物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

カレイドスター 新たなる翼


タイトル:カレイドスター 新たなる翼
米 題:Kaleido Star New Wings Complete Collection
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/9/4
定       価:$59.98(購入計:$33.85)
収録時間:650m
収録枚数:計5枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語     ドルピーデジタル5.1ch   448Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・なし
○付属特典
     ・収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 カレイドスター 新たなる翼はTV放映された全25話+OVA1作を5,5,5,5,6のディスク5枚
に収録。OVAはカレイドスター新たなる翼-EXTRA STAGE-『笑わない すごい お姫様』を収録。
OPEDは英語表記、副題は日本語、アバンタイトル、アイキャッチ、次回予告も収録されています。
画質は標準的な北米品質で問題ないかと。変動激しく平均ビットレートが6.5~7.5Mb/Sec。
んまぁ、暗いシーンなどではグラデーションが階段状態になっている場面も多々見受けられます
が、こんなもんではないでしょうかね。ADV品質という感じかな。

メニュー画面はADVFilmsお馴染みのトップメニューのみでサブメニューは一切ありません。
本編自体はアバン、OP、Aパート、アイキャッチ、ED、次回予告と区切られています。
映像特典は一切ありません。まぁ、OVAが特典といえば特典かな。ちなみに単品販売の場合は
ノンテロOPEDやインタビュー映像なんかも収録されていたようですね。
ボックスはこちらもお馴染みの薄方Thinpakで、ライナノーツ等の付属品は一切なし。
ボックス自体は、前期が黒をベースとしたBOXに対し、今期は白をベースとしたボックスで
一緒に並べるとなかなか良いですね。ここがグーットかなぁ。ここだけかなぁ(笑

ストーリーは前作を収録してある北米版カレイドスターアメージングコレクションを参照。
今作品はその続編になります。
カレイドステージのトップスターレイラ・ハミルトンと幻の大技を決めた主人公の苗木野そら。
だが、その後レイラはカレイドステージを去ってしまう。残されたそらはスターのいない
カレイドステージを新たにやってきたメイ・ウォンやレオン・オズワルドと共に盛り上げようと
する。さてさて、これから一癖も二癖もある連中に囲まれて、カレイドステージはどんな事件を
巻き起こす事になるのだろうか・・。



とまぁ、ルパン風に締めてみましたが、こんな感じですかね。
いやー、これまた面白くて一気に鑑賞してしまいました。最近は深夜の定番物みたいな作品を
よく鑑賞していたので、こういう日曜朝のさわやかなスポーツ物?は実に新鮮でした。

まず何といっても良かったのが、1期よりパワーアップしたギャグ描写ですな。(笑
日曜朝からこのテンションは・・・・・とは思いますが、まぁ、ギャラクシーエンジェルとか、
デジキャラットなんかも放映されていた事を考えると、なんというか、日本オワタかなぁ。
深夜向けのネタとは違い、ネタ自体が作品になってしまっている某作品なんかとは違い、
本編をよりよく盛り上げるいわば「トランポリン」みたいな感じで非常に良いと思います。
・・・巧い事いったねぇ。(笑
キャラについては、メイ・ウォンは序盤がいまいちキャラつかめませんでしたね。ギャグ描写の
時はすごい暴走キャラなんですが、それ以外の特にシリアスなシーンでのメイとそらの位置が
かなりギクシャクしているので、なんというか人格がかわったみたいでしたな。
んまっ、終盤はかわいかったからいいんだけどね~。レオンはOVAが最高でした。(笑

そしてストーリーですね。
カレイドステージでスターになる事を目指した1期に対し、本当にやりたい事を目指す2期。
前半ではそらの周りの人間がそらにより成長していく描写が多々ありました。個人的には
マリオンのあたりが良かったですね。
このカレイドステージを守るために伝統のあるサーカスフェスティバルに出場するそら。
ここでの展開は、手伝いをしてくれる妖しいライバルとか、ある意味非常に先の見える展開
ではありました。ですが、わかっていても終盤の涙を流した天使のシーンは良かった。
本当にしたい事を見つけたそら。なんというか、悲しくもあるシーンなんだけど、
めちゃくちゃワクワクしてしまいましたな。
やっと気づいたのかよ!!ひゃっほーい!そらのターン開始!というかね(笑



そしてやはりこの作品はレイラ・ハミルトンありきだと思ったのが最終話前の24話でしたな。
もう、美しい!!(笑 白鳥は水面下では必死にもがくとかありますが、水上で美しい姿を
見せるが、それすら、もう一羽の白鳥のための踏み台にあえてなったという感じでさーーー。
もうねーー、泣いたし腰が砕けた(笑。最終話も含めてレイラのお話としてすごい綺麗に
そして完結していましたね。もうこれ以上レイラという人物の話は、蛇足にしかならないような
気がするほど、個人的にカレイドスターのすごい完結!っていうイメージでしたわ。うんうん。

後これは不満というか、超個人的な事なんで飛ばしてください(笑。
前話が異様に盛り上ったおかげで、最終話は個人的にはいまいちかなぁ。前話が良すぎてね。
もちろん今迄の練習がこうなったのか!というのはあるんですけど、もう少し最後は純粋に
観客としてみられるような最終回なら良かった気がしますなぁ。
Aパートはワクワクドキドキしながら会場に集る観客のみの描写でBパート場舞台のみ。
ケンの「いまだぁ!ドアオープン!」とかスタッフがボケーっとしている描写とかいりません!
そしてソラが地上に降り立つと同時におわり・・・エーーーッ?(笑
まぁ、それぐらい許されるんじゃないかなぁと思いますねー。

というわけでね、幼女を跳ね飛ばしてまでゲットせよ・・・・、いや、まぁ、中身以外では
パッケージ販売とかいまいち良い評判を聞かなかった今作品ですが、中身はすばらしいので
ぜひとも前巻もあわせてかっとけ!!!



公式:http://www.advfilms.com/titles/kaleidostar/

[ 2007/09/29 17:06 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

Geneon Entertainment USAの11月以降のリリースについて

ADOANNRightstufにも記載されていますが、小売向けにこのような資料が出たようです。

内容は「2007年9月28日までDVDやその他の注文を受け付ける。
そして発売予定の商品については11月6日リリース予定の物まで受け付ける」という事ですかね。
まぁ、これは販売・流通の人材などをカットしてAdvfilmsに委託する予定だったが頓挫し、現状
販売部門が削減により動かない状態なわけで、考えてみれば当然といえるかもしれません。

ひぐらしの続きどうするんだよ・・・・、ローゼンメイデンの続きどうするんだよ・・・・。
ブラックラグーン2期は?なのはは??シャナの映画は???

今後発売されるタイトルについては特に記載されていません。んー委託業者が見つからない場合は
ライセンスの管理のみを行うみたいな感じになるんでしょうか・・・・。ただ、それでADVが
商売にならないと計画が頓挫したわけで、見通しは暗いですなぁ。
ヘルシングなどの北米市場でも勢いのあった作品は、どこかが出すかもしれませんが、それ以外の
既に販売されているマイナータイトルは現状在庫のみ。という事になるでしょうね。
とりあえず、気になる物は早めに購入しておいたほうが良いにこしたことありません。

AODのGeneon商品リスト

個人的に廉価版の更なる廉価版待ちをしていた「光と水のダフネ」「ステルヴィア」
「ガールズブラボー」あたりはちょっと考えています。
あとラストエグザイルの最終巻のディスクがどっかいっちゃったんだよなぁ~(笑

なんにせよ、まさかGENEONが!っていう感じですよなぁ・・・。
実際手元に届かなくても、安心できるパッケージ品質。委託にせよ、GENEONのパッケージが
なくなる事自体個人的にダメージでか過ぎですわ。
そして来週には「ひぐらしのなく頃に」の3巻が届く・・・(TT。

[ 2007/09/27 11:57 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

2007年10月発売予定の北米版アニメDVD

残暑厳しい日々が続いておりますが、いかがおすごしでしょうか?
AODによると以前PVがあがっていたKANONがADVFilmsより発売するようですね!!
AIR劇場版が12月、1月からのリリース予定ですが・・・・Geneonとのゴタゴタがあったりと
ちゃんと出ればよいのですが・・・。ちなみに東映版じゃないと思います。PVが京アニだったしね。

というわけで、10月発売予定の中で気になる物をピックアップ。
参考になれば幸いですが、あくまで予定なのでご利用は計画的に!!

