物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2013年1月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

オス!
クリスマスです!!特に何もありません!!!

というわけで、2013年1月発売予定の北米版アニメDVD&Blu-rayできになるタイトルをピックアップ!!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします!!

1月1日。
・DVD
  マルドゥック・スクランブル 燃焼 -- $19.99
・Blu-Ray
  マルドゥック・スクランブル 燃焼 -- $39.98

よく知りません(笑。

1月8日。

・DVD
  モーレツ宇宙海賊1巻 -- $59.98
  十兵衛ちゃん -- $29.99
  マリア様がみてる3期 -- $29.99
  トリコ1巻 -- $39.98
・Blu-Ray
  モーレツ宇宙海賊1巻 -- $69.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  Blood-C -- $64.98/$69.98
  電波女と青春男 -- $69.99

Blood-CだけどRSだと8日、ほかだと22日予定です。

1月15日。
・DVD
  ペルソナ4 2巻 -- $59.98
・Blu-Ray
  Panty & Stocking with Garterbelt -- $69.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  バカとテストと召喚獣にっ! -- $69.98

パンストはコンボじゃないだけマシかな。同じDVD2個あってもしょうがないしね(T-T)。

1月22日。
・DVD
  最遊記外伝 -- $49.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  灼眼のシャナOVA -- $34.98
  灼眼のシャナ劇場版 -- $34.98

シャナは1期で見るのやめちゃったんだよな。

1月15日。

・DVD
  犬夜叉2~7巻 -- 各$24.98
・Blu-Ray
  Fate/Stay Night1巻 -- $69.98

fateはTV版です。

はい。今月はちょっとしょぼいかな。とは言え購入予定は「モーレツ宇宙海賊」「電波女と青春男」「バカとテストと召喚獣にっ!」「ペルソナ4」「Panty & Stocking with Garterbelt」「Fate/Stay Night」といった所。個人的にはモーレツが楽しみかなー。TV放映見てないし。

では2月予定も先取り。
DVDは「パパのいうことを聞きなさい!」「神様ドォルズ」「あの夏で待ってる」「Tiger & Bunny」「戦国乙女?桃色パラドックス?」「トリコ」「ふしぎ遊戯」「犬夜叉 完結編」「新 北斗の拳」「英國戀物語エマ」「テガミバチ」「聖痕のクェイサー」「キャシャーン Sins」
Blu-rayは「神様ドォルズ」「Tiger & Bunny」「戦国乙女?桃色パラドックス?」「キャシャーン Sins」「犬夜叉 完結編」
DVD/Blu-rayは「バカとテストと召喚獣OVA」


神様ドォルズが楽しみかな。パイコキはなぁ・・・パイコキよりも迷い・・ゲフンゲフン。なんでもないッス。
[ 2012/12/25 00:00 ] 北米版発売予定 | TB(1) | CM(4)

雑記(ピングドラムとか劇場版天地など)

ちょっと早いですが今月買ったもの~。
まずは北米BDの簡易レビュー。



・輪るピングドラム
1話
Size: 4,884,854,784 bytes
Length: 0:25:14.513
Total Bitrate: 25.80 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19926 kbps / 1080i / 29.970 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2107 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2095 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 6.519 kbps
Subtitle: English / 43.272 kbps






12話まで収録。
1080i。SENTAIらしいクッキリ画質。
メリーさんみたいなちらつきはないかな。

・劇場版 天地無用!

とりあえずin loveだけ
Size: 28,603,164,672 bytes
Length: 1:36:20.441
Total Bitrate: 39.59 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 29795 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2586 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2535 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps)
Subtitle: English / 29.509 kbps
Subtitle: English / 0.183 kbps






劇場版は国内BD持ってないので比較は出来ないんですけど、OVAと似たような感じですね。
いやーーー黒歴史ですなぁ(笑。

DVD
・聖痕のクェイサー1巻
12話まで収録。
なんでBDじゃないんだよ!!あとおまけも入れとけよ!!クソッ!!!
あ、もちろん修正なし版ッス。(○´ω`○)ゞエヘヘ

・銀河鉄道999TV版
1巻は38話まで収録。
発売元はボーボボ出したS'MORE ENTERTAINMENTだから心配してなかったんだけど、焼き付き字幕です。
ちょっとテンション下がるよね。

・ましろ色シンフォニー
12話+特典いろいろ。
みるさんいいよね。

・とある魔術の禁書目録
1巻2巻あわせて24話収録。
BDでほしかったね。パンストみたいに即効BD発売しなきゃいいけど(笑。


それ以外。



・Westone 4

ボーナス出たので買っちゃいました。2010年3月に3を購入してその良さに感動したんですけど、先月壊れてしまいました。で、代わりに安いイヤホン使ってたんだけど・・・、よく「高いイヤホン使うと安いのには戻れない」というけどあれほんとだね。なんか耳につまんてんのかな?と思うほど不快感がある。音ももちろんだけどこのシリーズは耳にすっぽり入るのが最高にいい。コンパクトだし。あと線が柔らかいのもポイントですな。



・ガールズ&パンツァー1巻
もともと水島作品は好きだし、コメンタリー2種、そして15分にも及ぶOVAの追加。となれば買わないわけにはいきませんな。コメンタリー、キャストはいまいちだったけど、スタッフはなかなかよかった。自動車部の持ち上げとサークルKの対応がちょっと笑ったwww。あとOVAはちょっと早口すぎるかな。もう少ししゃべりのペース落として20分ぐらいにしてほしいね。

・ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリート セット
正月休みに実家で見ようと思います。

・ダークナイト トリロジー ブルーレイBOX
正月休みに実家で見ようと思います。

・Toloveる
うーーーん。今回は本当にエロい。
でもDVDなんだよなー。国内版でも「DVDかよーー」なんて思いをするとはね(笑。

つーわけで、steam待機したいと思います!!(笑

・アレ
とりあえず序盤の共通ルート、そしてキャラ別本番前まで進めてみましたが・・・・。良く言えば様式美、悪く言えばまんねりな展開はやや飽きがきたかなぁ。まぁこれぞ!という部分ではあるんだけどね。ただ今回はシナリオが良・・・いや、前に比べればマシになってるかな。(マシっても良い意味でまともではないよ(笑))ただね、一つ言いたいのが未だにワイドも対応してなくてエフェクトもほとんどない紙芝居だってこと。「かみのゆ」みたいにやれって言うつもりはないけど、1万もするんだからもうちょっと手を加えて欲しいと思う。ただのCG鑑賞ゲームから卒業してほしいと思うね。なんにせよ以前のようなあっち系の色はもうないけど、独特なリアリティのあるティーンズ物という意味ではなかなかの一本だとは思います。

