物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2011年9月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

ども。
9月。9月といえばやはりコンシューマーゲームですな。ゲームソフトも豊富ですが、東京ゲームショーで何が飛び出すのか!!そして任天堂は先制して何をぶちかますのか!!そして北米版を消化する時間がどんどん削られるのであった・・・・。

つーわけで、2011年9月発売予定の北米版アニメDVD&Blu-Rayで気になるタイトルをピックアップ!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします。


9月6日
・DVD

 ブラックブラッドブラザーズ--$19.98
 爆裂天使--$39.98
 エマ1期2期セット--$69.99
 ピースメーカー--$49.98
 To Loveる1期--$69.98
・Blu-Ray
 ブラックブラッドブラザーズ--$24.98
 爆裂天使--$44.98

エマお勧めだけどDVDなんだよねー。


9月13日
・DVD

 機動戦士ガンダム(初代 0079)--$49.98
 けいおん!3巻--$24.98
 えむえむっ!--$49.98
 ヴァンドレッド(1期2期+ova)--$39.98
 ゼノサーガ--$19.98
 ドラゴンボールZ改6巻--$29.98
・Blu-Ray
 ドラゴンボールZ改6巻--$34.98
 けいおん!3巻--$29.98
 クイーンズブレイド玉座を継ぐ者--$59.99

地味にガンダムが楽しみだったりします!


9月20日
・DVD

 アマガミSS1巻--$49.98
 D・N・ANGEL--$49.95
 涼宮ハルヒの消失--$29.98
 屍姫(1期&2期)--$69.98
 ヴァンパイア騎士Guilty--$49.95
・DVD&Blu-Rayコンボ
 涼宮ハルヒの消失--$39.98
 刀語2巻--$69.99
また、21日にはるろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編blu-rayが$69.98で発売されます。

消失がいよいよ出ますね。


9月27日
・DVD

 屍姫(1期&2期)--$69.98
 史上最強の弟子ケンイチ1巻(2クール分)--$49.98
 マルドゥック・スクランブル 圧縮--$29.98
 侵略!イカ娘--$24.99
 TRIGUN Badlands Rumble--$29.98
・Blu-Ray
 TRIGUN Badlands Rumble--$34.98
 幽☆遊☆白書3巻--$44.98

イカちゃんがMBかーー。まぁ、イカはエロイからな。うん。

こんな感じかな。
今月は「クイーンズブレイド」「ガンダム」「えむえむっ!」「消失」「刀語」「イカ娘」を購入予定かな。

では10月も先取り~。
DVDは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「青の祓魔師」「クリスタル ブレイズ」「金色のコルダ~primo passo~」「ネギま2期」「こばと」「プリンセスちゅちゅ」「テイルズオブアビス」「バンブーブレイド」「フルメタルパニック!The Second Raid」「地獄少女2期」「宇宙をかける少女」「RAY THE ANIMATION」「ひまわりっ!」「君に届け1期」「ウイッチブレイド」
Blu-Rayは「十二国期」「ドラゴンボールZ改」「フルメタルパニック!The Second Raid」「ウイッチブレイド」「劇場版るろうに剣心 維新志士への鎮魂歌」。
Dvd&Blu-Rayコンボは「鬼神伝」「Darker Than Black2期」。


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(Oreimo)」や「青の祓魔師」はRightstufなどで購入できます。
[ 2011/08/30 00:01 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(1)

雑記

いろいろ購入~。



・ランスクエスト
10時間ほどプレイしてますが・・・、LV上げが必要な古いタイプのRPGという感じかな。
あとは入れ替え規制とか行動規制とかそういう部分がちょっときついかな。もっとまったりRPGしたかったですな。
とはいえ、結構さくさく進むので、来月の神咒神威神楽までにはクリアしたいところですな。
・・・というかコンシューマが来月はきついなーーー。

・ミルキィーホームズねんどろいど

アニメ2期もやるようだし、楽しみですな~。
早く全キャラ出してほしいですね。



・おっぱぁい!
アニメのおっぱいカットやおっぱい知識を集めた本。これっぽっちもエロさはありませんが、これからおっぱいを始めようという初心者にはおっぱいアニメやおっぱいラノベの情報が載っていて便利だと思います。ただまぁ高すぎだわ。これで2000円はない。好きな人の画集買ったほうがいい。