10月2日は.hack//Roots4巻(全6)、エアギア5巻(全6)、ゼーガペイン1巻限定版あり、
NHKにようこそ1巻(全6)、戦闘妖精少女たすけて!メイヴちゃん、スクールランブル2巻(全6)、
攻殻機動隊SAC The Laughing Menなど。
BOXセットは天上天下が$99.98、勇午~交渉人~が$39.98など。
メイブちゃんとかパシだと$5.7、これから多少価格上げてもボックスに入れてほしかったですな。


9日はFate/StayNight6巻限定版あり(全6)、クラウファントムメモリー4巻(全6)、
ひぐらしのなく頃に3巻(全6)、ツバサクロニクル4巻、ギャラクシーエンジェる~ん3巻など。
BOXは特にないかなぁ。
fateの限定版にはミニピクチャーボードとセイバークロックが付くらしいですが・・・・、
んー、なんか情報がまちまちなので発売するかどうか分かりませんなぁ。単品は出るでしょうが。


16日は009-1の3巻(全3)、涼風4巻(全6)、彩雲国物語2巻(全9)、ヘルシングOVA3巻、
ガラスの艦隊1巻限定版あり、イノセントヴィーナス2巻(全3)など。
BOXはブルーシードが$49.98、巌窟王が$149.98など。
またしてもブルーシードBOXですが、今回はOVAも収録されているようです。そしてRightstufによると
おまけ劇場も入っているっぽいですな・・・。まぁサイトの表記はあてにならないものでしょうが、
火のない所に煙りは建たないといいます。どうでしょうか・・・・・。一応購入予定です。


23日はギャラクシーエンジェルAA3巻(全4)、地獄少女1巻限定版あり、かしまし3巻(全3)、
ぱにぽにだっしゅ!6巻(全6)、蟲師3巻(全6)、ローゼンメイデントロイメント1巻、
パンプキンシザーズ1巻(全6)、スーパーロボット対戦OGなど。
BOXはバジリスクが$89.98、スレイヤーズOVAが$19.98など。
地獄少女楽しみですな~。


30日はAIR-TV-3巻(全4)、火の鳥1巻など。
BOXは、はじめの一歩が$79.98で1,2と二種類、GTOのBOX2が$49.98.
火の鳥はほしいんですけど、MBの廉価版は速いし、うーんどうしよう。


というわけで、10月はこんな感じですかね。
個人的には地獄少女。非常にたのしみであります!!!

では11月の先取り情報など。

単品ではハルヒ4巻、シムーン、ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス、ブラックラグーン2期、
デスノートなど。
BOXは鋼の錬金術師BOX2(全4)、ガンスリンガーガール、ガンツ、トリニティブラッド、
エレメンタルジェレイド、フルーツバスケット、プリンセスちゅちゅ、アベノ橋魔法商店街、
ああっ女神さまTVシリーズ1、不思議の海のナディア、エヴァンゲリオン、攻殻機動隊2ndGIGなど。
Blu-Rayではパプリカ、人狼がリリース予定。



Blu-Rayがゾクゾク登場・・TVシリーズが待たれますな!!!

[ 2007/09/24 01:03 ] 北米版発売予定 | TB(1) | CM(3)

成恵の世界


タイトル:成恵の世界
米 題:World Of Narue,The Collector's Series Edition
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2004/4/13
定       価:$39.98(購入計:$23.47)
収録時間:300m
収録枚数:計4枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps(コメンタリー1)
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps (コメンタリー2)
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・オーディオコメンタリー1 国内声優(1話-9話)
     ・オーディオコメンタリー2 国内製作スタッフ&CPMスタッフ(1話-3話)
     ・能登麻美子&坂口大助インタビュー(日本語音声のみ)
     ・能登麻美子&坂口大助インタビュー Anime TV PLUS篇(日本語音声のみ)
     ・次回予告別バージョン(日本語音声のみ2話-12話)
     ・コマーシャル映像(国内DVD6巻分 日本語音声のみ)
     ・番組プロモーション映像(日本語音声のみ)
     ・番組プロモーション映像未公開バージョン(日本語音声のみ)
     ・Big Apple Anime Festの声優コンテスト(英語音声のみ)
     ・US番宣映像(英語音声のみ)
     ・漫画本の紹介(英語音声のみ)
     ・ストーリーボード(絵コンテと比較再生 英語音声のみ)
     ・キャラクター紹介(米スタッフ&英語音声のみ)
     ・アートギャラリー
     ・スケッチギャラリー
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 成恵の世界は全12話を3,3,3,3とディスク4枚に収録。
OPEDは英語表記、題名にも米題が焼付いていますが、違和感はないかな。
次回予告やアイキャッチ、サブメニューなど標準的なものは付いていますね。
画質は流石U.S.MANGA!あまりよろしくはありません。平均ビットレートが7.18Mb/Sec。
輪郭などがちらちらしすぎる感じがします。まぁ、他のUSMANGAのフォトンとかよりは
良いと思いますし、ボケ悪い月詠なんかよりは見やすいとは思います。
音声は上記通りでオーディオコメンタリーはDISK3まで、9話までの収録となっています。
実に中途半端ですなー。最後までいれろよーと思いましたわ!!!聞いてませんけどね(笑
その他特典映像なんかは恐ろしいほど充実しています。
パッケージはデジパック仕様。
全体的な印象としては非常に安っぽい。まぁ、実際安いんですけどね。



今作品の主人公はちょっとオタクだが心優しい少年、飯塚和人。
ある日、雨に濡れた小犬を助けようとしたところ、後ろから金属バットを持った少女が現れ、
そのいたいけな小犬をぶちのめす姿を目撃する!そして彼女は言う「あぶなかったわね。」と。
その犬はある勢力が地球に送り込んだ生物兵器だというのだ!!!
彼女の名前は七瀬成恵。
宇宙から来たという彼女に興味しんしんの和人は彼女のあとを付けるのだが・・・・。

と、まぁだいぶ違いますが(笑、つかみはこんな感じですかね。
んー正直なところ、中盤あたりで「この地球と同じだが争いが絶えない惑星から、なぜこの
地球は平和なのか調査する」らしき展開があったので、そう言う路線で終盤は盛り上るのかと
思いきや、なんだかよくわからないまま終わってしまいました(笑

基本的には彼女が宇宙人というだけの色モノラブコメという印象が強かったですね。
主人公は始めて成恵を家に呼んだ時に「アニメみる?」とか言い、いきなり後編を解説しながら
鑑賞し始めたり、デートでアニメ声優サイン会とか行くかなりアレな人なんですが、それに対し
成恵はコスプレをして「声優なんかに負けない!」という感じの展開とかあるわけで、
かなりバカップル展開を見る事になります。
ただまぁ、コメディ描写が強く、巨大な顔のバチスカーフとかかなり笑えるし、なにより
成恵の中の人アニメとして非常に満足できる物。ではないかと思いますねー。(笑



あと、良かった点としては年下の姉「七瀬香奈花」を中心としたストーリーでしょうか。
宇宙人の父親「七瀬正」と地球人の母親をもつ成恵に対し、七瀬正と宇宙人の母親をもつ彼女。
父親を追いかけ地球にやってくるのですが、光速航行の輸送船に密航したためにウラシマ効果
と呼ばれる現象により、地球に付いた時には15年もの歳月が経ってしまっていた。柔らかかった
父親の手が堅いゴツゴツした手にかわり、自分より年上の妹がいる事実を知る。そんなわけで、
表面的には非常にワガママな素直になれないっていう感じなんですが、友人や和人とふれあい
素直になってくると、またこれがかわいいんだわ(笑。父親にべったりという感じも非常に良いし
成恵の母親ってどんな人?とか聞くシーンでは、なんかちょっとジーンときちゃいましたね。

終盤の展開はちょっとお粗末だったと思いますねぇ。最後の最後は一応それらしき危機が訪れる
んですが、横からやってきた人達に助けられて、そのうちの一人が洗脳されて、そのうちの一人が
それを悲しみながら倒す!という感じで、あーー主役二人おいてけぼりだなぁ・・・と思いました。
個人的にはこの12話は前半として非常に良い出来なので、あと1クールぐらいで宇宙を舞台に
お話を展開できればよかったかなぁ。と、思いましたね。



というわけで、んー買うなら国内版が安いのでそっちがおすすめかも!(笑

[ 2007/09/23 03:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

宇宙の騎士テッカマンブレード


タイトル:宇宙の騎士テッカマンブレード
米 題:Tekkaman Blade Collection
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/2/7,6/5,8/14(全3巻)
定       価:各$29.95(購入計:$55.77)
収録時間:1225m
収録枚数:計9枚
映像仕様:4:3
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ  448Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング (前期のみ)
     ・ノンクレジットエンディング (前期のみ)
     ・オープニングver2.2
     ・ブレード変身&ボルテッカ集(幻のボルテッカしょぼすぎwww)
     ・番組宣伝スポット(なつかしすぎ)
     ・ミニエピソード「TWIN BLOOD」「長き戦いの序曲」「燃えた時計」「MISSING LING」
/////////////////////////////////////////////////////////////////

