物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

2009年12月の北米版アニメDVD & Blu-Ray

しっかしまぁ・・・・、本当に1年って早いですなぁ。しみじみ。
んーー、今年はあまり北米版DVDを購入しなかったですね。市場がいまいち盛り上がってなかったというのもありますけど、BD化の懸念、BOXにしたときの画質の低下とかいろいろ悩ましい部分があるんですよ。
なにはともあれ、来年は良い年でありますように。

というわけで2009年12月発売予定の北米版アニメDVD & Blu-Rayで気になるタイトルをピックアップ!!
ですが、あくまで予定なのでふーん。なるほどー。程度でよろしくお願いします。

12月1日。
コードギアスR2の2巻(限定版あり)、ガンスリンガーガールOVA、ハヤテのごとく3巻、ガンダム001期3巻など。
BOXは舞-乙HiMEが$49.98、シェヴァリエが$49.98、Toward the Terra 地球へが$49.98など。

11月のバンダイ系がすべて12月に延期されました。でもギアスとかとっくに発送されてるんだよね。

12月8日。
BOXはMonster1巻が$59.90、Clannad After Story2巻が$39.98、スクールランブル1期2期OVAセットが$99.98など。

そういえば、スクランはどこまで購入したっけなぁ・・・。そしてどこまでみたっけなぁ・・・。
なんか原作見たら飽きてしまった。

12月15日。
To Loveる1巻が$39.98、ハチミツとクローバー2巻が$59.90、神霊狩2巻が$59.98、エル・カザドが$49.98で1,2巻同時発売。
Blu-Rayはサムライチャンプルーが$79.98、バジリスクが$69.98など。

To Loveる楽しみ。

12月22日。
単品ではあまえないでよっ!6巻。
BOXは狼と香辛料が$59.98。

あまえが終了です。MBさん、とっととクイーンズブレイドお願いします!!

12月29日。
げんしけん2期3巻(限定版じゃない方)など。
バッカーノが$49.98など。

バッカーノはほしいんだよなぁ。

というわけでこんな感じかと。
んーエルガサドとかバッカーノとか狼と香辛料とか検討してるんですけど、クレイモアのようにBlu-Ray版が怖いなぁ・・・・。とりあえずTo Loveるはないから買いだな。(笑

では2010年1月予定。
新規は「ひだまりスケッチ」「ガラスの仮面」「鉄のラインバレル」「ワールド・デストラクション」。
継続&再販として「Black Blood Brothers」「ぷちぷりユーシィ」「バンブーブレイド」「逮捕しちゃうぞ」「D.Gray-man」「コードギアス」「ゼノサーガ」「つばさクロニクル」「魔法騎士レイアース」「スペシャルA」「ケロロ軍曹」「ティアーズ・トゥ・ティアラ」。
Blu-Rayは「D.Gray-man」。




ひだまりスケッチリリース開始ですねー。
[ 2009/11/25 10:44 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(0)

真・恋姫†無双 第08話 「第八席 袁術、化け物を退治させんとするのこと」

第7話見てる時もそうだったんですが、どーもこの袁術の声が引っかかるなぁ・・・と、思っていたら、昨日も記載しましたけど今Nega0やってて、そのキャラクターの一人の声なんですよ。

いやー、謎解明!だからなんだよ?と言われればそれまでなんですけど、まぁ、袁術同様かわいらしい我儘っぷりがなかなか良いですよ!と、言いたいわけです。あ、ちなみに僕がNega0で一番好きなキャラクターは花咲ちさです。ええ。ぶっちゃけどうでもよい前口上でした。

というわけで、真・恋姫†無双 第08話 「第八席 袁術、化け物を退治させんとするのこと」の感想です。

今回のお話を簡単に説明すると「ようやく宝剣を持つ袁術の元へたどり着いたが、領内にいる化け物を倒せば宝剣を返してやると言われたので倒しに行きました。」という感じ。今回が8話という事で、残りあと4回。次回は本郷隊の3人、最後は蜀のメンツ+αにより2話でまとめるであろうことを考えると、残り1話に南蛮軍や呉が入るのでしょうか。・・・・・まぁ、まだ決まったわけではないさ!

