物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2010年6月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-ray

2010年6月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-rayで気になるタイトルをピックアップ!
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします。

6月1日。
BOXはBECKが$29.98、夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-が$49.98、精霊の守り人が$129.99、ニニンがシノブ伝が$49.98、スレイヤーズ EVOLUTION-Rが$59.98、ソウルイーター3巻が$59.98など。

キャベツ北米襲来。

6月8日。
パピヨンローゼが$34.98、黒神2巻がDVDとBDで発売されます。

注意!黒神BD版は英語音声のみです。

6月15日
BOXはCLANNAD1期が$69.98、ウイッチブレイドが$49.98、X TVが$49.98など

CLANNADは英語音声も収録されています。

6月22日
金色のコルダ1巻が$49.98、ああっ女神さまっシーズン2が$49.98、強殖装甲ガイバーが$54.98、ヒロイック・エイジが$59.98、涼風が$19.98。
劇場版ガンダム3部作セットが$39.98、劇場版Zガンダム3部作セットが$64.98(単品ではそれぞれ$24.98)
BDがアフロサムライが$39.98で発売されます。

ZはBDで出して欲しかったなぁ・・・・。

6月29日。
バジリスク〜甲賀忍法帖〜が$39.98、銀魂2巻が$49.98、魔法少女隊アルス:コア・コレクションが$39.98など。

銀魂は全部出すのかな。

6月はこんな感じ。
ほんとにヤバイ状況だなぁ・・と痛感するような有様ですな。どっかで見たタイトルの再販ばかり。
んーーZガンダムと瀬戸ぐらいかな。

では7月~。
新規&再リリースでは「D.Gray-Man1期」「天保異聞 妖奇士」「マリア様が見てる4期」「涼宮ハルヒの憂鬱(1期)」「ペルソナ」「とらドラ!」「蟲師」「0091」「Black Cat」「砂ぼうず」「ゴルゴ13」「マジカノ」「ロミオ × ジュリエット」「瀬戸の花嫁」「Shuffle!」
続き物では「アイシールド21,2巻」「ハヤテのごとく4巻」「ガンダム002期2巻」「ソウルイーター」「クイーンズブレイド」「レイアース2期」「地獄少女2期2巻」
BDはMnemosyne -ムネモシュネの娘たち-がリリースされます。


ペルソナやとらドラは通販が限られてます。公式、Right Stuf、AnimeNationあたりがいいのでは。

<追記>
グレンラガンのBOXも7月にでるみたい。
[ 2010/05/31 15:50 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(0)

ALAN WAKEクリア



○ALAN WAKE
10時間かからずにノーマルクリア。
クリア時はこんな感じ。

この作品はずいぶん前からネットとかで画像があがり、そのグラフィックのすごさに感動したものですが、いざプレイしてみるとグラフィックの面で感動することはありませんな。もう少し発売が早ければ感動したかもしれませんけどね。

ストーリーはスティーブンキングのモダンホラー物をベースにいろいろつまみ食いしたような感じですね。まぁ、難点はホラー物なんだけど怖くない事。一見、サイレントヒルのような感じですが、じわじわ来る怖さはなく、敵が出現するタイミングなんかもいちいち効果音と共にズームになるので緊張感がそがれます。まぁ、「ココででるぞ・・でるぞ・・でたーー!」というお決まりが洋物らしいですけどね。一方戦闘はなかなか熱い。ロケランとか爽快感を求める戦闘はありありませんが、いい要素になっているのではと思いますね。んー個人的には同じ洋物ホラーゲーとしてはコンデムドのほうが面白かったなぁ。というかコンデムドのほうが「アクション サイコスリラー 」というジャンルに合ってますね。こちらは「モダンホラーアクション」という感じ。

○永遠のアセリアSP
資料集目当てです。プレイするかは・・・まぁ、特に予定なし(笑。
保存版ということで。

○デススマイルズ2
1が面白かったので買ってみました。
さてさて。


○蒼い世界の中心で
web漫画が面白かったので買ってみました。

○いいんちょ
限定版と通常版購入。

サイン本当たりました。ありがとうございます。
いやほんとさ・・・・どのハーレム作品にもかならずいる「いいちょ」ってホント最高だよね。(しみじみ
めがね、おでこ、ツリ目、貧乳、白パンツ・・・、そしてスク水。キャラ全員がコレだなんてなんてご褒美。
はぁ・・・・もうちょっとサイズ大きくしてだしてくれねーかな(笑。