・同人数点

部キャプまとめ2。そろそろ子供できても良い頃だと思います!(笑
ひなだまり総集編もコメントありでよろしいかと。



・夏目3期1巻

やっぱり1話はよいね~。
ただDVDサイズなのでボックスと背丈合わないんですけど(笑。

・まどか5巻

ん~。コメンタリーは相変わらず「すごい!」的な話ばかりで面白みに欠けるかな。
ただ10話終盤の部分は良かった。いよいよあと1巻ですな~。


つーわけでランスクエスト続きやるかー。
[ 2011/08/29 00:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

北米版「百花繚乱 サムライガールズ」Blu-ray版


題 名:百花繚乱 サムライガールズ
米 題:Samurai Girls
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2011/8/23
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:計2枚
特   典:
○特典映像
    ・百花繚乱 ~乙女?嬉し恥ずかし将士の契り~全6話(日本語音声のみ)
    ・風華チルヲ先生描き下ろしキャスト音声付4コママンガ全6回(日本語音声のみ)
    ・日本版プロモ映像
    ・TVコマーシャル集
    ・プロダクションスケッチ
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング1種(十兵衛文字なしバージョン)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「百花繚乱 サムライガールズ」Blu-ray版は全12話を9,3のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名や副題も日本語表記、各話終了後に英語テロップが流れる仕様です。
あ、ちなみにEDはちゃんと毎回十兵衛の一言が変わっていました。
アバンあり、次回予告あり、焼きつき字幕なし、強制字幕なし。

映像、音声仕様は以下の通り

第1話
1話
Disc Title: SAMURAI GIRLS DISC 1
Disc Size: 48,132,364,668 bytes
Playlist: 00004.MPLS
Size: 5,372,663,808 bytes
Length: 0:25:15
Total Bitrate: 28.36 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 22721 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2157 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1704 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Subtitle: English / 8.453 kbps
Subtitle: English / 49.560 kbps


適当にピクチャ。







HD作品。
画質はなかなかよろしいと思いますね。作風からバカテスのようなうっすらとしたボケ的な物があるのかと思っていましたが、全体的にかなりくっきり画質です。色調が統一された世界で、線一本一本が強調され、幻想的でもあり素晴らしいコントラストも味わえる作品ですな。そしてその中でも決してキャラクター描写が浮くことはなく、作画等も含めて良い出来だと思います。バンディングは思ったより見当たりませんでしたね。流石ホビージャパン、フィギュア売るために力入れてるな!といった感じでしょうか(笑。

それとひとつ映像という事で最終回の注意点。
まずTV版は尺の都合上、OPEDがカットされていましたが、こちらは国内セル版と同じくOPEDが追加されています。次にTV版では最終回の戦闘に一部モノクロ演出の部分があり、セル版ではそこに色が加わっていました。今回の北米版はTV版のモノクロ描写のみが収録されている形になります。一方、ラストの追加カットは収録されています。個人的に気がついたのはコレぐらいかな。流石SENTAI、こういうポカは見逃さないと言った感じでしょうか(笑。

しかし、最近はまどかマギカのセル版での鬼修正とか、まりあ†ほりっくでのセル版マドカ演出削除とか、TV版、セル版どちらにも価値がある作品がぽつぽつと出てきていますね。個人的にまどかの流し眼きゅうべいがなくなってたのがすごい残念でしたわ。金のかかる国内版はどっちも入れてほしいと思いますね。

音声は英語音声も収録されています。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
映像特典は上記通り。いちばんうしろの大魔王の時と違ってミニエピソードなどしっかり収録されています。
パケは上記通り、ディスク2枚収納可能です。ライナノーツなどはありません。

あらすじ
「美しい国、大日本!」
物語は徳川幕府の治世が今も続いている21世紀が舞台。
主人公「柳生 宗朗」は友人でもあり第25代将軍・慶康の息女でもある「徳川 千」の命により、所有している道場に明け渡しのためにおとずれるが、そこで反徳川の「真田 幸村」と出会い、不幸にもラッキースケベをしてしまう。そして、例のごとく誤解により徳川から追われることになった宗朗の前に空から裸の少女が降ってくるのだった。

とまぁ、こんな感じのあらすじです。

ズバリ、悠木碧さん演じる柳生 十兵衛が可愛くて仕方がない。そしてぐつぐつさーーーーーーん!!
終わり!