Aパート。
袁術の元へやってきた関羽一行だが、宝剣を返してほしければお堂に住み着く化け物を退治してこい!と言われます。相変わらず原作よりもアホっぽく、幼い感じの袁術がきゃわいいぜ!という感じですけど、それよりもお化けが怖い関羽と張飛が良かったですな。お化けを目のあたりにして我を忘れ、趙雲にしがみつきくんずほぐれつした挙句、シュンと小さくなってしまう姿はこれまでの関羽とは違い新鮮な気持ちでハァハァできました。

そんなわけで、退治どころか即効逃げ帰ってきた関羽一行。諸葛亮は袁術に「あと一歩という所で逃がしてしまいました!ですが、化け物を退治することのできる宝剣の力があれば・・」と嘘八百(八百といえば八百一)を述べた挙句、「代わりにこの蓋が取れず、そこに穴のあいている世にも珍しい茶碗を預けましょう!」と前話で購入したやすっぽい茶碗を差し出すわけです。思わず「張勲突っ込めよ!」と言いたくなりましたけど、基本的に張勲は袁術ハァハァなわけで、踊らされる袁術もまた最高にかわいらしいとの判断であえて突っ込まなかったのでしょうか。

いや、それよりもここは朱里の素晴らしい演説でしょうな。これまでは変態ロリキャラとしてしか活躍していませんでしたけど、巧みに袁術をだましていましたな。やっぱり俺の朱里はあらゆる面で最高ですね。

Bパート。
朱里第二の策で化け物退治へと挑むわけですが、その化け物を操っていた少年少女たちに出会います。彼らは両親を殺され、住むところを追われ、仕方なくこのお堂に住んでいたとのこと。ここを壊されてしまったら行く場所がなくなってしまうため、お化け騒ぎで人を近付けないようにしていたのでした。うーん。いきなりヘビーな話になってまいりましたね。7話で町の様子が悪いとか話出ていましたけど、ここまでひどい状況だとは・・・。ここは袁術打ちとったり!!とかなるのでしょうか????ご安心ください、恋姫アニメなのでそのような過度な描写はございません。

その解決方法とは・・・、朱里3つ目の秘策は「今回は無事退治できましたが、あの化け物は貧しさが原因で死んでいった子供たちの亡霊なので内政に力を入れてください!」とまた嘘八百(八百といえば八百一)を言うわけです。ですが、そこは袁術「自分のため以外に金を使いたくない!」とごねるわけです。しかしすでにそこまで読んでいた天才軍師朱里により、おきて破りの4つ目の秘策「自らを化け物にふんして驚かせてやろう」作戦を展開・・・・、しかし袁術の元へ謎のお化け参上で袁術改心。めでたしめでたしというわけです。

いやー今回は朱里最高でしたね。ですが、それよりも今回は劉備が輝いていた回だと思います。
何の戦力にもならないのにお化け退治についていって、キャーキャー叫びながらも関羽たちのように気絶することなく頑張っていました。たくさんの孤児たちに囲まれて寝ている描写も非常にほほえましかったし、お墓でお花を添えるシーンでは心やさしい描写が涙腺を刺激しました。そして最後、桃花村へ帰る一行ですが、そこで劉備は木陰からこちらをのぞく女性を見つけます。その女性は袁術を驚かせた女性であり、そして、両手には墓参りしたときに供えが花を持っているわけです。お互いに会釈しあう姿はなんか良かったですわーーー。いやーーー、ほんとさーーー、ホロリきたよーーーーー!!!超ベタベタだけど、こういうのはシンプルでよいと思いますよ。うんうん。

つーわけで、8話は今まで以上にベッタベタでしたけどなかなか楽しかったと思います。
DVDやBD買う良い回になった?と言われるとそんなことはありませんけどね。(笑

次週。
楽進、李典、于禁が登場します。お話的には村を守る展開みたいなので、だんだんシリアスな展開になっていきそうですな。楽しみですね。
あーちなみに3人の中では李典がすきですな。

ベビーフェイスでキョニュウ。すばらしいね!