北米版 宇宙の騎士テッカマンブレードは全49話を3つのボックスに分けて販売しています。
BOX1は1~16話をディスク3枚、BOX2は17~33話をディスク3枚、BOX3は34~49話を
ディスク3枚、 計ディスク9枚での収録になっています。
OPEDは日本語表記、次回予告あり、焼付き字幕なし、サブタイも日本語です。
画質は良いと思います。年代からちょっと良いビデオ録画程度を想像していましたが、
ボケておらず、ノイズ感もなく、非常にスッキリしていると思いますね。もちろん年代の古さは
感じますが、画質より作画の方に目がいくという感じ(笑。平均ビットレートが7.6Mb/Sec。
ただ、特典映像の方は少し悪い気がしました。ちょっとボケ悪いという感じです。
音声は日本語音声のみの収録になっています。MBは最近日本語音声のみが多いですねぇ。
メニュー周りはサブメニュー等ちゃんと収録されています。
収納ボックスですが、画像の通り見開きタイプの厚紙?ボックスです。まぁ、価格を考えれば
こんなものではないでしょうかね~。そうですねぇ・・・。ボックスはしょぼいですけど、
内容と価格を考えれば十二分に満足出来る品質だと思いますね。

連合地球暦192年。人類は地球の周りを土星の輪の様に囲むオービタルリングと呼ばれる施設と
それと地上とを結ぶ起動エレベーターを建設した。これらにより人類は宇宙へと第一歩を
歩もうとしていた。だがその時、謎の宇宙生命体「ラダム」によりオービタルリング、起動
エレベータが占拠され、人類の希望だったオービタルリングが、その装備を地球に向け、人類を
絶滅させるための施設となってしまった。通常の攻撃が効かないラダムに対し、人類はただ空を
見上げ、滅亡まで脅える日々を過ごすだけだった・・・・。

そんなある日、ラダムに対抗するために調査・研究をしている外宇宙開発機構、通称スペース
ナイツの前に隕石が落下し、中から記憶喪失の男が現れる。「Dボウイ」と名づけられた青年は
謎の水晶を掲げ「テッカマンブレード」と呼ばれる超人に変身し、今迄倒す事の出来なかった
ラダムを撃退するのだった。こうして人類とラダムの、そしてブレードの戦いが始まった。

と、まぁこんな感じですかねぇ~。

鬱アニメとして有名(笑)なテッカマンブレードを鑑賞いたしました。
幼い頃はただカッコイイ!というだけで見ていた記憶がありましたが、
やはり大人になって見返すといろいろと考え深い物がありますねぇ。
まずはコレ。



今作品のヒロイン「アキ」です。
これが本編中のアキです。



・・・・・・・、まぁ、人間感極まると顔の表情なんてどうでも良い事だとは思いますけど、
それにしても、全編にわたっての酷い作画。コレにつきますな(笑
この作品だけに限った事ではなく、昔は結構冒険的な作画が多いのでこればかり
バッシングするのもどうかと思いますが、非常にいいシーンでコレはないと思いますねぇ。
ちょっとショックだったなぁ(笑

というか、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、良い作画はオープニングです(笑
オープニングではカッコイイチーフも、アニメ本編だと黒いパンティを目の上に載せてる
みたいだし、ノアルもバルザックもなんかアメコミの主人公みたいな身のこなしだし・・・・。
・・・・・・・・まぁ、正直これはどうでもいいんですわ。(いやよくない)
このテッカマンブレードはやはり熱く!!そして悲しい!!ストーリーなわけです。
というわけで、ネタバレを含む感想などを記載したいと思います。


          ↓ ↓  ネタバレを含む感想  ↓ ↓

地球を守るために活動する「スペースナイツ」と合流した頃のDボウイは、実に孤独な男でした。
「おれはラダムを倒す!」それが口癖の、周りなんてどうでも良いという振る舞いで、昔の
ヒーロー物には実に似つかわしくない主人公でしたな。しかし、スペースナイツと共に戦いを
続けるうちに、Dボウイも彼らスペースナイツを信頼し心をひらいていきました。
だが、そんな彼らの前にDボウイにそっくりな人物が現れます。彼の名前は「シンヤ」Dボウイと
同じくテッカマンに変身する事の出来る、ラダム側となったDボウイの双子の弟だったのです。

かつてDボウイとシンヤ、そして妹のミユキの3人で遊んだ場所で戦うテッカマンブレードと
シンヤが変身したテッカマンエビル。
咲き乱れるアマリリスの花畑での「ボルテッカーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
くぅううカッコイイ!だけど、切ない(TT。撃退はするが、ここで変身できる30分を超えて
しまい、テッカマンに精神を乗っ取られてしまいます。この後には良くある展開で元に戻る
んですが、その間に人殺しまくりなんですよね。いやぁ~ここらへんが昭和アニメですな。



妹との再会をきっかけに、世界中植え付けられたラダム樹が咲く時、人類は滅亡してしまう。
という事実を知る事になるスペースナイツ達。そして、その後Dボウイの過去が判明します。
本名は相羽タカヤ。宇宙物理学の教授でもある父と共にタイタン調査団として宇宙船アルゴス号
で土星の調査に向かう途中にラダムと遭遇。父が、兄が、弟が、妹がラダムに飲み込まれ、
テックシステムにより超人となる過程で、父親は不適合として排除される。そして父親により
助け出され、「ラダムとなってしまった家族を倒せ!」との使命を与えられ地球へと送られた。
嗚呼、なんてこったい。悪いのはラダムであってみんな被害者なのに、なんてこった(TT。

前半のクライマックスは崩壊寸前のスペースナイツ基地が舞台です。
地球防衛軍がオービタルリングを破壊する作戦を立てるが、数億の人間を犠牲にする事に対し
それを阻止するテッカマン。阻止するんだけど、その方法が地球連邦軍全滅なのがまた良いですね。
実に昭和アニメですな(笑。しかしスペースナイツ基地で彼を待っていたのは、弟シンヤに串刺し
にされた妹ミユキの姿だった。怒るブレード。彼の怒りはあたり一面を焼け野原にする。



・・・そしてOPも一新し、新しい物語がスタートします。
5ヶ月の間、地球防衛軍もスペースナイツもいなくなり、ラダムよる侵略が進む地球。
再び集結するスペースナイツですが、彼らの目の前には弟シンヤだけでなく多数のテッカマン
が控えています。テッカマンアックス。かつて教師として自分と弟を鍛えてくれた人物。
彼との戦いは実にすばらしかった。しかし、この戦いからDボウイの体の組織崩壊が進み、
テッカマンに変身する度にボロボロになっていくという事実が彼を苦しめます。

戦いを止めるか?50%という確立で、仮に成功しても半年しか生きる事の出来ないが絶大な力
を得る事の出来る処理を受けるか?・・・・・・もちろん彼は戦う事を止めませんでした。
ここでDボウイを守るために立ち上がるスペースナイツ&バーナード軍曹は実にアツかった!!
そして、新しく生まれ変わったテッカマン。ブラスターテッカマンによる反撃が始まります。
やはりこの手のアニメの変身後の一掃シーンは最高ですなーーーーー!!!ボルテッカ強すぎ(笑
とか思っていたわけですが、本来使ってはいけない力を使った代償は、記憶の欠如でした。
戦闘を重ねる度に彼はたくさんの記憶を失っていく。Dボウイという名前、妹が好きな花の名前
そしてテッカマンに変身する方法・・・。今後の戦闘シーンは、毎回終わった後になにを忘れて
しまうのか?と非常にハラハラドキドキでしたなぁ。

そして彼はアキを連れ、かつての自分の家へと向かう。
「家って不思議だな。持ち主はもうこの世にはいないのに、妹の匂いがする。」
リビング、父の本棚、妹の部屋、弟の部屋、アキと一緒に部屋を回るDボウイ。
彼は何のためにこの場所へ?
そう、ラダムへの憎しみだけは忘れないよう心に刻むためにこの場所へ来たのだった。



憎しみだけを糧に弟のシンヤを倒したDボウイ。彼はシンヤのもっていたクリスタルを手にし
最終決戦の月へと向かう。月へ近づく度に彼の記憶がなくなっていきます。
大切な仲間を忘れ、死んでいったもの達を忘れ、かつて愛した家族を忘れ、その家族を殺した事
を忘れ、そして愛するアキの事を忘れ。憎しみのみを記憶に彼は戦います。

・・・強くなどなりたくなかった。
「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
 おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
 おおおおおおおお」


・・・出来ることなら変わりたくなどなかった。
「ボォルテッカァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
 アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
 アアアアアア」


