物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

ラストレムナントとかオトメディウスGとかの感想


つーわけで、先週の話になりますけど、延期したゼニゲバコナミの手抜き作「オトメディウスG」、ダメ社員が増えすぎて能力のある人間がくだらないリメイクに駆り出されて才能を無駄遣いした挙句、クソゲとリメイクしか作れなくなった個人的にサガのリメイク出した後につぶれてほしいランキング1位のスクエニの超大作「クロノトリガー」とがっかりRPG第二弾の「ラストレムナント」、そしてEAの「マーセナリーズ2」とお得パック大好きなファルコムの「空の軌跡セット」購入してきました。

ではファーストインプレッショーン

・オトメディウスG
2時間ほどプレイしての感想になります。
まぁ、良くも悪くも予想通りというか、かわいい2,3枚のキャラ絵と原稿用紙1枚程度のボイス、そして懐かしいグラディウスを彷彿とさせるステージ構成。これですべてだと思います。吉崎観音氏のキャラクターは非常に魅力的でエロエロ全開ですけど、キャラごとのストーリーなんてあってないような物だし、STG部分も3,4週すれば飽きますねぇ。んーもうちょっとキャラストーリーを濃くしてほしかった!と思いましたね。

・クロノトリガー
1時間ほど。
感想はありません。ただのリメイクです。暇な時に遊びましょう。

・空の軌跡セット
一応完結ということなのでかっときました。暇なときに。

・マーセナリーズ2
3,4時間ほどプレイ。
1は砂埃とか町並みとか暗く貧粗な感じだったので、なんというか南の島!みたいな明るさのある今作品は個人的にはクリティカルヒット。メニュー周りのレスポンスも前作よりも良く、ロードも屋内-屋外の移動や長距離のヘリ移動など。ランボープレイを心行くまで体験できるっていう感じです。

・ラストレムナント
10時間ほどプレイ。
まず先に不満点を言わせてもらうと、
・ロード-インスコしたのに小刻みなロードはウザすぎる。
・グラフィック-良い悪い以前にまともに描写しろアホが。処理落ちとか未完成品かよ(笑。
・戦闘システム-時間がかかりすぎる。ミンサガで全体技覚えていない状態で終盤を繰り返してる感じ。

以上3点が許せない不満。
次にこうしてほしかった点。

・ストーリーは半分ぐらいにしてほしかった。
「ここへ行け!」とか命令しないでください!ていうかそれはインアンで十二分にやってるだろうに。サガチームという事だから、地名を聞いて自由に移動できる。それを期待していました。まぁ、ある程度進めば砂漠とかどんどん進めるので良い感じではあります。ですがどんどん先に進むとリセットできないことが不満になってきます。基本的にこのゲームは戦闘を繰り返すとバトルランクが上がり敵のレベルが上がります。いかに少ない戦闘回数で先に進み、イベントや武器をゲットして効率よく育てるか。これがサガの醍醐味だったので、いちいち糞長い戦闘を終えて、タイトルに戻る→ロードや、ダッシュボードに戻ってロードしなおすのが本当にうざい。うざいうざいうざい。リセットつけてくれよ、バージョンアップでさ。

・リーダーと傭兵はもうちょっとスマートに。
戦闘システムを簡単に説明すると、サガシリーズで4,5人で陣形を組み敵と戦っていましたが、それが2,3部隊つくれて、戦闘フィールドでたくさんの敵と戦う。ただし細かい指示は送れずに「みんながんばれ!」とか「いのちをだいじに」程度しか命令ができない!という感じかな。
インアンで不満だった大人数でのバトルが実現できているわけですが、基本的には普通のコマンドRPGよりもシミュレーション色が強くなっています。ん~、まぁ、悪くないと思います。それよりもその部隊が増えたことにより必然的に問題になるのがキャラです。

今作品は主人公キャラ達に加えて、ギルドで傭兵を金払って雇う、名前すらない一般兵士を雇うという感じでかなり大御所になるんですけど、正直魅力的なキャラクターが皆無なので気合いが入らない。ぶっちゃけさ、妹は妹だからどうしようもないし、あと女といえば少佐しかいないんですよ。これはなぁ・・・これはモチベーションにかかわるぞ。ストーリーが進むと仲間になるキャラも増えて、雇える兵士なんかも増えていきますけど、これはじめからMAXでフリー移動で好きに仲間増やせたらよかったのになぁ~。と思います。まぁ、まだ10時間程度だしこれから・・・かな?
あとさ、へんにMMOを意識しすぎなのもどうかと。せっかく強敵倒したのに即効くたばってた一般兵士が「良いお宝をくれ!」とかいってくるとすげーむかつくんですけど(笑。