[ 2009/11/24 15:06 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

体験版とか

・GOD OF WAR3
インファマスに付いてたDLコード使ってダウンロードしました。
ファーストインプレッションとしては1,2のグラフィック良くなっただけですね。
ゴア表現は国内1,2より過激になっています。内蔵とかドバーっとでますぞ。
んー、やっぱアンチャー2のきらびやかな映像美を堪能してしまうと、ほかの海外ゲームにありがちな暗い描写や雰囲気、演出はしょぼく感じてしまいますねぇ。1の体験版をプレイしたときのような感動はないです。

・ユミナFD
ぶっちゃけ、プレイ開始した直後、かつて100時間ほどプレイした思い出がよみがえり、終了ボタンを押してしまったわけです(笑。それほどぱっと見が全然変わっていません。まあ、ファンディスクなんだし、値段考えればそんなもんでしょ?というわけなので「まだまだダンジョンもぐり足りないよ!!」という人にはよいんではないかと。こわもた絵の寸劇が好きな人にはとりあえず今回の体験版はいまいちかと。(笑

あと某画集ソフトも体験版出てたのでやってみましたけど、いい意味で安心の品質でしたわ。
今は積んでたネガゼロと980円で売ってたDSシレン2をプレイしています。
感想はのちほどー。

[ 2009/11/22 20:21 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

クレイモア Blu-ray版


ついったーには記載しましたけど、画像乗ってたので再掲。

DVDBOXが10月27日に定価$69.98で発売されたと思ったら、その3週間後にBlu-Ray版が$79.98で発表ですよ。発売日が2月16日と先ですけど、これはほんとにショックです・・・・。ほんとショックです。なぜならDVDBOXが、珍しくアマゾンで、ちょっと安くて、ポイントでぽちったんです。しかも、まだ届いてないんです。これほど悲しいことがあるでしょうか(TT。こりゃ今後のファニBOXはしばらく待ったほうが賢明かもしれませんなぁ・・・。バンブーブレイドは発送済みだけど、BD化・・・してほしいけどしてほしくない!何とも言えない気持ちですな(笑

[ 2009/11/19 09:12 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

真・恋姫†無双 第07話 「第七席 陳宮、呂布に拾われるのこと」

感想に入る前に、ちょっと言いたいことがあります。
これ見てください。
今月末に発売する「マジキュー4コマ 真・恋姫無双(5)」の情報で、作家陣の情報が掲載されています。

【ILLUST】さえき北都/よう太【COMIC】幸宮チノ/延川祐子/シメサバ/タカ/杉山ユキ/みづしま亜留/相沢良彦/ハイクロ/桃井涼太/みずみ/とく村長/坂井サチ/名苗秋緒/みのせ/基井あゆむ/星屑7号/サオトメタキ

何度読み返しても樺鬼氏がいないんだが・・・。
わからないでもありません。恋姫のマジキュー4コマを初めて見る人には、インパクトのある絵とコテコテの内容、たとえるなら、「あずまんが大王」を読んでいたら途中に「がんばれ!クワタくん」が入っているぐらいのインパクトがあります。えっ?とりあえず読み飛ばすか・・・、という感じです。だけど、10巻以上マジキューに付き合って隅々まで読んでると、樺鬼氏のネタに味が出てくるんですわ。まさにスルメです。朱里とか「泥棒描写にいまどき手ぬぐいでほっかむりはないだろ、しかも帽子の上にやってるから、えらいことになってるし・・・」と、初めは「こりゃないわ。ないない。ないわ。」と思っていたのですけど、なぜか何度も見てしまって、「逆にありじゃね?」とそれが愛らしく感じてしまうわけです。そして、やはり、魏ネタ。おバカな春蘭と姉命な秋蘭が非常に良い。とくに真4巻では春蘭の最高なデレを見させていただきました。だからもう、めちゃくちゃ次巻も期待していたんですよ・・・・。
そしたら・・・張!SHOCK!


というわけで、真・恋姫†無双 第07話 「第七席 陳宮、呂布に拾われるのこと」の感想。

今回の話を簡単に説明すると「旅の途中で呂布と陳宮に出会い、陳宮の昔話を聞かされました。」という感じです。近作品はひょっとして2クールなのかな?と思うほど、のんびりな展開が実に恋姫らしいといえばらしいですな。そういう意味では今回はアリ!ですね。いや、ロリキャラばかりなので大いにアリ!