・・・・・・・・はい。
というわけでね、最終回、中盤のあの名セリフが頭の中を駆け巡りました。(TT
アキも言っていました。なぜDボウイがこんな使命を負わなければいけないのか?まったくその通り
ですなぁ・・・・。最後のZガンダム的なエンドは非常にかなしかったけど、ゆっくりアキと休ん
でもらいたい。ですかなぁ。でね、このあとに「MISSING LING」を見ちゃった(笑。
何だあのアキは! お願いだからDボウイを休ませてやってくれよ(TT。
テンションが一気に萎えるので、見ないほうが良いかもしれません(笑

んー正直スパロボとかで見てみたい!と思っている平成生まれの人には、作画とかかなり
インパクトあるので全49話はきついと思います。(笑 ですが、レンタルもないし、国内版も
レア化してるので気になるのであればぜひともかっておけ!!
そして、おっさんは今すぐ買え。(笑

[ 2007/09/22 00:03 ] 北米版レビュー | TB(3) | CM(1)

新型PSPかっちゃった~




買っちゃった!
いやーーーーーーーーーーーーん、軽いわーーーーー!!!
LRも押しやすいし、□ボタンも陥没しないわーーーーーん!!!
まぁ旧型に比べるとちょっと安っぽい印象はあるんですけど、
電源入れてCCFFの映像が出たら逆に驚きですわ。いやーー。
ロードに関しては、CCFFは早くなっていると感じますね。fateも気持ち早いと感じます。
古いソフトに関してはまちまちですなぁ。
[ 2007/09/20 22:18 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

Bioshockクリアした

プレイ開始直後はかなりビビリプレイをしていましたが、慣れとは恐ろしい物です。
まず、感想の前にこのゲーム特徴なんかを。

まずこのゲームの特徴としては重火器といった標準的なFPSの武器以外に超能力(Plasmid)を
使用する事が出来ます。
これは体力と同じようにゲージがあり、それぞれの能力を使用する事により減っていきます。
減ったら注射器をぶっさして回復という豪快な仕様ですな。
能力はいろいろありますが、序盤で手に入る物ではまず電撃。これはあいてを痺れさせたり
水に放ちあたりの敵を感電させる事が出来ます。警備用ロボットなどはこれを使用して
ハッキングする事により味方として敵を攻撃してくれますね。

火炎。相手を火だるまにする能力ですが、氷を溶かしたりイベント用としても使います。
相手に食らわせると叫び声を上げながら逃げ回り、最後にはかなりグロい焼死体となります(笑
念動。テレキネシスは近くにある物や遠くにある物を引き寄せたり、相手に投げつけたり出来ます。
利用方法によっては相手のなげた爆弾を引き越せ、敵に投げつけて攻撃。死体を目の前に引き寄せ
相手の攻撃を防ぐなどできます。
それ以外にも、監視カメラを誘導させる技やビックダディを味方に付ける技、ラスボスまで有効な
投影といった、実に多彩な能力があります。

お金を稼ぎ買い物をする。という要素もありますね。
敵を倒したり、レジスターなどを壊したりするとお金が手に入り、回復アイテムや弾丸などを
購入します。買い物とは違いますが、落ちているさまざまなアイテムを回収して改造ポイントで
特殊弾丸などに開発する事も可能です。まぁ、私的にはケチってばかりでしたな。(笑

そして忘れてはならないのがハッキング。
この施設の自動販売機や警備システムなどの備品を使用する場合はハッキングを行います。
ハッキングというのが、チクタクバンバン・・・いや、ゴルビーのパイプライン大作戦みたいな
ミニゲームです。まぁ、回避する事も出来ますし、ゲームの雰囲気を損なうといえばそうなので
微妙な感じですが、簡単なので個人的には恐怖感から抜け出せてよいかと(笑

そしてこのゲームの一番のキモである、ビックダディです。
普通にゲームをプレイしていると、行動ルーチンはありますが、基本的にランダムで出現します。
野太い低いブォーンというような音と共に、ドシンドシンと振動する床、そしてそばに使える
リトルシスターのかわいい声。

嗚呼っ!近くに奴がいる!!!



ステキすぎです。(笑
基本的にビックダディはこちらから攻撃を仕掛けない限りこちらに攻撃してきません。
もちろん無視する事も可能ですが、ビックダディを倒しリトルシスターを保護する事により
自らの能力をアップさせるための物を買う事が出来る用になるので、基本的には倒します。



やはり距離がある所からロケットランチャーにて砲撃。これが基本ですな。
武器の種類は少ないですが、弾丸の種類はさまざまです。ロケランの場合は目の前に放物線場に
放つ手榴弾タイプ、放った後弾の範囲に敵が近づいたら爆発する地雷タイプ、そして誘導しながら
相手を攻撃する誘導ミサイル。



そして距離が縮まったらショットガンにて攻撃。
ショットガンを売ってもカン!カン!と、ほんとにきいてんのかぁ?とか思いますな。(笑
ショットガンの電撃弾はビックダディ戦には実に有効です。常に満タンにしておきましょう!



一気に詰めてくるビッグダディ。体当たり攻撃で吹っ飛ばされる事もありますね。
ビックダディにも遠距離タイプや近距離タイプと種類があるのも特徴ですね。
やはり近距離タイプが一番恐いですな。ノソノソ歩きからは想像も出来ないスピード。
たまりません。



撃沈!
ビックダディからは大量のお金を得る事が出来ます。

最高ですな(笑
EASYだと楽勝なんですが、ハードだと戦闘前の全武器のリロードの見直し、攻撃の場所取りなど
なかなか考えさせられますね。これは個人的に感じた事なんですが、敵が結構賢いんですよね。
ちなみに私が以前良くプレイしたのが、アンリアルトーナメントやTFCなんかです。古いね(笑
頻繁に動くので照準で狙いにくいし、詰めるとすぐ逃げるので追いかけるんですが、なかなか
捕まらない。そして警備システムに見つかり蜂の巣に(笑。

で、最後はストーリー。
メインストーリーではRyanの豹変っぷり、アーティストCohenの死体撮影ミッションなど、
実にぶっ飛んでいてなかなか楽しかったですね。
個人的にはこの荒廃したラプチャーがまだ正常に機能していた頃の描写が、基本的には
ラジオメッセージでたくさんあり、それらがゴーストの演出等で再現されているのですが、
もう少し、エコーナイトのように力を入れてほしかったかなぁと思いますね。
たとえるなら、チャプター後にそのチャプターが舞台の正常だった頃のミニドラマを入れるとか
あそこがこうなって、あの死体はあれだったんだなぁ。と視聴的にしてほしかった気もします。
ていうか、英語あまり得意じゃないっていうのもあるので(笑

というわけで、非常に面白かったですね。
クオリティを重視した洋ホラーテイストあふれるアドベンチャー。実に力の入った作品でした。
洋ゲーはすごいですなぁ。日本もがんばれよ・・・・、と当然のように思いましたけど、
さすがにこの手の洋風テイストあふれるホラーゲームは難しい・・というか、売れないから作らない。
バイオハザードぐらいですかねぇ。期待できるのは。

個人的にですが、日本には「零」があると思いますね。
たしかにキャラがアレでアレすぎです!!!!それは重々承知です!!!!!
しかし、和のホラーをクオリティアップさせたら、おそらくヤバイ事になると思うんですよ(笑
私自身、PS2版の零は恐くて2時間ぐらいでプレイ止めました。あの普通に歩いて画面が切り
替わる時に現れる霊の描写とか、やばいってー。思い出しただけでヤバイってー。あれがPS3や
XBOX360で更にクオリティアップされたとしたら・・・・・・・楽しみだ!日本の次世代ゲーム!