・・・・・・、ごほん。
空から落ちてきた少女「柳生 十兵衛」。前半は彼女の成長物語(笑、そして「真田 幸村」「徳川 千」というヒロインたちとイチャコラする話になっています。キスをすることによりマスター侍として覚醒することができる。その微妙なやりとりをブヒーーと叫びながら楽しむのがこのアニメの見方だと思いますね。もちろん、ホビージャパン系が誇る肉厚とでもいいましょうか、キャラクター美を墨を垂らしたような演出で楽しむというのもあるにはありますが、真髄はイチャコラです。

そういう意味で不満はやはり「後藤 又兵衛」「服部 半蔵」「直江 兼続」といった魅力的な脇役たちとちゅっちゅ出来なかったことでしょう。あとはクイーンズブレイドなどと比べるとキャラも少なかったですが、このぐらいのほうが1クールにはちょうど良いと思います・・・とはいえ、個人的にこの手の和の世界では、やはりヤマトナデシコ的なキャラがほしかった。十兵衛はイタタタだし、千はうるさいし、幸村はくぎゅぅぅぅうなので、小林ゆうさん演じる物静かでやさしい母性を感じる「後藤 又兵衛」さんと大人なちゅっちゅをしたかった。天然キャラでいつも幸村にいじめられている「直江 兼続」の味方になってあわよくばハプニングちゅっちゅしたかった!!!!そして半蔵は!!!!!半蔵は・・・半蔵はいいや別に(笑。

終盤は十兵衛の妹?「柳生 義仙」による二人の十兵衛の戦い、徳川の本当の目的、そして共闘。といった良くある展開なんですけど、ここで「徳川 慶彦」が登場するわけです。男かーーー。男。しかもここにきてヤマトナデシコ的なシャルル・ド・ダルタニアン登場ですよ。どんなにつらい目にあっても尽くす彼女と最終的にそれを受け入れる慶彦。このあたりの流れは、なんつーか本編を喰うほど日本的な献身的な感動がありましたね。まぁ、個人的には慶彦には死んでもらって、未亡人的なニアとちゅっちゅしたいと思いますけど、ひとつの物語の締めとしては良かったんではないかと思いますね。うん。本心だよ。

あとは・・・・おっぱいですね。
TV版では墨で塗りつぶされていましたが、流石セル版。おっぱいいっぱいです。
エロすぎず、かといってただのおまけというわけでもなく存在するおっぱい。独特な世界観で描かれるおっぱいは実にやわらかそうでしたね。私もこれまでいろいろアニメでおっぱい見てきましたけど、やわらかそうなおっぱいランキングベスト3に入るほどのおっぱいでした。流石ホビージャパン。フィギュア売るためにキャラクター描写には非常に力入れてますな(笑。これ上でも言ったな(笑。



はい。
というわけで、コレ見るとフィギュアがほしくなる!!!
米尼でも安いのでかっとけ~(笑。
[ 2011/08/28 00:13 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(3)

雑記

いろいろ購入~



・カーニバル・ファンタズム

ん~。人大杉ですな!fateなり月姫なりに絞ってやればキャラの個性がもっと出てよかったと思いますが、まぁ、お祭り作品にかみつくのもどうかと思いますな。とはいえ・・・全3巻もやる予定なのが一夜限りのお祭りみたいなノリで許されるのかは不明ですし、そんなことより魔法使いのよ・・・ゲフンゲフン。原作ベースで岸監督らしい演出もアリでなかなか楽しかったと思いますね。まぁ、原作まんまなので、原作みてりゃ十分という気も。ゲフンゲフン。そんなことよりななこをもっと出してくれ!!「カ・ゼ・ニ・ナ・レ カ・ゼ・ニ・ナ・レ ワ・タ・シ・ノ・コ・イ」