まずAパート序盤では袁術と張勲が登場します。
原作では、前人気が非常に高かったにも関わらず、本編では主人公との絡みがなく、挙句の果てにち○こ生えさせられた不遇(いや、美味しすぎるだろ!!)のキャラですけど、アニメ版は張三姉妹以上にかわいらしい歌とダンスで盛り上げてくれました。いやー、ほんとに張勲と一緒に手拍子したくなるほどの愛らしさでしたね。

こういう展開も期待してたんですけど・・・え?無理。ええ、はい、わかります。

とまぁ、序盤のつかみはOKという事で、いよいよ関羽御一行の登場です。
実は私この時夕飯を食べていて、愛らしい袁術にぽわわ~んとしながら夢心地だったわけですよ。そしたらTVから大音量で「でっかいキンタマなのだーー!」です。ご飯を吹くと共に「えっ?」って感じでした。
南蛮軍のシャムが「キンタって言うなー!」とか言いながら出てくるんじゃないかと思う程にインパクト絶大でしたよ。いや・・・キンタマはないだろ・・・とその後趙雲が突っ込んでましたけど、ほんとびっくりしました(笑。

そんなわけで、その置物のあるお店でお土産を買うことになるわけです。
個人的に木刀買いまくる関羽が最高だったんですけど、ここで張飛はかわいらしい犬のアクセサリーを見つけます。そして、いよいよ真キャラ陳宮が登場します。犬のアクセサリーを取り合う張飛と陳宮、今回ばかりは張飛の言い分が正しいという事で陳宮はずこずこと退散するわけですが、その後、呂布との再会シーンで真空飛び膝蹴り陳宮飛び膝蹴りで再登場します。

そしてBパート終盤まで呂布と陳宮の過去話で盛り上がります。
過去話という事で不幸な陳宮とそれをやさしく包み込む呂布のホロリとしたお話なんですけど、『乞食をやるならイタリアでやれ!』もとい、『乞食をやるならてめえの村でやれ!』といった母をたずねて3千里やフランダースの犬、家なき子、ロミオの青い空といった世界名作劇場をこれでもかとオマージュしまくるのはどうなんでしょうなぁ。まぁ、おもしろかったから良いんですけど、それだったらこの二人のシーンを半分ぐらいでまとめて、後は陳宮が軍師として董卓軍で頑張る姿を出してほしかった気がします。何かと小言ばかり言うが、軍師としての弟子ができてまんざらでもない賈駆とか、それを見守りつつヤキモチ焼いたりする董卓とか見たかった・・・。んーアニメだと陳宮が軍師というより、よくしゃべってまとめる呂布のほうがよっぽどらしかった気がしちゃいましたね。

まぁ、原作でも軍師って感じはしないけどね。
そうそう、上でも記載しましたが、ちょっとだけでしたけど董卓軍内の描写があったのが新鮮で良かったと思います。

そんなわけで、お風呂シーンなども挟みつつ、犬のマスコットを陳宮にあげる張飛とかホロリ量産な感じで7話は終了するわけです。正直・・・いや、良かったと思います。確かに内容は新キャラの過去話で終わりかよ!と突っ込みたくなります。ですが、序盤の袁術が納める町の活気が悪いこと、それに対して袁術は張3姉妹を呼んだのかわかりませんけど、のんきに歌を歌っているわけです。言うまでもなく、これは『太平要術の書』によって始まりつつある乱世への第一歩でしょうね。来週は関羽一行と袁術が対面をするわけですが、みんなの幸せを願う劉備と暴政をする袁術。いよいよ物語は混沌とした群雄割拠の時代へと突入するわけです。劉備は?曹操は?そしてその時代で活躍するだろう袁術にこうご期待!!!

・・・。
えーっと来週は袁術と関羽一行がなんかやるらしいですね。(笑
個人的には袁術が出るなら孫策も出てきて、ついでだから寄って行かない?という感じで呉へと話をすすめるのかな?とちょっと期待しています。いやー来週楽しみですな!!!



・・・あっ。すっかり忘れてた今週の朱里。
うーん。相変わらずエロ話には敏感なわけですけど、大きな湯呑は一体なんの伏線なんだろうか。なんか妙に念を押していたよね。正直どーでもいいことなのに。(笑

[ 2009/11/17 11:48 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

真・恋姫†無双 第06話 「第六席 典韋、曹操に試されるのこと」

これまでの話を何度か見返して思ったのですが、アニメの中でギャグとして何度も出てくる「関羽が母親」というネタ。これ、案外しっくりくると思うんですよね。ゲーム版では母というより姑的なポジションですが、男がいないアニメ版で、妹役のワンパクで元気な張飛に対する態度、「真・恋姫」故に新キャラをある程度前に出す姿勢も相まって、実に奥ゆかしい母性を感じるんですわ。


