物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「ダンスインザヴァンパイアバンド」DVD/Blu-ray限定版


題 名:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
米 題:Dance in the Vampire Bund
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2011/06/14
定       価:$64.98/69.98
収録時間:300m
収録枚数:計4枚
特   典:
○特典映像
    ・Intermission1~12(漫画に日本語音声)
    ・コマーシャル映像
    ・プロモ映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ダンスインザヴァンパイアバンド」DVD/Blu-ray限定版。
Blu-Ray版は12話を8,4のディスク2枚に収録。DVD版は6,6の2枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、OP題名や副題は日本語オリジナル、アバンあり、ダンスウィズザヴァンパイアメイドあり、焼きつき字幕なし、強制字幕もなし。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1,2,4
・収録時間:300m
・収録枚数:2枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタル 192Kbps

平均ビットレートが6.99Mb/Sec。
ボケボケ、チラチラ。

○BD版
第1話
Disc Title: DANCE_VAMPIRE_BUND_D1
Playlist: 00028.MPLS
Size: 5,735,393,280 bytes
Length: 0:23:37
Total Bitrate: 32.38 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 24970 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2289 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -7dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 819 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -8dB / Dolby Surround)
Subtitle: English / 47.465 kbps
Subtitle: English / 3.307 kbps


適当にピクチャ




国内版みたことない上での感想ですが、全体的に暗いイメージがあるおかげか暗い場面が多くノイズやバンディングがちょっと目立つかな。とはいえ線もブレることなく描写出来ているし、作風も相まって良い雰囲気にはなっていると思います。ツルテカでカラフルなHDアニメ見慣れてると地味に見えるのはしょうがないですな。

メニュー周りはトップから連続再生、エピソード選択、言語選択、エキストラ。
音声は英語音声も収録されています。
パケについて、限定版は通常のDVDケース2個にBD版DVD版をそれぞれ入れて、さらに収納ボックスが付きます。


あらすじ
ヴァンパイアは実在した!!!!
東京湾沖に人工都市「ヴァンパイアバンド」を設立し、日本政府にその存在を認めさせた!!
ヴァンパイアの王「ミナ・ツェペッシュ」と従者「鏑木アキラ」の戦いが今始まるのであった!!

という感じかな。
というか・・・・・、結局の所、全12話ではこのあらすじがすべてですかね(笑。

アニメーション制作は化物語で有名な「シャフト」、そして監督は新房昭之氏。
シャフトらしい演出はあるにはあるのですが、それほどアクは強くなくその点ではシャフトアニメ苦手な人でも受け入れられるかと思いますね。面白かったのは第1話、架空のバラエティ番組で「吸血鬼はいるのか?いないのか?」といった討論が繰り広げられます。30分丸丸です。それ以外にも場面や登場人物を変えてのシンクロ劇(確か3話だったかな)など、他のアニメとは違うアプローチが非常に新鮮で面白かったですね。

そして、その番組で明らかになるヴァンパイアの存在。
この時点で私はこのアニメが「ヴァンパイア」と「人間」のやりとりがベースになると思っていました。ですが実際、対人間とのやり取りはすべて予定調和という感じで淡々と終わらせて、ヴァンパイア内部の小競り合いがベースになっていましたね。とはいえ、小競り合いをしてた裏の三支族には「ぐぬぬ!」と言わせるだけだし、最終話に詰め込まれた「鏑木アキラ」の過去もすっきりせず、「真祖の遺産」とは結局なんなのか?ミナ・ツェペッシュにそっくりなキャラは何者かのか????と、なんとも消化不良な感じでしたね。

エロ。
いやーーーー、エロかったね!!ヴァンパイア物といえばやはりアダルティな演出は欠かせません。見た目は幼女なミナ・ツェペッシュにオイルぬりぬりするシーンとかエロエロでしたね。そして、まさかの、純潔審問。ここまで描いちゃって良いんでしょうか?と思うほどエロエロでした。が・・・・、んーー、個人的に姫様役の悠木碧さんの演技が物足りないというか。いや、カワイイシーンでの破壊力は抜群だし、終盤での啖呵を切ったようなかっこいいセリフは迫力がありました。ただ・・・・・、セクシーさがない(笑。ぷっちりとした唇とかキャラデザはエロチックな姿なんだけど、セクシーな声がちょっと弱かった気がしますねぇ。