・・・。
あ、特典の画像集はすばらしい!できればA4以上でほしかったなーーーー。
いやそれよりもこれ見てて思い出したのが

ずいぶん前に買ったTV版月姫の北米版。
うーーーーん。うーーーん。見てみるか・・・。




・G's電波
ほかで注文してたの忘れて2個到着。
エリオづくしでファンにはたまらん一冊ですな。
はがないでブリキ分を補給できるのか・・・2期が待たれますな。

・同人いろいろ
んー、今回はまとめ本系を結構買ったかな。
個人的にひかげさんのが良かった。

いきなりババキュア(笑。

つーわけで、月末ですな。
金が飛びますな(笑。
[ 2011/08/21 18:14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ゼーガペイン


タイトル:ゼーガペイン
米 題:Zegapain
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/10/02,12/04,2008/02/19,04/15,06/03,08/05
定   価:1巻限定版$39.98 通常版&2巻以降$29.98
収録時間:650M
収録枚数:6枚
映像仕様:16:9
音声仕様:英語  ドルピーデジタルステレオ 224Kbps
         日本語 ドルピーデジタルステレオ 224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットプロローグ
     ・ノンクレジットオープニング(ver,1,2,3,4)
     ・ノンクレジットオープニング(EP23,26)
     ・ノンクレジットエンディング(ver,1,2,3,4,5,6)
     ・ノンクレジットエンディング(EP1,6,10,13,14,17,18,19,22,23,24,25,26)
     ・ノンクレジットエンディング(FULL Ver)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 ゼーガペインは全26話を5,5,4,4,4,4のディスク6枚に収録。
OPEDクレジットは日本語表記、サブタイトルは日本語、アイキャッチあり、次回予告あり。焼きつき字幕は見当たらず。
画質についてですが、平均ビットレートが6.88Mb/Secの2層設計。若干ちらつきますが、標準的な北米品質だと思います。
音声は英語音声も収録されています。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、音声選択、エキストラ、クレジット。
パケは上記通り。ライナノーツなどはなし。
1巻限定版には全巻収納ボックスが付きます。

こういう風にあける仕様。
ダサすぎですな(笑。

あらすじ

舞浜市に住み、近郊の高校に通う普通の学生、十凍 京が主人公。
水泳部存続のため活動する彼は、ある日、飛び込み台で見知らぬ美少女を目撃する。
入部希望者が来たと思い彼はプールへと駆けつけるが、その少女の姿はなかった。
だが、彼女は十凍 京を見知らぬ戦場へといざなうため再度現れるのだった。

とまぁ、こんな感じかな。



序盤は今いる世界が現実なのか仮想なのか、1話の中でも日常と非日常が繰り返され、ちょっと腰が落ち着きませんな。そして有名な電車のシーンで日常が非日常であること、今いるクラスメート、街の人たちはみんなデータであるという事がわかるわけです。では幼馴染の「守凪 了子」は?んーーー、ここら辺から個人的には非常に盛り上がってきましたね。

クリス・アヴニールとアーク・アヴニールという恋人たちの話。現実世界で戦うが、データを少しずつ失っていき、やがてデータでの死を迎える。彼らの生きざまを目にし、データとなった自分たちは何のために生きるのか、生きることとは何かを主人公は悩むわけです。そしてそれと時を同じくして、主人公のように仮想世界で目覚める人たちが現れるわけです。幼馴染の「守凪 了子」もその一人ですな。

この中盤あたりから敵が見え始め、現実世界での戦いが本格的に始まります。
だが、そう物語は順調に進むわけもなく、ある戦闘がきっかけで幼馴染は現実世界から、データとして消失してしまいます。このアニメ一番の見どころではないでしょうか。その後、ゼーガペインの中でのみ自我を保てる事が発覚して、物語は大きく前へと進みます。データとして生きていること、そしてそれらが既に100回近く同じことを繰り返していた事実を知るわけです。いやー不幸盛りだくさんですな。で、終盤は人間として再び生きるための方法を知り最終決戦へと向かうわけです。

