物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「Canaan」Blu-ray版


題 名:Canaan
米 題:Canaan
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2010/10/26
定       価:$69.98
収録時間:325m
収録枚数:計1枚
特   典:
○本編特典映像
  ・御法川レポート201x年上海(日本語音声+英語字幕)
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「Canaan」Blu-ray版。
全13話を9,4のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名なども国内オリジナル、焼きつき字幕、強制字幕なし。
終了後に英語テロップが流れる仕様です。
字幕はメニュー上は消せませんが、プレイヤー側でオフにすることが可能です。

映像音声は以下のとおり

1話
Playlist: 00012.MPLS
Size: 4,843,886,592 bytes
Length: 0:25:00
Total Bitrate: 25.82 Mbps
Video: VC-1 Video / 19848 kbps / 1080i / 29.970 fps / 16:9 / Advanced Profile 3
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 2117 kbps / 16-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit / DN -1dB)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 2207 kbps / 16-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit / DN -1dB)
Subtitle: English / 3.420 kbps
Subtitle: English / 29.047 kbps






HD作品。1080iのコーデックはVC-1。
Sentaiらしいクッキリタイプですが、ノイジーというか、ざらついている画質でバンディングが目立つ。HD作品はOPEDなどの文字クッキリが魅力的ですが、若干ちらつきますね。色合いなどHD作品らしく良いのですが、もうちょっと頑張ってほしかった。まぁ、2年も前の話だし、今はAVCだから問題は・・・・・・時々おこるのがsentaiクオリティ(笑。

音声は英語音声も収録。今作品はところどころ英語や上海語?があるんですが、それに対しての日本語字幕などは当然付いていません。まぁ、重要な話のシーンではないので、問題はないと思います。
メニューはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ
物語の舞台は民族のるつぼ「上海」。
渋谷を襲ったウーアウィルス・テロから生き延びた少女「大沢マリア」はカメラマンとして成長し、上海を訪れる。そこで彼女は以前中東の町中で危ない所を助けてもらった少女「カナン」と再開する。時を同じくして上海に華のような刺青をした異能の力を持つ集団が現れ、カナンと対峙する。そして物語は過去へとさかのぼっていく・・・。

とまぁ、こんな感じかな。
はい!つーわけで、「7月に国内BDボックス発売おめでとう!」という事と「田中理恵さん御結婚おめでとうございます!」というわけで、今作品を鑑賞してみました(笑。え?国内版出る直前に宣伝してんじゃねーよって?いや、申し訳ない。こういう機会でもないとなかなか・・・ね。

で、今作品ですが、基本的にwiiで発売されたゲームソフト「428 封鎖された渋谷で」を題材にしています。とはいえ、428のストーリーなんてほとんど忘れてしまった私ですが、特に違和感なく見ることができたので、知らなくても問題はないかと思いますな。・・・展開においてけぼりにされる感はちょっとあるけどね。

さてストーリーですが、序盤から中盤にかけては、まぁ、よくある話ですな。
再開したマリアとカナン。まるで赤ん坊のようにマリアを慕い、いろいろな事を経験していく二人。だがそこに異能の力を持った集団との戦闘が始まり、マリアは拉致された事をきっかけにカナンは人を殺すことに躊躇しない人間だという事がわかるわけです。「鉄の闘争代行人」の異名を持つカナンを知ったマリアは、カナンに対してどういう態度をとればよいのか戸惑い、カナンもその影響で共感覚を失い戸惑うわけです。やはり序盤はカナンの能力を使った戦闘シーンが見どころですかね。弾丸をかいくぐり、ナイフ一本で敵の集団と戦う。まさに化物ですな。作画等も崩れることなく良い出来でした。



村が一つ実験場となって悲劇がおこり、そこから集められた異能者たちからカナンの持つ「共感覚」と同じ物を作るための実験材料として人体実験されていた。失敗作は地底湖で名もなき華を咲かせるための養分となっている衝撃の映像が流れるわけですな。んー、あのシーンはうたわれるものとか思い出させましたな。暗い展開になっていく中で、村の出身者ユンユンとか良い味を出していました。一方同じく村の出身者「ハッコー」。この二人のカナンに対する思いの違いが後半を盛り上げてくれたと思います。特にハッコーのラスト。視聴者としては「絶対罠だ!」とわかってしまいますが、やはり結末は・・・悲しいですな。入る隙間はないかもしれんが、御法川、何とかしてやってくれ!!そういう思いでいっぱいでした。

終盤カナンは力を取り戻し、マリアはカナンの光となることを決意します。少し前の真夜中の告白シーン。非常にレズレズしていましたな(笑。正直この二人にはこういう雰囲気はなかったんでやけに顔の赤いマリアにはおじさんちょっとドキドキしてしまいましたな。うん。いいよ!もっとこい!って感じでしたな。そしてラストは二人のカナンの戦いなわけですが、まぁ、戦いは続くということで。それぞれ成長したわけですが、うーん、煮え切らない気持ちでいっぱいですな。とはいえどちらのカナンも良い主人公なので、決着を付けるのはもったないとも思いますな。難しいね。