以下不満点。

まず、ラスボス敵なライバル「美刃」。
古き歴史を持つヴァンパイア。変身したおぞましい姿、そして美しさには感動を覚えます。主人公も前の戦いで残虐性を見せつけたウェアウルフといった誰でも知っているような有名な種族。そしてかられのライバルでもある美刃も最終話で変身するのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。タイガーマスクもとい、虎女でした。まず派手だし、おっぱいぷるるんだし、この暗い世界観に縞模様の警戒色で目を引く虎女はどうなんだろう。頭の中でタイガーマスクのBGMが鳴り響いてしまって、ちょっと笑っちゃいましたね。変身しない方が良かったと思う(笑。

あと、高校生で生徒会長の「東雲ななみ」と13歳の少年「ユヅル」かな。
お互いのバックグラウンドはわかるし、二人の絆の強さもわかる。少年が考え抜いて先輩ヴァンパイアの「ただひとつの思いだけで生きていける。」という言葉を信じ、すでにヴァンパイアとなった東雲ななみを受け入れたのもわからんでもない。でも、でもやっぱ個人的にはあのシーンでは首に牙を立てるのではなく、ほほにキスをする程度にしてほしかったと思うね。「あなたの人間としての選択肢を奪いたくない。今はバンドから出ることはできないけど、私も姫様の元で人間とヴァンパイアの道を見つめるためにがんばる。だからあなたも学校や家族といった狭い世界から飛び立って人間として成長してがんばってほしい。いつか、いつかきっと再開できるから。」という感じかな。

少年と大人・・・は言いすぎだけど高校生の生徒会長だから、もうちょっと少年の事を考えてあげても良かったのでは・・・と思うかな。まぁ、ヴァンパイア化してしまった彼女にそこまでの理性があるのか?とか、実際彼女も学園という世界しか知らない夢見る少女であることを考えるとしょうがない気もしないでもないけどね。ヴァンパイアの先輩ももうちょっと言葉を選んでほしかった気もするよね。子供は純粋だからね。まぁ・・・、生徒会長もかなり悲惨な状況だったし、幸せになってほしい気持ちはあるんだけどね。うん。



はい!!
つーわけで、愚痴が多くなりましたけど、それほどこの作品が印象に残りました。そしてこのキャラクター達によってどこへどのように物語が展開されていくのか、非常に楽しみではありますね。今度本屋で見てみようと思いました。

amazonでは既に在庫切れですが、他のショップでは扱っているようなのでなくなる前にかっとけ~。
[ 2012/03/31 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)

2012年4月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

オス!
今季アニメも一通り終了しましたな。個人的にはハイスクールDDが良かった。ハーレム作品でありながら変な改変もせず原作通りにアーシアと部長で終了させたことを評価したい。そしてここからが面白くなるんですよね~。一つ屋根の下でのメンバー以外もどんどんハーレムin、そしてさらに熱い展開&暴走するおっぱいギャグ!2期やってほしいですねー。逆にダメだったのがミルキィかな。何がダメって会長が頑張ってるのに等の本人たちはいっつも「はぁ?」なのがちょっとイラついた(笑。

つーわけで、2012年4月発売予定の北米版アニメDVD&Blu-Rayで気になるタイトルをピックアップ!!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでお願いします。

4月03日
・DVD
  もっとTo LOVEる -とらぶる- -- $49.98
  神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS -- $49.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  黒執事1期 -- $69.98
  黒執事2期 -- $69.98
  オオカミさんと七人の仲間たち -- $69.98

とらぶるはBlu-Rayでほしかった(TT。

4月10日。
・DVD

  ボボボーボ・ボーボボ1巻 -- $49.98
  IS 〈インフィニット・ストラトス〉 -- $59.98
  大江戸ロケット -- $59.98
  魔法少女まどかマギカ2巻 -- $39.98
・Blu-Ray
  IS 〈インフィニット・ストラトス〉 -- $69.98
  魔法少女まどかマギカ2巻 -- $49.98
  侵略!イカ娘 -- $59.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  君に届け2巻 -- $69.99
  魔法少女まどかマギカ2巻 -- $94.98
  セキレイ1期 -- $49.98

ISはOVA見てないので楽しみです。あと、湯気なしおっぱいも楽しみです。

4月17日。
・DVD

  青の祓魔師3巻 -- $37.48
  そらのおとしもの2期 -- $64.98
  パンダ・コパンダ 雨降りサーカスの巻 -- $19.95
  魔法遣いに大切なこと -- $49.98
  ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-OVA -- $19.98
・Blu-Ray
  ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-OVA -- $24.98
・Blu-Ray/DVDコンボ
  伝説の勇者の伝説1巻 -- $69.98
  伝説の勇者の伝説2巻 -- $64.98