仮想世界と現実世界。
たいていのアニメだと終盤は現実世界での戦闘がメインになります。このアニメもそうですけど、個人的には全体的に仮想世界をベースに描いている気がしますね。というより、現実世界での中華姉妹?とかキザなニーちゃんとかの掘り下げがよわかったし、戦闘シーンとかいまいちだったし、ぶっちゃけ敵がよくわからん。ていうか、本当に現実世界がゲームみたいに思えるほど仮想世界の出来が良かったと思いますね。だからこそ、仮想世界が100回近く繰り返されていることを知った時、愕然としましたね~。そしてそこからの仮想世界でのロボ戦闘。ここ最高に盛り上がりましたねー。上記にも書きましたが、次々とド級の出来事が起こり、終盤はホント目が離せませんでしたな。



つーわけで、一度ベスト化予定もあったが実現されなかった今作品。
新品で手に入れるのは難しいですが、見つけたらかっとけ~。
[ 2011/08/16 00:15 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)

北米版「バカとテストと召喚獣」Blu-ray/DVDコンボ版


題 名:バカとテストと召喚獣
米 題:Baka and Test Season 1
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2011/8/2
定       価:$64.98/$69.98
収録時間:325m
収録枚数:計5枚
特   典:
○特典映像(日本語音声のみ)
    ・Mission:Impossible:Baka~予告編
    ・Mission:Impossible:Baka~Mission:01 ムッツリーニは殺しの番号
    ・バカ限定女装コンテスト
    ・姫路瑞希の女子ごはん
    ・王様ゲーム in 文月学園
    ・バカテス童話 ~召喚獣は見た!? 赤く染まったウェディングドレス!
   みちのく湯けむり密室の悲劇! 孤島の狭小物件、黒髪の匠の技~
    ・クリスマス特別映像/文月学園オンラインAクラスクレジットエンディング
    ・プロモ映像
    ・オリジナルコマーシャル映像
    ・オリジナルDVDコマーシャル映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング1,2
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「バカとテストと召喚獣」Blu-ray/DVDコンボ版は1期全13話を9,4+特典のディスク2枚に収録。
DVD版は全13話を7,6,特典ディスクの計3枚に収録されています。
OPEDテロップは英語表記、題名や副題などは日本語表記、アバン、アイキャッチ、次回予告、エンドカードなども収録されています。焼きつき字幕なし、強制字幕表示もありませんでした。OPテロップは英語表記に差し替えてありますが、オリジナルの作風を崩さずにうまく作ってあると思いますね。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1,2,4
・収録時間:325m
・収録枚数:3枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタルステレオ 192Kbps

DVDは日本国内のリージョン2にも対応していますので、国内プレイヤーで見ることも出来ます。
DVDのビットレートは6.2Mb/Sec。ボケボケかと思ったけど、意外と悪くないですね。

○Blu-Ray版
第一話
Disc Size: 46,203,157,097 bytes
Playlist: 00028.MPLS
Size: 5,091,170,304 bytes
Length: 0:23:56
Total Bitrate: 28.34 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21056 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2398 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz
/ 448 kbps / DN -10dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 825 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz
/ 192 kbps / DN -9dB / Dolby Surround)
Subtitle: English / 61.318 kbps
Subtitle: English / 12.770 kbps


適当にBDからピクチャ。
北米DVDと比較しようと思ったけど、セットなので比較いらない気がしますな。







HD作品ですね。
演出で全体的にソフトな感じの画質です。この手の映像は北米DVDになるとビットレートが下がり、昔のファニメーションとかだとより一層ボケボケになって見れた物じゃなくなりますが、Blu-Rayはノイジー感もなく、にじむ様なカラーノイズも見当たりませんでしたね。というか個人的にファニの作品で初めてボケてるけど北米版ボケじゃない!と実感できる画質でしたな。作品のもつ柔らかなカラフルさを十二分に味わえるかと思います。まぁ暗い画面などでは相変わらずバンディングが発生していますがね。