[ 2012/12/24 00:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

北米版「天地無用! 魎皇鬼」DVD/Blu-ray版


題 名:天地無用! 魎皇鬼
米 題:Tenchi Muyo: OVA Series
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/12/18
定       価:$69.98
収録時間:325m
収録枚数:5枚
特   典:
○特典映像
    ・「幸遠からじ 後日談」(日本語音声のみ+英語字幕)
    ・USトレーラー映像
○その他特典
    ・小冊子
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「天地無用! 魎皇鬼」DVD/Blu-ray版。
Blu-Ray版は1期7話、2期6話、それぞれディスク1枚づつ、計2枚に収録。
DVD版は5,5,3の3枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、各副題も日本語オリジナル、次回予告あり。
焼きつき字幕や強制字幕はなし。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:325m
・収録枚数:3枚
・映像仕様:4:3
・音声仕様:英語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
        日本語 ドルピーデジタル5.1 448Kbps
DVDも結構よいです。
回想シーンとかボケが入る場面だと解像度の低さも加わって悲惨ですが。

○BD版

BD版は国内版も持っているので比較してみます。

国内版Blu-ray1-4話

Size: 40,123,140,096 bytes
Length: 1:57:57.070
Total Bitrate: 45.36 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 36935 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 1476 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 640 kbps / DN -4dB)
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit
Audio: English / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit


北米版Blu-ray1-4話
Size: 24,674,764,800 bytes
Length: 1:57:59.822
Total Bitrate: 27.88 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21998 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 729 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -5dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 1431 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -5dB)
Subtitle: English / 29.405 kbps
Subtitle: English / 0.343 kbps



国内版

北米版


国内版

北米版


国内版

北米版


さて画質ですが、良いと思いますね。
古いフィルム作品なのでフィルムグレインとかが国内版は目立っていました。北米版はファニだしソフトノイズとかかけてくると思ったんですが、ボケはなく国内版と比べても遜色ない出来かと。んー北米版のほうが若干明るいかな。レート分深みがなくなりあっさりした感じはあるかな。年代物なので最近のと比べると見劣りしてチラついてるけど、この空気感・・・・、当時を思い出すなぁ(笑。

音声は英語音声も収録。OPEDの歌などは英語音声だと英語バージョンです。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のDVDが2個、それを収納するボックス付きです。
小冊子は14Pほどのアート集です。

あらすじ

岡山県に住む平凡で素朴な少年、「柾木天地」が主人公。
祖父の神社に封印されていた「魎呼」、魎呼を追って地球にやってきた樹雷星の皇女「阿重霞」と「砂沙美」、GP(ギャラクシーポリス)の警官であり偶然と天才と呼ばれる「美星」、そして魎子の母親でもありマッドサイエンティストの「鷲羽」。宇宙最強のメンツと共に生活するハーレムアニメ。

あと、関連作品の

天地無用!GXP
天地無用!魎皇鬼3期
更なる散財(天地無用blu-ray)

も参照してください。

はい。つーわけで、天地無用!OVA1期2期が無事発売されました!!
残念ながら3期は未収録ですが、まぁ、別に、残念でもないかな(笑。国内版にも入ってなかったしね。

さて今作品の魅力・・・・それは言うまでもなく圧倒的な「和」の雰囲気だと思います。
キャラクターデザインはともかくとして、木目が美しいメカニックデザイン、そしてそれらを大いに盛り上げる美しいBGM。そしてストーリー。個人的に改めて見て実に良かったのは3話「こんにちは! 魎皇鬼ちゃん」の阿重霞との描写ですな。雨の降る山小屋でのひとときというベタな話なんですけど、着物を一枚一枚たたむ阿重霞、そして「外は・・・外は寒いでしょう。」と微笑む阿重霞。「あの、その、だからその・・・、元気。元気を、出してください」とシンプルな台詞だが心のこもった台詞とBGMが場面を盛り上げてくれて、なんというか奥ゆかしさ、奥深さをしみじみと感じましたな。まぁ、その後の阿重霞は・・・あれはあれで良いんですけどね(笑。

戦闘シーンも実に熱い。
序盤の学校でのバトルシーンでバシュッ!という音とともに鞄を破って現れる天地剣。あとは終盤のvs神我人戦での両手を前に出して光鷹翼を具現化させるシーン。くぅうーーー。カッコイイね!ホント中二病だった学生時代良く真似しました!!レンタルビデオ店でのれんのかかったスペースに行く時、のれんを両手でくぐるときはいつもこのシーンを思い出して、勇気をもらったものですな。そういえばこの頃アニメも借りるの恥ずかしくて色々試行錯誤してた時でしたなぁ・・・どうしてこうなった(笑。

2期。2期は・・・、さらに設定というか奥深さが加わり、キャラクターの掘り下げが行われたという感じですかね。
ラスボスも小物だしいまいちぱっとしなかった気もしないでもないかな。(訪希深じゃなくてクレーのほうね)
訪希深関連は持ち越しという感じで物足りないといえば物足りないか。でもラストの王族集合はよかったと思う。

おまけ
大掃除してたら押入れの奥の奥の方からでてきたwww。



うわぁ・・・・。未使用品みたいにきれいだ(笑。
言わずもがな天地のDVDは糞画質なわけで、それをつめあわせて10万ですよ。
「全部入りのこれでok。」「これさえあればok」と思って当時10万も払って購入したんですけど、BD版が出たわけで・・・・。
うん。まぁ、ほら、文鎮かっこいいじゃん!!!!!(笑

はい。つーわけで、名作です。かっとけ~。



[ 2012/12/23 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(3)

北米版「Steins;Gate(シュタインズゲート)」DVD/Blu-ray版


題 名:STEINS;GATE(シュタインズゲート)
米 題:Steins;Gate DVD/Blu-ray
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/09/25,2012/12/18
定       価:1巻$69.98、2巻$64.98
収録時間:300m+300m
収録枚数:4枚+4枚
特   典:
○特典映像
    ・コメンタリーEP1,EP12,EP19,EP24(米スタッフ)
    ・ノンクレジットオープニング1,2
    ・ノンクレジットエンディング1,2
    ・秋葉原マップ
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全巻発売されたので、感想とか入れて再度掲載。