あと、個人的な魅力の一つとしては声優さんたちの演技かな。
「アルファルド」役の坂本真綾さんとか、透明感のあるヒロインみたいな役が多かったのですが、今作品では敵のボスを演じておりました。正直いつも似たような声しか聞いたことないんですけど、(笑、逆にそれが幸いしたのか、なかなかのクールっプリが良かったです。そして、やはり、キチ○イ女をやらせたら世界一の田中理恵さん演じる「リャン・チー」。素晴らしかったですな。はぁー。もう、この演技は聞けないんですかね。ファンブログも解散しちゃったし、ちょっと残念ですなぁ。



はい。
つーわけで、国内版買う金なければ北米版でもいいからかっとけ~。
[ 2012/06/30 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)

2012年7月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

どーも。
今季アニメも一通り終わりますけど、個人的に一番良かったのは「うぽって」かな。あの絵なのにパンチラすらないのはどーなのよ!と思ったけど、印象に残る良いOPEDから始まり、萌えと燃えのバランスにテンポの良さ、10話とコンパクトながら今季の中で一番「次週が楽しみ!」な作品でしたな。次点は「これゾン」こっちも10話でしたな。しかしまぁ、2クールから1クール、今度は10話が主流なんてことにならなきゃ良いですね(笑。

つーわけで、2012年7月発売予定の北米版アニメDVD&Blu-Rayで気になるタイトルをピックアップ!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします!!

7月03日。
・DVD

  ヘタリア4期 -- $34.98/$39.98
  ひだまりスケッチ×SP -- $14.98
  ニードレス -- $79.98
・Blu-Ray
  ニードレス -- $89.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 -- $69.99
  君に届け3巻 -- $69.99

あの花、君届などはRightstuf等で。


7月10日。
・DVD

  ダーティペア FLASH -- $39.99
  エル・カザド -- $29.98
  まほろまてぃっく -- $59.98
  まほろまてぃっく特別編 ただいまおかえり -- $29.98
  俺の妹がこんなに可愛いわけがない -- $54.98
  パンティ&ストッキングwithガーターベルト -- $64.98

「まほろまてぃっく」はコンプ買えばただいまおかえり単品買う必要なし。


7月17日。
・DVD

  司書 The Book of Bantorra 2巻 -- $59.98
  鋼の錬金術師 2巻 -- $69.98
  GIRLSブラボー -- $29.98
  絶対可憐チルドレン 2巻 -- $49.98
・Blu-Ray
  鋼の錬金術師 2巻 -- $69.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  フラクタル -- $69.98

フラクタル、途中で投げたのが心残りだったので買います。


7月24日。
・DVD

  藍より青し -- $49.98
  アミテージ・ザ・サード -- $29.98
  劇場版 ゴルゴ13 -- $19.95
  乙女はお姉さまに恋してる -- $14.99
・Blu-Ray
  Clannad After Story -- $89.98

今月の目玉は「Clannad After Story」ですな。


7月31日。
・DVD

  初恋限定。 -- $49.98
  聖剣の刀鍛冶 -- $19.99
・Blu-Ray/DVDコンボ
  ストライクウィッチーズ1期 -- $54.98

もう一つの目玉、ストパン1期もようやく発売。

こんな感じかな。
今月購入予定は・・・「clannadアフター」「あの花」「フラクタル」「ストパン」「パンスト」「ひだまり」「絶チル」かな。
はぁーー。パンスト、DVDなんだよなぁ・・・。


では8月予定も。

DVDは「けいおん!!2期2巻」「神のみぞ知るセカイ2期」「PARASITE DOLLS」「No. 6」「シャングリ・ラ」「レンタルマギカ」「あまえないでよっ!!」「ドージンワーク」「ナイト ヘッド ジェネシス」「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」「この男子、宇宙人と戦えます。」「トリニティ・ブラッド」「劇場版コブラ」「エルゴプラクシー」「カレイドスター」「恋姫無双」「TEXHNOLYZE」

Blu-Rayは「神のみぞ知るセカイ2期」「この男子、宇宙人と戦えます。」「No. 6」「けいおん!!2期2巻」

DVD/Blu-Rayコンボは「うさぎドロップ」「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」「灼眼のシャナ1期」「フリージング」



うさぎドロップはrightstufで。
[ 2012/06/26 00:00 ] 北米版発売予定 | TB(1) | CM(2)

北米版「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」Blu-ray版


題 名:劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
米 題:Gin Tama: The Motion Picture
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/05/29
定       価:$39.98
収録時間:93m
収録枚数:計1枚
特   典:
○本編特典映像 なし
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」Blu-ray版。
OPEDテロップは日本語表記、題名なども国内オリジナル、焼きつき字幕、強制字幕なし。
終了後に英語テロップが流れる仕様です。
字幕はメニュー上は消せませんが、プレイヤー側でオフにすることが可能です。