そういえば今週末はTGS。なにが出るやら楽しみですなー。
え?いまびきそう?うーん・・SDの栽培セットはほしいかも(笑

[ 2007/09/18 13:05 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

トゥハート


タイトル:トゥハート
米 題:To Heart
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/3/27,5/29,6/26,8/28
定       価:4巻限定版 $24.99 単品 $19.99 (購入計:$48.75)
収録時間:325m
収録枚数:計4枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・スペシャルミニエピソード計6話(日本語&英語音声+英語字幕)
     ・キャラクター紹介(英文)
     ・解説文(英文、委員長とか放課後の掃除とかの解説)
     ・ラインアートギャラリー
     ・Rightstuf作品紹介
○添付特典(限定版のみ)
     ・全巻収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全巻販売終了したので感想いれて再掲。

北米版 To Heartは全13話を4,3,3,3とディスク4枚に収録。
OPEDは日本語表記、次回予告後に英語テロップがダーっと流れる仕様です。
国内版はメニュー画面がありませんでしたが、トップメニュー、各話のチャプターメニュー
音声選択画面など、Rightstufなりの丁重な作りでよいと思います。
画質についてですが、DVD初期のタイトルであり悪名高きKSS製と言う事で国内版もいまいちです。
容量だけ比べると国内版が1話で2Gなのに対し、北米版は4話で4.3G、1層ですね。
アバンタイトルのレートは国内版が8~9Mb/Secで安定しているのに対し、北米版は3~8Mb/Sec。
国内版はフィルムをそのまま取り込みました!という感じで、北米版はそれを効率よく
圧縮しました!という感じですかね。国内版は見やすい分画面のゆれや光の反射?といった
大きなゴミが目立ちますが、北米版は目立つゴミは消しましたがノイズ感が国内版よりも感じます。

サンプル
国内版


北米版


静止画でも多少ノイズが多いのが分かります。動画だとさらに(笑
ん~後半はそれほどノイズ感は感じませんでしたね。なれたのかな。(笑
1巻で色々やってみたけど力尽きたという感じなのかな(笑

んーまあ単純に画質だけで、国内版を所持していて北米版を買うのはお勧めできない。のと
北米版を購入して「千羽キャラはよいねー。国内版のほうが画質良いなら買い直す!」というのも
止めたほうがよいという感じで締めたいと思います。(笑
米吹替えについては・・・んーーーまぁ、「ヘロユキチュァーン」は変ですが、
あかりは落ち着いた感じが出ていますね。ンフフっていうのが個人的にツボです。ンフフ。
パッケージはリバーシブルでブックレットなどは入っていませんでした。

ゲームではメインヒロインでもあり、料理が得意で、くまさんが大好きで、大人しい性格だが
面倒見がよく、だれからも好かれていて、幼なじみでもあり思いを寄せる浩之をちゃん付けで呼び
席が隣なだけでうれしい!といった感情を持ちあわせている、男なら一度は思い描く女性像
そのもののような少女「神岸 あかり」が主人公。
ドジっこロボや魔術女、巨乳委員長に超能力少女、パツキン巨乳に格闘少女といった
ライバル達を蹴落として浩之ちゃんをゲットできるのか!?



という感じのストーリー・・・・・を鑑賞前は想像していました。(笑
ゲームは浩之が主人公でたくさんの女の子を落としていく、いわば定番なわけですが、アニメ版
になった場合は「あのフラグが立ったのに○○エンドかよ!」とか「脇役の名場面をアニメ
ヒロインにもっていかれた!!」とか「DA!DA!DA!なんてやってる暇あるなら名雪エンドでOVA
を作れ!!」といった問題が出てくる物ですが、
千羽キャラの魅力の前にはもうどうでもよくなってきます。(笑

鋼鉄天使での愛くるしさにあっち方面で絶大な人気のフィギュア17、やや違う方面のキング
ゲイナーやプラネテス、ショタキャラ万歳のブレイブストーリーと非常に繊細なキャラが特徴
ですね。To Heartはやや濃い気がしますが、やはりクオリティ高く動いているのは感動です。
なんというかー好みの問題なんだけどさ、かわいいから見てるだけで幸せなんだよねー。うん。



ストーリーに関しては4話鑑賞しただけなのでなんともいえませんが、「あかりと浩之を軸に
1話1話ゲームでお馴染みの各ヒロイン達とのふれあいを描いています。」という感じですね。
んーまあ内容に関しては、キャラがぶっ飛んでいるのに冷静な周りが変っちゃー変ですけど
ベテラン声優人が演じる女子高生とかは、なかなかよいですね。委員長とか。
そう、委員長が一人で紙を切っているのを手伝う浩之はよい奴だとおもうけど、
あかりも「浩之ちゃんSUTEKI・・」なんて思ってないで手伝えよ!とちょっと思いましたな。(笑

というわけで、全話鑑賞いたしました。
一言で言うなら「極上の雰囲気アニメ」でしょうか。良い意味でですね。
これだけイロモノキャラが多いのに違和感を感じないのがすばらしいですね。
他のアニメの場合、マルチなんかはロボットらしさを強調するのでしょうが、このアニメの場合は
図書室で充電する行為すら「そこら辺の高校でたまに見かけます。」っていう感じのしごく自然な
雰囲気を映像、音楽、すべてから感じます。

ストーリー自体も、友人の家で勉強して夕飯食べて帰るだけで1話。という感じで、非常に
まったりしていて、お話の隆起みたいな物もあまり感じません。だからこそこの雰囲気が
終わる時が非常に寂しい。終盤、志保とあかりのシーンでの緊張感は、今迄こういう雰囲気
だったからこそ非常に重かった。いや、重いんだけど最後の志保のなんといいますか、
「あんたらにはかなわないわ!」っていうスッキリした感じが、なんつーか青春アニメだなぁ
と思いましたねぇ~。そして最後の最後、浩之にマフラーをかけてあげるシーン。
2,3カット連続であと一歩踏み込めばキスシーンという展開があります。
あそこはすばらしかったね。なんかびりびりきたよ(大笑



というわけで、国内版に比べ話数も多いし、どうしても画質が犠牲になってしまう。
いわば北米版の定番な仕様なわけで、それほど不安になることはありませんよ!
その分英語音声だって入っているしー!安いし!

公式:http://to-heart.rightstuf.com/

[ 2007/09/16 14:50 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(3)

Bioshockをやってみた。


他の商品との兼ね合いで配送が遅れていたBioshockが到着。
海外では好調なセールスを記録し、出来の良さからシリーズ化まで検討されている作品
と言う事で、さっそくプレイいたしました。

ゲームの舞台となるのは海中の人工都市Rapture。そこは人道的なモラルや規制などなく
科学者達が純粋に研究に励む事の出来る、まさにユートピア・シティだった。
そこである一つの研究が成果を結んだ。遺伝子科学において人体組成や人間の能力を飛躍的に
変化させる物質”adam”が発見されたのだ。しかしadamをめぐりRaptureでは争い事が起こり、
plasmidによりバケモノ化した人間たちがadamをめぐり生存をかけて戦う。そんな場所になっていた。

と、こんな感じのストーリーですかね。
主人公はこれらの事とはまったく無関係な一般人で、まさにプレイヤー心理でゲームを
体験できるって感じですなー。

まだ1時間チョイで2章あたりなんですけど、個人的にはネビュラ エコーナイトの宇宙空間
を海底に置き換えたような雰囲気を想像していたのですが、まぁADV色の強いFPSって感じですかね。
っていうか


怖いわ(大笑


コンデムド系ですな。深海の都市ですばらしい水の演出の中で響く
いっちゃってる人たちの笑い声。はっきりいって、進めるのがいやです(笑
ううう・・・くらいよ・・・こわいよ・・・弾薬が心もとないよ・・・・、
さっきあそこに誰もいなかったのに・・・・。
うぅううう、なんか子供あやしてるっぽいけど、なんで右手にレンチもってるんだよ・・・

とね!(笑
やはり次世代機で魅せるゲームというのは、ADV色の強いFPS&ホラー系が一番!!
という感じがしますね~。コンデムドやF.E.A.Rなどをプレイして画面を食い入るように見てしまう、
臨場感と緊張感が半端じゃないという感じかな~。

サンプルムービー



はやくダディと戦いたい(笑

[ 2007/09/13 22:03 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

Another Century's Episode3買ってきた


キングゲイナーが使える。ってだけで先週末購入してきたACE3ですが、土日でクリアしました。
中盤から終盤まで「キングゲイナー」「ターンエーガンダム」しか使わなかったわけですが、
感想なんかを書きたいと思います。

まずは何といってもキングゲイナーやターンエーガンダムなど新規参戦作品ですね。
いや~BGM「キングゲイナー・オーバー!」の中、キングゲイナーを操作して敵を倒す。最高でした。
一方ターンエーガンダムは詐欺ですな(笑 たしかにターンエーガンダムを操れて、
ターンエーターンがBGMとして使えますが、それだけです。
ストーリーにからんでくる事もなければ、ショップで機体を売っているっていう程度の扱いです。
個人的にこれはショックでしたなぁ~。月にいくならガンダムXじゃなくてターンエーにしてよー。
SEEDも同じくショップで売ってる扱いなのはいいんですけどね!