北米版「Steins;Gate(シュタインズゲート)」DVD/Blu-ray版。
Blu-Ray版1巻は前半12話を8,4のディスク2枚に収録、2巻は後半13話を9,4の2枚に収録。
DVD版1巻は6,6の2枚、2巻は7,6の2枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、題名は日本語オリジナル、各副題も日本語オリジナル、アバンあり、次回予告あり。
特殊エンドは日本語テロップ、ただ22話見たいなのは英語テロップ。あと次回予告は台詞がないんですな。
焼きつき字幕や強制字幕はなし。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:300m+300m
・収録枚数:4枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタル 192Kbps
        英語 ドルピーデジタル 192Kbps
暗い画面が多いのでちらつきが気になる。ボケはそれほどでもない。

○BD版
第1話
Size: 6,166,081,536 bytes
Length: 0:23:56.935
Total Bitrate: 34.33 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 24989 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 1985 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -4dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 695 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -7dB)
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 933 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -7dB)
Subtitle: English / 47.865 kbps
Subtitle: English / 14.064 kbps








HD作品。
TV放映時も思ったのですが、やはりバンディングが目につきますね。まあ気になるのはそれぐらいで、ファニにしてはクッキリしてて綺麗だし、暗い画面もボケが気になることはなかったですね。なかなか良好かと。2巻は1巻よりバンディングが目立ちましたね。まぁストーリー上そういうシーンが多めってのもあると思いますが、気になるレベルだとは思います。

音声は日本語音声と英語音声も収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースサイズに4枚収録、1巻にはこの後発売される2巻も収納出来る収納ボックスがついています。
ボックスのデザインはなかなか良いかと思いますね。

あと、Rightstufで予約購入すると今作品の重要どころで登場するピンバッチがついていました。



色はともかくとして、デカすぎです(笑。
まぁ向こうの人は大きいからこれぐらいが普通のサイズなのかもしれませんね。


あらすじ

大学生にもなって絶賛中二病中の「岡部 倫太郎」(別名:狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真)が主人公。幼馴染の「椎名 まゆり」と共に秋葉原のラジ館にて行われる講義を聞くために出かけるが、そこで彼は若くして天才的な才能を持つ少女「牧瀬 紅莉栖」の死を目撃する。彼は彼女の死を伝えるため、友人「橋田 至」へとメールを送るが、その刹那、世界に自分だけしかいない様な不思議な感覚にとらわれる。そして彼は見たのだった。ラジ館屋上に激突した物体、そしてついさっき送ったメールが届いたのは1週間前という事実を・・・・。

とまぁ、こんな感じかな。

はい。つーわけでシュタゲ見ました。
ゲーム版はプレイ済み。感想はこちらで。
いわゆるタイムトラベル、タイムリープ物。「今の記憶を持ったまま過去へ行けたら・・・」とか誰しもが一度は考えたりすると思います(笑。私も学生時代、NHKのラジオドラマでケン・グリムウッドの「リプレイ」という連続ドラマを聴いてこの手の物にハマり、小説、アニメをネタにいろいろと妄想したものですなぁ~。懐か恥ずかしい~(/∀\*)。

それはそれとして今作品、実にアクが強い作品だと思います。
まずは何よりもいい大人なのに中二病というイタさに加え、ネットスラング満載の会話劇。この手のネットスラングは文字としてはよく見るけど、実際しゃべる奴がいるというのにまず驚き。えっとこの道に入ってしまっていいんだろうか・・・そんな不安がアニメ視聴開始時には付きまといます(笑。とはいえ、この不安も物語が始まってしまえば些細な事だと思いますね。

↓ネタバレを含みます



まずこの1巻ですが、1話~12話まで収録されています。
衝撃的なスタート「さっき受けたはずの講演会がなくなっていた事」「死んだはずの紅莉栖が生きていたこと」「送ったはずのメールが1週間前に届いていたこと」そして「入れたはずのバナナが時間が戻ったかのように元の房に戻っていたこと」これらの出来事が序盤から怒涛のように押し寄せて来ます。休む暇がありません(笑。そしてそれは「タイム・トラベル」へとつながります。10年前に現れたはずの未来からやってきた人物「ジョンタイター」との対話、そしてこの謎を解析することの出来るパソコンIBN5100を手に入れいよいよ実験が開始されます。

宝くじを当てるために過去へメールを送るのですが、ここの描写が素晴らしかったですな。
姿形は全く同じだけど、世界線を越えた全く違う世界。何がどう変わるんだろう。ゾクゾクしっぱなしでした。しかしこの岡部という青年のメンタルの強さはなかなかのものですな(笑。元は同じとはいえ、もともといた岡部の記憶が上書きされる。大抵の作品だと世界を越えてある意味一人になった主人公が狼狽えたり発狂したりするものですが(笑、流石中二病岡部。フハハハハ!と一喝ですな(笑。

まぁ、それはそれとして、その結果を元に更に実験は続きます。
基本的に原作版のキャラ別のエピソードをなぞるような形で物語は進行していきます。
「桐生 萌郁」の携帯電話機種変をやめさせるため、「漆原 るか」をるか子へ、「フェイリス・ニャンニャン」の願いで秋葉を・・・、「阿万音 鈴羽」の父親の事。そして幾度と無く世界線を移動したことにより様々な影響が出てきます。手に入れたはずのIBN5100が消えてしまった事や何よりもあの秋葉原のインパクト。エンディングをかぶせてなんともにくい演出でしたな。さすがの岡部も真っ青になるわけで、わたし的にもゾクゾク度MAXでしたわ。

更に実験は続きます。
物理的に過去へ人間を送ることは無理だが、記憶だけは送ることが出来る。ついにここまで来てしまうのです。しかし、彼らはここで進むことを断念します。ヒューマン・イズ・デッドから謎の脅迫メールなど様々な出来事がありましたが、やはり、まゆりの事を考えて岡部は決断するわけです。しかし、だがしかし!!!突然現れた謎の集団によりまゆりは無残にも射殺されてしまうのです!!!・・・・、一番役に立たないから無残にも殺されたまゆり。原作読んでたし、アニメも一度見たけど、本当にあのシーンはヤバイね。誰よりも心優しくて皆を案じていたまゆりが簡単に殺されてしまう。

というわけで、引き続き2巻が発売され、早速鑑賞いたしました。

まゆりを死から救うため幾度となくタイムリープを繰り返す岡部。
TV放映では結構さくっと流しましたけど、ゲーム版だともっとじっくり、じわじわと攻めてきていたような気がしますな(笑。特に記憶に残っているのがまだずっと後のシーンだと思うけどサイクリングかな。そういえばアニメになかったですなぁ。