そらのおとしもの、DVDでファニなのに糞高ぇ。

4月24日。
・DVD

  鋼の錬金術師1巻 -- $69.98
  鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 -- $29.98
  ふしぎ遊戯1巻 -- $49.99
  ゴルゴ13 3巻 -- $59.98
  獣王星 -- $29.98
・Blu-Ray
  鋼の錬金術師1巻 -- $69.98
  Kite -- $24.99
・Blu-Ray/DVDコンボ
  鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 -- $34.98

鋼の錬金術師デーですな。

こんな感じですかね。
今月購入予定は「もっとTo LOVEる」「黒執事」「ボーボボ」「IF」「セキレイ」「まどか」「伝説の勇者の伝説」辺りですかね。
久々の大量買い。だけどテンションがいまいち・・・。はぁ~、とらぶるはBDで出してほしかったんだよ!!(TT。

では5月予定も。
DVD「ダーティペア」「絶対可憐チルドレン」「ゲットバッカーズ」「グインサーガ」「かのこん」「クイーンズブレイド2期」「戦う司書 The Book of Bantorra」「D.Gray-man」「ユニコ」「ドラゴンボールZ改」「プランゼット」「ブラックキャット」「銀魂 新訳紅桜篇」
Blu-Ray「グインサーガ」「プランゼット」「世紀末オカルト学院」「バクマン。」「銀魂 新訳紅桜篇」
DVD/BLU-RAYコンボは「あそびにいくヨ!」「鋼の錬金術師OVA」「屍鬼」


世紀末オカルト学院はRightstufで購入できますよ~。
[ 2012/03/28 00:00 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(1)

けいおん!


タイトル:けいおん!
米 題:K-ON! DVD Complete Collection
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/2/07
定       価:$39.98
収録時間:330m
枚  数:4枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語   ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
     日本語   ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
   ・米キャストインタビュー
   ・「ふわふわタイム」ミュージックビデオ(英語バージョン)
   ・「私の恋はホッチキス」ミュージックビデオ (英語バージョン)
   ・「ふでペン ~ボールペン~」ミュージックビデオ(英語バージョン)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「けいおん!」は1期14話を4,4,3,3のディスク4枚に収録。
OPEDクレジットは英語表記、題名や副題は国内オリジナル、次回予告あり、焼きつき字幕なし、強制字幕なし。
画質については平均ビットレートが7.66Mb/Sec。じゃっかんチラツキはありますが北米版DVDにしては高画質です。
音声は英語音声も収録されています。
英語音声についてですが、歌のシーンでは日本語の歌が流れる仕様です。それと、これは日本語英語共になのですが、第1話で軽音部が主人公「唯」に演奏を聴かせるシーンがあるのですが、国内だと「翼をください」なのですが、北米版だとアメリカ民謡「オーラ・リー」に差し替わっています。・・・・、うーん。まぁ、悪くはないんじゃないかな(笑。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、エキストラ。
パケ周りは通常のDVDケースにディスク4枚収納するタイプです。

あらすじ
私立桜が丘高等学校に入学した「平沢唯」はなにか部活に入ろうかと悩んでいた。そんな中、軽音部の存在をしった彼女は「かるい音楽なら簡単だろう」と思い、軽音部へと見学に行くのだが・・・。



はい。つーわけでけいおん!鑑賞いたしました。
の前に北米リリースについてですが、まず、今作品はBandai.Entより2011/4/26に1巻、2011/07/05に2巻、2011/09/13に3巻、2011/11/22に4巻とBlu-Ray版が各$34.98、DVD版が各$24.98で発売されました。そして今回、2012/02/07にDVDコンプリートボックスが$39.98にて発売されました。最終巻からわずか3月でのベスト版という事ですな。まぁ、bandai.entの北米市場撤退といった背景はあるにしろ、あまりに早すぎる廉価版。これはDVD買ってた人は報われませんな。

まぁそれはそれで中身ですが、いわゆる日常系です。
個人的にですが、やはり1期は面白いですね。2期では「のほほん」というか「のべーーっ」としたアホキャラしか記憶にない主人公「平沢唯」が、1期ではもちろんのんびりした姿はあるのですが、高校1年生らしく初々しく過ごしている姿はすごい新鮮でした。まぁ、実際の高校生であれば最初の1年はどんなことでも初体験なわけだし、ちょっとした緊張感を持って取り組んでいる姿勢は一度経験した年上の私から見れば実にほほえましかったですな。