[ 2010/05/30 17:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

魔法騎士レイアース 15周年リマスターバージョン


タイトル:魔法騎士レイアース 15周年リマスターバージョン
米 題:Magic Knights Rayearth Season one 15th ANNIVERSARY
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2010/04/27
定       価:$39.95(購 $30.36)
収録時間:500m
収録枚数:4枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ     192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ     448Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像 
     ・ノンクレジットオープニング&エンディング
     ・ノンクレジットオープニング&エンディング(英語バージョン)
     ・ノンクレジットオープニング(旧DVDバージョン)
     ・インタビュー映像(米スタッフ)
     ・平野俊弘監督インタビュー
     ・NG集(英語音声のみ)
     ・アートギャラリー
     ・マジックスペル(魔法の英語名)
     ・キャラクタープロフィール(英字)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 魔法騎士レイアース15周年リマスターバージョンの第1巻は1期全20話を5話づつディスク4枚に収録。
OPEDは日本語テロップ、題名なども国内オリジナルになっています。アバンあり、次回予告あり、その後の「今日はだ~れだ」もちゃんと収録されています。それと北米版だと英語音声の場合、主題歌も英語音声でしたが、このバージョンではどちらも日本語での歌になります。まぁ、映像特典であるから問題はないかと。

画質について。
平均ビットレートが7.39Mb/Secの2層設計。国内オリジナルも国内リマスターも見たことがないので国内版との比較は出来ません。北米旧DVD版は持ってるので比較はこちら。



(上旧DVD版 下リマスター版)



(上旧DVD版 下リマスター版)



(上旧DVD版 下リマスター版)

いうまでもなくリマスターきれいです。
まあ古い作品だからノイズとかはなくなりませんけど、旧版持ってる人なら十二分に買いかと思います。

音声は英語音声も収録。珍しく日本語音声の方がビットレート良いですね。
メニュー周りも旧版とは違いきれいにまとまっています。トップから連続再生、チャプター、言語選択、エキストラ。
パッケージも以前に比べるとこぎれいにまとまっています。ライナノーツとかはないけどね。



作品の内容や感想は旧版のレビューを参照してください。
旧版魔法騎士レイアース

つーわけで、久々に見ましたけど、相変わらず海ちゃんはかわいいね。
国内版はプレミアなのでお勧めかと思いますよ。かっとけ~。

[ 2010/05/29 22:12 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

クイーンズブレイド


タイトル:クイーンズブレイド
米 題:Queen's Blade
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2010/5/18
定   価:$29.99(購入計 $21.26)
収録時間:100M
収録枚数:1枚
映像仕様:16:9
音声仕様:英語  ドルピーデジタルステレオ 192Kbps
         日本語 ドルピーデジタルステレオ 192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像 (日本語音声のみ)
     ・みんなでちゃうよガイノス学園大暴れ!第1章「炎の転校生トモエ 疾風編」
     ・みんなでちゃうよガイノス学園大暴れ!第2章「炎の転校生トモエ 怒涛編」
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・プロモ映像、CM映像
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版クイーンズブレイド1巻はTV1期の1話~4話をディスク1枚に収録。
OPEDは日本語テロップ、題名や副題は国内オリジナル、アバンあり、次回予告も収録されています。
画質は平均ビットレートが6.81Mb/secの2層設計。北米のDVDなら十分合格点の画質だと思います。一部回想シーンなどノイズが演出で掛かっている部分はかなり飛散なことになっていますが、まぁ、こんなものでしょう。
音声は日本語と英語音声が収録されています。ん~、まぁ、あえぎ声とか違和感ありますし、ナナエルにいたってはまじでうざくてイラつく、ある意味キャラクターにあった声になっていますな(笑。

メニュー周りはトップから連続再生、チャプターセレクト、音声選択、エキストラの標準的な仕様。
パッケージは上記どおりで、ライナノーツなどはなくディスクのみ。
昨今は1クール単位でリリースすることが多い北米版ですが、MBは相変わらずの単品商売です。応援してあげたい気持ちもあるんですけど・・・・、うーん、2巻以降は分かりませんな(笑。
それともちろん地上波バージョンではなく、セルバージョンが収録されています。



あらすじ
名門ヴァンス伯爵家第一継承者でもあるレイナ・ヴァンスは、日々鳥かごの中の様な生活に嫌気がさしていた。
そんな時彼女は荒野の義賊 リスティと出会う。自由な生き方の彼女に感化されたレイナは継承権を破棄してリスティとともに旅立つ。そして彼女は4年に1度開かれる女王を決める闘技会・クイーンズブレイドを知るのだった。