そんなボロボロの岡部を助けたのが、紅莉栖でした。
鈴羽が加わり、キーアイテムとなる「ダイバージェンスメーター」を手に入れ、メーターの値が1%になり、ベータ世界線へと超えることが出来ればまゆりを助けることが出来る事を知るわけです。そして消えてしまったIBN 5100を岡部に託すため、鈴羽はラボメンの協力の下、過去へと向かいます。父親との再会、希望を胸に過去へ飛ぶ鈴羽、しかし・・・・失敗してしまうわけです。ゲームの時も思ったけど、ここでダルがもうちょっとヤケになってほしかった気がするな。実感が薄いとはいえ自分の娘が「こんな人生無意味だった。」とか書き残して自殺してるんだし。

あの時、鈴羽を止めなければタイムマシンが故障することなく過去へいけた。岡部は以前送ったDメールをなかったコトにするため行動します。結果は変わらなかったが、変化するダイバージェンスメーターの値。そう、キーはこれまでDメールで改変してきた出来事を元に戻すこと。フェイリスが願ったのは「父親の死をなかった事に」るか子が願ったのは「愛する人のために性別を変えた事」・・・・、きつい描写が続きますね。フェイリスとかもう一度父親を死なせるってことですからな。このあたりで良かったのは(いや良くないんだけど)まゆりのデッドラインを調べるために協力する岡部と紅莉栖の描写かな。電話で伝えるシーンとかもう胸がはちきれんばかりになりますね。まゆりの描写も岡部にかまってもらえない寂しい感じがさーーー、もうつらいわ(笑。

そして次は・・・まゆりを殺害した「桐生 萌郁」のDメールです。いやーーー、ここの後藤さんの演技素晴らしかったですな。萌郁、そして萌郁を操っていたFBと出会い、IBN5100を無事手に入れることが出来る岡部。そして、そう、最後の最後、岡部が一番最初に送ったDメールが残っているわけです。それは紅莉栖が死んだ事を告げたDメール。それをもとに戻すということは、紅莉栖は死ぬということですな。これまでずーーーっと岡部と支えてきた紅莉栖、ラストのいちゃつくシーンとか最高に切なかった。駅前でのシーン実に良かったですな。そして岡部は1%を超えるわけです。

こうして物語は・・・・いや、エンディングの中、鈴羽からかかって来た電話から第三次世界大戦を防ぐため、そして紅莉栖を助けるために、過去の自分を騙すことになるわけですな。壮絶でした。これまで精神面でズタボロになってきた岡部が、今度はブスリと肉体的にもダメージを受けるわけです。もう、ボロボロですな。いやホントこの岡部、序盤ではただの中二病と思っていましたけど、いやはや凄い人物ですな。今の岡部もそうだけど、つらい過去を乗り越え力をつけた未来の岡部とのやり取り。いや、彼だけじゃなく、幾度と無くあるまゆりが死んだ世界線での岡部も必死に戦ったんでしょうな。そして、そして結末は・・・・、お買い求めください(笑。

それと25話。
コメディ風な描写があったりと、この終盤暗い雰囲気から一気に明るくなって良かったですな。でもやっぱりもうちょっと岡部と紅莉栖のイチャコラが見たかったな。



はい。つーわけで、正直あののっぺりした顔でだいぶげんなりしたんだけど、見始めちゃえばどんどん出てくる謎、そして収束していくストーリーにドハマリしてしまいますな。かっとけ~。
[ 2012/12/21 23:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(11)

北米版「レベルE」「空の軌跡」など



届いたので簡易レビュー。
DDは出荷から8日ほどで到着ですな。なかなか優秀。

・レベルE

1話
Size: 5,032,218,624 bytes
Length: 0:24:22.085
Total Bitrate: 27.53 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 20999 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 1671 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -2dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 96 kHz / 941 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -9dB)
Subtitle: English / 43.996 kbps
Subtitle: English / 5.488 kbps




強制字幕です。残念!!


・英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION

Size: 18,574,718,976 bytes
Length: 1:23:11.987
Total Bitrate: 29.77 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19793 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3954 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 4217 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 1.643 kbps
Subtitle: English / 30.076 kbps




画質なかなかいいけど、キャラがしょぼいな。
まぁ80分のOVAだしね。

あとこばと。も届いた。いつものSENTAI品質ですな。

そんなわけで、とりあえずレベルE見ようと思います。
[ 2012/12/16 00:00 ] 日記 | TB(1) | CM(1)

北米版「異国迷路のクロワーゼ」DVD版


題 名:異国迷路のクロワーゼ
米 題:Croisee in a Foreign Labyrinth
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/09/25
定       価:$49.98
収録時間:300m
収録枚数:計4枚
映像仕様:16:9
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
特   典:
○特典映像
    ・第4.5話(未放送)『音楽会 “Recital”』
    ・ピクチャードラマ
     「教えて!ユネちゃん」「赤ずきん湯音」「クロードの日本紀行」
     「はねつき」「湯音のお料理教室」「暴君ユネ」
    ・新規制作SD「湯音&アリス」スペシャル映像
     「コスチューム編」「建物探訪編」「名場面集」
     「ギャルリ編」「フラフープ編」「しゃっくり編」「ねこ編」
    ・ラジオドラマ1,2,3,4
    ・Club AT-X だぶるあ~る ギャラクシーリポートより
    ・日本語コマーシャル映像
    ・日本語プロモ映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
○その他特典
    ・サントラCD
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「異国迷路のクロワーゼ」DVD版。
12話+未放映エピソード1話の計13話を6,5,2のディスク3枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名や副題なども国内オリジナル、アバン、次回予告も収録されています。
焼き付き字幕や強制字幕はなし。
選択画面はありませんが、プレイヤー側で字幕オフに出来ます。

画質ですが平均ビットレートが6.3Mb/secの2層設計。
SENTAIらしいクリアな画質ですが、DVDなので解像度の低さからチラツキやジャギ、ノイズ感などが結構あります。改めてなんだけど、HDアニメになると序盤の広場で動きまわる人物描写とかDVDに落とした時かなり悲惨な状況になりますねぇ。まぁ、ファニのBDについてくるDVDよりかは全然良いとは思いますが、BDで出して欲しかったですな。
音声は日本語音声のみ。アバンのフランス語や挿入歌なども変わっていないと思います。



特典は上記通り。
未放映エピソードやピクチャードラマ、SD映像などもちゃんと収録されています。
当然ながら日本語音声+英語字幕(消せます)のみです。
そしてなんとサントラCDも付いてきます。曲目は以下のとおり。

