね。自分と同じように一人ぼっちだと思って夏目に再び会いに行こうとする子狐。この時手助けしてくれた変な妖怪が良かった。まぁ、会いに行って人間と妖怪は違うことを学んでこいとかそう言う意味もあるのかもしれませんな。あの変な妖怪カッコイイな(笑。だが「良かった。夏目は一人じゃないんだ・・・。」となるわけですよ。はぁーーー。胸が締め付けられる思いでした。勇気を出した子狐。夏目もまたこの小さな勇気を自分も持てていたらと思うわけですな。

あとは妖祓い人「名取 周一」の登場とか、女性化していく夏目といった笑える展開、そして今作品のヒロイン「藤原 塔子」がプンプンと怒っているシーンとか非常に新鮮でした。そして1期の締めはみんな集まってのお祭りでしたね。



続いて2期。
いきなり人間のことが好きな主様といった定番ネタで涙腺を狙い撃ちです。しかし今作品は短い人間の一生と長い妖怪の一生が何度もしつこいくらい繰り返されますな。そしてやはりどの話も別ればかりだよねぇ・・・。でもそんな中、にゃんこ先生は「これの傍らにいよう」と言うわけですよ!!!くぅーーーキュンキュンきたぁーーーー!!!(理科風)

2期で好きな話は4話「雛、孵る」かな。
鳥の卵だとおもったら妖怪の卵を拾ってしまう。にゃんこ先生大活躍の子育てシーンとかほんわか出来ましたけど、やはり別れがくるわけです。「一人なのは寂しくはなかったけど、悲しかった。でも、優しい人たちと出会って悲しくはなくなった。君もそうなってほしい」妖怪である以上、これから長い長い長い時間を生きることになる。この出会いが大切な思い出となってほしいものですなぁ。龍の恩返し。ベタ的な話だけど・・・はぁ・・いい話だわ。

そしてやはり第一ヒロイン(第一は塔子さんだろ!)「多軌 透」ですな。彼女の話に関してはこの後の家での話のほうが好きかな。友人がどんどん増えていく夏目。騒がしくなった気もするけど、それは大切な人と出会い、言葉に耳を澄ますようになったからかもしれない。しっかし、なんでこーこのアニメは毎回の締めがきゅんきゅんくるんでしょうか。不思議だ・・・。

えーー、その後は人魚話とか絵画の話とかありましたな。どちらも妖怪と人間の生きる速度の違いがキーになっていましたね。そして終盤には祖母の過去が大きく取り上げられます。そういえばほんとうに謎の人物ですよね。ようやっと話しとして出てきたという感じですな。そこに藤原家の話も加わり、非常に重要な1話になっていたと思います。そして終盤は的場一門がらみ。これに関してはこれから3期4期へのつなぎと言った感じですな。

終盤で欠かせないのは、いじめられていた少年との出会いでしょうな。人間と思っていた少年は実は少年の姿を保っていられるほど力の強い妖怪だった。退治にきた名取に問われます。人間側につくのか、妖怪側につくのか。夏目はその少年「カイ」が好きだった。人だとか妖怪だとかそういうことではなく、自分にとって大切な、心のまま素直に受け止めて生きて行きたい。そう決断を下すわけです。それに対してにゃんこ先生がめんどくさい奴と言いながらも「これでよかった。」といっていたのが印象的でした。



はい。つーわけで、ダラダラかいたけど書ききれないほど名場面がありました。
音楽も非常に素晴らしく、いくつもの場面を盛り上げてくれました。
はーーーこれから先5期とか展開してほしいし、やっぱレイコの過去とか凄い気になりますな。
北米版3期は来月、そして4期は夏ごろには出ると思われます。ぜひともかっとけ~。
[ 2013/02/10 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