映像音声は以下のとおり

Disc Title: GINTAMA MOVIE
Disc Size: 22,965,468,776 bytes
Playlist: 00004.MPLS
Size: 21,530,658,816 bytes
Length: 1:38:22.897
Total Bitrate: 29.18 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19567 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3892 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3935 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 3.267 kbps
Subtitle: English / 35.746 kbps






くっきりタイプ。で暗い画面ではややノイジー、ですがバンディングは抑えられています。
あまり高画質という印象はなく、TVの延長線上な画質ですな。後半の殺陣シーンなんかはよく出来ていたと思いますな。
まぁ・・・正直・・・劇場で見るほどでも・・・ゲフンゲフン。

音声は英語音声も収録。そういえば北米TV版は英語音声が収録されていなかったですな。
メニュー周りはトップから連続再生、言語選択、エキストラ。
シーンセレクトはありません。劇場作品にシーンセレクトがないのはちょっとどうかと思いますな。一応チャプターは区切られているので、プレイヤー側で飛ばすことは可能です。
パケは通常のBDケースにディスク1枚を収納するタイプ。ライナノーツなどはありません。

あらすじ
基本的なあらすじは
北米版「銀魂」を参照してください。
劇場版は盗まれた名刀「紅桜」、そして謎の辻斬りに殺された桂。
物語は銀時と高杉、因縁の二人へと収束する・・・。

という感じですな。

つーわけで、サクッと鑑賞しました。
個人的に銀魂にはパロやギャグを期待していたのですが、出だしこそいい感じで期待が持てて、モロだしした近藤勲で銀魂らしさを実感したのですが・・・・まぁ、劇場版の大スクリーンで下ネタやってもしょうがないとは思いますけど、マダオとかさっちゃんみたいなおなじみの駄目人間がグズグズと時間だけを消費するよな展開が見たかった気がしないでもない・・・・・。んんんんまー、劇場版じゃしょうがないよなーー。金払って見に来てるんだしね(笑。

基本的には銀魂のもうひとつの顔でもある熱血とか友情とか勝利方面を押しだした作品でしたね。
殺されたはずの桂が復活して皆にとづかれるシーンとか、銀魂っぽくてよいとは思うんだけど、個人的にああいうシーンはかっこよく締めてほしかったかな。銀魂らしさが逆にうぜーと思う場面も多々あったり。「どけどけーーい万事屋銀ちゃんのお通りでーい。」みたいなの(笑。やーかっこいいとは思うんだけど、なんかちょっと古臭い感じがね。まぁ、時代劇がかった部分も銀魂の魅力ではあるとは思いますがね。

まぁ何度もいってるけど劇場版だから、アクションシーンとか熱いシーン、シリアスっちゃったりを短い時間に詰め、結果そういうシーンばかりになるのはしょうがない。だけど、TV放映を見ていた身としては「いつも各方面に誤りながら良い意味でグダグダやってたのに、何劇場版だからってかっこつけちゃってんのwwww」と思ったな。無論良い意味でだけどさ(笑。だから最後のオチ(第二弾)はなかなか良かったと思う。この映画すべてが前フリみたいで(笑。

はい。
つーわけで、北米でもTVシリーズの続き出してもらうためにぜひとも買っとけ~。
[ 2012/06/23 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

北米版「紅 kurenai」DVD版


タイトル:紅 kurenai
米 題:Kurenai
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/06/05
定       価:$49.98
収録時間:300m
枚  数:3枚
映像仕様:16:9
音声仕様:日本語   ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
字   幕:英語
特   典:
     ・本編未使用シーン(コンテ絵+プレスコ音声)パート1~6
     ・TVコマーシャル集
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「紅 kurenai」DVD版。
全12話を6,6のディスク2枚に収録。
OPEDは日本語表記、OP題名や副題なども国内オリジナル、次回予告も収録されています。
焼きつき字幕や強制字幕はなし。各話終了後に英語テロップが流れる仕様です。
DVDメニュー上は字幕オンオフはありませんが、プレイヤー側で操作することが出来ます。

画質については平均ビットレートが4.8Mb/Secの2層設計。
DVDなのでノイジーでちらつきはあるけど、ファニみたいなボケボケでもなく、くっきりタイプ。
音声は日本語音声のみです。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のDVDケースにディスク3枚収納するタイプで、ライナノーツなどはありません。
あと、Sentaiにしては珍しく特典のみのディスクを付けてきました。





あらすじ
テロで両親を亡くし、助けてもらった揉め事処理屋「柔沢紅香」に弟子入りし、同じ揉め事処理屋となった少年「紅真九郎」が主人公。ある日、柔沢紅香から7歳の少女「九鳳院紫」を保護してくれと頼まれる。大財閥「九鳳院」の娘でありながらその存在を隠ぺいされ、近親相姦で子孫を残すためだけに存在した少女との四畳半での生活が始まるのだった。

とまぁ、こんな感じですかね。

というわけで、紅、鑑賞いたしました。
私はコミック版を読んだことがある程度なんですが、このアニメ版はコミック版とはかなり毛色の違った作品になっていますね。コミック版が「九鳳院」の少女であれば、アニメ版は「7歳」の少女といったところでしょうか。