01.あなたとともに
02.通り雨
03.まどろみの夕べ
04.心のすきま
05.異国のショーロ ~guiter ver.~
06.ほんわか
07.時の狭間で
08.異国のショーロ ~piano ver.~
09.迷路
10.レディのお楽しみ ~quartet ver.~

国内版にあった未収録CDをまとめたような形ですね。
出来れば歌が入っている物も欲しかったけど、まぁ、しょうがないですかね。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のDVDケースにディスク4枚収納するタイプです。



あらすじ

物語の舞台は19世紀フランス、パリ。
下町アーケード商店街「ギャルリ・ド・ロア」にある鉄工芸店「アンセーニュ・ド・ロア」で働くことになった日本からやってきた少女「湯音」の物語である。

はい。
つーわけで「異国迷路のクロワーゼ」鑑賞いたしました。
今作品の監督は「ARIA」や「カレイドスター」といった温かくて感動的な作品を得意とする佐藤順一氏。今作品でもその魅力は十二分に出ていたと思います。というか、ぶっちゃけ、ARIAは良かったんだけど、幻想的な描写とか未来の火星とかピンとこなくて少々眠くなることもあったり、カレイドスターは・・・、まぁ、ちょっち長すぎるというか(笑。今作品の舞台は世界名作劇場的な作品が得意とする19世紀ヨーロッパ、そして1クールと非常にコンパクト。しかしながら舞台と登場人物を絞り(ぶっちゃけ工房3とブランシュ家2+浮浪者1+ネコ)素晴らしい感動的なアニメーションに仕上げたと思いました。

では流れに沿って感想など。


↓ネタバレ↓


序盤は日本からフランスのパリへとやってきた湯音がパリでの日常に苦労する、まぁ必然的なベタなお話です。チーズ初体験でエッエッしちゃったり、コーヒー初体験でがんばったり。ところどころでSD化しちゃったりする湯音ちゃんが実に可愛かった。日本とパリの違いに苦労する湯音、そしてそれは異国の少女を迎え入れたアンセーニュ・ド・ロアの若き店主「クロード・クローデル」にとっても悩みの種であり苦労の元なわけです。しかし湯音のひたむきで真っ直ぐな姿に心を許し、また湯音も少しずつこの生活に慣れて行きます。

ここらへんで好きなエピソードは傘をさして音を楽しむ場面ですね。「日本人は音を楽しみます。」あーーー、わかる。外はゴーゴー風と雨の中、部屋のぬくぬくベッドでまどろむ幸せ。その音が激しければ激しいほど、このぬくぬく空間にいることの出来る幸せがどんどん大きくなります。「今頃電車止まって帰宅している人大変だろうなぁwwwww」とか。・・・・・・え?それ違うって?(笑。

さて本編では浮浪者に優しく接する湯音。しかし彼女の一言「あの子もこの街で居場所を探している。」この発言にはグサっと来ましたな。慣れていたようでも気苦労していた湯音。病気になってしまった湯音に対してクロードは家族という意味を改めて考え、実行に移すわけです。



ちゅって。

ハァーーーーン?????てんめーーーー!!何してんだこの杉崎鍵は!!!でも・・・でも湯音ちゃん元気になって良かった!!!元気になって本当に良かった!!!「この店におまえ以上に大切な物はない!」だって?・・・・、いや、流石フランス人といったところか(笑。・・・ゴホン。まぁ、そんなこんなでブルジョワ一家「ブランシュ家」の娘「アリス・ブランシュ」なんかも話に加わり湯音ちゃんの魅力120%アップで物語は先に進みます。

いろんなことに一喜一憂する湯音ちゃんですが、中盤の見所は湯音とアリスの姉「カミーユ・ブランシュ」との対峙シーンだと思います。幼い頃はクロードと親密な間柄だったが、成長するにつれその身分の違いから・・・・いや、クロードを守るために遠ざけるようになった彼女。そんな彼女に対して湯音はクロード様、クロード様、クロード様なわけです。そしてこれまでの温かい世界を一瞬にして凍らせるようなピシッ!とした発言をするカミーユ。私も思わず姿勢を正してしまいました(笑。沈黙が続く重い空気の中、湯音は、なんと笑っちゃうのです。クロード様のことをこういうふうに話が出来て嬉しいと。そう、それはカミーユにとっても同じ事なんだろうね。あのピシっとした空気から一気に和やかになる二人の描写。二人で「幼い頃のクロードは・・」とか「いまのクロード様は・・」とか仲良く話してるのかな。いいねーこういうの。

物語は続きます。終盤はそれぞれの家族の話。
姉の目が見えなくなってしまったのは自分をせいとせめ続ける湯音。そしてここに来てロリコン親父「オスカー・クローデル」大活躍でしたね。美しいBGMが凝り固まった湯音の心をゆっくりと溶かしていくような、なんとも温かい描写に、今作品、初の、「泣き」が入りました!!!!いやーーー参った。あのシーンは本当に涙腺に来る。わかってるんだよ。お姉ちゃんが湯音のせいにしてないてないことぐらい。それをどう伝えるのか。おっさん、本当に大活躍でしたなぁ。いやーーー本当に良いシーンでした。



そしてラスト、最終話。
これまでとは違い、町の人々との温かいやり取りが初めて出てきましたね。序盤、一人で店番をしていたシーンを思い出して、ちょっとうるうるしてしまいました(笑。クロードの手袋の話もなかなか良かったと思います。小さな家族が一つ大きな家族になった。最後の湯音の笑顔が実に素晴らしかったと思います。

さて4.5話、神回について。ぶっちゃけ最終回でも良かったと思えるほどの出来でした。
ストーリーはギターで日本の曲を弾きながら旅をしている自由奔放な少女「アンヌ」がギャルリ・ド・ロアに着たことから始まります。この話の見所は実に豊富で、縁があったアンヌと湯音、遠くはなれて暮らす湯音と姉、クロードと湯音の関係など美しい挿入歌に合わせるように進んでいくストーリーが魅力なんですけど、個人的に見所は自由なアンヌとそうでないカミーユのやり取りですかね。

結ばれない別れがあったからこそ、今、こうして出会えた事に対し、カミーユは「海が二人を隔てたとしても来ればよかったのに。」と言うわけです。それに対しアンヌは「結ばれない事は昔からある事、それよりも自由に、好きな街で好きな歌を歌って結ばれるなら。愛する人と。」と言うわけです。そして、「それは結構ね。」と微笑むカミーユ。