そしてそれはもちろん「平沢唯」だけではなく、他のキャラクターも2期のイメージが強いせいか新鮮でした。特に「秋山澪」。作画とか、2期はまるっこいイメージしかないのですが、1期は非常にシャープな印象。ゆえに序盤のきつい感じの澪はなんというか、ゾクゾクでしたね。だんだんとボロが剥がれていく澪とそれにほんろうされる周りがほんと新鮮で、「萌え萌え~キュン」で懐かしさとともに撃沈しました。かわいい!!かわいい!!!!!そしてやはり「中野梓」ですな。ほんと序盤は孤高のにゃんこという感じでかっこよく、そしてかわいかったあずにゃん。飼い慣らされた2期とは違う感動を与えてくれると思いますね(笑。

まぁ、とはいえ、やはり「けいおん!」の醍醐味はまったり感。
1期でも中盤から十二分に味わえますね。京アニによる美しい背景や演出、のーんびりと女子高生の日常ライフ。
はぁ・・・、学生時代に戻りたい。もちろん今の記憶持ったままな!(笑。



というわけで、2012年6月にはTV2期「けいおん!!」も北米でリリースされます。
その前に学習しておくのもありかと思いますぞ。かっとけ~。
[ 2012/03/24 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

北米版「セキレイ~Pure Engagement~」DVD/Blu-ray限定版


題 名:セキレイ~Pure Engagement~
米 題:Sekirei 2 Pure Engagement DVD/Blu-ray
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/01/03
定       価:$69.98
収録時間:350m
収録枚数:計5枚
特   典:
○特典映像
    ・第零羽「閑話弐題」(英語音声+日本語音声+英語字幕)
    ・オーディオコメンタリー(5話,10話 英語音声)
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング2種
/////////////////////////////////////////////////////////////////
1期「セキレイ」のレビューはこちら

北米版「セキレイ~Pure Engagement~」DVD/Blu-ray限定版。
Blu-Ray版は13話を9,4+OVAのディスク2枚に収録。DVD版は7,6の2枚+OVAの3枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、OP題名や副題は日本語オリジナル、次回予告あり、焼きつき字幕なし。
焼きつき字幕はありませんが、強制字幕はあります。プレイヤー側でも字幕はオフにすることはできません。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:350m
・収録枚数:2枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタル 192Kbps

平均ビットレートが6.15Mb/Sec。
ファニらしいボケた画質。

○BD版
1話
Disc Size: 31,876,317,393 bytes
Playlist: 00028.MPLS
Size: 3,686,406,144 bytes
Length: 0:23:37.999
Total Bitrate: 20.80 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 13970 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2165 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -8dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 777 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -9dB)
Subtitle: English / 38.498 kbps
Subtitle: English / 3.322 kbps


適当にピクチャ






HD作品。
作風故かHDらしい発色の良さみたいな物は感じませんが、ノイズもなく線もきれいに描写出来ていると思います。
暗い画面でのバンディング、あとは多少ボケている気もするかな。国内版みたことないので何とも言えない部分もありますが、HDらしさは感じないけど、DVDとは違うな!という感じ。

音声は英語音声も収録。
なお、英語音声再生時は強制的に字幕なしです。
基本的に、英語音声時字幕非表示、日本語音声時強制字幕の二つしか選べません。
昔は音声選択で日本語、英語、そして字幕選択で英語オン・オフを選べたものですが、今では音声選択で日本語、英語しかない。
ほんと、昔に比べると北米版もいろいろ手抜きが目立ってきてますな。
メニューはトップから連続再生、各話選択、音声選択、エキストラ。
注意点。音声選択だけど、トップメニューからはもちろんですが、各話再生中にサブメニューを出して音声を選択することができます。ただしOVAの場合はサブメニュー画面には音声選択がないので、トップメニューで音声を選択しなければなりません。・・・他にやり方あるのかもしれませんが。

パケは通常のDVDケースに5枚ぶち込む形です。
限定版には1期を収納できるボックスが付いてきます。
2012年4月に1期がリリースされるので、それを入れておきましょう。


あらすじ
あらすじは
北米DVD版「セキレイ」のレビューを参照してください。

つーわけで、いまさらながら2期を鑑賞いたしました!
1期は主人公「佐橋 皆人」と「結」が出会い、鶺鴒計画をしり、さらに「草野」「松」「月海」といったヒロイン達と契約し、続くという感じで終わりました。そして2期は「風花」「焰」、二人のヒロインとの契約がメインになります。