北米版「バカとテストと召喚獣にっ!」DVD/Blu-ray版


題 名:バカとテストと召喚獣にっ!
米 題:Baka and Test Season 2
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2013/01/29
定       価:$69.98
収録時間:325m
収録枚数:計5枚
特   典:
○特典映像
    ・エピソード3,13コメンタリー(米スタッフ)
    ・バカとテストと召喚獣SPINOUT! それが僕らの日常。(日本語音声のみ)
   美女と野獣
   カラオケ編
   魔法秀吉ひでよしCM1,2
   魔法秀吉ひでよし
   Mission:Impossible:Baka
   葉月の家出
   異端審問会-秋葉編-
   お花見会
    ・プロモ映像
    ・コマーシャル映像
    ・USトレーラー映像
    ・ノンクレジットオープニング1
    ・ノンクレジットエンディング1,2,3
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「バカとテストと召喚獣にっ!」DVD/Blu-ray版。
1期、北米版「バカとテストと召喚獣」DVD/Blu-ray版のレビューはこちら

全13話をBlu-ray版は10,3のディスク2枚、DVD版は7,6の2枚に収録。残りDVD1枚は特典ディスクです。
OPEDテロップは英語表記、題名や副題などは日本語表記、アバン、アイキャッチ、次回予告、エンドカードなども収録されています。
焼き付き字幕や強制字幕はありませんでした。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1,2,4
・収録時間:325m
・収録枚数:3枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタルステレオ 192Kbps

1期と同じくDVDはリージョン2にも対応していますので、国内プレイヤーで見ることも出来ます。
DVDのビットレートは6.18Mb/Sec。若干ボケてますが悪く無いかと。

○Blu-Ray版
Size: 4,496,437,248 bytes
Length: 0:23:57.018
Total Bitrate: 25.03 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 17997 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2269 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -6dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 834 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -9dB)
Subtitle: English / 58.526 kbps
Subtitle: English / 4.223 kbps








HD作品。
作品のもつポップで明るい雰囲気がHDだと映えますね。良い画質だと思います。
明るい作品だし、バンディング等もあまり気にならなかったかな。
それと1期と同じようにアイキャッチなどの小テストの英訳はなし。ちょっとさみしいね。

音声は英語音声も収録されています。
メニューはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
映像特典は上記通り。なかなか豊富ですな。
パケ周りについてですが、通常のDVDケース2個に2枚、3枚収納されています。ライナノーツなどはなし。1期と同じくパケはリバーシブルで背表紙などもいい感じですね。



あわせで脱ぎそうな秀吉というセンス。悪くない。
で、1期は限定版通常版がありましたが、2期は限定版のみです。しばらくすれば通常版が出てくるとは思いますけど、なかなか悪くない箱なので欲しい人は早めに確保しておきましょう。

あらすじ

すべてが学力で決まる「文月学園高等部」。
成績毎にクラス分けをし、そこに目に見えるような優劣を付けくわえる。そこから抜け出すためにはクラス一丸となって学力を上げて、「試験召喚システム」という学力によって力の差が出る戦闘システムを使い、上位クラスへと勝負を挑む。勝てばその施設が自分たちのものに、そして負ければ環境が悪くなる。主人公はその学園で最下位のクラス「Fクラス」で、もっともバカと称される「観察処分者」である少年「吉井 明久」。仲間たちとともに彼らの戦争はまだまだ続くのであった。

とまぁ、こんな感じですかね。

つーわけで、2011年8月に1期が発売してはや1年半。ようやっと2期が発売されました。
感想としては1期が学園をベースにしていたのと比べると、2期は学園から飛び出して海水浴にお祭りに強化合宿に。1期の学園での召喚獣バトルに比べると、やや短篇集的な印象で腰が落ち着かない気はしたのですが、中盤から後半のキャラクターをぐっと掘り下げる過去話がなかなか良かったと思います。