映像という事で注意点ですが、このアニメはアイキャッチや次回予告などの映像で小テストが流れるのですが、その英語訳がありませんね。他のメーカーの場合は字幕などで覆ったり、映像特典などでまとめてたりしますが、それらしきものは見当たらず。ちょっと手抜きですな。

音声は英語音声も収録されています。
メニューはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
映像特典は上記通り。コメンタリーとか実写といった中の人系がごっそり削られていますね。
パケ周りについてですが、通常のDVDケース2個に2枚、3枚収納されています。ライナノーツなどはなし。パケはリバーシブルで背表紙などもいい感じに作ってあると思います。葉賀ユイさんの絵は良いね。うん。
今作品には限定版がありますが、限定なのは収納ボックスが豪華というだけです。$5の価値があるかといえばないですが、収納ボックスあるに越したことはないので限定版で良いと思いますね。



あらすじ

すべてが学力で決まる「文月学園高等部」。
成績毎にクラス分けをし、そこに目に見えるような優劣を付けくわえる。そこから抜け出すためにはクラス一丸となって学力を上げて、「試験召喚システム」という学力によって力の差が出る戦闘システムを使い、上位クラスへと勝負を挑む。勝てばその施設が自分たちのものに、そして負ければ環境が悪くなる。主人公はその学園で最下位のクラス「Fクラス」で、もっともバカと称される「観察処分者」である少年「吉井 明久」。仲間たちとともに、彼の戦争が始まるのだった。

とまぁ、こんな感じですかね。

つーわけで、私、原作も読破しております。

まず何よりギャグが良い。
基本的に突っ込みギャグが多いのですが、大抵のアニメの場合、雰囲気をびしっと断ち切るようなツッコミ、プロレスでたとえるならシンプルな抑え込みのようなギャグ描写が多いです。それに対して今作品は突っ込んだまま共に落ちていく、プロレスで言うならローリング・クラッチ・ホールドといったクラッチ技、クラッチ系ギャグという感じですね(笑。吉井&美波+ムッツリーニによる定番な流れは、テキストの良さと下野紘さんの演技力、美波の体を張った流れ、そしてパンツを追い求めるムッツリーニの孤独な戦い、これらが実にうまくまとまり、一つの技へと昇華されていたと思いますね。いやー、アニメ化でこの点が素晴らしかったと思います。

後半に覚醒する姫路 瑞希も良かった。というか、この女子二人の吉井に対する気持ちがどんどんあっち方向へと飛んでいくのが面白かった(笑。序盤のラブレターがどうこうの辺りとか、終盤や2期の姫路からは想像もつきませんな。姫路が次はどんなとんでもない事をいうんだろう。と、毎回わくわくさせてもらいましたね。そしてその女子の輪に自然と加わって吉井LOVEをする久保君が最高だった(笑。「あれなんで久保君がいるの」この吉井のセリフまでの流れが、よかったですな(笑。

そして男の娘。
このアニメを語る上で外せないのが「男の娘」でしょうね。
クラスの内訳が男子47名、女子2名、「秀吉」1名。という扱いを受ける美少女のような男性「木下 秀吉」。女装姿にファンクラブまでいるアキちゃんこと「吉井 明久」。恥ずかしさによる物静かさが、まともな女子のいないこの学園の中でより清楚として目立つ「土屋 康太」。あくまで男であり、男として行動する。というのが昨今巷にあふれている男の娘と違っていましたね。・・・ってもまぁ、巷の男の娘なんてほとんどあっち方面ですからね。たとえばさ、秀吉が吉井にちょっとでもデレたりしたら、それは違っちゃいますからね。秀吉が「わしは男なのに明久の事を・・・」とかやり出したら、それはもう、別物ですよね。うん。いや、みたくないと言っているわけではなく、お勧め本があればぜひ教えてもらいたいけど、やっぱりそれは違うよ!うん!