そしてストーリー。
3行に1個は用語解説が付いているほどの、くっちゃくちゃなストーリーですが・・・・・・・・。
エウレカの最後あたりはなかなか良かったと思います。一体感っていうの?私キライじゃないよ。
ただまぁ、その後に待ってました!という感じの勢いで「シャァか!!」というアムロに失笑。
なんといいますか、エウレカみたいな新しい作品がドーンと出てくると、アムロとか惨めにみえて
きてしまうんですよね。最新鋭のメカが勢揃いで、それぞれすさまじい戦いを行っているわけで、
ラストにシャアが惑星落とすという展開になっても、「SEED組行って壊してきてよwww」みたいな
裏話を想像してしまい、まだアストナージとかが出てきてバカやってくれるなら救われますが
タルホみたいな軍人に見えないチャラチャラした女が出てくるとホントやってられない。(笑
・・・・・・・・アムロはもう引退していいと思うんですけどね。



あとは次は次世代で出してほしいですね。
OPのクオリティは目を見張る出来なので、あれを動かせたらもういう事はありません。

というわけで、最後はオマケ。
登場作品北米版リスト。

・オーバーマン キングゲイナー
 Bandai Entertainmentより全6巻が発売中です。
 そう言えば廉価版出てないですねぇ~。

・機動新世紀ガンダムX
 出ていませんし、でないでしょうね。(笑

・機動戦士ガンダム
 Bandai Entertainmentより発売されていますが英語音声のみです。

・機動戦士ガンダムSEED 
 Bandai Entertainmentより全10巻が発売中です。
 こちらも廉価版が出ませんねぇ~。

・交響詩篇エウレカセブン 
 Bandai Entertainmentより1巻~8巻が発売中です。
 今月には9巻とまだ続く予定ですね。

・∀ガンダム 
 北米版リリース予定はありません。(TT 

・真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日 
 ADVFilmsより全4巻、およびコンプリートボックスが出ていますが、探すのは大変かも。
 Getter Robo Armageddonです。

・マクロスプラス 
 Advfilmsより全2巻、劇場版、コンプリートボックスが発売中です。

・機甲戦記ドラグナー 
 北米版リリース予定はありません。(TT 

・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
 Bandai Entertainmentより発売中です。

・機動武闘伝Gガンダム
 Bandai Entertainmentよりコンプリートボックス全2巻が発売中です。 

・劇場版 機動戦艦ナデシコ The prince of darkness
 ADVFilmsより発売中です。 

・新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
 Bandai Entertainmentよりコンプリートボックス全2巻が発売中です。

・聖戦士ダンバイン
 Advfilmsより発売されていましたが・・・探すの難しいかも。 

・超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
 うーん。劇場版は出てないっすよね。たぶん。 

・ブレンパワード
 Bandai Entertainmentよりコンプリートボックスが発売中です。 

・リーンの翼
 Bandai Visual USAより全3巻発売中です。

最近の作品が多いだけに、北米版も充実していますな。

[ 2007/09/10 17:44 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

ぽぽたん


タイトル:ぽぽたん
米 題:Popotan Bailey Box
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/8/14
定       価:$34.98(購:$21.71)
収録時間:300m
収録枚数:計3枚
映像仕様:16:9スクイーズ
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・TVコマーシャル
     ・アートギャラリー
     ・次回予告別バージョン(隠しメニュー)
○添付特典(限定版のみ)
     ・全巻収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版ぽぽたんは、全12話を4,4,4とディスク3枚に収録。
OPEDクレジットは英語表記、副題は日本語、アイキャッチや次回予告なども収録されています。
画質は標準的な北米品質ですね。平均ビットレート4.7Mb/Sec。
んー、ちょっと他のgeneon作品とくらべると何話かざらついてた印象があります。
英語吹き替えについては、うなぎは結構元気あってよいねー。UNAーー!!なんとなく、
シュガーの川上さんに似てるような・・。3姉妹もまぁまぁ、ただノノたんがふけすぎ。
メニュー周りも標準的な物があるので問題ありません。ピクチャーレーベル、ライナノーツ付き、
リバーシブルジャケットとgeneon品質で良いと思います。リバーシブルジャケットはエロエロ。
それとコンプリートボックスと言う事で、単品にはなかった全巻収納ボックスが付いています。

映像特典ですが、北米版ぽぽたんは多数の隠しメニューが存在します。
・チャプターメニューで次回予告を選択し、右を押すと次回予告別バージョン見ることが出来ます。
 各話2種類ずつあり、日本語音声+英語字幕です。うなぎ好きにはたまりません。
・アートギャラリーで上下を押すとエロバージョンへ。(笑 すべてではありません。
・動画などを鑑賞後、タイトルに戻るのですがそのキャラがエロ絵に変化している。
こんな感じですね。

ある日のこと、日当たりの良い崖の上に風変わりな一軒の家が建っていました。
たんぽぽが咲き乱れるそこには何もなかったはずなのに?と思い尋ねると、中は季節感を
無視したクリスマスショップで、3人の少女が出迎えてくれました。
おっとりとして落ち着きのある長女「あい」、バリバリの思春期で貧乳に悩む次女「まい」、
そして元気いっぱいの自称魔法少女「みい」。
そして彼女たちはこう言いました「なにか悩み事はありますか?」と。

というわけで、まぁ、多少脚色はありますが(笑 こんな感じのストーリーかと。

エロゲーが原作であり、ぽよんろっく氏の描く魅力的なキャラクター、気合の入った乳首描写、
そして大原さやかさんといい、実にお色気いっぱいな作品。
個人的に超クリティカルだったのが川澄綾子さん演じるうなぎ。はぬはぬーとか奇声を発する
フェレットなんですが、なんといいますか、この媚び声は非常にヤバイ。次回予告では人間化して
「かわいかったでしゅかー?」とか言うんですが、次回予告も楽しみなアニメなんてありません。
と、いう感じの、いわゆるソッチ系のアニメ・・・・いわゆる、も・う・だ・め・ぽぽぽん!
なアニメ。 ですが、



・・・・・・・・・・・・感動した。(TTノシ

監督はちっちゃな雪使いシュガーの木村真一郎氏。
中盤からぐいぐい引き込まれて、一気に鑑賞してしまいましたわ。うん。
というわけで、ネタバレありな感想など。

↓↓ ネタバレがあるので注意 ↓↓



基本的なスタンスとしては、あいまいみいら三姉妹が家と共にテレポート?をして、その土地で
困っている人達を助けて、最後はお別れという感じで、たんぽぽの綿毛のように消えていきます。
個人的に良かったのが廃村での幽霊のお話でした。終盤、お墓の前で蘇るかつての村の祭りの
シーン、非常に良かったです。さびれた村とかなら良くありますが、完全な廃村でのお墓という
時点でかなりきてたんですが、祭囃子の演出で撃沈でしたわ(TT。
もう二度とにぎわう事がない。それらを考えると、思い出しただけでヤバイです。

三姉妹が人助けをするのですが、もちろん彼女たちも目的があり旅をしています。
そんな中で一つの事実が判明します。いつものようにテレポートをして他の土地に移動する際、
次女のまいとメイドのメアーが間に合わず、その場所に取り残されてしまいます。
そして長女のあいと三女のみいが一瞬の眩しい光を受けた後、どこか見覚えのある場所に転移
します。そう、その場所は先ほどの場所とまったく同じ所、だが、さきほどは遊園地建設予定地
だったのが今は遊園地が建っていると言う事。
つまり、彼女たちは場所を移動しているだけでなく、時間も移動しているという事実が判明します。

・・・・・・・・・ヤバイ、なんて展開だ。ベタだけど、数秒で5年も経過してるなんて・・・。
じゃあ、取り残されたまいは、5年間どうしていたんだ・・・。
と、個人的にこの時点でアニメにドはまりで、ハラハラドキドキしていたのですが、登場した
まいの「よ、ひさしぶり」というセリフで、なんか吹っ飛びました。(笑
5年という歳月、一所にとどまる生活をしてこなかったまいが、始めて一つの場所で生活をし、
高校を卒業し、大学で友達を作り、たくさんのアルバムを開く描写のなか、あの軽いセリフには
もう何年もまえから彼女は「この旅を止める」という決心をしていたんだろうなぁ・・とか、
ふと思い、ぐずりました(笑



しかし、まいは旅を止める事は出来ませんでした。彼女たちにはもう一つ、家の中ではないと
成長出来ないという設定があったのです。5年間もの間成長する事がなく、ひたすらそれを隠し
生活してきたまい。なんてこったい(TT。
旅は続きます。

時間を跳躍すると言う事で、前半で出会った人々と再会するシーンが続きます。
かつての少年が結婚し、かつての親友がそっくりの娘を産む。そこでは辛い出来事が彼女たちを
追いつめます。個人的にはまいの親友小奈美とのお話が良かったですね。前半でまた会おうと
別れて、数十年後にで出会ったのは小奈美にそっくりな、自分の名前を嫌う少女マイ。
べたといえばべたな終盤の流れは、分かっていてもやばかったですわ(TT。

そしてやがて彼女たちも終着点にたどり着き選択を迫られます。
旅をこのまま続けるか、好きな時代にとどまるか。
迷わず小奈美のいた時代に旅立つまい。自分の望みを押さえ妹達の事を大切にしてきた姉を思い
さびしく旅立ったみい。そして誰もいなくなった家から旅立ったあい。
最終話、みいの状況を知らせるシーンでは、もうオボロボロボロでしたわ(TT。
そして最後は・・・・。