コミック版はどちらかといえば学園や数々の出会い、そして事件が起こり戦闘が始まる・・・といった「外」をメインに展開されていたと思います、一方こちらは「内」とでも言いましょうか、五月雨荘を舞台に登場人物を絞り、キャラクター性やキャラクター同士の関係をじっくりと濃く描いていたと思います。特徴的なキャラクターデザインは好き嫌いがあるかもしれませんが、個人的には現代の萌えキャラにはない人間らしさを感じた良いものだったと思いますね。特に紫に関しては姿だけでなく言動や動作など完璧な出来だったと思います。・・・・・、その他の女性は皆おばさんに見えるのは・・・まぁ、しょうがない(笑。



さてさてヒロインの「九鳳院紫」。
見ず知らずの少年に預けられ、初めは緊張していた彼女。しかし学校にも行けずに一般常識を知らない彼女にとってはすべてのことが新鮮。貪欲にそれら吸収しようと一喜一憂する姿は実に愛らしかったですな。少しずつ真九郎のことを理解し、武藤環といった五月雨荘の住人たちと触れ合い成長していくわけです。そして彼女が・・・いや、母親が彼女にさせたかった「恋」を経験するわけです。コミック版は序盤からそういう雰囲気ありましたけど、アニメ版は家族・・・いや兄妹という印象が非常に強かった。正直あまり恋愛うんぬんという感じはしなかったのが個人的には微妙だったりするわけですが、なんつーかそういう物を超えた感情を持ってしまったのもまた事実です。

終盤、当然ながら彼女はさらわれてしまうわけですが、回想シーンで、私、恥ずかしながらグズッときてしまいました。床にペタンと座り、タイツを履くためにバランスをとる姿、主人公に抱えられておみくじを引くシーン、銭湯での説教シーン、そして演劇シーン・・・、いろいろなことが浮かんで、それらすべてが消えてしまったわけです。主人公は主人公で「あの依頼は失敗だった」とかむなしい虚勢を張ってるわけで、もうね、叶うなら俺が助けに行きたい!!だけど無理だから「だれか彼女を助けてやってくれ!」その思いでTVがかすんでしまいました(笑。

そしてヒーローでもある「紅真九郎」。
周りの女たちに流されっぱなしで、DQNに絡まれてるおばあさんも助けず、挙句、家の前で待っていた名前すらないようなチンピラに小突かれて逃げられ、紫も助けられずに「あの事件は失敗した」。「静まれ俺の右腕!!」みたいなシーンも一応あったにはあったけど、とことん情けない印象しかありませんでしたな。というか、このアニメは女が非常に強い印象がありましたね。真九郎はもちろん、紫の父親も終盤こそアレでしたけど、家に縛られ奥さんには罵倒されてましたし、武藤環の彼氏も土下座してましたな(笑。とにかく、主人公「紅真九郎」は終盤までぱっとしませんでした。とはいえへたれであるが故、人にやさしく温かみのある人間だったともいえます。このアニメ、会話が実に自然で、みゆきちの声も実にキャラクターに合っていて、アニメにありがちな良く出来たヒーロー像よりもリアルで好感が持てた気もしないでもないかな。



そしてラスト。
これまで7歳の少女だった彼女が九鳳院の人間として振る舞い、それにこたえる父親。いやーーーなかなかの名場面だったとは思いますが・・・・うーーん、なんつーか、「お前ら最初から良く話し合えよ・・・・」とちょっと思ったり思わなかったり(笑。紫は家出して成長してこその部分があり、親父も一人になっていろいろ考えた結果なわけだけど、巻き込まれる方はたまったもんじゃないよねぇ。女中さんとかすげーかわいそうだったしなぁ。あとこの終わり方だと続きが難しいね。個人的にはコミックに出てた「斬島切彦」が好きなんで、ハーレム化を強くした続編が見てみたい気もしないでもないかなぁ。嫉妬する紫がみたいです!

不満点。
ほとんどないけど、「村上銀子」とか「崩月夕乃」みたいな脇役がほんとに脇役で終わっちゃいましたな。1クールでこういう構成だとしょうがない気もするけど、ハーレム好きとしてはちょっともったない気もしましたね。あと脇役の演技がひどいのが結構あったね。敵の部下あたりは素人レベルだったと思います。あと、そう、あの糞OPだ。あのパンストを適当にパクらせたようなOPは本当に最悪だった。主人公とか内また歩きでオカマ化してたり、サタデーナイトフィーバーみたいなケッタイな腰振りしたり、つーか、キャラが全然可愛くないんだよね。はーーなんであんなOPにしたんだろ。



はい。
つーわけで、いやーーーー、なかなかの傑作でした。父性愛に目覚めること間違いなし!
しかしまぁ銭湯シーン、よく北米で発売したなと思いますな。
出荷停止になる前にかっとけ~。(笑
[ 2012/06/16 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(3)