で、不満点だけど、基本的にキャラクターを掘り下げる過去の話っていうのがなかったね。
まず何より登場人物たちの過去のつながり。2期でやったけど、吉井と姫路と美波妹のつながり、雄二と翔子の関係とか。まぁ、どのアニメでもそうだけど、回想話ってちょっとだれるんですよね。区切りみたいなのがついちゃうので、テンポの良いギャグアニメだといきおいを殺してしまいますよね。とはいえ、やはり説明なしに美波妹とか出してきて、吉井と姫路の知り合いだったのはちょっと違和感あったし、翔子の雄二に対しての行動とかちょっと説明不足ですよね。まぁ、原作組からすれば一定のテンポで楽しめるからよいんですけどね。

はい。
つーわけで、ギャグアニメとしてなかなかの一級品かと思いますぞ。
2期も北米ライセンス取得済みなので出ると思います。安心してかっとけ~。
[ 2011/08/11 00:01 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(4)

雑記

いろいろ購入~。



・バカとテストと召喚獣
簡易レビュー。
第一話
Disc Size: 46,203,157,097 bytes
Playlist: 00028.MPLS
Size: 5,091,170,304 bytes
Length: 0:23:56
Total Bitrate: 28.34 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21056 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2398 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -10dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 825 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -9dB / Dolby Surround)
Subtitle: English / 61.318 kbps
Subtitle: English / 12.770 kbps








あんまりくっきりではないね。でもこういう仕様なんですかな。
OPテロップとか英語に差し替えてあるんだけど、違和感なく作ってあるね。
でも次回予告とかアイキャッチの小テストが英語訳ないのかな。
画面を覆い尽くす字幕期待したんだけど(笑。

・クイーンズゲイト
とりあえず10話ぐらいまで進めてみたけど、何がいやって回復するたびに「はぁはぁはあ・・」ってセリフが入ること。うぜーー。これけしてぇー。あとはまぁブレイドとおんなじですな。キャラに惹かれたら買いでokかと。

・ネクロノミコン異聞

店頭で「( ^ω^)おっ!」って感じで見つけたので買ってみたけど、まぁ、あれだ、絵で買うのはやめたほうがいい(笑。クトゥルフとWW2の知識があって初めて楽しめるという感じなのかな。時間のあるとき見てみよう。

あとドイツで東京マグニチュード8.0がでるみたいだね。


北米版も出してほしいですなーー。
[ 2011/08/07 00:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

北米版「Angel Beats!」Blu-ray版


題 名:Angel Beats!
米 題:Angel Beats!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2011/7/26
定       価:$69.98
収録時間:350m
収録枚数:計2枚
特   典:
○特典映像
    ・TV未放映エピソード(Stairway to Heaven)
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「Angel Beats!」Blu-ray版は全13話+OVAを9,5のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、各話終了後に英語テロップが流れる仕様です。
アイキャッチ、次回予告などは収録されています。焼きつき字幕は見当たらず。
強制字幕表示もありません。

映像、音声仕様は以下の通り

第1話
1話
Disc Title: ANGEL BEATS DISC 1
Disc Size: 47,836,985,704 bytes
Playlist: 00004.MPLS
Size: 5,464,651,776 bytes
Length: 0:26:56
Total Bitrate: 27.04 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21096 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2097 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2112 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 9.154 kbps
Subtitle: English / 65.186 kbps


適当にピクチャ。





くっきりしているほかの作品と比べると、演出なのかソフトな印象のある画質です。そのおかげかバンディングなどはあまり目立ちませんね。ただ暗いシーンなどでは若干ノイジーに感じる時もありました。とはいえ全体的にカラフルできれいだしだし、ライブシーンとかもHD品質は十二分に味わえました。
これでキャラクター描写がもうちょっと繊細だったら・・・。いや、まぁ、それは後にしておこう。

音声は英語音声も収録されています。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
映像特典は上記通り。TV未放映エピソードは日本語、英語音声共に収録されています。あと一点注意点として、国内であった「第13話アナザーエピローグ」が収録されていません。他のサイトで詳細みてみましたけど、アナザーのほうが良かったかな。まぁ、どっちでもいいや(笑。
パケは上記通り、ディスク2枚収納可能です。ライナノーツなどはありません。

あらすじ
目を覚ますと、夜。学園のような場所で、目の前には銃を構えて遠くを狙っている少女がいた。
「私の名前は仲村 ゆり。今日からあなたも死んだ世界戦線(SSS)の仲間よ!」
こうして音無 結弦の学園生活が始まるのだった。