キャラクター。
すでに1期がある作品なので、キャラや舞台紹介といった要素は簡潔。そして吉井の姉やしょっぱなから黒化している姫路さんなどキャラクターの持つ特性が序盤から出ていてダレることなく見始めることができます。個人的にはあの可愛らしい姿に愛らしい声でもっとゲスな台詞を言ってほしい気もします。Sっぽいの。ギャグアニメなんだしアリだと思うですよね!!まぁ、それは置いといて、上でも述べましたけどキャラの掘り下げが演出も含めて非常に良かったと思いますね。特にキスから始まる島田美波の過去編とかアニメだけでなく、現実世界での国民性の違い・・・なのかなぁ。そんな悶々した思いを持ちながら見ていたのですが、そんな中で天然キャラによる打算なしの行動力。いやーー吉井カッコイイと思ったんだけど・・・吉井だもんなぁ(笑。

お次は雄二と翔子のお互い未熟なふたりが一緒に成長する話。エンディングで雰囲気台無し(歌詞は良かった)だけど、バカテスらしくない真面目な話でしたな。そう、というか、バカテスってなんなのよ?と言われると返答に難しいですが、ギャグアニメで押してきているのに、1話丸々真面目な話。これまでのファンを絞るような展開というのもなかなか難しいもんですな。個人的にはアリだとは思いますけど、まぁ、国内売上見ると結構右肩下がりでしたな。

さてバカテスらしさ。
凝った演出にSDキャラクターが所狭しと暴れまわる。ぱにぽになんかを思い出す大沼心監督による演出は相変わらずでしたな。そして個人的には1期にも言いましたけど流れるようなギャグ描写が相変わらず素晴らしかったと思いますね。普通の台詞がだんだん美波批判になっていって関節決められて・・・といった様式美。いやぁーー、声優の演技が実に良いですな(笑。サブキャラたちも1期よりも味があってよかったと思います。工藤さん、久保くん、清水さんとか相変わらずで安心しました(笑。そしてやはり須川くん。ベン・トーの石岡君大好きな私としてはこの手のキャラはツボです。もうちょっと悪い意味で活躍してほしい気がするけどねー。



さて最後は秀吉。
んーーーーー、2期はいまいち印象が薄かったかな。1期もあまりメインという感じではないけど、あざといショットは1期のほうが多かった気もするんだよね。一応特典ではそれなりに補足してたけどアレは違うからなぁ・・・。というか、強化合宿もババァ落ちだし、特典もババァのパンツ落ちだったなwwww。俺としてはさーーーもっとこーーーーなんつーか、いちゃいちゃしたのが見たいんだよねぇ。ギャグで落ちてもそのフォローでほろっ出来るようなぽろっとさ(笑。

はい。つーわけで、OVAは今月発売予定。
・・・、まぁ、ファニのことだからコンプBOX出すだろうけど(笑、とりあえずかっとけ~。
[ 2013/02/09 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)

北米版「Blood-C」DVD/Blu-ray版


題 名:Blood-C
米 題:Blood-C
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2013/01/08
定       価:$64.99/$69.99
収録時間:300m
収録枚数:4枚
特   典:
○特典映像
    ・日本国内コマーシャル映像
    ・プロモ映像
    ・USトレーラー映像
    ・ノンクレジットオープニング1
    ・ノンクレジットエンディング1,2
    ・コメンタリー(米スタッフ、6,12話)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「Blood-C」DVD/Blu-ray版。
Blu-Ray版は全13話を8,4.の計2枚に収録。DVD版は6,6の2枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、副題も英語表記、次回予告あり。
焼きつき字幕はありませんが、日本語音声時、強制字幕ありです。
メニュー画面上には字幕選択画面がなく、英語音声時は字幕を表示することができません。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:300m
・収録枚数:2枚
・映像仕様:16:9
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1 448Kbps
      日本語 ドルピーデジタル 192Kbps
平均ビットレート6.95Mb/Sec。
バンディング、ボケ。

○BD版
1話
Size: 6,009,520,128 bytes
Length: 0:24:09.072
Total Bitrate: 33.18 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 25721 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2480 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -1dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 771 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -7dB)
Subtitle: English / 25.379 kbps
Subtitle: English / 5.001 kbps