この話は4.5話。湯音とカミーユが分かり合う前の話になります。
いつも営業スマイル的な優しい笑顔で「アリスちゃんがアリスちゃんが」と他人の事ばかり気にしているカミーユが初めて自分の意見を示すわけです。後悔?懺悔?これまで彼女は政略結婚のコマになることなど否定していなかっただけに、あのシーンでのあの発言は本心なのかな・・・。とか思いました。それに対してアンヌは上記のような発言をするわけです。これってどういう事なんでしょうな。身分の問題などどうしようもないことはある。それよりもそれぞれ地で、それぞれの愛し方を持ち続ければ良い。そんな感じなのかな。良いとは違うか。そういうのもあるんじゃないのという感じかな。



カミーユはどんな決着をつけるんでしょうね。少なくともこの少女との出会は彼女の歩く道に影響を・・・いや、足元を照らすランプ程度かもしれませんが、彼女の誰にも話せなかった思いに、一石が投じられたんじゃないかなと思いますね。そしてこの後に湯音とぶつかり合うわけです。クロードがカミーユとの関係に「相手のことも考えないとな」的な事を言っていました。もう一度お互いの立場を見なおして考えることが大切なのかもしれませんね。たとえそれが悲しい結末でも、お互いが納得し、それぞれの場所で、それぞれの愛を、愛し方を見つけることが出来るように。
この話のBGMとして流れていた「遠く君へ」。実にいい歌でしたね。「山よ そこに いておくれ かわらず君に 見えるように。」なかなか良い一文かと思います。さとじゅん氏の「たからもの」も実に良かった。

はいー。
つーわけで、長々書きましたけど、本当に良いアニメでした。
湯音ちゃん&アリスの激プリチーでコメディ的な楽しさはもちろんだけど、19世紀フランスと言う舞台でカミーユという少女がどういう決断を下すのか。個人的にはこれが一番気になりますな。まぁ、ぶっちゃけこの1クールは湯音が町の一員になりました!ってだけで、この後、姉の件(ある日ギャルリに一枚の訃報を知らせる手紙が・・とかやめてね!!)、そもそもギャルリ自体がどうなっていくのか、そしてカミーユは何事もなかったかのように政略結婚をするのかとか、続きが気になりますね。ぜひともアニメ2期が見たいですなぁ。そのためにも、北米版はお安いのでぜひともかっとけ~ということで締めたいと思います。



[ 2012/12/15 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(4)

北米版「ブラックラグーン-BLACK LAGOON-」DVD/Blu-ray版


題 名:ブラック・ラグーン
米 題:Black Lagoon
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/12/04
定       価:$54.98
収録時間:600m
収録枚数:計7枚
特   典:
○特典映像
    ・米スタッフインタビュー(英語)
    ・CDコマーシャル映像
    ・2期プロモーション映像(日本語+英語字幕)
    ・プロモ映像1,2
    ・日本版オープニング1期2期
    ・ノンクレジットエンディング通常、15話、24話
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ブラックラグーン-BLACK LAGOON-」DVD/Blu-ray版。
Blu-Ray版は1期2期24話を8,8,8のディスク3枚。
DVD版は7,7,6,4のディスク4枚。
OPEDテロップは英語表記、副題等も国内オリジナル、次回予告あり。
焼きつき字幕や強制字幕はありませんでした。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:600m
・収録枚数:4枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  384Kbps
        英語 DTS5.1 754Kbps
        日本語 ドルピーデジタル 192Kbps


解像度低いんでそれなりにざらついてます。

○BD版

第1話
Size: 3,061,966,848 bytes
Length: 0:23:28.532
Total Bitrate: 17.39 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 12169 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 2234 kbps / 16-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 768 kbps / 16-bit / DN -6dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 776 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -7dB)
Subtitle: English / 48.780 kbps
Subtitle: English / 2.613 kbps








レートはかなり低めですが、変にボケが入ることもなくクッキリタイプで良画質です。
暗いシーン多いからバンディングは結構目に付くけど、ガングレイブみたいに空気感を壊すほどではないかな。

Geneon版北米DVDとの比較。


北米DVD

北米Blu-ray


北米DVD

北米Blu-ray

その他比較などはこちらを参照してみてください。
[US] Black Lagoon: Seasons 1 & 2
DVDと比較すると明るくなってるね。DVDも結構画質がよかったのでそれほど感動はないかな。
まぁちょっとバンディングは何とかしてもらいたいけど、価格加味すれば十分かな。

音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは一回り大きいBDケースに7枚収納。さらに紙スレーブついてるけど、なんで高さがあるんだろ(笑。
ゴミ箱いきですな。


あらすじ


あらすじや感想などは、

北米版 BLACK LAGOON
北米版 BLACK LAGOON The Second Barrage

を参照してください。
というわけで、延期したブラックラグーンも無事発売されました。
Geneon版の鉄板ケースのような豪華さがないのは寂しいですが、まぁしょーがないですかね。



次はOVA、ぜひとも発売してもらうためにかっとけ~。
[ 2012/12/09 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(3)

北米版「機動戦艦ナデシコ」DVD版


題 名:機動戦艦ナデシコ
米 題:Martian Successor Nadesico
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/09/04
定       価:$59.99
収録時間:740m
収録枚数:計7枚
映像仕様:4:3,16:9
音声仕様:英語   ドルピーデジタルステレオ  192Kbps(TV)
          日本語 ドルピーデジタル5.1                 448Kbps(TV)
          日本語 ドルピーデジタルステレオ        192Kbps(TV)
          英語  ドルピーデジタル5.1                  448Kbps(映画)
          日本語 ドルピーデジタル5.1                 448Kbps(映画)
          日本語 ドルピーデジタルステレオ        192Kbps(OVA)
特   典:
○特典映像
    ・ノンクレジットオープニング(TV)
    ・ノンクレジットエンディング(TV)
    ・YUMI MATSUZAWA ミュージックビデオ2種
    ・機動戦艦ナデシコ 特別先行編 Belle Equipeへようこそ(日本語+英語字幕)
    ・機動戦艦ナデシコ それから(日本語+英語字幕)
    ・TV放映宣伝映像
    ・CD宣伝映像、先行ビデオ宣伝映像、ビデオLD宣伝映像など
    ・キャストインタビュー映像(日本語音声+英語字幕)
   ミスマル・ユリカ:桑島法子
   ダイゴウジ・ガイ:関智一
   メグミ・レイナード:高野直子
   ホシノ・ルリ:南央美
   ハルカ・ミナト:岡本麻弥
   スバル・リョーコ:横山智佐
   テンカワ・アキト:うえだゆうじ
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「機動戦艦ナデシコ」DVD版。
TVシリーズ26話を5,5,5,6,5のディスク5枚に。劇場版を1枚、そしてOVAを1枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名や副題なども国内オリジナル、アバン、次回予告も収録されています。
焼き付き字幕や強制字幕はなし。
2000年に発売された単品には焼き付きがあったようですが、2004年に発売された廉価版ではなくなっていました。しかしOPEDテロップが英語表記だったものが今回、2012年ボックスでは全て日本語オリジナル表記となりました。今回のボックスでも各話終了後に英語テロップが流れる仕様になっています。