と、不満なところはこれぐらいですかね。

んーーー、チャレンジRPG!(笑
インアンが王道だったので、こちらはいろいろ試してみました!ですが、怖いのである程度一本道にして初心者でも安心!って感じにしてみました!!!っていう印象ですね。正直王道RPGが好きな人にはダメだと思います。ものすごく不親切なシステムだし、チーム戦という感じのSLGに近い戦闘なのでよく言われる王道RPGとは違うかと。
では、サガ好きにはどうか?実はわたくし、今、50時間ほどミンサガ4週目をしているのですけど、このままサガ続けるよりもラストレムナントもうちょっとやってみようかな?と思っています(笑。まぁ、不満はすっげー多いし、敵からのエンカウントでチェーンが切れるたびに電源切ろうかと思ったりしますけど、ある程度進めると自由になる(ってもストーリー進めないと兵士の数とか増えないけど)ので、もうちょっといろいろ町とか見てみようかなーという感じだったりするわけです。

んー、個人的にはインアンよりは面白いです。
でもさー欲を言えば、このシステムでインアンのようなアクションRPGやりたかったかなー。と。

[ 2008/11/29 19:25 ] ゲーム | TB(1) | CM(0)

2008年12月発売予定の北米版アニメDVD

こんにちは!すっかり寒くなってまいりましたが、いかがおすごしでしょうか!
いやいやいや!もう12月ですよ(大爆笑。ほんとーに早いですね。今年は昨年よりはDVD購入しなかったと思います。 ってもまぁ、もうちょっと控えないとなぁ。来年こそは節約したいと思います!!!

つーわけで、2008年12月発売予定の北米版アニメDVDで気になるタイトルをピックアップ!!
参考になれば幸いですけど、あくまで予定なのでふーん。程度によろしくお願いします!!

12月2日はガンヘッド、今日からマ王2期9巻、プリンセスミネルバ。
BOXセットはエアギアが$69.98、魔法先生ネギま!が$49.98、シュヴァリエが$69.98、ネギま!?1巻が$59.98、 南海奇皇ネオランガが$49.98、地球へ… TOWARD THE TERRAのボックス3巻と単品、あと延期したなのはが発売されます。

ネギま!?楽しみっすねー。TVは途中で切ったけど(笑。

9日はローゼンメイデントロイメント3巻など。
BOXセットはコードギアス1期の第二弾、ハンター×ハンター1巻が$49.98、マリア様がみてる2期が$49.99 蟲師が$69.98、、東京魔人學園剣風帖 朧が$59.98、ウエディングピーチ1巻が$39.98。
Blu-Rayはトップをねらえ!、トップをねらえ!劇場版、合体劇場版! 、サムライ7など。

コードギアス、今度は不具合なければよいのですがねぇ。

16日はクレイモア2巻、パンプキンシザーズ6巻(全6)、レッドガーデン6巻(全6)、NHKへようこそ6巻
BOXセットはブラックラグーン1期が$49.98、不思議の海のナディアが$49.98、レッドガーデン1巻2巻それぞれ$49.98、スクールランブル2期2巻が$59.98。

ADVもボックスだすならリマスター版とかにしろって気がしますな。

23日はナイトヘッド ジェネシス2巻、ひぐらしのなく頃に6巻(全6)など。
BOXセットはベルセルクが$44.99、ななか6/17が$39.98、うしおととらが$29.98、ゼノサーガが$49.98など。

ベルセルクのボックスはうれしいですねー。

30日はデスノート8巻など。
BOXセットはエリア88TVが$39.98、ナースウィッチ小麦ちゃん マジカルてが$34.98、
NHKへようこそ1,2巻が各$59.98など。

NHKって2巻まで買って放置してるの今気づきました!(笑

はい。というわけで年末らしい大量さですな。んー、まぁ、それなりに買おうかと思います。
そして1月のお勧め&目玉商品はこちらー




単品ではらき☆すた5巻、イノセンス、あまえないでよっ!! 、バッカーノ。
BOXはエデンズボゥイ、地獄少女1期、桜蘭高校ホスト部2巻、ガンダムSEED Destiny、魔法少女リリカルなのはA’s 、まほろまてぃっく、メガゾーン23、月詠、聖闘士星矢1巻、009-1、牙、アベノ橋 魔法☆商店街、月姫、Aria The Natural、鋼の錬金術師1巻、ぱにょぱにょデジキャラット、奏光のストレイン、うたわれるものなど。

んー、うたわれるものってこれ見る限り4枚らしいけど、国内はBDで4枚、北米はDVDで4枚っていやだなぁ。(笑 。ちなみに単品だと全6巻で発売され、画質は良かったですな。
[ 2008/11/24 15:00 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(0)