とまぁ、こんな感じですかね。

ん~。いや、まぁ、おもしろかったですよ。
keyらしいハイテンションなノリはたまにみる分には面白いし、その中でもキタエリさんは最高だった。
泣けはしないけどよいエピソードもありましたね。個人的にはユイの辺りはなかなか良かったと思う。あと天使が少しずつ友達増やしていって、最後の卒業式での明るさにはすごい癒されたな。うん。天使がちっこくてかわいかったね。天使ちゃんマジ天使。

↓以下ネタバレ含む




たとえるなら「欠陥住宅」アニメといったところでしょうか。

まず基礎となる土台が貧弱すぎる。

1クールという狭き土壌に、あれやこれやといろいろ設計しすぎ。2クールでやれというわけではなく、もう少し時間をかけるなりなんなりして、いらない部分を削ってスマートに出来なかったんだろうか。keyのアニメって原作が出来てから制作やファンでじっくり温め、そして最後にアニメ化したというイメージがあるんですけど、なんかこれは先走って一人が全部やろうとして駄目だったという感じかな。

そして家を支える柱というべきキャラクターに魅力がなく、無駄に多い。

アニメ会社のおかげでキャラがのっぺりしてて魅力がない。というのはとりあえず置いておくにして(笑。
たとえば主人公の音無 結弦だけど、妹が生きている時になぜ何とかしようとしないんだ。そりゃ病人を養っていくのは大変だし、影で病院とやりあったのかもしれないけど、無気力でだらだらした描写しかないから感情移入できませんわ。で、死んだあとにもう一度生きがいをみつけるために医者になることを決意するわけだ。妹がかわいそすぎる。

あと終盤でユイを浄化させた後に缶コーヒー飲みながら「次はだれにすっかな~」とかいってるシーンは、???でしたな。浄化させることは幸せにさせることだから良いことなんだろうけど、「コンビニいってくるわ!」みたいなノリなのはちょっとなぁ。あと筋肉眼鏡とかオノ男とか完全にネタキャラだったよね。TKとかおもしろいってだけだもんなぁ。何か話があるかと思ったのに。

そして貧弱な土壌、ひ弱な柱に支えられた家に「私のせいで強盗に弟妹たちを全員殺された」という感じのヘビーな天災がやってくる。そりゃ当然家が耐えられるわけがありませんな。バランスがすごく悪いよね。こんな超ド級の話を持ってくるなら下準備しっかりしないとね。こんな唐突にだされても、ラストのシーンは感動しませんよ。うん。

ただ、上でも書いたけどユイの生前から浄化までは結構よかったかな。
まぁ、keyらしいベタベタな話だけど、ユイがやりたかったのはプロレスでもなく、サッカーでもなく、野球でもなく、お母さんを助ける事。日向によって救われ、3人が仲良く過ごすシーンはちょっとジーンときたね。日向、うざいホモ野郎だと思ってたけど、かっこいいじゃん!ただ、やんよ!はないよね。ギャグ入れてどうすんだと思いました(笑。
・・・・・・とおもったら、その終盤、一人で戦うゆりに「ゆりっぺ!お前だけ一人残して・・・」とかちょっと興ざめですわ。まぁ、仲間思いのいい奴だとは思うけど、上の音無もそうだけど、「浄化させたらそれまで」という感じがちょっと気に入らないかなぁ。尺の問題もあるんだろうけど、余韻がほしいよね。

あとはまぁ、全体的に演出が古臭かったですな。
ライヴでの消滅シーンあたりのスロー演出とか、最後の卒業式なんて最たるものだね。
最後の卒業式。アレは、もう、ぶるぶる震えながらみてましたわ。悪い意味で。

まぁ、いろいろ愚痴りましたけど、主人公たちはまだ未熟な少年少女だからね。
こういうものなのかもしれませんな。



はい。つーわけで、序盤はすごく良いと思う。
非日常からライヴでの舞うお食事券あたりは「おぉーっ」ってなります。
それに天使はかわいいしね。
かっとけーーー!!
[ 2011/08/06 00:11 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(5)