画質についてですが、TV版は平均ビットレートが7.20Mb/sec、劇場版は7.21Mb/sec、OVAは6.52Mb/sec。
2004年度廉価版と比較すると色合いが自然なものになり、ボケや色にじみなどは軽減され、クリアな画質になっています。とはいえ全体的にノイジーでザラついた仕上がりかな。TV版よりも劇場版の方がかなりよくなっています。


2004年ADV Films版

2012年Nozomi/RightStuf版


2004年ADV Films版

2012年Nozomi/RightStuf版


2004年ADV Films版

2012年Nozomi/RightStuf版


2003年ADV Films版

2012年Nozomi/RightStuf版


2003年ADV Films版

2012年Nozomi/RightStuf版

旧版と比べると色合いがぜんぜん違いますな(笑。あんなにどぎついの何度も見てたんだなぁ(笑。

メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
エキストラはなかなか豊富。いやーーーーーーーーーーーーー、みんな若いね(笑。
新鮮ですわwwwww。
パケは2枚収納タイプのThinpack4枚を収納できるボックス付きです。
なおRSで購入すると上記のようなマグネットがついてました。使い道は微妙ですな。


あらすじ

あらすじや感想などは

北米DVD 機動戦艦ナデシコ ADV Films版
北米DVD 機動戦艦ナデシコ The Prince of darkness 劇場版  ADV Films版

を参照してください。

はい。つーわけで、ようやっとRS版ナデシコ鑑賞いたしました。
今作品は2年に1度くらいのペースで見直しているほど好きな作品なのですが、改めて見直すと・・・いやぁー面白いですな。

今作品の魅力はキャラクターとストーリー、そしてこれまでのアニメにはなかったような、メタ的というか、大抵の作品の場合ベースがあってそれを壊さないように喜怒哀楽ストーリーが進みます。今作品はまずベースがわからない。(笑



機動戦艦ナデシコ。なるほど戦艦物ですな、渋目の艦長とかが・・・とおもいきや、登場した艦長は実にアレなミスマル・ユリカ(いやー桑島さん声が若々しい(笑))。主人公と思える少年はコック志望、熱い男ダイゴウジ・ガイなどが登場し「なるほどコメディ物なんだな。」と思っていたら、あっけなく死ぬダイゴウジ・ガイ。まさに「へ?」って感じでしたな。あの空気感で死ぬの?え?来週どういう風になるの?まさにそんな心境でした。

そしてシリアスな描写が続きます。ユリカが火星で下した決断。それはたくさんの命を奪う決断。老提督の最後などシリアスな見せ場盛りだくさんでした。「いよいよここからだな。心を入れ替えて・・・」と思っていたら、なぜなにナデシコー!みんなーーーあつまれーーー!!・・・・・、ん?。それ以降も世界のお葬式描写とか「一日艦長」をかけた女たちの戦いなど、実にバラエティに富んでいましたな。

そしてそんな中に現れる敵。それは重度のアニヲタ集団なわけですが。しかし和平のために力を尽くしていた白鳥九十九の死など実にシリアスな展開でしたね。笑いとシリアス。それが交互混ざって襲ってくる今作品の締めは・・・・そう感動でした。個人的には何度見ても泣いてしまうアイちゃんとの再会シーン。はぁ・・・素晴らしいね。ホント何度見てもうるうるしてしまいます(笑。

あ、そうそう。メタといえば次回予告とかものすごいハイテンションでしたな。そしてそれに続く出だしはルリルリの染み入るような語り。あとはやっぱりゲキガンガーのクオリティーですな(笑。こういうギャップが新鮮だった記憶がありますな。

次は劇場版。
アニメ版と比べるとと雰囲気はシリアス感で統一されていましたね。
見所は言うまでもなく成長したルリルリであり、「特に味覚がね、だめなんだよ。」のシーン。
そしてラストの目覚めるユリカ。以前も書いたけど、この続きが見たいよね。
はーーーー。なんともならんのかね。あと空白の3年を映像化してほしいなーー。



つーわけで、コンプリートボックスとして恥じない仕上がりだと思います。
ぜひとも購入しておきましょう。かっとけ~。
[ 2012/12/08 00:00 ] 北米版レビュー | TB(54) | CM(4)

雑記(serial experiments lainとか)

今月というか先月ですが買ったものの簡易レビュー。



・serial experiments lain

1話
Size: 4,967,952,384 bytes
Length: 0:23:56.935
Total Bitrate: 27.66 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 22419 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 617 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 614 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -1dB)
Subtitle: English / 12.752 kbps
Subtitle: English / 3.032 kbps






クリアでボケやノイジー感も喰霊-零-と比べるとなく悪くないと思う。というか年代考えるとかなりがんばったとは思う。ただ、暗いシーンでの街頭とか幻想的なシーンとかでバンディングがクッキリ過ぎて雰囲気が崩れる。
んーーー、あとさパケのつくりもちょっと。



いや、北米版だからね。この品質もわかるよ。
ただ、これが$50程度ならともかく、$90もしてこれはないんじゃないかなと思う。
あとアートブックは日本語だね。



とりあえず見始めてますけど、はーーそれにしても最初の頃のレインはかわいいなー。





・大神

インスコしかしてません。

・アサシンクリード3
ようやっと本編キャラ?に切り替わった所

いやーというか、テイルズも未だに封切ってないし、ダークソウルもプレイできず。
というのも「ボーダーランズ2」、これがヤバイ。



ヤバイ。
100時間越えたのなんて久しぶりですわ。とか言ってたら200時間まであと少し。しかもさこれだけやっても未だに1キャラしか育ててないっての。COOPもそうなんだけど、いわゆるレア物集めにはまってしまってこの有様ですわ。でもさすがにもうやめます。だって今後レベル上限が増えたら今の武器全部ゴミになるし(笑。

後は先月末はセールセールセールでしたね。
アニメはもちろんだけどゲームもかなり安かった。GGで買ったマックスペイン3とか$12で買えたのが今回一番良かったかな。RSではまだセール中だし、グリーンマンデー、年末にもsteamでセールですな。いやはや。楽しみですな。
[ 2012/12/02 00:00 ] 日記 | TB(1) | CM(0)