ゼロの使い魔


タイトル:ゼロの使い魔
米 題:Familiar Of Zero
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2008/11/4
定       価:$59.98(購入計$44.99)
収録時間:325m
収録枚数:3枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語 ドルピーデジタルステレオ     192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ     192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
    ・オリジナル次回予告集1~12
    ・プロモ映像1,2
○付属特典
    ・全巻収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 ゼロの使い魔は1期全13話を4,4,5のディスク3枚編成。
OPEDは日本語表記、題名副題も日本語表記、アイキャッチあり、焼きつき字幕は見当たらず。
画質は標準的な北米品質でGENEONらしい1層の5.43Mb/Secになっております。個人的にはいまいち。昔、GENEONはよく1層多用してたのでその名残って感じですかね。音声は日本語音声と英語音声収録。英語のルイズはテンション高くて良いと思いますが、サイトはあんまり少年って感じではないですねぇ。最近は英語音声も気合入ってる作品が多いですけど、やっぱ男キャラは手抜きが多い気がします。
メニュー周りも特に変わりなく、トップ、チャプター、言語選択、エキストラと標準仕様ですが、トップメニューでBGMがないのは少々さびしいですね。パッケージ関連ですが、ジャケットはリバーシブル、ピクチャーレーベルにライナノーツあり(ってもエロピンナップのみだが(笑)、全巻収納可能なボックス付とこちらもgeneonらしいしっかりとした作りになっていますね。最近はTHINPAKが主流ですけど、昔ながらの場所を取るボックスなのは個人的にマイナス要素ですけど、ん~、多分これはgeneon撤退前にすでにできていたのかも知れませんな。なのはも同じような仕様でしょうね。
あと一つ、

この化粧箱についてる「Comedy and Tsundere」ってなんだよ(笑。

魔法が使える人が貴族と呼ばれ、それ以外の人々が平民として暮らす、剣と魔法の異世界ハルケギニアが物語りの舞台。主人公は貴族だが魔法がまともに使えずに失敗ばかりしているゼロのルイズこと「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」。トリステイン魔法学院の生徒でもある彼女が、学校の授業で生涯の使い魔を召喚することになったのだが、召喚したのはなんと人間の男だった。

というわけで、日本では3期まで放映されている超人気作品がついに北米版として発売されました!!
いやぁ・・・・待ったねぇ。2007年10月にライセンス取得が発表されてから、geneonの撤退と絶望的でした。しかし、Funimationが何をとちくるったか発売したわけで、こうして日の目見れたわけでありますね。



原作は「グリーングリーン」のヤマグチノボルさん。ん~、そういえばグリーングリーンも女の子たくさんいたけどハーレムアニメという感じではなかったので、案外似ている感じがしますね。基本的に1対1での好き嫌い劇で、何でこの子が攻略できないんだよ!!!というのはグリーングリーンでも感じましたわ(笑。あとは、これはどう見てもハリーホ○ッターなわけで、日本のアニメ版ハリーホ○ッターという紹介がわかりやすいかと思いますね。(笑

で、感想ですけど、なんというか「え?ここで終わりなの?」っていう感じですかね。
ルイズは全編通してダメ魔法使いで終わってる(最後は意識のっとられてた?)、サイトは次の日食待てばいいのにぐだぐだぐだぐだ、キュルケは目玉シーンのないサブキャラすぎ、タバサは1話使って家族のことが判明したのに、結局解決しないんかい!、シエスタは脱いで終わり、アンリエッタ姫様最高、某王子が死んだときヒャッフォー!って思いました。
という感じで、なんつーかどの話もあと一歩突っ込む前で終わってる。「ルイズは実はすごい魔法使いなんだよ!」で終わってる印象がありますね。ラブコメといえば終盤の修羅場なども想像してたんですけど、結局シエスタなどを交えた描写もシリアスなしのコメディのみなので、まぁ、精神的ダメージは少ないけど、山場はない。という感じでしたね。うすっぺらい。という感じ。