いやー。参りましたよ。とんだ良作アニメでした。
萌えアニメといえばまったくその通りで期待を裏切らないんですが、非常にお話が良かった。
まぁ展開がベタといえばそうなんですけどね。ラストも年代を超えて旅立った彼女らが、
生きていた証を後の時代に残すとか、そんなラストを想像していましたが、まぁベタだけど
なかなか良い終わり方ではないでしょうか。
ただ残念なのが・・・・・うなぎメインの回がなかった事(笑
あとは、結局彼女たちの目的は?素っ裸ネーチャンはなんなの?そもそも彼女たちはなんなの?
と、肝心な所が不鮮明だった気がしますな。(笑



まさに隠れた名作、Ask Johnでもなかなか高評価なので安心してかっとけ~。

[ 2007/09/08 13:23 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)

灼眼のシャナ


タイトル:灼眼のシャナ
米 題:Shana
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2006/9/5,9/26,11/14,2007/1/16,3/20,5/1,7/3
定       価:1巻限定版 $39.98 単品 $29.98 (購入計:$117.87)
収録時間:600m
収録枚数:計7枚(本編6枚+限定版サントラ1枚)
映像仕様:16:9スクイーズ
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング1,2
     ・ノンクレジットエンディング1,2,3
     ・フリアグネ&マリアンヌのなぜなにシャナ1,2,3,4,5(日本語&英語音声+英語字幕)
     ・灼眼のしゃなたん&灼眼のしゃなたん~リターンズ~(日本語&英語音声+英語字幕)
     ・アートギャラリー
○添付特典(限定版のみ)
     ・サウンドトラックCD
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全巻リリース終了したので、感想を入れて再掲。

北米版 灼眼のシャナは全24話を4,4,4,4,4,4のディスク6枚編成。
OPEDクレジットは英語表記、サブタイは日本語表記、次回予告あり、焼付字幕はなし。
画質は標準的な北米品質で問題ないと思います。平均ビットレート5.7~6.1Mb/sec。
1巻限定版はサントラCD付です。CDDBで検索すると「灼眼のシャナ original soundtrack 」
当然ライナノーツは英語で記載されています。
限定版は通常版との発売が一月ぐらい離れましたが、北米版はこういうケースもあるんですな。
そういえば「鋼の錬金術師」の映画も限定版と発売日がずれていましたね。
んで、限定版なんですけど全巻収納する箱はありません。人気が出ればのちのち出るでしょう。
と、限定版発売日は考えていましたが、結局最後まで収納ボックスはありませんでした。合掌。

舞台は現代、御崎市に住むどこにでもいそうな高校生の坂井悠二が主人公。
何事もなく平凡な日常をすごしていた彼だが、ある日奇怪な出来事に居合わせ
紅世の徒と呼ばれる物の怪と、それを倒すフレイムヘイズの存在を『炎髪灼眼の討ち手』という
称号を持つフレイムヘイズのシャナより知らされる。特殊な人間ゆえ紅世の徒に狙われる中、
フレイムヘイズのシャナと行動を共にする主人公に未来はあるのか!!!・・あ、死んでるのか。

そんな感じのストーリー。



まあ、ぶっちゃけ1話は何といいますが、だれもがしたであろう中高時代の妄想みたいな感じ
でちょっと見るのがこっぱずかしかった(大笑。 ひょっとしたらおれは特別な存在なのでは
ないだろうか!とか、高校卒業時に父親と母親に呼ばれて新事実を告げられるのでは!とか、
みなさんあると思います。いやあるはずだ!!正直になれ!!
しかし私ももういい年です。
こういう設定は、ただなつかしさと恥ずかしさしかないというのが現状です。

あ、いや。

とにかくそんな感じで、それだけなら切ってたアニメだったわけですが、やはり、やはぁーり!
釘宮さん演じるシャナの破壊力は絶大。お決まりのツンツンキャラでありながらメロンパン
に目がなくハムハムし、主人公にほれつつ「うるさい!うるさい!うるさい!」 という感じで
つかず離れずまさに、職人芸!!りぜるまいんやぴたテンの小星のような甘さに、ドッコイダー
の瑠璃やシノブ伝の雅のようなツンツンさ、まさにツンデレ。キングオブツンデレ。
和服を着て薄暗い縁側でお猪口に酒を注ぎグイッと飲み干し、おなじみのちょっと照れている
笑顔をみせ「これだね」とつぶやく中尾彬。まさにそんな心境を味わえるアニメかと思います。

はい!!というわけで全巻リリースが完了し、鑑賞いたしました。
う~ん、個人的な感想としては、フリアグネ討伐までがピークだった気がしますねぇ。
まずキャラ、脇役は非常に宜しかったと思います。シャナ付きのメイド「ヴィルヘルミナ」や
シャナのライバル的な存在の「マージョリー・ドー」など、サブキャラで枠が少ないゆえかも
しれませんが、個別のストーリーがあり、だれる事なく締めている感じがしましたね。

メインのシャナですが、かわいいモードの時はまったく問題はないのですが、それ以外が・・・。
まず彼女の武器は日本刀なわけで、日本刀なら十兵衛ちゃんやサムライチャンプルーのような
殺陣シーンを想像していただけに非常にしょぼく感じましたね。
んー切れ味がいいから使ってる。みたいな(笑



それよりも一番ダメだと思ったのが、敵キャラに魅力がなさすぎる事。かなぁ。
たとえばヘルシングのアンデルセン神父から威圧感を抜いたような科学者。ギャグ系なのは
わかりますが、デモンベインのドクター・ウエストとくらべると研究員Aみたいなレベルです。
作成するメカも非常にしょぼかったですなぁ~。
人間タイプ以外の敵もいるんですけど、20年前のデザインみたいな鎧武者、
あとは巨大な植物なんかも一応ありましたが、スケール感がものすごく小さく感じましたね。
シャナは小柄な体型なので、巨大な敵を相手に戦うとかであれば画面映えするのでしょうが、
人間相手の場合はしょぼいチャンバラで、巨大な植物の場合はなんつーかハリボテ退治みたいな
感じがして、結論として戦闘があまり盛り上らなかったと思いましたね。

ぶっちゃけ、「金かけてねーなぁ」という印象がものすごく感じました。
同じJ.C.STAFFのゼロの使い魔と比べると、作画等段違いですなぁ~。
極上生徒会といい、J.C.STAFFの力入れてない作品ってほんとしょぼいと感じますわ。

ただ、一つ思う事が。
wikiの膨大な資料見ると、Fateの時も思ったんですが、アニメ版は略しすぎてて
わからなくて当たり前なのかもしれない。ということ。
Fateのアニメもかなりしょぼかったので、アニメだけ見てシャナを判断するのはどうかなぁ?
ということなのかもしれませんな。まぁ小説読む気はありませんが。

というわけで、アニメ2期がスタートする灼眼のシャナシリーズ。
北米版でおさらいしておくのも、ありかもしれませんぞ~。



え?主人公の男?
あーものすごい空気だった(笑

公式:http://www.shanadvd.com/

[ 2007/09/07 22:26 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)

スクランとかレッドガーデンとかカレイドとか到着


秋の凄いアイツが接近中ですが、なんの問題もなく8月28日&8月30日出荷の9月6日着。
んー今回はスクランのおかげで箱が重かったのですが、税関止まりませんでしたね。
前回ビシリ!と言ったのが聞いたのでしょうか?・・・・・いや、それはないな。(笑
というわけで、簡単なレビューなど。

・Fate/StayNight 5巻
 17話~20話収録。
 特典はプロモビデオ、コマーシャル映像など。
 そういえば2巻あたりから全然みていませんでした・・・。

ローゼンメイデン3巻
 9話~12話収録。
 1期もこれで終わりです。引き続きトロイメントのリリースになりますね。

スクールランブル1巻限定版
 1話~5話収録。
 特典は国内版声優インタビューや番宣映像、ノンクレOPEDなど。
 鉄板製のケースにキャラのマグネットなんかも特典で付いていますねー。いらねー。(笑
 というかマグネットの出来が最悪です。キャラがぶれています(大笑
 独逸版が先にリリースされていて個人的にはやっとかよ!という感じかな。 

・テッカマンブレード3巻
 34話~49話収録。
 ボーナスエピソード”The burning clock”と”Missing link.”が特典で付いています。
 最終巻です。今度一気に1巻からみるつもりです。たのしみ~。

・To Heart4巻限定版
 11話~13話収録。
 特典はおなじみのもの。ミニエピソードもちゃんと入っています。
 限定版は箱付きです。限定版証明書なるものがついており1500個中889個目でした(笑
 最終巻です。久々にリリースされるのが楽しみな作品だっただけに、ちょっと切ないですわ。 

・極上生徒会6巻
 23話~26話収録。
 特典はノンクレOPEDやTV番宣など。
 今気が付いたのですが、そういえば、5巻買ってなかったです(笑

カレイドスター新たなる翼BOX
 2期1話~26話収録。
 ADVの廉価版なので特典は一切なし、当然OVAなんかもなし。ていうか出てないね。
 1期が面白かったので買ってみました。たのしみ~。

蟲師2巻
 6話~10話収録。
 特典はインタビュー映像やポストカードなど。
 1巻と同じく5話収録。やっぱ5話収録はいいね~。

レッドガーデン1巻
 1話~4話収録。
 インスピレーションで購入してみました。(笑 

・この醜くも美しい世界BOX
 1話~12話収録。
 ADVの廉価版なので特典はいっさいなし。
 なんとなく。

というわけで!個人的に続きが気になってたトゥハートの続きをさっそくみるぜーーー!!