ぶっちゃけ、あいしゃのお色気シーンとかいまいち興奮しないんですわ。
こういうTHE年増的な演出がやばいんです。

うーん。そういえば一人暮らしを始めてもう10年近くなります。
会うたびに老けこんでいく母親を見るたび、そろそろ実家へ戻り母親を安心させてあげたいと思うこともしばしば・・・・。そういう思いが、彼女をそういう目で見させているのかも知れませんねぇ。
ヘヘッ・・。柄にもなくちょっとしんみりとしちまいました。



よーし、元気だしていくぞー!
まずは、本編の感想の前に一言いわせてください!!!!!!



スパッツあげすぎだろ!!!
改悪すぎる・・・・どうなってんだこれ!?DVDでは修正お願いしますね!!!

・・・というわけで!
真・恋姫†無双 第06話 「第六席 典韋、曹操に試されるのこと」の感想です。

第6話を簡単に言いますと、「曹操に食事に招待されました。」という感じです。
今回の話での真新キャラはたった一人。お話も半分が過ぎましたけど、あと3,4倍ちかくのキャラを出演させることは可能なのでしょうか。・・・・・・・・・非常に不安ですねぇ。

では本編の見どころなど。
まずは、意外や意外、アニメ版真・恋姫の核となるような存在の張三姉妹の話でしょうか。個人的にはかなり微妙な彼女たちですが、Bパート終盤では『太平要術の書』のもつ力に恐れを抱いていました。やはりこの力をめぐって後半盛り上がるのでしょうな。1期と違い、キャラアニメとしてではなく、一本筋の通ったストーリーを絡めるのは良いことだと思います。非常に展開が楽しみですね。

一方その頃、関羽一行は食堂にて料理人「典韋」と出会います。SDシーンもなかなかかわいらしかったですね。2期はそうだか分りませんが、1期ではSDシーンはセル版のときに通常の等身に差し替わっていたらしいです。ここも差し替わるのかわかりませんが、SDのほうが絶対いいよなぁ・・・。

んで、おっさん限定の小ネタを挟み曹操による食事会が始まります。

料理編での見どころと言えば、言うまでもなく変態荀ですね。
下の口発言やミカーン!になって自分も踏まれたいなど、原作にもある変態っぷりを余すところなく演出できており、夏侯惇のバカ乙女カワイイ姿も若干ですが感じられたので大満足であります。ただまぁ、言ってもしょうがないんですけど、荀の男に対するののしり。


ハァハァ。こういうのをやっぱり見てみたかったなぁと思うわけですなぁ。ハァハァ。

曹操の料理よりも典韋の料理のほうがおいしい!との発言により典韋再び登場。
料理対決となるわけですが、みんなが好きな物を詰め込んだ典韋の料理のほうが、好みも聞かずに出した私よりも上と言う曹操に対し、劉備はそもそももてなそうとした曹操の心意気が大切であると諭していました。曹操の器と劉備の優しさが実によく表れていましたね。いやーでましたよ、恋姫おなじみのホロリ。・・・・すいません言い過ぎました。

んーまぁ、今回はちょっといまいちでしたね。やっぱ料理というネタはマンネリ過ぎでした。

ああ、そうそう、うっかり忘れるところでした。今週の朱里。
・・・・・うーん。「あや取り上手ですね~」とか劉備に言ってましたけど、縄か・・・。縄ねぇ・・・。
あ、麻婆豆腐を上品に食べる姿はベリーグットだったと思います。それぐらいかな・・・・くそっ!

次回予告。
次回は陳宮が呂布と出会う所をやるようですね。正直ロリは余ってる!という状況ですが、まぁ、かわいければよいと思うので全然OKですよー。しかし予告では呂布が結構表情変えていましたね。原作ではほぼ無表情なのでここも楽しみです。あとは賈駆も出るようなので、華雄とかも出番あればよいんだけどな~。

[ 2009/11/10 13:52 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

真・恋姫†無双 第05話 「第五席 郭嘉と程、曹操に仕えんとするのこと」

もう時効だと思いますので、えー思い切って言わせて貰いますけど、「ぶっちゃけ4話はつまらんかった!!」。セル版では2話収録だろうし、3話はともかくこのセットはしょーじき購入する意欲を奪いますね。5話で『太平要術の書』が出て本筋に絡みそうなので、真・恋姫にとっては重要な4話だと思うけど、もうちょっとなんとかならなかったのかね。・・・、いや、こう冷静に比較できるほど5話がすばらしかった!!!!