北米版「Fate/Stay Night: Unlimited Blade Works」Blu-ray版


題 名:Fate/Stay Night: Unlimited Blade Works
米 題:Fate/Stay Night: Unlimited Blade Works
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/06/12
定       価:$39.98
収録時間:105m
収録枚数:計1枚
特   典:
○本編特典映像
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「Fate/Stay Night: Unlimited Blade Works」Blu-ray版。
OPEDテロップは日本語表記、題名なども国内オリジナル、焼きつき字幕、強制字幕なし。
終了後に英語テロップが流れる仕様です。
字幕はメニュー上は消せませんが、プレイヤー側でオフにすることが可能です。

映像音声は以下のとおり

Disc Title: FATE STAY NIGHT
Disc Size: 24,883,685,440 bytes
Playlist: 00004.MPLS
Size: 23,603,165,184 bytes
Length: 1:46:42.396
Total Bitrate: 29.49 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19844 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3930 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3937 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 1.598 kbps
Subtitle: English / 21.152 kbps


適当にピクチャ







劇場作品だけあって作画等よろしいかと思います。近づくと若干ノイジー、バンディングはあまり見当たらず。
私は独逸版持ってるんですが、画質は同じかな。まぁコマ数の違い、あとこっちはプログレだね。
しかしまぁ、同じTV版作ったスタジオディーンとは思えない出来ですな(笑。

音声は英語音声も収録。なお英語吹き替えはGENEONが以前出したTV版「Fate/Stay Night」と同じキャストですね。
メニューはトップから再生、言語選択、シーンセレクト、エキストラ。
パケは通常のBDケース、ライナノーツなどはありません。

あらすじ


あらすじや感想などは「独版「Fate/stay night Unlimited Blade Works」Blu-ray版」を参照してください。
DVD版 TV版 Fate/Stay Night」も暇あったら見てみてください。

つーわけで、日課の運動しながらさくっと見直してみました。
・・・・やはり、桜は良いね。
旅のお供にいつもねんどろいど連れて行くぐらい好きなキャラですけど、なかなかむくわれねー。
ZEROのアレから通い妻まで、その過程もじっくりアニメで見てみたいですな。



つわーけで、国内版も安いですが、送料ついでにかっとけ~。(笑
[ 2012/06/10 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)

北米版「けいおん!!(第2期)」Blu-Ray版


題 名:けいおん!!(第2期)
米 題:K-ON!! Season 2
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/06/19
定       価:$69.98
収録時間:325m
収録枚数:計2枚
特   典:
○特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「けいおん!!(第2期)」Blu-Ray版。
1巻は前半13話を9,4のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、OP題名や副題などは国内オリジナル、アバンあり、次回予告あり。
各話終了後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕や強制字幕はありませんでした。
メニュー上に字幕オンオフはありませんが、プレイヤー側で操作できます。

仕様は以下の通り。

第1話
Disc Title: KON SEASON 2 DISC 1
Disc Size: 43,424,260,336 bytes
Playlist: 00004.MPLS
Size: 4,836,077,568 bytes
Length: 0:25:44.543
Total Bitrate: 25.05 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19252 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2081 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2084 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 7.712 kbps
Subtitle: English / 45.683 kbps








HD作品。
作品自体はHD萌えアニメにありそうなクッキリでカラフルでテカテカな感じはなく、若干なつかしいような古臭さを感じるような暖かいテイスト。ゆえに1期と同じくパッと見はHD作品という印象は薄いけど、相変わらず細かい書き込みなどは京アニらしい丁寧な仕事で良いと思います。SENTAIつーことでバンディングだけど、意識してみてると多少あるけど、あんまり気にはならない程度だね。

音声は英語音声も収録。
1期BANDAI版はドルデジでしたが、2期SENTAIにかわってDTS-HDマスタとグレードアップ。というかBANDAI版が糞すぎたという事ですな。英語音声について、キャストは1期と変わらず。あと1期で問題になった差し替えについてだけど、とりあえずこの1巻を見た限りそれらしい箇所はなかったと思います。1期のインストゥルメンタルとはちょっと違うけど「うさぎとかめ」とか「あめふり」などもちゃんと収録されていました。

また、英語音声時の歌についてだけど、英語音声時でも日本語の歌が流れる仕様になっています。昔の話になるけど、涼宮ハルヒの憂鬱とかは歌も吹き替えてたし、いくつかのファニメーション作品なんかはOP吹き替えてあったりして良かった時期もありましたな。せっかくだから吹き替えしてほしかったですね。ちなみに「うさぎとかめ」は英語吹き替えで歌入ってました。なかなかわいらしくて良かったですな。

あとSENTAIといえば

こういうの期待したけど、黒板訳なんかはなかったなー。ちょっと残念。

メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプ。ライナノーツなどはありませんでした。

あらすじ

あらすじはDVD版北米版けいおん!を参照してください。

はい。つーわけで、けいおん!!(2期)が発売されました。
1期はBANDAIより1クールなのに全4巻と昔懐かしい方法で発売されましたが、BANDAI突然の撤退により誰もが不安を抱えていました。そこに御降臨されたのが我らがSentai Filmworks!・・・・・え?って感じでしたな(笑。