「風花」
いわゆるババァ枠。かわいい所もあるにはあるんですけど、基本的にババァ過ぎる。
ていうか、あのサンバの衣装来てホォーーー!とか時代を感じて、すごく、萎えた。
ゆかなさんの声はバッチリだったと思う。それがある意味残念(笑。

「焰」
1期では主人公たちにとって同じアパートの住人。クールな男性で近寄りがたい印象があるが、羽化する前のセキレイ達を助けたりと熱い一面もある。主人公と出会ったときは男だが、主人公に少しずつ惹かれていき、肉体が女性化していく。そして主人公に責任を取ってもらうことになるのであった。・・・・・・、いや、カワイイ。しょーーじきね、このセキレイってアニメはテンプレ見たいな脳みそ足りてないお姉さんボインボインキャラばかりで若干飽きがあった。いや、うん。まぁ、草野がいるにはいるけどさ。



そこでコレですよ。男性的な魅力を持ったお姉さん。女性化したことに戸惑う姿はほんとごちそうさまでした。
んんーーーー、でも、個人的には女性にならず男性のままでも面白かったんじゃないかなと思いますね。いや、まぁ、私そういう系はあまり得意ではないんですけど、最近「かみのゆ」ってエロゲでそういう話見て、おもしろいなーと思ったのでね。・・・、まぁそれはおいといても、もう少しイチャコラもほしかった気がしますね。というかハーレムアニメとしてヒロイン一人一人に対してのイチャコラがいまいちですな。ストーリーを進めることも大切だけど、1話まるまる使ってヒロイン一人一人との話があっても良かった気がしますね。この点が物足りないかな。

で、2期はこの二人を交えて、同じアパートに住んでいる「鈿女」とその葦牙である「千穂」の物語へと進むわけです。
確か当時はここら辺で原作を追い越したような気がしましたな。このアニメはノホホンとした内容とは別にセキレイ達の命をかけた戦いがあって、結構残酷というかきついシーンがあります。(というか、鴉羽だけ出るアニメ間違えてるよね(笑))。今まで同じアパートで暮らしていた「鈿女」の機能停止。正直ハーレムアニメばんざーいという感じで見ていたんですけど、身近な人の死、最後の1羽になるまで戦うということは、「結」「草野」「松」「月海」「風花」「焰」達もいつかは戦うことになるんだよなー。と神妙な気分にさせてもらいましたな。というか、そこまでぜひともアニメでやってほしい気がしますねーーー。すごい盛り上がると思うんだけど、そこまでの体力があるのかといえば・・・・くっ。正直2期のあのラストはね・・・。

個人的にいまいちな所。
今回は1期よりグズな葦牙が多かった。ほんと見てるだけで気分悪くなる。二度と見返したくない!と思うぐらいだ。だからたぶんもう見ない(笑。あとは、1期のときから思ってたけどなんですけど、早く兄と妹の再開シーンがみたいです!!!原作はどーなんだろう。



はい。
つーわけで、強制字幕が糞ですが、気が向いたらかっとけ~。

[ 2012/03/17 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(1)

北米版「Aチャンネル」


タイトル:Aチャンネル
米 題:A-Channel
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/2/28
定       価:$49.98
収録時間:300m
枚  数:3枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:日本語   ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
   ・+Aチャンネル11話(完全新作映像)(日本語音声のみ+英語字幕)
   ・AチャンネルTV 3,4,9,10(日本語音声のみ+英語字幕)
   ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「Aチャンネル」は12話を6,6のディスク2枚、映像特典1枚のディスク3枚収録。
OPEDクレジットは日本語表記、題名や副題は国内オリジナル、アバンあり、次回予告あり、焼きつき字幕なし、強制字幕なし。各話の最後に英語テロップが流れる仕様です。
画質については平均ビットレートが4.8~5.2Mb/Sec、安心の2層設計です。ん~じゃっかんボケてるけど、DVDだし北米版だし、こんなもんじゃないでしょうか。
音声は日本語音声のみです。国内版にあったオーディオコメンタリーなどは収録されていません。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケ周りは通常のDVDケースにディスク3枚収納するタイプです。
最近のぶっさしケースよりは良いですな。

あらすじ
るん、トオル、ユー子、ナギの女子高生4人の日常を描いた作品。



はい。
というわけで、いわゆる何の変哲もない日常アニメです。
あずまんが大王のようにギャグに特化しているわけでもなければ、らき☆すたのように「あるあるwww」と連発することもなく、日常のように????となることもなければ、女しか出ないから百合物というわけでもないし、宇宙人&異星人&超能力者が出てくるわけでもない。4人の少女のキャラクターを生かしたごく、ごく普通の日常を描いているだけの作品です。