[ 2007/09/06 20:35 ] 日記 | TB(0) | CM(1)

本気求道とHitman



とらのあなで注文していた薄荷屋さんの本気求道到着。
マジキューで掲載していたマジ先生とたまちゃんのやり取りが全編カラーで
おまけで瓶詰求道などがどどんと54P収録されています。
んもぅっ!!! かぁわぃぃいいいいいいいいいいwwwwwwwwwww~!(笑
いや~滋養強壮、肉体疲労の栄養補給本ですな!!

あとは、先週末にPS3のブレイドストームでも購入しようかと思ったんですが、なんつーか
光栄光栄したパッケージを店頭で見てると、胸がむかむかしてきたので360のヒットマン購入。
海外版が1年近く前に発売された作品のローカライズで、いまさらという感じですがオブリ等
洋ゲーを積極的にローカライズしてくれるスパイクに感謝!っていうのもあるし、なにより
なんか久々にこういうのやりたくなったので購入してみました。

で、感想。
とりあえずルーキーで全クリして今はノーマルですすめている途中ですが、
・・・・・・・いいねぇ、おもしろい。



まず何といっても出来る事が多すぎる(笑
人一人殺すにも、銃で射殺。ピアノ線で絞殺。敵が遠くならスナイパーライフルで射殺。
もちろん物を使って殺す事も出来ます。食べ物に毒薬や睡眠薬を注射して相手にダメージを
与えたり、相手の行動をよんでバクダンを仕掛けて落下物で事故死、無論こちらから電話で
呼び出したり、火災装置を鳴らして逃げてきたところをズドンとヘッドショット。ボーイに
変装してベランダですれ違いざま下へ突き落としたり、婚式の祝砲にあわせて新郎をスナイパー
ライフルで射殺したり、女の下着に睡眠薬をしみこませて変態FBI所員を昏睡させたり・・・・
etc。
実に多彩です。

個人的に一番スカッ!としたのが、よく高いところにある建物で、下が厚いガラス張りで
地上が見渡せるような場所あるじゃないですか。もしガラスが割れたらどうなるんだろう。
うわぁ~ぞくぞくしてきたナリ・・。(笑
という気分を味わえる、下がガラス張りのプールを、下から銃で壊して全員落下という罠。
実に最高でした。

難易度については、私はXBOX版の安い奴をプレイした事あるだけで、ルーキーっていうのも
あるんですが、以前のシリーズよりも簡単という印象がありますね。
無理が利くといいますか、コインで相手の気をそらすという技がかなりつかえる。
もちろんランボープレイでも案外楽だったりと、ぬるいからこそ完全な闇を目指すぜ!!!
という感じで非常に燃えます。ルーキーに慣れればノーマルが楽になり更に上も楽になる。
実績も簡単に取りやすいゲームかもしれませんね。

ただ問題が。ロードがちょっと長い事。
セーブからリトライが多い作品だけに、ちょっと苦になりますが・・・・そう!!!!
ここで役に立つのが「本気求道」。ロード中にほわわんとして任務開始したり、催淫剤を
飲ませた相手がムラムラ来るまで「本気求道」片手に監視したりする47でした。(笑

[ 2007/09/04 21:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藍より青し


タイトル: 藍より青し
米 題:Ai yori Aoshi
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/4/17
定       価:$59.98(購:$37.24)
収録時間:900m
収録枚数:8枚
映像仕様:4:3
音声仕様:英語     ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  256Kbps (2期は192kbps)
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング1期1,1期2、2期1
     ・ノンクレジットエンディング1期、1期15話、1期18話、2期、2期9話
     ・ミュージックビデオ 石田燿子 永遠の花
     ・ANIME EXPO 2004 石田燿子ライブ(10分程度)
     ・ボーナスエピソード「夢語り」(日本語音声+英語字幕)
     ・ボーナスエピソード「 美雪 ~みゆき~」(日本語&英語音声+英語字幕)
     ・USトレーラー映像
     ・アンオフィシャルトレーラー(US)
     ・アートギャラリー
/////////////////////////////////////////////////////////////////
TVシリーズ1期全24話を5,5,5,5,4の5枚、2期全12話を4,4,4の3枚、計8枚収録。
OPEDは英語表記、24話エンディングのみ日本語表記、次回予告あり、焼付字幕なし。
画質については問題なし。平均ビットレートが5.5Mb/Secです。
トップメニュー、サブメニューあり。ライナノーツあり、リバーシブルパッケージです。
コンプリートボックスと言う事ですが、単品をまとめただけで収納ボックスなどはありません。
手抜き仕様で場所取りますが、価格も価格ですしこんなもんですかねぇ。

花菱財閥総裁を父にもつ青年 花菱薫が主人公。
両親の結婚を許してもらえずに周囲からさまざまな誹謗中傷を受け、祖父からは虐待に近い
「帝王教育」を施され、耐え切れず逃げ出した彼の元に、ある日一人の少女が尋ねてきた。
名前は桜庭葵。桜庭呉服店の跡取り娘であり花菱とは縁のある、薫の許婚であった。

と、まぁこんな感じですかね。



というわけで、よく名前を聞いていたけど結局一度も鑑賞した事なかったのですが、
せっかくのコンプリートボックスと言う事で購入して鑑賞してみました。
まずはTV1期の感想~。

ハーレムアニメかと思いきや、主人公の花菱薫と許婚の桜庭葵が愛を育むアニメ
という感じでしょうか(笑
過酷な生活から抜け出した薫、そして許婚の薫を信じて辛い日々を過ごしてきた葵。
さまざまな出来事が薫と葵の絆を深め、終盤、葵の両親を説得する場面は印象に残りましたね。
逃げたからわかる別れの辛さ。なかなか良かったと思います。

んー、まぁ個人的には長すぎるという感じもしましたね。
全24話ではなく12話ぐらいに収まるだろうし、残り半分で花菱財閥の問題を片づけるとか、
ストーリーの隆起みたいな物をもっと入れてほしいと思いましたね。序盤の同棲あたりは
非常に緊張感が出てて良かったのですが、桜庭館に移動してからはダラダラした展開が
目に付きました。
んまぁ、見ればわかりますが、いわゆる萌えアニメ的な要素もふんだんに取り入れているので
葵ちゃんの数年に渡る薫への愛、それらを形にすると長くなるのはしょうがないんですかね。
あとサブヒロインも多数いるんですが、そこらのハーレムアニメと違い、既に明確に薫と葵が
くっついているので、サブヒロインがメインの回は落ちは「ガーーーン」という感じのシーンが
出るんだろうか・・・と、ハラハラドキドキ心臓に非常に宜しくありませんな。
んーていうかさー薫君は優しすぎるんだよねぇ。



続いてTV2期。
正直なところ、いまさら縁(えん)もないだろ・・・とか思ったわけですが、ああ!そうか!
やっと花菱財閥の問題を解決するのかと思ったら・・・・、サブキャラ達の縁でしたね。
ちかの友人、妙子と桜庭館の縁、繭の好きな事、そして締めはティナの帰国です。
ですが、結局おいしい所を葵ちゃんがもっていく展開が多いので、ちょっと萎えますねぇ。
2期は1期とくらべると作画はいまいちですが、ギャグは非常にクオリティアップしています。
葵ちゃんの学生服姿や巫女姿、テニスウェア姿など非常にイロモノ扱いになっています。(笑
まぁ、お話としては普通ですが、萌えアニメとしては非常に濃い2期になっていると思います。
ていうか、この話しを混ぜつつ1期を24話で展開したほうがよっぽど良い気もしますねぇ。

はい。
全体的な感想としては、900分は長すぎましたねぇ。
1期を上記のようにまとめ、2期は結婚と花菱の問題を解決とかちょっとシリアスな展開に
してほしかった。そんな気がしましたね。
まぁ、萌えアニメとしては非常に宜しいとは思いますけど。



というわけで!んーーー価格が安いからかっとけ!!(笑

[ 2007/09/01 01:02 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(4)