とまぁ、こんな感じかな。
1期はクイーンズブレイド本編というより、それまでの道中がメインの話になっていますね。
数多くのキャラクターと出会い成長していくレイナ。故郷のために戦うトモエ。レイナを連れ戻そうとするシスコンの妹エリナに異母姉のクローデット。基本的にお話は暗く悲しいものが多いので、泣ける・・・人もいると思いますね。個人的にはクローデットがいいですね~。彼女には幸せになってもらいたいものです。
あ、キャラクターで好きなのはユーミルと戦士長です。ありがとうございます。



とまぁ、冗談はさておき、今作品の魅力はおっぱいでしょうね。
いまどきビキニアーマーかよ・・・・とか思っていた頃もあったんですけど、乳スライムの逆流大爆発、清楚かと思いきや豪快なやられっぷり脱ぎっぷりを披露してくれる武者巫女様、沼地の魔女さま~全般(笑。まーまーところ狭しとおっぱいですわ。これから先はさらに化け物おっぱいが登場するわけですが、とりあえず1巻の見所といえば序盤のヘタレイナが素晴らしいね。やられてヒーヒー言ってる姿見ると背筋がゾクゾクしてしまいますよね~。なんでこんなにやられている様が似合っているんだろうか(笑。正直コレを突き詰めたOVAが見たいと言うか・・・。

いや、コホン。
確かにおっぱいだけど、それだけでは2期、そしてOVAと続くわけがありません。
それ以外の魅力が・・・・確かにあります!あるはずだ!!!
個人的には往年のRPGアニメを彷彿とさせるようなストーリー展開が結構好きですね。



つーわけで、おもしろいので買っとけ~。
[ 2010/05/28 22:35 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

れでぃ×ばと3巻



小説の挿絵もそうだけど、むにゅうセンセどうしちゃったんだろうなぁ・・・・(笑。
通常パケのほうがすばらしいと思いますね。この目線がたまりません。

コメンタリーは四季鏡姉妹です。ん~前2回よりはコメンタリーらしくてよいと思います。
よだれをたらすような演技見たかったです!!(笑
れでぃ×ばとるは・・・・正直期待はずれかな。まぁ、こういうご時勢だし。

[ 2010/05/27 20:38 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

エヴァ破

右にならえで付いてたフィルム。



んー、まぁ、キャラが写ってただけよしとしましょう(笑。
初見です。わくわく。
[ 2010/05/25 19:51 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

amazon.comのBDは買うタイミングが難しい

ひと月ぐらい間に注文した鋼のBDが昨日出荷されたんだけどさ、



今見たら45%オフの29.99だって。



コレひどくない(TT。

やっぱ買うなら発売後にした方がいいかもねぇ。ホスト部みたいに下がらないケースもあるだろうけど。

【追記】
先程、11ドルギフトにて返却メールがきました。
価格保証してるんですかな。
[ 2010/05/25 09:12 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

最近やったゲームとかの感想。

いやーGWからずーーっとサクラ大戦やってました。1から4まで。2週(笑。
それはそれとして、それ以外にたまってたの一気に消化。

○東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚
50時間、2週目真エンドクリアでの感想です。

○ストーリー
力を秘めた花札を手にいれるために学園に侵入する。ということで、全作九龍と似た様な展開ですが、んーーーーー、クリアして思うのはちょっと物足りない気がしますね。なんというか化物感というかおどろおどろしさが今回感じないんですわ。序盤は焼却炉の怪とか剣道部部長の化け物化とかゾクゾク来る話で期待は持てたんですけど、中盤から終盤にかけては普通なんだよね。もちろん奇抜なオカマとか出てきたけど、九龍に比べるとキャラクターもストーリーも”濃さ””掘り下げ”がない。移動する場所やダンジョンが学園内だけでなく広くなったことでストーリーを薄っぺらくなったという感じかな(笑。
もう少し、細かく突っ込んで作って欲しかったですね。あとキャラ毎のエンディングがないのが最悪かな(笑。

ただまぁ、携帯機向けならこんなものかなぁ?という気もしますね。力を入れて濃い内容の作品を、いつでも手軽な携帯ゲームで出すっていうのもどうかなぁーーと個人的に思っているので。

○キャラクター
非常に良かったと思います。友人のような「武藤 いちる」、同級生の「穂坂 弥紀」、生徒会長「飛坂 巴」、理解ある友達感覚の先生「牧村久榮」、着物姿のモノノ怪少女「白」、神社の狛犬少女「鈴」、学校は別だが下級生の「日向 輪」に大人びた魅力のある「幸徳寺要」、外人エロ「アンジー D」、謎の帯刀美少女「佐波守 紅緒」、そしてメインヒロイン?の担任「羽鳥 朝子」。
グラフィックも声優も非常に良く、この点ばかりは九龍を上回っていた!と言っても過言ではないかと思いますね。
・・・、女ばかりだな(笑。
まあストーリーで述べましたけど濃さが足りないのがやっぱり物足りないですけどね。