さてこの2期ですが、1期と比べるとキャラクター性がより濃くなっています。
唯はより頭が変にキチガイに、ボケキャラに。澪は一人で部室にいる梓を想像するだけで「キャーー」と怖がってしまうほど喜怒哀楽スイッチがゆるゆるに。1期のキリリとした面影なし!紬は1期と変わらず唯の真似したりして金持ちだからって人を馬鹿にしてんのか?かわいらしいボケキャラにパワーアップしつつ、担任のさわ子とその友人の関係を想像し澪に突っ込まれるような腐った少女へと変身。そして律は、律は・・・・・小さい頃から変わらないね。うん。

2年生になったあずにゃんこと「中野 梓」ちゃんは1期よりもしっかりした少女になっていました。おだてられてちょっと調子に乗ってしまう事も多々ありますが(そこが可愛い所でもある)、大好きな唯先輩にしっかり突っ込んでいく姿勢は非常に愛らしかったですな。学年が違うため、大きなイベントなどは一人(厳密には3人)で行動することが多く、どのキャラクターよりもある意味プライベートなあずにゃんが盛りだくさんだったような気がしますね。あずにゃん愛が大いに伝わる2期だったと思います。あずにゃん、かわいい!!



さて、これらパワーアップした・・・、いやパワーアップというか1,2年もたてば慣れて本来の地が出てきただけかも知れんが(笑、キャラクター達による2期は1期と違い他のキャラクターが目立っていましたね。1話の渡り廊下でしゃがみこむ唯とそれに絡む別グループの少女たち。このシーンを見たとき、ああ唯ってほかに友達いたんだなぁ~こういうシーンって新鮮でいいなぁーと思いました。そしてそれ以降も直接絡むことはあまりありませんが、唯の隣の席にいるちょっと悪そうな姫子とか、澪ファンの佐々木さん、あとはいちごちゃんとかたくさんのキャラクターが出てきましたね。

進路相談で主要キャラクター以外と話す唯を見て、こういうモブキャラをメインにした回があったもよかったんじゃなかなーと思いました。30分、主要メンバー同士が話をすることなく、たくさんのモブキャラ達とそれぞれのキャラクター性を生かした会話とかそういうのが見てみたかったですね。パワーアップしたムギが他のモブとどんな話しているのか、すごく興味あるんだよね(笑。あと、水着姿がむっちりしてて非常に良かった。一般向けっぽくありながらもそういう所は忘れないのもすばらしいことだと思いますな!!とはいえ、女子高といえばー女だらけだからスカートパタパタやってみんなパンツ丸見えですよーとかそういうのはない。うん。ないんだな。



さて、後半はいよいよ進路や卒業など終盤へと盛り上がっていきます。
2巻発売日は8/28。そして劇場版を出してもらうためにもぜひとも買っとけ~。
[ 2012/06/09 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(3)

北米版「けいおん!」Blu-Ray版


タイトル:けいおん!
米 題:K-ON!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2011/04/26,07/05,09/13,11/22
定       価:1,2巻$34.98 3,4巻$29.98
収録時間:330m
枚  数:計4枚
特   典:
○本編特典映像
   ・米キャストインタビュー
    唯役 Stephanie Sheh
    澪役 Cristina Vee
     律役 Cassandra Lee
    紬役 Shelby Lindley
   ・「ふわふわタイム」ミュージックビデオ(英語バージョン)
   ・「私の恋はホッチキス」ミュージックビデオ (英語バージョン)
   ・「ふでペン ~ボールペン~」ミュージックビデオ(英語バージョン)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「けいおん!」Blu-Ray版。
1期14話を4,4,3,3のディスク4枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、OP題名や副題などは国内オリジナル、アバンあり、次回予告あり。
焼きつき字幕や強制字幕はありませんでした。

仕様は以下の通り。

第1話
Disc Title: K-ON! Volume 1
Disc Size: 16,600,308,409 bytes
Playlist: 00003.MPLS
Size: 13,872,832,512 bytes
Length: 1:36:52.640
Total Bitrate: 19.09 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 17684 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby Digital Audio / 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -4dB
Audio: Japanese / Dolby Digital Audio / 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -4dB
Subtitle: English / 13.177 kbps
Subtitle: English / 52.314 kbps






HD作品。
低レートですがDVDよりはクリアでよいと思います。んーでも輪郭まわりとかとか若干ノイジーなのが目立つかな。あんまりHD作品という印象はないけど、細かい描写まで手が行き届いていて職人芸だなぁーという感じですかね。流石京アニ。

音声は英語音声も収録。
DVDの方にもレビューしていますが、差し替えが一部あります。詳しくはそちらを見てください。
あと音声はDD192kbpsです。Blu-Rayでただのドルデジステレオなんて初めて見た(笑。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、エキストラ。
今回はボックスではなく久々の単品販売でしたな。今後ボックスが出るかはわかりませんが、安くなっているのでまとめて買っていくのもアリかと思います。が、仕様が若干残念ですな。

あらすじ

あらすじや感想などはDVD版を参照してください。

DVD版 けいおん!