ですが、それを補うほどのキャラ。今作品はコレに尽きると思います。
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。ロリキャラ、エロチックな桃色の髪、ロングソックス&ショートスカート、そしてその声音はまさにツンデレ。もう死語のこの「ツンデレ」ですけど、一時期、間違ったツンデレが世の中に出回っていた時期がありました。ツンデレとはなにか。思うに「ツン」は「ツンツンしている様」ではないと思うんです。「大勢人がいるときはツンツンしているけど、二人っきりだとデレデレしている。」などと良く言われていましたけど、女の子天使説を唱える私にとってはたとえ大勢人がいたとしても、ツンツンした一言で深く気づき立ち直れません。私にとってツンデレとは「常に過度なヤキモチ持ち」だと思います。二人っきりの時でも常に私を見て&見なさいよ&どうして見てくれないの?オーラを出しつつ、二人っきりの時以外は人間だろうが、ナベだろうが、野菜だろうが、私のほうが!私のほうが!と主人公が目を向ける者すべてに対しある種の対抗意識を燃やす。もうね、基本ツンはないんです。これら個人的なツンデレ要素をすべて持っているこの「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」はまさに神キャラでしたね。そして、個人的にキタのはエンディングでしょう。久しぶりに聞きましたよ、あの、りぜるまいんのOPを思い出させるような甘ったるい歌。いやぁ・・・、おなかいっぱい。

あとはやっぱ姫様ですね。一挙手一投足すべてに色気しか感じず、彼女が出てきた時点でストーリーなんて全部吹っ飛んでしまいました。ん~、もうちょっとこーねぇ。わかるでしょ(笑。2期3期ではそういうシーンあるのかなぁ。(笑。でもなぁ・・2期3期出る気がしないんだがなぁ。どうなんでしょ。



というわけで、キング・オブ・キャラアニメ。かっとけ~。

[ 2008/11/23 14:25 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

龍骨とかルイズとか到着


角川ショップにて注文してた田中久仁彦画集「龍骨」が届きました。
体裁も良く値段がやや高い部分を除けば非常に良い出来だと思うのですが、それより何より収まりきらないのでこの後に雑誌2冊を買い、そこでさらに金を出して増刊号みたいなのを購入してください!!ってふざけてるんだろ(怒。まぁ、わからないでもないです。今回の画集と最近のホイホイさんなんかがいっしょになってたらすごい違和感あるだろうし(笑。なら1万ぐらいで完全版だせよ!っていう気もしますけど、うーーーーん。
後、角川もいいかげん殿様商売止めろという気もしますな。

んで、画集なんですけど、個人的に田中久仁彦さんファンになったのはゲーム関連だったのでこういう風に過去の作品をまとめてもらうのはファンとしてうれしいんですけど、やっぱゼノギアスを初めとするゲーム関連が少ないのはちょっと不満かなぁ。でもまぁ画集の醍醐味でもあるコメントつきで一枚一枚モンコレとかの絵を堪能できるのは至極ではありますね。



あとはamazonから大魔法峠とゼロの使い魔到着。
2週間ほどかかりましたね。
では簡単なレビュー。

・ゼロの使い魔
1期1話~13話収録。
特典はノンテロ、プロモ、オリジナル次回予告集など。
リバーシブルジャケット、ライナノーツと往年のGENEON品質ですね。

・大魔法峠
OVA4話収録。
特典はなし。
国内版持ってますけど、ゲーム中に垂れ流し用に購入。
品質は、まぁ、ね。


でもこの素人みたいなトップページのセンス、嫌いじゃないぜ!!!

というわけで、ルイズ!ルイズ!ルイズ!ルイズぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!

[ 2008/11/15 12:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

舞-乙HiME Zwei


タイトル:舞-乙HiME Zwei
米 題:My-Zhime: My- Otome
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2008/10/7
定       価:限定版 $49.98(購入計$28.49) 通常版 $29.98
収録時間:120m
収録枚数:1枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語 ドルピーデジタルステレオ     224Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ     224Kbps
           英語     ドルピーデジタル5.1ch    448Kbps
           日本語 ドルピーデジタル5.1ch     448Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
    ・ノンクレジットエンディング
○限定版特典
    ・限定版収納ケース
    ・下敷き
    ・Tシャツ
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 舞-乙HiME ZweiはOVA4話をディスク1枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名や副題も日本語表記、次回予告あり、焼きつき字幕は見当たらず。4話の日本語エンディングが終了した後に無音で宇宙ブーンのシーンがながれ、そこに英語テロップが表示されます。画質は平均ビットレートが6.19Mb/secの2層設計で、前作の舞-乙HiMEと同等で特に問題はないかと思います。音声は日本語英語ともにDD2.0とDD5.1を収録。序盤の宇宙戦や戦闘シーンなどでは効果的に聞こえますね。メニュー周りはトップ、チャプター、言語選択、エキストラの標準仕様です。あと、これはうちの環境だと思うんですけど、最近のバンビジュのDVDで異音が発生します(笑。本編中は問題ないのですが、メニューとかだとドライブからダダダダダダって音がするんですよねぇ。らき☆すたもそうでした。まぁ、それだけです。(笑

今作品は通常版のほかに値段が倍近くする限定版が存在します。つーわけで限定版ですが、



まず箱が開けにくい(笑
思っていたよりはコンパクトですけど、何でこんな箱にしたんだか・・・・。
流用を考えてらき☆すたで使用しなきゃ良いのですが。
エロ下敷きはこれまた使い道が微妙ですけど、どうせなら数シーン後のアノシーンいれてくれよ!!
Tシャツはキャラプリント仕様で、これまたよくある恥ずかしいTシャツですなぁ。うーん。(笑

ストーリーは前作「舞-乙HiME」を参照してください。
物語はそれから一年後が舞台になります。巨大な隕石がアリカ達の住む星に迫る中、乙女たちは力を合わせてこれを撃退する。だがしかし!隕石の中にいたものとは!?