バンディングが目に付く以外は特に問題はないかと。

音声は英語音声も収録。コメンタリーは米スタッフ、オーマイガーオーマイガー。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケについては限定版だと通常のBDケース2枚を収納するボックス付きです。
コンパクトでなかなか良いと思いますね。


あらすじ

父親大好きなドジっ子高校2年生「更衣 小夜」ちゃんが主人公。
今日も今日とてお隣の喫茶店「ギモーブ」で朝食を食べて学校へ向かいますが、その道すがらで出会ったわんこに心惹かれて今日も遅刻しちゃいそうです。
「今日はいい天気、空が広くて青くて広い~♪」のんきに鼻歌を歌いながら彼女の一日が始まるのだった。

とまぁ、こんな感じ。

はい。つーわけで、BLOOD-C鑑賞致しました。
本放送は見てません。グロいという話は聞いていたのですが、まぁ、実際見ていると最終話の肉ミキサーは確かにイケてましたけど、それほどでもない気がしますね。断面図ドアップみたいなのより、ロングショットでの描写が多かったからかもしれませんな。それより何より問題はお話ですな。うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、なんかエヴァっぽかった(笑。

前半はほんわか描写、そして後半は町(村?)に襲来する使徒「古きもの」とのバトルになります。はじめこそ化物と小夜のバトル物でしたが、やがてパン屋の主人といったサブキャラたち、そして名前のあるメインキャスト達がその犠牲となっていきます。学校での惨殺シーンとかが中盤の目玉でしたね。「私が守る!キリッ」とか言っておきながらいざ戦闘になったら「え?敵?・・・・つー頭いてぇー」と言った感じのなかなかのヘタレっぷりで、結果、みんな殺されるわけです。まぁ、この頭痛が物語のキーではあるんだけど、あまりにも都合よく頭痛くなるから仮病使って休む小学生かよ!とか思っちゃいましたな(笑。

その中で少しづつ記憶を取り戻していく小夜。
終盤の目玉というかラストのキャスト再登場しての「おめでとう」・・・いや、違いますな、これまでの物語はすべて嘘っぱちだったとわかるわけです。そして彼女の素性が知れるわけですな。倒した化物を喰らっていた彼女もまた人の形をした人ではないもの。この辺りのシーンは小夜ちゃんがあまりにもかわいそすぎるのか、こんなオチの作品を真剣に見続けた自分に嫌気が差したのか、なんとも煮え切らない気持になりました。ドリフのBGMが似合うような村人惨殺シーン、そして逃げ出す悪玉にやられる小夜ちゃん。だけどやられっぱなしの小夜ちゃんじゃないぜ!!!と立ち上がり、終わり。

えっ?ここで終わり?そんな感じです。
なんつーか、今回のストーリーのほとんどがいわゆる「茶番劇」。尺取り過ぎで、ラストのラストに一気に詰め込んで盛り上がるとおもいきや終わり。小夜ちゃんが復讐のため拳を振り上げて、私も「やったれーーーー!!」と思ったら、終わり。え?終わり?せっかく拳振り上げた小夜ちゃんも困惑気味でキョロキョロ周りを見始める始末。なんとも言えない空気の中、終わり。いやーーーないわーー。劇場版のためのつなぎなのかわからないけど、もうちょっと締めらしいものは欲しかったと思いますね。

はい。まぁいろいろ言ったけど戦闘シーンとか重々しさもあるし悪くない。あと終盤の父親とのやり取りは結構良かった。小夜ちゃんもかわいかった。それにCLAMPらしいテンプレキャラも良かったと思う。何より、この続きになるであろう劇場版?だか2期?、復讐劇のための重要な1期にはなったと思う。俺もいろんな意味で復讐したいと思ったし。うん。かっとけー。(笑
[ 2013/02/02 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(1)