つーわけで、真・恋姫†無双 第05話 「第五席 郭嘉と程、曹操に仕えんとするのこと」の感想を。

簡単に今話のストーリーを言うと「腹を壊した張飛が華佗に直してもらって、途中、郭嘉と程に出会い、ともに曹操の元へ風呂に入りにいく」みたいな感じです。

まず、Aパート。
腹を壊した張飛が華佗に「元気になれぇぇぇ!」「ゴッドヴェイドーー!」という咆哮により腹痛が治ります。いや、針治療だけどね。原作では貂蝉や卑弥呼と旅をできるほどのポテンシャルを持っているだけに、蜀のメインキャラの力も合わさって非常にすばらしいAパートとなっています。ここで真・恋姫のメインストーリーに絡むであろう「太平要術の書」の話が入って、より一層ストーリーに深みが増した感じですね。後、改まって思ったんですけど、関羽の「まだ子供ができるようなこと・・・」や元気な張飛といい、やっぱメインキャラがガンガン前に出てくると盛り上がりますな。うんうん。

Aパート後半からBパート。
後に曹操の軍師になるであろう郭嘉と程が登場です。

・・・・・。これもまた彼女の魅力だ。

えーっと、郭嘉ちょっとおっぱいでかくないですか?(笑
まぁ、それはそれとして、程は予想通りにかわいらしいですね。張飛とのやり取りも非常にほほえましく、原作ではイマイチ人気のなかった郭嘉も程とともにキャラが立っていて良かったと思います。正直、郭嘉は原作でもアンソロでも鼻血しかイメージがなかったので、アニメでのプッシュは大変よろしいと思います。まぁ結局鼻血だけどさ(笑。

で、おまちかね曹操登場ですよ!!!!!!

原作ではもうちょっと威圧的な雰囲気がある彼女ですが、アニメ版では便秘で苦しむかわいらしい姿をごらんにいただけます。まあ、個人的には華佗にあんな所やこんな所に針を刺されてもだえる曹操の姿を、柱の陰から盗み見て「私の華琳様があんな下男に!あの男、あとで宮刑にしてやるわ!」と憎悪の表情を浮かべるも、「え?それともこれおあずけ!放置プレイ!!ああっ華琳様ァッ!今日も素敵ですわァッ!」と恍惚の表情を浮かべる桂花とか見たかった気もしますけど、まぁ、まだ真では初登場だしコレぐらいで我慢しておきましょう。んーでも、その後のお風呂で関羽たちに囲まれる曹操をとかを見るとやっぱり期待しちゃうんですよね・・・・・。

まぁ、次週に期待です。

そんなこんなで曹操の部下になった二人で次回へ続くと。
いやーーー、今回はほんと郭嘉が目立っていた印象がありますね。

あーーー、曹操、・・・いや、そうそう、俺の朱里ですね。
そういえば、皆さん先月末に発売されたメガミマガジン見ました?郭嘉の鼻血ブーーじゃないっすけど、ここで記載するのもはばかれるほどのピンナップ付きでしたね。店頭で見て速攻家に帰ってamazonで購入しましたよ。いや、さすがに店舗で買うのは恥ずかしいからね。テヘ。
本編ですけど、今回は今までのエロ朱里ではなく、本来のかわいらしい朱里が見れましたね。張飛と「ゴッドヴェイドーー!」の言い合いをして笑っている描写は、なんつーか「コレを俺は求めてたんだよ!」と再認識できました。いやーー、いい仕事してますな!!!

はい、予告。
次はどうやら曹操と典韋の料理対決?っぽい流れになりそうですね。
桂花も悶絶していた描写があったので、非常に楽しみな回になりそうですね。ただまぁ、料理対決ならこの二人で無難に行くより、関羽と夏侯惇あたりで料理勝負してもらいたいですね。夏侯惇も本来のどじっこ乙女っぷりを発揮できるので良いと思います。

え?それを食するこっちの立場にもなれって?
いやーこういうドタバタが恋姫アニメだと思うんですがねー。

[ 2009/11/03 00:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)