って感じのストーリーですかね。

つーわけで、北米版ではおなじみのOVAをまとめて発売というお得感が非常に高い今作品ですけど、個人的な感想を言わせてもらいますと、これOVAなの?という感じでした。従来のTVシリーズを4話まとめた感覚とそう変わりないほど中身はごく普通の出来でしたね。ただ、1話1話に戦闘シーンや今作品のコンセプトでもある「萌え」要素をうまい具合にちりばめているので、1話1話の満足度は高いとは思いますけど、そのおかげかややぶつ切り感が強いという感じもしたわけであります。



物語の序盤は女王として民を守ろうとするマシロと、もっと直接的に助けようとするアリカの対立から始まります。そしてユキノとハルカのオトメと主の関係を学び、最後は共に敵を倒すわけですけど、この最後の和解シーンは意外とこざっぱりしててよかったと思いますね。個人的には殴りあうユキノとハルカのまねっこシーンなんていらずに、再開した瞬間に和解みたいな感じがよかった気もしますけどね。

ただ一つだけ許せないのがあのラスボスですよ。舞-HiMEを見たことのある私からすれば、ラスボスがふみさんなのは多少違和感ありあましたけど、それよりもあのグレンラガンのできそこないみたいなラスボス第3形体は一気に世界観をぶちこわしましたねぇ。なんか今までのキャラクターデザインと比べると明らかに浮いている。カグツチとか出てきて盛り上がっている時にあれだもんなぁ・・・。ちょっと不満要素かな。

上でアリカとマシロの和解をもっとスピーディーにと書きましたけど、その代りにニナとアリカのやり取りをもう少し増やしてほしかったですね。今作品を観る前はニナの成長とアリカとのやり取りがメインになると思っていたので、あまりに出番なさ過ぎだし、「昔のお父様のほうがよかった」みたいなこといってたりするわけすよ。ニナとアリカ、そしてセルゲイ。ここら辺をもっと重点おいて戦闘よりも内面的な部分で物語やってほしかったなぁ。と思うかなぁ。まぁ、ラブコメもっとみたいんだよ!というわけですけどね。(笑

良かった点は言わずもがな、ハルカ・アミテージです。彼女で1本作ってください。お願いします!!!
ユキノはいらな・・・・、でも彼女いないとハルカのよさがでないからなぁ。うーん。うーん。(笑



つーわけで、今後も出してもらうために是非ともかっとけ~。

[ 2008/11/08 17:24 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

DeepDiscount&DVDPlanetのセール

とうわけで、毎年恒例のセールがやってきました。

DeepDiscount.com クーポンコード:SUPERSALE
DVDPlanet.com クーポンコード:25OFFSALE

ADVのボックスでも買おうかなと思ってたんですけど、在庫ないようなので特にないかなぁ。
ちなみにDDは11月23日まで。Dvdplanetもそれぐらいかと。

[ 2008/11/07 13:35 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2008年11月発売予定の北米版アニメDVD

みなさんこんにちは。
いやーーーー。アニメとはまったく関係ないんですけど、LBP最高ですわ。
いま、オンラインで知らない人と2時間近く同じステージで悩み、やっとクリアしました!!ん~快☆感!!!コレはたまりませんなぁ~。思わずフレンド登録しちゃいましたよ。みんなもLBPであそぼうぜー。(笑

というわけで、2008年11月発売予定の北米版アニメDVDで気になるタイトルをピックアップ。
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでよろしくお願いします。

11月4日はは精霊の守り人1巻2巻とセット、ベクシルがDVDとblu-rayで発売、サイレントメビウス2
劇場版など。
BOXはゼロの使い魔1期が$59.98、強殖装甲ガイバーが$69.98、幻想魔伝 最遊記が$99.98など。

ルイズルイズルイズぅううぁわぁああああ!!!