主人公の「るん」。パンツをはき忘れるほどののんびりおっとり天然系ドジっ子タイプ。人柄はよく、男子にも結構友達がいて面倒見も良いお姉さん。「トオル」幼馴染のるんのことが大好きで近づく人たちにバットで威嚇する。「ユー子」高校生とは思えないプロポーションだが内面は弱気な性格。「ナギ」いわゆるツッコミ役。

とまぁ、ごく普通のキャラクターですな。
普通の日常系アニメと違うのはメイン主人公のるん、そしてトオルは上級生と下級生の間柄という事。とはいえ実際アニメ上では対等に接している、だけど、ちょっとしたことで下級生のトオルに優しくする3人がすごくいい。すごいあったかい。序盤は持っていたバッドがだんだん登場しなくなったり、カラオケでの話とか、トオルが3人に見守られながら毎回入る挿入歌にあわせのーんびりと成長していく物語。というのがこのAチャンネルなのかな。うんうん。



・・・



と、建前はこんな感じですが、個人的にこのアニメはユー子(西 由宇子)声 - 寿美菜子を楽しむアニメが正しいと思います。

確かにトオルはロリキャラです。というかボーイッシュなロリキャラという非常に高度な設定です。ちっちゃくって寸胴だし、袖が伸びてぷらぷらしているところとかズッ☆キューンでした。個人的にビキニがスットーンは素晴らしかったというか、最高でした。なによりあの絶対領域!おかわり!!!
ナギ。ナギはあれだね、「家では兄貴のことをお兄ちゃんと呼んでいる。」という設定だけでおなかいっぱい。あんなクールな眼鏡っこが家ではお兄ちゃんだと・・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ふう。
るん。うーーん。るんなぁ・・・・。るんちゃんは俺的萌えポイントがなかった。残念。


で、ユー子だけど、明らかに浮いている。



確かにこの手のキャラはいます。らき☆すたでいえば高良みゆきのような大人なポジション。だけど、このユー子はある意味3人の中でだれよりも子供。というか「おちつけ!」と思わず言いたくなるほど喜怒哀楽の激しい子。たとえるなら、社宅に越してきて周りからいろんな目で見られる団地妻という感じ。



トオルという旦那の連れ子がなかなか懐かず、となりの奥さんるんは天然で話が通じない、学生時代の友人ナギはいまだにニートで家から出てこない。そんな中で高良みゆきのようなババ臭さ万能感を感じさせず、初々しさ全開で頑張るユー子に、おはずかしながら、私は恋をしてしまいました。(。-_-。)ポッ

いやーーほんとね、オンエア中、ずーーっとユー子の事しか見てませんでしたよ。
まずね、カワイイ。夜の学校から帰ってきて一人ぼっちで寝るのが怖くて「ひさしぶりやなー」という感じでくまさん抱っこして寝るとかどういう事?あんなでかいずーたいして、くまさん抱っことか・・・・カワイイ!!あと旦那の連れ子であるトオルとのやり取りが実にかわいらしいね。甘えたいけど甘えないトオルの態度(注:ユー子主観)に何とかして振り向かせようと飴でつろうとする姿。くっ、がんばれ!そして、カワイイ!!!



そしてもちろんエロイ。天然系のエロさ(お胸がきつーい!だから脱いじゃう!!)ではなく、もちろん意図的なエロさでもない。初々しさからにじみ出る自然系エロさがたまらない。水着を選ぶ所とかお前高校生なんだろ?なんだその肌の露出度は!!!と言いたくなるような水着選びのセンス。でもまぁ、似合ってるというか、すごくステキだった。うん。(。-_-。)ポッ。旦那の連れ子トオルに胸パンチされてずっこけるシーンとか、旦那の連れ子トオルと一緒にお風呂入っているシーンとか、映像的にエロさはないんだけど、改めて思い出すと、なぜかエロイ。うーん。不思議だ。そして声優さんもバッチリだったと思います。
なんだろうね、姿と中身のギャップ、この純粋さ。だけど純粋だけじゃない大人っぽさ。
それがユー子。



はい。というわけで、DVDだけなのが残念ですが、今月末には国内では続編がリリースされます。
その前に学習するのもありかと。かっとけ~。
[ 2012/03/10 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(7)