つーわけで、2期レビューの前に簡単に1期のおさらいでした。
[ 2012/06/08 20:49 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)

簡易レビュー(屍鬼、劇場版銀魂)

先月末分到着。



・劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
Disc Title: GINTAMA MOVIE
Disc Size: 22,965,468,776 bytes
Playlist: 00004.MPLS
Size: 21,530,658,816 bytes
Length: 1:38:22.897
Total Bitrate: 29.18 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19567 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3892 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3935 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 3.267 kbps
Subtitle: English / 35.746 kbps






作風ゆえかあんまり高画質という印象はないね。


・屍鬼

1話
Disc Title: SHIKI_P1_D1
Disc Size: 40,299,006,266 bytes
Playlist: 00009.MPLS
Size: 5,495,556,096 bytes
Length: 0:23:24.986
Total Bitrate: 31.29 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 22090 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2355 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -3dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 838 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -7dB)
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 660 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -7dB)
Subtitle: English / 43.254 kbps
Subtitle: English / 10.224 kbps






FUNimation×アニプレックス、安心の強制字幕です。糞ッ。
なかなか画質はよろしいかな。




・六畳間10巻

早速読みました。中盤からなんとなく終盤は予想できていたけど、現代編でのやり取りは、くぅう~、最高ですな。これまでも何度かお兄ちゃんに触れた場面はあったけど、その裏には彼の母親の死を止められなかったというあまりにもきつい事実が。10年、お兄ちゃんを探し続けて見つけたわけで・・・、まさかここにきて妹キャラ化とは(笑。そしてクランの相棒っぷりも相変わらず良いですな。クランとティアはどのような決着を迎えるのか楽しみでなりません。んで、ラストはいよいよ早苗編です。コレまであまりスポットライト浴びなかっただけに待ちきれませんなーーー。はぁ・・・、次はいつ出るんだろ。

ドグマの続きやろーっと。
[ 2012/06/03 00:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

北米版「あそびにいくヨ!」DVD/Blu-ray版


題 名:あそびにいくヨ!
米 題:Cat Planet Cuties DVD/Blu-ray Complete Series
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/05/15
定       価:$69.98
収録時間:325m
収録枚数:計4枚
特   典:
○特典映像
    ・コメンタリー(米スタッフ1,9)
    ・別バージョン次回予告集(絵と台詞が合っているver)
   1~12、theEND、いちかver(日本語音声+英語音声)
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
     心の窓辺にて
     Now loading...SKY!!
     想い出がジャマをする
     Happy Sunshine
     おいらは淋しいスペースマン
     スマイルピース
    ・USトレーラー
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「あそびにいくヨ!」DVD/Blu-ray版。
Blu-Ray版は12話+OVA1話の13話を9,4のディスク2枚に収録。DVD版は7,6の2枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、OP題名は日本語オリジナル、各副題は英語表記、アバンあり、次回予告あり、またみてねあり。
焼きつき字幕や強制字幕はなし。
あとAWバーガーとかオリオンビールみたいな商標なんかも差し替わらずに表示されていたと思います。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版

・リージョン:1
・収録時間:325m
・収録枚数:2枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタル 192Kbps

平均ビットレートが6.14Mb/Sec。
ボケているヨ!でもまぁそれほど悪くはないかな。

○BD版

第1話
Disc Title: CAT_PLANET_CUTIES_DISC_1
Disc Size: 44,576,211,192 bytes
Playlist: 00009.MPLS
Size: 5,132,138,496 bytes
Length: 0:23:48.427
Total Bitrate: 28.74 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19730 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2117 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -5dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 805 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -7dB)
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 585 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -8dB)
Subtitle: English / 49.771 kbps
Subtitle: English / 2.728 kbps








HD作品。
沖縄を彩色豊かに発色良く描いています。全体的な作画も良く、クッキリ画質で十二分にHD品質を味わえるかと。まぁ、画面に近づくとちょっとノイジー感がある。個人的になんだけど、Sentaiはクッキリを追求してバンディング発生させてる一方、ファニはソフトノイズでそれを軽減しているという感じかな。

音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケース2個にそれぞれDVD版とBlu-Ray版を収納。
さらにそれを収納するケースが付いてきます。あとジャケはリバーシブル。

あらすじ
主人公は沖縄に住む少年「嘉和 騎央」。
町の宴会に来た彼は、その中に猫耳と尻尾の生えている美少女「エリス」と出会う。
なんと彼女はキャーティアという宇宙人だったのだ!!!
はたしてエリスの目的とは・・・・・「地球に、あそびにきたヨ!」

とまぁこんな感じですかね。。
つーわけで「あそびにいくヨ!」鑑賞いたしました。
このアニメ、一言で言えば「作画だけが良い沖縄観光エロアニメ」という感じですかね。

まずキャラクター作画等エロ要素。
作画は無駄に良いです。おっぱい描写もありがちな巨乳だらけではなく、双葉アオイのような貧乳少女にもスポットライトがあたり、乳首描写もがっかりとまではいきませんが悪くないと思います。エロ方面の見せ方についても全裸で街中を疾走しての銃撃戦とか、スク水首脳会談、そしてOVA。実に「良くわかってるじゃないの!」という感じに仕上がっています。無駄にお色気に走っている感はすごくしますけど、「そういうアニメですから!」という事です。