○ダンジョン&戦闘
まず新要素の花札システムですが、これは序盤こそ珍しさはありますが、基本的にボス戦でしか使わないし、ボス戦でも吹き飛ばしの1つしか使わないので、全くの無駄要素でした。
それもコレも「簡単」過ぎるのが原因だと思いますね。ザコ敵はもちろんのこと、ボス戦でも一度もピンチになったことがありませんでした。つーかノーダメージクリアも出来そうな程簡単です。

ダンジョンは前作のような広大な入り口がありそこを拠点に攻略するのではなく、メインの入り口は4箇所でそこからそれぞれのダンジョンへと行くことになります。ぶっちゃけて言えば移動が面倒です。クエストなどをやっている時とか、ダンジョンの外へでる度に武器強化が外れるので面倒ったらありません。

そして肝心のダンジョンもいまいちでしたね。四季をイメージするようなダンジョンなので、綺麗ではあるんですけど、地下ダンジョンが綺麗でどーすんだという気がしますわ(笑。九龍のような考古学的興味を引くような綺麗さではなくて、普通に桜の花とかが咲いているので違和感がややあります。いや、違和感はないですな。だってダンジョンの中という印象が0なので(笑。そこが超不満ですなーーー。

○その他システム周り
武器強化もほとんどしませんでした(笑。正直花札いらなかったんじゃない?と核爆弾を投下しちゃうほどの空気な存在だった気がしますわ(笑。それと個人的に九龍であった章クリア後の自由時間にお目当ての相手にアイテムあげられるシステム。アレがなくなったのが痛いですな・・・・。

○総括
携帯ゲームは御手軽に。個人的にこのコンセプトで携帯ゲームは遊ぶので今作はそういう意味では良かったと思います。ただ携帯ゲームで出すゲームじゃないというのがこのシリーズの感想ですわ(笑。
んーまぁとはいえ雰囲気は十二分に味わえるし、九龍好きな人ならおすすめできると思いますよ。

○メタルギアソリッドピースウォーカー
10時間ほどシングルのみプレイ。
杉田さんがうざいという印象。スタート前のオペレーションは重要だけど、毎回毎回うるさくて飛ばしていましたね。ストーリーは3の後ということで、重要なんでしょうけど面倒で飛ばしていました。いやはや本末転倒ですな。でもさーー、携帯機を両手でもって長い説教ムービーなんて見てられないですよ。やっぱすぐ遊びたいですし。まぁ、そのためのズームすると服が透ける要素入れてたりと遊び要素は流石小島監督とは思うんですけどね。あとは操作性だけど、これは携帯ゲームだからしょうがないですよね。
やっぱ携帯ゲームが足かせになっていると思わざるをえませんわコレ。

○乙女はお姉さまに恋してる
5時間ほどで貴子シナリオのみクリアしました。アニメ版がかなり良かったので期待したのですが、期待程の内容ではなかったかなぁ。やっぱ主人公がかわいすぎるのが欠点かと(笑。

○ニーア レプリカント
いやほんとすいません。スクエニの出来損ないソフトなんて言ってしまって。(笑
個人的にはFF13よりは面白いですね。ストーリーもキャラクターも良いと思います。
ただ、20時間ほどプレイして青年になって中盤かな?と思うんですけど、町3つにフィールド5,6個を素材集めのため延々と行き来していて、ものすごいせまっくるしいです。とはいえストーリーが良いので先が気になりますね。


ラノベ
○baby princess 4巻
前回の続きで体育祭での女王をヒカルと立夏が争う話がメイン。しかし個人的には相変わらず氷柱はかわいいなぁ・・・というのが感想(笑。それよりもいよいよ次巻で麗がメインですよ。期待せざるをえない!!

○もーっと影マモ2巻
いやほんとこのベタベタな安定感を毎回生み出せる阿智先生は天才だと思いますわ。いやほんと。
とはいえ、ホタルとマモルの話なんかはホタルがかわいそう過ぎて胸が痛かったですけどなぁ。
ホタルだけに限らないけど、なんかハーレム物にしてはその他キャラが不遇すぎるという気がちょっとね。
ヤマメとか完全にネタキャラ化してるし。

つーわけで、北米版DVDもレイアースとか銀魂届いてるのでさくっと見たいと思います。

[ 2010/05/22 23:37 ] 日記 | TB(0) | CM(0)