11日はひぐらしのなく頃に5巻、ツバサ・クロニクル9巻、ストロベリーパニック5巻など。
BOXは極上生徒会が$49.98、ブラックブラッドブラザーズが$49.98、くじびきアンバランスが$59.99
エマ2幕が$49.99、不思議の海のナディア1巻(全2)が$49.98、魔法少女リリカルなのは1期が$59.98、 ツバサ・クロニクルシーズン1が$69.98など。blu-rayではFREEDOMが$139.99。

エマは延期ですな。

18日はブルードラゴン2巻、ブリーチ13巻、時をかける少女、いつだってMyサンタ!、
天元突破グレンラガン1巻2巻BOXセット、らき☆すた4巻限定版あり、
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション III 運命の業火など。
BOXはクロノクルセイドが$89.98、コヨーテラグタイムショーが$49.98、デスノート1巻が$69.98、
新世紀エヴァンゲリオンPlatinumが$109.98、無敵看板娘が$29.99など。

時かけはBDで出せよって感じですね。

25日はDarker than BLACK 黒の契約者1巻、かりん6巻、テイルズオブファンタジアなど。
BOXセットはああっ女神さまっそれぞれの翼が$69.98、エリア88OVAが$19.98、火の鳥が$29.99
バブルガムクライシスTokyo2040が$49.98、HAPPY☆LESSONが$39.98、マリア様がみてる2期が$49.99、パンプキンシザーズ1巻2巻がそれぞれ$59.98、砂沙美魔法少女クラブ2期が$39.98など。

アマゾンだとマリみて2期は12月っぽいですがどうなんでしょ。

つーわけで、今月はこんな感じですかね。
ん~、エマぐらいかなぁ。今月は特にないな~。

はい。ではでは12月先取りじょうほー。
コードギアス2巻、天保異聞 妖奇士がリリース開始です。
BOXセットはエアギア、シェヴァリエ、ネギマ1期、ネギマ2期パート1、ネオランガ、エリア88TV、
蟲師、マリといた夏/パルムの樹、東京魔人學園剣風帖 龍龍、愛天使伝説ウェディング・ピーチ1巻、 ブラックラグーン1期、不思議の海のナディア2巻、レッドガーデン1巻2巻、スクールランブル2期2巻、 ななか6/17、うしおととら、ゼノサーガ、魔法少女隊アルス、ガラスの艦隊、ナースウイッチ小麦ちゃん、NHKへようこそ1巻、ベルセルクなど。あとはトップ関連のblu-rayがでますね。



個人的にはネギま!?が楽しみです!
[ 2008/11/03 23:13 ] 北米版発売予定 | TB(0) | CM(0)

kanon


タイトル:kanon
米 題:kanon
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2008/1/1,2/12,3/4,5/13,6/3,10/14
定       価:単品$29.98 2巻限定版$39.98(購入計 $102.48)
収録時間:600m
収録枚数:計6枚
映像仕様:16:9スクイーズ
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ     224Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ     224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・kanonのアニメ製作現場密着リポートPart1~8(日本語音声+英語字幕)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全巻販売されたので感想を入れて再度掲載。

北米版 kanonは全24話を4,4,4,4,4,4のディスク6枚に収録。
OPEDクレジットは英語表記、題名やサブタイは日本語表記、焼付きなし、次回予告あり。
画質は良いと思いますね。平均ビットレートが6.3mb/sec。京都アニメーションによる品質の高い作画も画面映えの要因ですが、北米版に顕著に見られるブロック、モスキートノイズなども見当たらず、総じて他の北米版の一歩上という感じでしたね。まぁ、暗い画面でのグラデーションがちょっと気になった程度ですかね。
音声についてですが、あゆは国内版よりもボーイッシュさとでもいいましょうか、元気な感じがよろしく、同じく喜怒哀楽の激しい真琴もそれほど違和感なく聞いていて楽しかったです。ん~、個人的に名雪以外はまぁ良かったかなと。名雪は国内版のあの眠くなるような、たとえるなら「完熟」とでもいいましょうか、ベテラン声優による演技なわけで、あの甘ったるさは英語吹替えには全然感じませんでしたなぁ。ちなみに「うぐぅ」は「Uguu」で「あうぅ」は「auu...」という感じで、特にあうぅの方はそれほど違和感なく、自然な感じでoh!に近いOhuuu!という感じがよかったかと!!(笑。

メニュー周りは最近のADVらしく、トップメニューはありますがチャプターメニューはなし。チャプターメニューはありませんが、中身はOP,A,B,ED,PRと区切られています。中身以外はピクチャーレーベルですが、ライナノーツなし、リバーシブルジャケットでもありません。ん~、もうちょっと力入れてほしいと思いますなぁ・・・。ぱにぽにとかがんばってたし。2巻には限定版が存在し、全巻収納可能なボックスが付いています。ん~まぁ、それほどでき悪くないと思いますね。