ストーリー。
メインストーリーとして地球にやってきたキャーティアと地球にいたドギーシュアの対立を描きつつ、キャーティアの大使「エリス」と主人公の幼馴染「金武城 真奈美」、そして主人公の友人「双葉 アオイ」の四角関係を描いた作品。とはいえ四角関係に決着がつくこともなく、ドギーシュアとの戦いも母星から遠く離れた地球での小競り合い程度で終わっているのがちょっとショボかった。まぁ、これをきっかけに両者の間で本格的な戦いが始まる・・・・、という気もしますな。

というのもバックストーリー、細かい説明が弱いと思います。
たとえば地球のヒロイン達。CIAの真奈美とか序盤こそそれらしい事をするんですが、護衛官になってからは普通の幼馴染レベルで「いまさらあんたに好きなんて言わるわけないじゃない!!」というベタベタな設定で影薄い。アオイはその特殊な能力故親に捨てられて一人で戦ってきた少女、クライマックスは序盤の船爆破ぐらいで、護衛官になってからはただの貧乳少女。もうちょっとこー主人公との馴れ初めとか、彼女たちがそうなった理由を説明してくれても良かったんじゃないかなーと思う。一応ラストはお互いで殴りあったりといい感じにはなるんですけど、その物語の締めが「テッカマンブレード」で「逆襲のシャア」なのはなんつーか「なんなんだ?このアニメは・・」という感じでしたわ。あのシーンで「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」が頭の中で流れちゃったよ。



とはいえ、「キャーティア軍団」とか「猫耳教団」とか「最初のアシストロイド」に「お札少女」みたいなのがどんどん出て、結果その対応に追われるわけで、内面的なストーリーをじっくりやる時間がなかったという気もしますかね。そういう意味ではキャラが固まった?今後のストーリーに期待できるのかもしれません。

そしてエリス達とドギーシュアとの関係も詳しい説明がないから、ただ単に気に食わないから戦っている程度にしか見えないかな。母星とのやり取りとか、その歴史なんかをもうちょっと細かく説明してくれた方が良かった気もするね。そして肝心のエリスだけど、一応宇宙人であることはびっくりなんだけど、それだけなんだよね。母星ではお姫様とか、両親に虐待されてるとか、生き別れの兄を探しているとか、アシストロイド達に過度な負い目があるとか、実は未来からやってきた主人公の娘とか、大抵こういうアニメのヒロインって何かしら持ってるものじゃないですか。彼女そういう話がなんにもないから他のヒロインよりも影が薄い。ほんと単純に「あそびにきたよー」って感じでしたな。

不満点。
やっぱ主人公の空気の読めなさかな。戦闘能力の高い主人公のことが好きなアオイを夜一人呼び出して言ったセリフが「アオイさん強いからボクも鍛えてくれ!!」(彼女は好きで強くなったわけではない)。君みたいに目的みたいなのを持ちたい!(好きでやってるわけではない)とか結構な事言ってましたな。僕は男だからね!男だから守らないと!とかちょっとコイツうぜーな。と思いました。そして恋愛関連もラストのラストまで「はぁ?どういうこと?」っていうのも鈍感にも程がある。一応ラストは活躍してたけど、結局あれさ、艦長の鈴のおかげだろ。結局コイツなんもしてねーーー(笑。

あと、これは超個人的な事なんですけど、ドギーシュアの犬耳軍人ジェンス。確か次回予告の1シーンだったと思うんだけど、フリスビーを投げてキャッチしている犬を見ている描写があって、「本来犬の人の彼女だから現実の犬みたいに主人を見つけたら超尽くすんだろうなぁ・・・」と次回を楽しみにしたら完全にネタ画像?だったみたいで超がっくり・・・。そういう人に出会ってキュンキュンしてしまう犬の人が見たかった!ソファーに座っていたらこっちにやってきて、膝の上に頭だけ乗っけて目線だけこちらに送る。そんなのが、俺は見たかったんだよぉぉおおおお!!!・・・・・・・あー、というかさ、猫って本来奔放な生き物で、犬のほうが主人公に尽くすタイプだから逆にした方がよかったんでわ・・・・。



はい。
つーわけで、いろいろ文句も言ったけど、食べ物とか飲み物がどれもおいしそうに見える良い作画、キャラクターは最高にエロエロかわいいし、OPEDも雰囲気出てて最高。そしてなによりアシストロイドがプリチー過ぎてたまりません。今の時代は絵だよね!ラノベも絵で評価が決まるみたいなもんだし、時代に合った作品という事で、おっさんどもは新しいセンスに合わせるために今ならバンダイチャンネルでただで全話見れるのでみとけ~。かっとけ~。(笑
[ 2012/06/02 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(4)