北米版「HELLSING OVA」DVD/Blu-ray版


題 名:HELLSING OVA
米 題:Hellsing Ultimate
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/10/30,2012/11/13
定       価:各$59.98,$69.98
収録時間:180m+180m
収録枚数:計10枚
特   典:
○特典映像
    ・コメンタリー全話(米スタッフ)
    1巻
    ・インタビュー5種類(米スタッフ)
    ・Anime EXPO 2007 映像2種類(米スタッフ)
    ・プロモ映像7種類
    ・ノンクレジットエンディング4種類
    ・日本TVコマーシャル4種類
    ・カラオケ?(「諸君 私は戦争が好きだ」のシーンをコレで練習しよう!ボリューム変更可能!!)
    ・usトレーラー映像
    2巻
    ・TV版の紹介(米スタッフ&TV版映像)
    ・ANIME VEGAS 2010映像
    ・THE DAWN(日本語音声+英語字幕、9分)
    ・ノンクレジットエンディング4種類
    ・米声優による座談会
    ・FQAコーナー(英文+米スタッフ)
    ・usトレーラー映像
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「HELLSING OVA」DVD/Blu-ray版。
1巻は1話~4話をDVD版は2,2の2枚、Blu-ray版は1枚に収録。
2巻も5話~8話をDVD版は2,2の2枚、Blu-ray版は1枚に収録。
EDクレジットは英語表記、アバンあり、次回予告あり。
焼き付き字幕や強制字幕などはありませんでした。

仕様は以下のとおり。

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:180m+180m
・収録枚数:6枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語  ドルピーデジタル5.1 448Kbps
         英語 DTS5.1 754Kbps
         日本語 ドルピーデジタルステレオ 448Kbps

ファニのDVDにしては良い。ちらつきがあるぐらいかな。
あとBD版はDTSだけどDVD版はDD5.1仕様ですな。

○Blu-Ray版

1話
Size: 10,343,940,096 bytes
Length: 0:50:19.015
Total Bitrate: 27.41 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 20988 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 2052 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 768 kbps / 24-bit / DN -6dB)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 2104 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 768 kbps / 24-bit / DN -2dB)
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 635 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 256 kbps / 16-bit)
Subtitle: English / 28.125 kbps
Subtitle: English / 0.000 kbps








国内版見たことない上での感想ですが、見始めた時はファニらしいソフトノイズがちょっと気になったかな。演出という気もしないわけでもないけど。個人的に2巻のほうがクッキリしてて良い気がしますね。OVAだから発売時期で多少差があるのかな。バンディングも1巻で多少あったぐらいかな。

音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
エキストラですが、基本的に特典は別ディスクに収録されています。本編ディスクとは別にDVD1枚、Blu-ray1枚余計についているということです。仏版fateのようにDVDだけに特典収録してBDにはなしというようなこともありませんな。
特典といえば少佐のカラオケがなかなか面白い試みかと。わざわざボリュームの違う音声を用意して、少佐の演説シーンを英語で練習してみよう!!という感じ の試み(笑。あと6話エンディングの4コマっぽい部分のセリフが英語だったけど、これはオリジナルもそうなのかな。差し替えたようには見えなかったです な。

パケ周りはちょっとサイズの太い通常のBDケースに5枚づつ収納するタイプです。2巻は$10高いのですが、これは1巻も収納出来るボックス付です。しかし・・・そう、結局1,2巻、8話しかこのボックスには収納できません。全10話らしいので、残り2話はどーするんでしょうな(笑。


あらすじ

あらすじや感想は
北米版DVD ヘルシングTV
北米版DVD ヘルシングOVA

を参照してください。

つーわけで、ヘルシングOVAを改めてBDにて鑑賞いたしました。

今作品の魅力。それは言うまでもなく男の子なら誰しもが持っている中二心をグサグサと刺激する展開、そして独特な映像美でしょうか。圧倒的な強さを誇る吸血鬼アーカード。ただでさえ強いのにバレンタイン兄弟戦での「拘束制御術式開放・・・」どんだけ底があるんだよwwwww。そして終盤では優雅にイギリスに到着して、fatezeroの王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)を彷彿とさせる・・・、いやまさに真逆、食らった者どもを大量に放出させて軍勢を作るwwwww。カッコイイとかそう言うレベルじゃないですな。これから食われるであろう一市民と同じようにポカーンと見てしまいました(笑。いやーーー、しびれる。非常に臭くはあるんだけど、それらをきっちりと映像作品として仕上げるスタッフの技量も流石だと思いますね。

そしてそれに対する敵もまた素晴らしい。
数々の名言、基本的に信者以外は殺せヒャッハーーー!なのがわかりやすくていいね(笑。OVAだから出来るであろうグロ描写も容赦なくそのテンションの高さを維持できていたと思います。とにかく双方全力でぶつかり合い砕け散る様が実に爽快でしたね。個人的に一番良かったのはゾーリン・ブリッツ中尉ですな。あのシーンの絶望感みたいなのは凄まじかったです。もうこの辺だと傭兵団の絆みたいなのでちょっと心がほっこりしてたんですよ。で、敵が攻撃を仕掛けてくるわけで、一体どんな技でくるのか!と思ったら巨大化wwwwwwwwwwwwwww。いやまぁ、幻影なんだけど、その時の私は「ないわーーー!いや、ないわーーー!ないわーーーー!!!」って感じで絶望的な笑いしか出て来ませんでした(笑。



セラス。
やっぱセラスはムチムチなのが最高だったと思いますね。本編中に入るギャグパートでも可愛らしい魅力全開だったと思います。終盤ではキッツイ場面も多々ありますが、それを乗り越えて成長したセラス。そして再会したアーカードとの場面。いやーーちょっとうっとりしちゃいましたわ(笑。アーカードがちょっと渋いお髭があったりして(笑。あの再会シーンでのジョージは本当にかっこよかったですわ。

そして締めは若本vsジョージ。
アンデルセンの決意とアーカードの信念。たった二人の最終戦争という感じでしょうか。まぁ、最後には若本さんの仲間が来てちょっと良い感じにはなりましたけど、最終的に化物vs化物となり決着は・・・・どうなるの!!!ここで終わるのかよ!!!(笑。早く続き出してもらいたいですな(笑。

はい。つーわけで、OVAのクオリティの高さをひしひしと感じる作品でした。
引き続き出してもらうためにもぜひともかっとけ~。



[ 2012/12/01 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(1)