背表紙とか食い物関係でまとめてたりとなかなか考えられているわけですけど、6巻だけちょっとねぇ。

舞台はあたり一面が雪景色に覆われた北国の冬。
この町に単身で母親の妹「水瀬 秋子」家に居候する事になった「相沢 祐一」が主人公。幼い頃一緒に遊んだ水瀬家の娘「水瀬 名雪」と再開し学校へ通い、普通の生活をする中、ある少女と町で偶然出会う。うぐぅが口癖のその少女「月宮 あゆ」との再開をきっかけに、彼が忘れている7年前の過去が明らかになっていく・・・・。

とまぁ、メインストーリーはこんな感じでしょうか。



ドリームキャストで原作をプレイし、ドラマCDを聞き、四コマなんかを見て、ようやっと京都アニメーションによるkanonを鑑賞いたしましたわけです。まーまず感じたのは、やはり京都アニメーションによる品質の高いアニメーションでしょうか。美しい雪景色や時代を感じさせる演出など、力を入れているから作品の世界を自然に感じ、のめり込んでしまう。結果、再度見返す事により改めに「すげぇなぁ。」と感じる事が出来る。いやー、よくここまで作り込みますよね。

そしてアニメ版の魅力としてキャラ同士の掛合いがあると思いますね。原作ではメインキャラ同士の掛合いってあまりなく、ドラマCDやマンガなどで補完していましたが、アニメ版では真琴とあゆのくいしんぼう対談とかなかなか面白かったですね。4話まで見たところではキャラ紹介がメインでシリアスなストーリーは影も形もありませんが嗚呼っ!!AIRとときも思ったんですけど、この前半のまったりとした雰囲気って非常に大切なんですよね!!!!うーーーん。ここから先どうなるのかーーー早く2巻発売してくれ!!と、久々に思いましたわ(笑



はい。というわけで、ようやく北米版kanonが全巻発売されました。
2008年1月1日に発売され、その頃のスケジュールでは毎月発売予定という感じでしたが、だんだんとスケジュールが遅れ、最終巻に至っては販売元のADVFilmsから一切音沙汰なく、最終巻が出ずに終わりか?と思わせたこともありました。ですが、FUNimationが変わりに販売することになり、ようやくリリース終了となったわけです。そういう経緯もあり、久々に最初からしみじみと見直してみました。

個人的に涙腺クライマックスはやはり真琴だと思います。弱っていく真琴を家族で看病するシーン、一緒にプリクラを取るシーンとか非常に印象に残っていますね。非常に良いシーンなんですけど、ぱっと見ギャルゲギャルゲしてるのがちょっと引っかかる気はしますけど、まぁ、いまさらですな(笑。個人的にはこれで最後の大人バージョンがなければ最高だった!と言えるんですがねーー(笑。あとは舞とさゆりもKANONの中ではかなり異色な話ですが、面白かったですな。さゆりさんがKANONの曲の意味を語り始める所とか印象に残っています。

あとはやはり名雪でしょう。全編通して浮気しまくる祐一を影から支え、終盤で母親が事故にあって絶望のズンドコに落とされ、祐一は別の女の子と朝帰りをしている中で一人で立ち直った名雪。このアニメ見て、原作などではあまり感じなかった名雪の強さをひしひしと感じましたね。終盤のベンチで座る祐一の前に現れた名雪のシーン。7年前はせっかく作った雪うさぎを壊されて、今回はあゆで頭いっぱいの祐一。もうさ、祐一を横にどかしてギュッって名雪を抱きしめてあげたい!!とか思うわけですよ。結局さ、終盤まで名雪は抱きしめられることなく一人で戦っていた印象がすごいあるんですわ。そりゃ友人とか母親とかありますけど、他のヒロインキャラにあるような異性間を感じさせる愛がなかったわけで、なんつーかさ、祐一なんかと結ばれなくて良かったとは思うけど、これで終わりは悲しすぎるわけで、だからさーーー名雪OVA作ってくれ!!!!あーーでも相手が祐一じゃなぁ・・・。

あゆに関しては特にないです。あと栞もなんか終盤がいまいち盛り上がらなかったかなぁ。



とうわけで、このアニメ見て名雪を再度惚れ直したわけなので、皆さんもぜひ購入していただきたいと思いますが、残念ながら入手は難しいと思われます。ですが、そのうち廉価版が出ると思うのでそのときはぜひともかっとけ~。

[ 2008/11/02 20:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)

ネギま!?春・夏スペシャル


タイトル:ネギま!?春・夏スペシャル
米 題:Negima OVA
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2008/10/14
定       価:定価$19.98(購入計:$12.13)
収録時間:50m
収録枚数:1枚
映像仕様:16:9
音声仕様:英語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・オーディオコメンタリー(米スタッフ)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 ネギま!?春・夏スペシャルは計2話をディスク1枚に収録。
OPEDは英語表記、題名も英語で凝った形になっています。ファニメーションといえばマルチアングル収録なのですが、今作品は英語テロップバージョンのみですね。多すぎるアイキャッチ等も収録されており、焼き付き字幕などは見当たりませんでした。
画質は標準的な北米品質かと。平均ビットレートが8.27Mb/secです。
音声については英語音声収録されていますが、以前のネギまの時も思ったのですが、相変わらずネギ先生の声が虫みたいでいやですな(笑。
メニュー周りもトップ、チャプター、言語選択、エキストラと標準仕様。ジャケットはリバーシブルジャケットでライナノーツなどはなくディスク一枚のみ!という、まぁ、北米版らしい品質ですね。映像特典は上記どおり、ノンクレは歌は日本語音声だけど生徒たちの掛け声が英語音声しかないのがちょっと残念かな。

ストーリーについては、アニメ版魔法先生ネギま!を参照してください。



今作品は黒歴史とまで言われたアニメ版魔法先生ネギま!から、夕方に放映された続編のネギま!?のOVA版という位置付けの作品になります。魔法先生ネギま!は北米版が発売されているのですが、2期にあたるネギま!?はまだ発売されていないのに、先にOVA版が出るというわけですが、ん~、OVAのクオリティを期待してTV2期を見たらちょっとがっくりくると思いますねぇ。と、それぐらい、OVA版良かったです!!!

まずは「ネギま!?春スペシャル」。
明日菜と喧嘩して落ち込んでいるネギ先生を励ますために、委員長のプライベートアイランドにクラス全員で遊びに行くというわけですが、OPのスカイダイビングといいさすがOVAという感じでよく動きますね。そしてOVAだから出来るエロ、エロ、エロ、エロ、エロティック!!ん~、すばらしいですなぁ。正直、年中喧嘩してる明日菜とネギ先生がまた喧嘩して仲直りなんて話はどうでもよいので、ある意味エロ前面に押し出して正解だったとは思いますね。まぁ、狙いすぎて逆にこっけいに見えたり、アイキャッチ全員分とかはどうかとは思いますけど、まぁ、さっちゃん出たのでokok。それよりも個人的に気になったのが木乃香に対する刹那でしょう。こんなキャラだったっけか(笑。

次は「ネギま!?夏スペシャル」。
好きな人同士が結ばれているという赤い糸を見つけられる魔法を試したのどかと夕映ですが、その魔法は糸を見つけるというより、思った相手と糸で結ばれる魔法で、ネギ先生とくっついてしまったのどかのお話。こちらも喧嘩する明日菜とネギ先生と同じぐらいベタベタなお話な訳ですけど、春スペシャル同様にエロエロでよかったと思います。ですが、やはり、個人的に評価したいのは夕映→ネギ先生でしょう!!!んーーーもうちょっとこーー見るのが恥ずかしいほどの出来にしてほしかった気がするというか、ちょっとあっさりしすぎかなぁ。のどか、夕映、ネギ先生の3角関係は黒歴史版のほうが良かった気がしますね。



はい。つーわけで、12月には2期でもあるネギま!?が北米市場で発売予定です!!その前にOVAで予習しておくのもありかと思いますぞ!!!かっとけ~。

[ 2008/11/01 18:45 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

DSiと新型PSPとLBP

どーも。
最近忙しくて、残業代笑えるほどもらえたので携帯機を買い換えてみました。

・PSP3000
外見などは2000と変わりませんけど、色彩豊かにはなってるっぽいですね。
ただ、この横縞はなんだ・・・・。うーーん、2000でも十分だったかな。

・DSi
DSLは持ってなくて、初代DSからの買い替えなんですけど、コレはすごいわ。
正直PSPと値段同じっていうのは納得できませんが(笑、それでも初代に比べると
画面がクッキリ、色彩鮮やか、音もよろしい!!!ボタンが押しにくいのが難点かなぁ。
ただカメラはどうだろ。正直コレもって外出して遊んでたらカメラでやましいことしてるん
じゃないの?とか思われないだろうか(笑

・LBP
なんつーか、こういうソフトが出せるのがソニーだよな。って感じかな(笑。
次世代機といえばアクの強い作品ばかりですけど、ライトでそれでいて奥が深い作品。
んーまぁ、自分で遊びを見つけられる人向けという気もしますね。みんなで遊ぶと
なおたのしいって感じかと。

[ 2008/11/01 16:26 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)